プログレ/70年代ブリティッシュロック
〜PROGRESSIVE ROCK/70's BRITISH
                by Tosei Midorikawa

掲載バンドはABC順になっています

M YZ

■CDの評価に関しては、個人的嗜好が反映されることもあり、納得のいかない評価もあるかと思いますが、どうかご了承ください。

CDレビュートップ   ブリティッシュフォークCDレビュー




AARD VARK
ブリティッシュロックバンド、アードバークの1970年作
70年代ブリティッシュ・オルガンロックの名作のひとつとされるアルバムで、
音の方はプログレというよりは、ややハードでラフな部分があるサウンド。
STILL LIFEをたおやか系のオルガンロックとすれば、こちらはもう少し凶暴な雰囲気で、
唸りをあげるハモンドに、手数の多いロック的ドラム、エフェクトのかかったヴォーカルなど
この年代のブリティッシュロックとしては、勢いのある演奏を聴かせてくれる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 ハモン度・・8 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


AFFINITY「Affinity」
ブリティッシュロックバンド、アフィニティーの1970作
キーフによるジャケが有名だが、音の方はリンダ・ホイルのヴォーカルを中心に、
やや無骨なギターに、ハモンドオルガン、サックスなどによるサイケ調なロック。
さすがに今聴くと、曲そのものに時代的な古さを感じざるをえないが
女性Voのブルージーなオルガンロックとして普通に聴け、当時の英国ロックの熱が感じ取れる。
リマスター盤には、ボーナストラックとしてアルバム発表前のデモなど、8曲を収録。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Affinity 「Live Instrumentals 1969」
ブリティッシュロックバンド、アフィニティーのライブ音源。2003年作
1970年に唯一の作品を残したバンドの1969年の発掘音源。
リンダ・ホイルが不在のためオールインストによるライブ演奏で、オルガンが鳴り響く優雅で英国的なジャズロック。
公式アルバムでのブルージーな感触はなく、正統的なジャズロックをやっていて、
バンドとしての純粋な演奏が楽しめるという点で、これはこれでなかなかよろしい。
ライブ演奏・・8 ジャズロック度・・8 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Linda Hoyle「Pieces of Me」
AFFINITYの女性Vo、リンダ・ホイルの1971作
プログレのフィールドで語られるAFFINITYに比べ、ここではもっとジャズ寄りのサウンドで、
軽やかなピアノとブルージーなギターに、力強いリンダの歌声がソウルフルに響きわたる。
バックの演奏陣もカール・ジェンキンズやクリス・スペディングなど実力者ぞろいで、
プログレではまったくないが、リンダの歌唱が最大限に活きたアルバムとなっている。
プログレ度・・6 ジャズ&ブルーズ度・・8 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Annie Haslam「Annie in Wonderland」
RENAISSANCEアニー・ハズラムのソロ1977年作。邦題は「不思議の国のアニー」
当時恋人であったロイ・ウッドのプロデュースのもと作られた本作は、
やはりルネッサンスに通じる美しいアレンジと、キャッチーな聴きやすさが合わさった好作だ。
伸びやかなアニーの歌声がじつに素晴らしく、ルネッサンスでのクラシカルな構築性よりは、
英国フォーク的なやわらかな質感とともに、爽やかで自然体のサウンドとなっている。
ほのぼのとした童話的なジャケも楽しい。まさに彼女の絶頂期の作品といえるだろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 アニー度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ANTHONY PHILLIPS「THE GEESE & THE GHOST」
GENESISアンソニー・フィリップスの1st。1977作
この童話的な美しいジャケットのイメージ通りの、じつにたおやかなアルバムだ。
この作品を端的に表現するなら、繊細、幻想的、英国貴族的優雅さ、ということになるだろう。
自身のつまびくやわらかなアコースティックギターの音色、ピアノ、シンセなどに加え
フルート、チェロ、オーポエ等をゲストに迎え、英国中世風のクラシカルなイメージを
うっとりするくらいの繊細なサウンドで表現している。マイク・ラザフォードやフィル・コリンズが
参加していることもあり、曲によっては初期GENESISの幻想美をそのまま抽出したようなイメージ。
流行やコマーシャリズムとは無縁の、ゆるやかな時間に生きる繊細な感性の結晶がここにある。
2008年のエクスパンデッドエディションには、ボーナスDiscにデモ音源等を多数収録。
アコースティカル度・・9 英国貴族度・・10 しっとり繊細度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ANTHONY PHILLIPS「Private Parts & Pieces 1 & II」
アンソニー・フィリップスの1978/1980年作
彼のライフワークともいうべきPP&Pシリーズの最初の2作品のカップリング2CD盤。
1作目の方はピアノとアコーステイックギターを中心にした小曲集であるが、
優雅でやわらかな楽曲の中にアンソニーの繊細な感性が輝いている。
2作目「BACK TO THE PAVILION」の方は一転して、エレキギターも入って
メロウなフレーズとシンセを使ったシンフォニックロック的な感触も楽しめる。
もちろんアコースティカルな美しさもあり、ミニマムな手法で幻想的な世界観を聴かせる傑作だ。
アコースティカル度・・9 優雅度・・10 繊細度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ANTHONY PHILLIPS「WISE AFTER THE EVENT」
元GENESISのアンソニー・フィリップスのソロ。1978年作
可愛らしいジャケが印象的な作品だが、サウンドの方も繊細そのもの。やわらかな歌ものである。
ドラムにマイケル・ジャイルズ、ベースにジョン.G.ペリー、その他、ジェレミー・ギルバート、
メル・コリンズらを迎え、おとぎ話のようなしっとりと優しいサウンドが描かれる。
10分を超えるタイトル曲などもじつに美しく、アコースティカルな温かさに包まれつつ、
曲によってはうっすらとしたシンセやオーケストラアレンジも含んだ美意識にうっとりである。
再発盤の2CDには、デモ音源や別バージョンなど14曲を追加収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3

Anthony Phillips「SIDES」
アンソニー・フィリップスの1979年作
1977年にソロデビューしてから、現在まで一貫して作品を作り続けるアーティスト、
前作とは打って変わったジャケのように、サウンドの方もいくぶんポップ的な雰囲気が増している。
1曲めなどはキャッチーな歌メロにシンセアレンジも含めて、TOTOばりのプログレハードであるが、
それ以降は、彼らしい繊細な叙情もちゃんと残していて、全体的には違和感なく楽しめる。
ポップな曲も入りつつ、じつはかなりの好作品。再発盤のボーナスCDには別ミックスなどを12曲収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 繊細度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anthony Phillips「1984」
アンソニー・フィリップスの1981年作
本作はジョージ・オーウェルの小説をテーマにした作品で、ポップなリズムの上に、
シンセをたっぷり使ったプログレ的な要素も感じさせる、なかなかシンフォニックな感触。
2パートに分かれた大曲を軸にした、ゆったりと優雅に聴かせるインストサウンドは、
ときにENIDを思わせるようなクラシカルさと、繊細な盛り上がりが随所に楽しめる。
派手さはないものの、ストーリー性を感じさせるドラマティックな雰囲気の好作品。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Anthony Phillips「Invisible Men」
アンソニー・フィリップスの1983年作
「1984」にも参加していたリチャード・スコットとのユニットという形で発表された作品で、
のっけからいかにも80年代的なポップな歌ものという雰囲気が漂っている。
ビートミュージック的なノリの中にも、フルートの音色を取り入れるなど、
決してただの商業音楽にはならないところは、さすがというか、彼の繊細なセンスである。
3〜4分前後のキャッチーな曲がたっぷり楽しめるという点では、意外と好作かもしれない。
メロディック度・・8 プログレ度・・6 繊細度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Anthony PhillipsPRIVATE PARTS AND PIECES III & IV
アンソニー・フィリップスの1982/1984年作
彼のライフワークともいうべきPP&Pシリーズの3と4のカップリング盤で、
「III: Antiques」はアコースティックギターをメインにした小曲集。
つまびかれる繊細なギターの音色が、英国らしい優雅なサウンドを描いている。
「IV: A Catch At The Tables」も同様の作風だが、10分を超える大曲や、組曲形式の曲もあり、
随所にシンセを含んだ美しいアレンジも含めていくぶんのプログレらしさも感じさせる好作品だ。
ゆるやか度・・8 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anthony Phillips
PRIVATE PARTS AND PIECES V & VI
アンソニー・フィリップスの1985/1986年作
PP&Pシリーズの5と6のカップリング盤で、「V: Twelve」は美しいジャケのように12ヶ月をテーマにしたアルバム。
繊細なアコースティックギターのつまびきで、ゆるやかに聴かせる繊細な作品。
「VI: Ivory Moon」は打って変わって、ピアノの独奏による作品で、
15分の大曲や優雅な組曲など、ピアニストとしての彼のセンスが楽しめる。
ゆるやか度・・9 プログレ度・・5 繊細度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anthony PhillipsPRIVATE PARTS AND PIECES VII & VIII
アンソニー・フィリップスの1987/1992年作
PP&Pシリーズの7と8のカップリング盤で、「VII: Slow Waves ,Soft Stars」
これまでのジャケとは雰囲気も異なるように、シンセの多重録音を使った
klaus Schulzeあたりにも通じるような神秘的でアンビエントな作風。
「VIII: New England」は、アコースティカルな素朴さと、英国的な牧歌的な叙情で、
初期を思わせるような雰囲気が戻ってきている。繊細な好作品です。
ゆるやか度・・9 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anthony Phillips「Missing Links Volume 1: Finger Painting」
アンソニー・フィリップスの1989年作
映画やテレビ用のサントラ音源などのアーカイブ集というべき作品で、
1〜3分台の小曲を中心にした22曲入り。デジタルなシンセをメインにしたサウンドは
ランドスケープ的なゆるやかな曲調が多いので、プログレリスナーにはちと退屈かもしれないが、
GANDALFなどにも通じる、ゆるやかなヒーリング系音楽としては楽しめる。
あるいはKlaus Schulzeなどのシンセ音楽が好きな方にもよいかもしれない。
ゆるやか度・・8 プログレ度・・6 シンセ音楽度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Anthony Phillips「Missing Links Volume 2: The Sky Road」
アンソニー・フィリップスの1994年作
未発曲やサントラ音源などのアーカイブ集というべき作品の2作目。
シンセによる打ち込み曲がメインなのは前作と同様ながら、テクノロジーの進歩によるデジタルな音質の向上が強く感じられる。
一方では、アコースティックギターでしっとりと聴かせる10分を超える曲もあったりとアンソニーらしいじつに繊細な音楽が楽しめる。
ゆるやか度・・8 プログレ度・・6 繊細度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


ANTHONY PHILLIPS「SLOW DANCE」
GENESISの初代ギタリスト、アンソニー・フィリップスの1990年作
アンソニー・フィリップスというと「アコースティックギター」というイメージがあるのだが、
このアルバムに関しては壮麗なキーボード・オーケストレイションによるシンフォニック作品となっている。
「SLOW DANCE PART 1、2」という大曲2つの構成はMIKE OLDFIELD「OMMADAWN」のようだが、
こちらはアコースティック色や民族色は薄く、音だけをとれば現代的な印象のサウンド。
ゆるやかに流れてゆく楽曲はオールインストで、ときに重厚ときに優しげに重ねられるシンセをメインに、
ときおりフルートやオーボエなどが、たおやかでしっとりとした味わいを付け加えている。
もしもここにギターが加われば、THE ENIDなみの大シンフォニックになると思うのだが、
あえてそうしなかったのは、やはりアンソニーの美意識が「大仰よりも繊細」に向いているからなのだろう。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 しっとり繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Anthony Phillips 「Sail the World」
イギリスのミュージシャン、アンソニー・フィリップスの1994年作
世界一周ボートレース「THE WHITEBREAD ROUBD THE WORLD RACE」1993年大会のドキュメンタリー番組用に制作されたサントラ作品。
シンセとギターを中心に、デジタルなアレンジを施したサウンドで、1〜3分台の小曲を主体にしたいかにもサントラ的な内容。
きらびやかなシンセを軽快なリズムに乗せた、メロディックで爽快な楽曲が多く、リフレインされるギターのフレーズには
さすがにアンソニーという繊細なセンスも覗かせ、うっすらとしたシンセによる幻想的なナンバーなども耳心地よい。
ただ、基本は展開というものがほとんどない、BGMと言ってよい代物なので、プログレとして聴くには少しつらい。
全26曲のインスト曲を海とヨット、波間の夕日などの景色を想像しながら、のんびりと楽しむのがよいのだろう。
ドラマティック度・・6 プログレ度・・6 楽曲・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anthony Phillips & Harry Williamson 「Battle of The Birds & Gypsy Suite」
アンソニー・フィリップスとGONG関連で活躍するギタリスト、ハリー・ウィリアムソンとの2004年/1995年作のカップリング2CD。
「Gypsy Suite」は1975〜78年に録音された作品で、二本のアコースティックギターが絡む、素朴な叙情を描くサウンド。
アコギ以外の楽器はほぼ入っていいないので、非常にシンプルな聴き心地であるが、8分、10分という大曲を
ゆったりと優雅につむいでゆくのは、繊細な美意識のあるアーティストでなければできないだろう。
「Battle of The Birds」は、フルートが鳴り響き、物語的な語りによるイントロから始まるコンセプト的な作風。
12弦ギターのつまびきに艶やかなヴァイオリン、フルートやオーボエの優雅な音色に女性声のナレーションが重なり、
配役ごとの男性声がセリフを重ねてゆく。ほとんど音楽をバックにした物語朗読という聴き心地ですね。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・6 物語度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anthony Phillips
PRIVATE PARTS AND PIECES IX & X
アンソニー・フィリップスの1996/1999年作
PP&Pシリーズの9と10のカップリング盤。
「Dragonfly Dreams」はPart1、2に分かれたアコースティカルな組曲で、
タイトル通り、トンボの飛ぶ黄昏の空のような叙情美が耳に優しく美しい。
ルノワールのジャケが美しい「Soiree」は、ピアノによる優雅な小曲集で
英国というよりは、フランスを意識したような翳りと叙情が感じられる。
ゆるやか度・・9 プログレ度・・5 繊細度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

ANTHONY PHILLIPS「ANTHOLOGY」
GENESISの初代ギタリストでもある、アンソニー・フィリップスのベスト。2001作
1977〜1994までの作品から集められた17曲を収録しています。
貴族的なイメージのつきまとうアンソニーらしい、とてもたおやか〜な音楽です。
アコースティックギター中心なので、ロック的な要素は希薄ですが、
まるで吟遊詩人が奏でる音色のように、しっとり、うっとりと耳に心地よく響きます。
中世やヨーロッパの秋を思わせる世界観で、まさに秋の夜長にぴったりの音楽。
amazonだとかなりの低価格なので、とりあえず聴いてみるのというのもよいかと。
メロディアス度・・8 ロック度・・5 たおやか度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Anthony Phillips「Field Day」
元GENESISのギタリスト、アンソニー・フィリップスの2005年作
PP&Pシリーズが10作を数え、そちらはひと段落したということか、
本作はアンソニーの繊細な感性がたっぷりと詰まったCD2枚組の大作となった。
12弦ギターのつまびきには、初期に感じられたようなどこか牧歌的な幻想性があり、
これまで以上にギターを愛するような一音ごとの響きは、どこまでも耳に優しい。
タイトルのように木々に囲まれた英国の草原や風を感じることができるような好作品。
ゆるやか度・・9 プログレ度・・6 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Anthony Phillips「WILDLIFE」
アンソニー・フィリップスの2007年作
1994〜2003年までにテレビ用に作られた楽曲集で、1、2分前後の小曲を連ねた全45曲を収録。
うっすらとしたシンセを中心にした神秘的で雄大な雰囲気は、自然番組のサントラという性質だからか。
ギターも随所に使っているので、決して退屈なシンセミュージックには陥っていないのはさすが。
テレビ音楽サイドの作品として聴けば、映像を想像しながらゆったりと楽しめる作品だ。
ゆるやか度・・8 プログレ度・・6 繊細度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Anthony Phillips & Andrew SkeetSeventh Heaven」
アンソニー・フィリップスの2012年作
映画やTV音楽をプロデュースするアンドリュー・スキートをコンポーサに迎えての作品で、
オーケストラによるクラシカルな優雅さとオペラティックな女性ヴォーカルの歌声も入った、しっとりと美しいサウンド。
12弦ギターの優しいつまびきにストリングスが絡むと、その繊細かつ優美な聴き心地にうっとりとなる。
CD2枚組で、2〜3分前後の小曲を連ねた作風ながら、流れるような美意識に浸り、じっくりと鑑賞できる。
たとえば、NEW TROLLSの「コンチェルト・グロッソ」などが好きな方にも聴いて欲しい逸品です。
シンフォニック度・・9 プログレ度・・7 優美度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る
 Amazon.MP3


ARC「...at this」
ブリティッシュロックバンド、アークの1971年作
邦題は「我が王国よ」。サウンドはやや古めかしいロックスタイルで
ブルージーでハードロック的なギターを中心に、3〜4分のコンパクトな楽曲で聴かせる。
ときおりオルガンやピアノが入ったりもするが全体的にはプログレ的な要素は低く、
英国ロックの黎明期を感じさせるような素朴な味わいがある。
ハードさよりも英国的な気品を感じるようなツインギターもなかなか。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


ARCADIUMBreathe Awhile」
ブリティッシュロックバンド、アルカディウムの1969年作
ブルージーなギターにオルガンがかぶさる、古き良き英国ロックの感触に、
神秘的な浮遊感もまじえたサウンドは、年代を考えればなかなか個性的。
ヴォーカルのユルさも含めたサイケな味わいは、初期のPINK FLOYD的でもある。
やわらかなオルガンの音色をたっぷりと含んだ聴き心地で、10分以上の大曲2曲を中心に、
当時としてはむしろ濃密な味わいの作風だろう。オルガンロックとしても楽しめる好作品。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 英国サイケ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


Argent
「Argent / Ring Of Hands」
ブリティッシュロックバンド、アージェントの1st、2ndのカップリング。1969/70年作
Rod Argentが、THE ZOMBIES解散後UNIT 4+2のRuss Ballardと共に結成したバンド。
ブルースをルーツにしたくぐもったような渋さで、キャッチーなコーラスハーモニーを聴かせる1stは
これといった派手さはないが、湿り気を含んだ英国らしいサウンドが楽しめる。
ジャズタッチのピアノは大人の味わいで、随所にオルガンも入りつつ、アートロックとまではいかない、
むしろシンプルな聴き心地が魅力。2ndも基本的には同路線のブルージーかつキャッチーなロックであるが、
適度にエキセントリックな個性が見え隠れする。オルガン入りのプログレ的な曲などはなかなかよい感じです。
キャッチー度・・8 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Argent「In Deep + Nexus」
ブリティッシュロックバンド、アージェントの4th、5thのカップリング。1973/74年作
4th「In Deep」はハモンドが鳴り響く、ややブルージーなハードロックという感じだが、
いかにも70'sブリティッシュ然とした雰囲気は英国ロック好きにはたまらないだろう。
5th「Nexus」になるとのっけからメロトロン入りでクラシカルな雰囲気をかもし出す。
ELP的になったハモンドの音色とムーグシンセが合わさり、プログレ的な質感が増した。
5曲目後半などはGENESISにも通じる情感があり、明らかにジャケで損をしている好作だ。
プログレ度・・7 ハモン度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ARGENT 「Encore」
ブリティッシュロックバンド、アージェントのライブ作品。1974年作
70年代英国ハードロックの中では比較的プログレ寄りのバンドであるが、このライブステージにおいても、
メロトロンを含んだアンサンブルで、クラシカルな要素とブルージーなロックが融合した演奏を聴かせる。
オルガンが鳴り響くところは、NICEをハードにしたような感触もあり、随所にギターの叙情メロディもいい感じだ。
ライブならではの即興も含んだ10分前後の大曲も含めて、熱気に満ちた演奏が楽しめる。
ライブ演奏・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


ARMAGEDDON
ブリティッシュロックバンド、アルマゲドンの1975年作
元YARDBIRDSのVo、キース・レルフと元CAPTAIN BEYONDのDr、ボビー・コールドウェルらによるバンドで、
キーボードなしのオーソドックスな4人編成のハードロックながら、8分、11分という起伏に富んだ大曲が中心。
いくぶんブルージーな感触を覗かせつつ、英国ハードロックの王道的な雰囲気であるが、
やはりCaptain Beyondの延長上のプログレッシブなアプローチも随所に聴ける。
やはり要となるのはボビー・コールドウェルの手数の多いドラムで、抜群のテクニックと
グルーブ感が素晴らしい。ヴォーカルのキースのやわらかな歌声も魅力的だ。
バンドは本作のみで解散、その後1976年にキースは感電死でこの世を去ってしまう。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ART BEARS「Hopes & Fears」
HENRY COWのクリス・カトラー、フレッド・フリス、ダグマー・クラウゼによるアート・ベアーズの1st。1978年作
印象的なダグマーの歌声から始まる本作は、三人編成という必要最低限の表現手段により
より鋭角的な切り口で社会的メッセージ色の強いインパクトを与えようというバンドの意図が感じられる。
ピアノやヴァイオリンによる緊張感のある現代クラシック的な質感に、ダグマーの生々しい歌声が合わさり
ときにイタリアのOPUS AVANTRAを思わせるような、うす暗い芸術性が見え隠れする。
チェンバーロック的な静けさの中に、ジャズやクラシックをともなったフリーキーなセンスと
先鋭的なアヴァンギャルドさが混ざり合い、上品な毒ともいうべき感触で聴かせる音だ。
チェンバー度・・8 アヴァンギャル度・・8 女性声力度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ART BEARS「Winter Songs」
アート・ベアーズの2nd。1979年作
アヴァンギャルドなクラシカルロックという方向性はそのままに1stよりも音の焦点が絞れてきて、
同時に美しさと毒気が増した。ダグマー・クラウゼの歌声はときにオペラティックに
ときにヒステリックに響きわたり、その存在感とインパクトはものすごい。
暗がりの中の呪術性と、クラシカルな格調高さが混在しているようなサウンドは
より迫力ある強度をともなっている。濃密なる静寂。ジャズロック的な混沌。優雅な闇。
各メンバーの引き出しの多さが、無秩序の中にもひとつの引力をともなって音を組み立てている。
前作にも増してキレたような鋭い展開が痛快に思える、これは音による先鋭芸術だ。
チェンバー度・・9 アヴァンギャル度・・9 女性声力度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ART BEARS「The World As It Is Today」
アート・ベアーズの3rd。1980年作
ダグマーのヴォーカルはついに絶叫の域にまで達した。
ジャズロック的なけだるさのなかに、狂気をはらんだ歌声が響きわたる。それは恐ろしくも、
なんとも艶めいており、まるで世界の不条理に叫び続ける娼婦でもあるかのようだ。
かと思えば、闇の静寂のごとき空気をともない、激しさと静けさを対比させる、シアトリカルな音楽性もなんとも壮大で美しい。
これまで以上にシンセが使われていることで、ある種、夢の中にいるかのような幻想的な雰囲気も増している。
ピアノの不協和音が鳴り、遠くではけたたましくヴァイオリンが響いている。
世界の裏側をさらけだすような背徳的な快感がこの作品には詰まっている。
チェンバー度・・8 アヴァンギャル度・・10 女性声力度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

ART BEARSRevisited
イギリスのチェンバーロックバンド、アート・ベアーズのリミックスプロジェクト作。2003年作
結成25周年を記念して制作されたリミックス34曲に、シングル曲、未発表再生曲を加えた2枚組で、
ジョン・ローズ、ジョン・オズワルド、大友良英/GROUND-ZERO、ザ・レジデンツ、宇都宮泰、
ジョスリン・ロベール、ボブ・ドレイク、バイオタ、トーマス・ディムジオ、クリスチャン・マークレイ他が参加、
原曲のクラシカルかつ不穏な世界観を、現代的なリミックスで再構成していて、
ダグマー・クラウゼの妖艶なヴォーカルがインダストリアルなサウンドと面白く融合している。
もともとアートでアヴァンギャルドなセンスが持ち味のサウンドであったが、
その前衛的な部分がモダンなリミックスで甦り、原曲とはまた違った味わいで楽しめる。
チェンバー度・・8 アヴァンギャル度・・9 リミックス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Arthur Brown Kingdom Come 「Galactic Zoo Dossier」
奇才アーサー・ブラウン率いる、キンギダム・カムの1st。1971年作
「銀河動物園白書」の邦題が付けられた本作は、奇妙でアヴァンギャルドなコンセプト作。
オルガンが鳴り響くサイケなロックを基本に、シアトリカルなヴォーカルを乗せた濃密な作風であるが、
随所に叙情的な部分もあったりと、演劇的で破天荒、起伏に富んだ不思議なサウンドが楽しめる。
まさに天才と変人は紙一重というのを地で行くような作品。風変わりなサイケ・プログレが好きな方はぜひ。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 アヴァンギャル度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Arthur Brown's Kingdom Come「Kingdom Come」
鬼才アーサー・ブラウン率いる、キングダム・カムの2nd。1972年作
先に3rd「Journey」を聴いてあまりにもチープなリズムマシンの音に我慢ができなかったのだが、
本作はちゃんとバンド作品として聴ける。クラシカルなピアノに乗る語りのような演劇的なヴォーカルは、
フランスのANGEなどにも通じる雰囲気がある。唐突に入って来るオルガンや、変則リズム、ブレイクと、
アヴァンギャルドで予測不可能な展開はとても面白い。精神分裂的なプログレとでもいうのか、
当時の英国ではGENTLE GIANTなどとともに、飛び抜けた個性だったに違いない。
部分的にはキャッチーですらある70'sロックであるのだが、変態的サイケロックとしても成り立っている。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 アヴァンギャル度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Arthur Browns Kingdom Come 「Journey」
鬼才アーサー・ブラウンによるバンド、キングダム・カムの3rd。1972作
ドラムマシーンの無機質なリズムに乗る、スペイシーなシンセワーク。まるでジャーマン・エレクトロロックのようだが、それとも若干異なる。
サイケな香りをぷんぷんさせつつも、ブリティッシュロック的な素朴さとロマンティックな世界観も感じられ、
それが奇妙なテイストで混ざり合っている。プログレというよりはスペース・サイケロックとして楽しむのが正しいだろう。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 エレクトロ度・・8 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


ASIA
ジョン・ウエットン、スティーブ・ハウ、カール・パーマー、ジェフ・ダウンズという
名うてのメンバーたちが集結したスーパーバンド、エイジアの1st。1982作
かつてのプログレッシブロックで培われたテクニックを駆使しつつ、
メロディはぐっとキャッチーで、明快なサウンドは多くのリスナーに支持を得た。
時代を代表するような1曲というべき“Heat of the Moment”をはじめとして、
透明感に溢れたきらびやかなプログレハードサウンドは今なお色あせない。
メロディアス度・・9 プログレ度・・7 キャッチー度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ASIA「GOLD」
エイジアの1st〜3rdまでの全曲をCD2枚組みにまとめたアルバム。
1st「ASIA」、2nd「ALPHA」、3rd「ASTRA」に、「THEN AND NOW」収録の未発曲、
それらが全て聴ける上、リマスターされて音質も向上…という、まさにお得盤!!
1stの楽曲はキャッチーながらも、プログレハードとしても聴けるドラマティックさもあり
とくにスティーブ・ハウのギターワーク、とジェフ・ダウンズのキーボードの重なりが美しい。
よりポップさを増した2ndも美しいコーラスハーモニーが気持ち良く、楽曲のクオリティも高い。
ハウ脱退後の3rdはいっそうポップでコンパクトになっていて、バンドのメジャー志向化がうかがえる。
ともかくも、プログレハードのスーパーバンド、エイジアの初期作がたっぷり味わえる2CDだ。
メロディアス度・・9 キャッチー度・・9 プログレ度・・6 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ASIA 「Phoenix」
イギリスのプログレハード、エイジアの2008年作
ジョン・ウェットン、スティーヴ・ハウ、カール・パーマー、ジェフ・ダウンズというオリジナルメンバーによる25年ぶりのアルバム。
ウェットン&ダウンズのユニット、アイコンの成功が復活の契機となったのだろう。
ジェフ・ダウンズのきらびやかなシンセとスティーブ・ハウの適度にハードなギター、
そしてジョン・ウェットンの枯れた味わいのヴォーカルで聴かせるサウンドは、
キャッチーでありながら厚みのあるシンフォニックな聴き心地で楽しめる。
ベテランらしい質の高さとかつてと変わらぬあくまでメロディにこだわる方向性で、
往年のファンはもちろん、若いリスナーなどにもアピールする好作品に仕上がっている。
メロディック度・・9 プログレハー度・・8 エイジア度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ASIA 「Spirit of the Night-Live in Cambridge 2009」
イギリスのプログレハード、エイジアのライブ作品。2010年作
ジョン・ウェットン、スティーヴ・ハウ、カール・パーマー、ジェフ・ダウンズというオリジナルメンバーで復活した
25年ぶりのアルバム「Phoenix」をひっさげてのツアーから、イギリス、ケンブリッジでのライブ音源を収録。
1曲目から“時へのロマン”で往年のエイジアファンは歓喜だろう。むしろ「フェニックス」からのナンバーが少ないのだが、
カール・パーマーのノリのよいドラムやジェフ・ダウンズのきらびやかなシンセ、ジョン・ウェットンの味わいのあるヴォーカルも含めて、
勢いある演奏からは再結成したバンドの確かな自信が感じられる。EL&Pでおなじみの“庶民のファンファーレ”をはさみ、
ラストはお約束の“Heat of the Morment”で締めくくる。音質も良好で、メロデッィクな好曲がたっぷり楽しめるライブ作品。
ライブ演奏・・8 新曲少ないが…度・・8 オリジナルASIA度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ASIA 「XXX」
イギリスのプログレハード、エイジアの2012年作
復活後の3作目で、デビュー30周年となるアルバム。「ロマンへの回帰」と題された本作は
ロジャー・ディーンのアートワークからしていい感じだが、サウンドの方はより落ち着いた
アダルトなプログレハードとなっている。きらびやかなシンセアレンジとともに、
ジョン・ウェットンの味わいのある歌声で聴かせる、マイルドな聴き心地の楽曲は、
少々物足りなさもあるのだが、泣きの叙情を含んだラスト曲などは素晴らしいし、
エイジアらしい既定路線と思えば、普通に楽しめる質の高いアルバムだ。
メロディック度・・8 プログレハー度・・8 エイジア度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ASIA 「AXIS XXX」
イギリスのプログレハード、エイジアのライブ作品。2015年作
バンドの30周年記念ワールドツアーより、2012年サンフラシスコでのステージを収録した2CD+DVD。
2012年作「XXX」からのナンバーを含め、新旧のナンバーを織り交ぜた全19曲をCD2枚にに収録。
壮麗なイントロに続き、“時へのロマン”が始まると、キャッチーでありながら渋さも加わった聴き心地で、
深みを増したジョン・ウェットンの歌声に、バンドのへてきた30年の歴史を感じさせる。
中盤にはジョン・ウェットンがアコースティックギターをゆったりとつまびく素朴なナンバーや、
ジェフ・ダウンズのシンフォニックなシンセが美しいバラードなどもあり、じっくりと聴かせる構成で、
ラストの“Heat of the Morment”まで、大人のエイジアのステージがたっぷり楽しめる。
なお、2013年になってスティーヴ・ハウが脱退したため、オリジナルの編成としてはこれが最後のツアー音源となった。
ライブ演奏・・8 大人のASIA…度・・8 最後のオリジナルASIA度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Atomic Rooster
ブリティッシュロックバンド、アトミック・ルースターの1st。1970作
オルガンを中心にしたギターレスのトリオ編成ながら、ELPのようなクラシカル志向ではなくて、
こちらはあくまでもハードロック、そしてブルーズロック的な質感で聴かせるサウンドである。
ドラムを叩くのは後にELPに加入するカール・パーマーで、その手数の多いドラミングは
このサウンドの核をになっていると言ってもよい。朗々とした歌声にかぶさる、
どこかほのぼのとしたオルガンの音色という、そのギャップがある意味個性的で、
フルート入りの曲もあったりと、プログレとハードロックの狭間を行き来するような作品だ。
オルガン度・・9 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Atomic Rooster「Death Walks Behind You」
アトミック・ルースターの2nd。1971作
リーダーのヴィンセント・クレイン以外はメンバーが替わり、
サウンドの方もヴォーカル、ギター、ドラムの変化によりヘヴィーさとブルーズロック色が増した。
ハモンドのイメージが強かった1stよりもむしろピアノやギターリフが目立っていて、その分HR的になった印象だ。
オルガンにギターを絡めたアンサンブルも前作よりまとまってきており、
渋いながらもアルバムとしての完成度は高まった。プログレ/HR両対応作。
オルガン度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Atomic Roster「In Hearing of」
アトミック・ルースターの3rd。1971作
今作では新たにリードヴォーカルを迎えた4人編成となり、
それとともにサウンドにはブルージーなジャズロック色が加わっている。
ハードロック、プログレ、サイケ、ジャズ、クラシックと、雑多な要素が聴けるが、
プログレ寄りの1st、ハードロック寄りの2ndに比べて、ややインパクトに欠ける。
曲によってはジャジーなプログレサイケ風味でなかなか悪くないのだが、
全体的には方向性を定めきれていないような、微妙な散漫さも感じられる。
今作の後、ヴィンセントは他のメンバーを解雇し、ファンク色を増した4thを発表する。
オルガン度・・6 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る


AUTUMN「OCEANWORLD」
イギリス幻のシンフォニックロックバンド、オータムの未発表音源のCD化作品。1978作
正規にアルバムを発表することなしに消えていったこのバンドだが、メンバーには
THE ENIDのオリジナルドラマーに、後にスティーブ・ハケット・バンドに参加するキーボードなど
実力者がいることもあって、演奏、楽曲ともにレベルは高い。
サウンドはそのTHE ENIDにも通じるシンフォニック性とキャッチーな部分を併せ持った
爽快なシンフォニックロックで、HAPPY THE MANにも通じる軽快さが素晴らしい。
できれば正規録音のフルアルバムを聴きたかったと思わせるバンドである。
シンフォニック度・・8 テクニカル度・・7 楽曲・・8 総合・・7.5




Babe Ruth
ブリティッシュロックバンド、ベーブ・ルースの3rd。1975作
ハードロック的なギターとムーグの音色、そこにパワフルな女性Voが歌を乗せる。
ときに泣きのメロディを奏でるギターのセンスもかなりのものだし、
女性Voジャニタ・ハーン嬢の歌声はハスキーにして力強く、とても魅力的だ。
プログレ的なキーボードもときおりにやりとさせられ、ハードな雰囲気と
ノリの良い中にもちゃんとメロディがあり、聴き所の多いアルバムになっている。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Babe Ruth「GRAND SLAM」
ブリティッシュロックバンド、ベーブ・ルースのベストアルバム。2004作
197〜1975年の間に発表された1stから3rdまでの曲を中心に選曲されていて、
初期の曲はプログレというよりはブルーズがかったロックという雰囲気。
メロディという点でも曲の完成度でも、やはり3rdからの曲が図抜けている印象で、
ジャニタ嬢の歌唱に、テクニックと表現力を兼ね揃えたギターが素晴らしい。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 3rdがあればいいや度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


BADGER 「One Live Badger」
ブリティッシュロックバンド、バジャーの1973年作
元YESのトニー・ケイが所属していことと、ロジャー・ディーンによる美しいジャケから話題となった作品。
デビュー作にしてライブ作品というのも異色であるが、サウンドの方はオルガンにメロトロンが鳴り響く、
しごく正統派のブリティッシュロック。ブライアン・パリッシュのギターには適度にブルージーな感触もありつつ、
ハードになりすぎないところもポイントで、Yesとはまったく異なるがプログレ的な味わいもちゃんとある。
やはり要はトニー・ケイの鍵盤で、やわらかなオルガンに、メロトロン、ときにエレピも含んだ優雅なセンスで、
ブルーズロックへ傾きそうなところを叙情的な聴き心地に戻してくれる。バンドはメンバーを替えて2作目を発表するが、
願わくばこのメンバーでもう一枚くらい作って欲しかった。ともかく、70's英国ロックの逸品です。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

BADGER 「White Lady」
ブリティッシュロックバンド、バジャーの1974年作
デイヴ・フォスターとブライアン・パリッシュが脱退し、代わってジャッキー・ロマックスらが参加した2作目。
一聴して、ウエストコースト的なポップな感触が増しているが、オルガンが鳴り響き、ブラスアレンジや
女性コーラスなどを含んだポップロックの向こうには、しっかりとブリティッシュの空気が感じられる。
プログレ的な要素というのは、オルガン以外にはほとんどないのだが、ブルージーな感触に
ジャッキー・ロマックスのソウルフルな歌声を乗せた大人の味わいが楽しめる好作品ではある。
ジェフ・ベックがゲスト参加していることもあって、一般のロックファンにはむしろ受けがいいかもしれない。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・5 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Barclay James Harvest...Their First Album
英国叙情派バンドの代表、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの1st。1970作
地道な長い活動に比して、知名度の点ではいま一つというのがもったいない。
このデビュー作では、まだやや粗削りな部分もあるが、メロトロンを含めてゆるやかで牧歌的な叙情は、
決して派手ではないがじんわりと耳に優しい。曲によってはオーケストラも使用していて、
クラシカルな質感で雄大に聴かせる12分の大曲などは、泣きのギターとともに耳を引く出来だ。
リマスター盤には、初期のBBC音源などをなんと13曲も追加収録。
叙情度・・8 クラシカル度・・8 英国度・・10 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James HarvestOnce Again
バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの2nd。1971作
のっけから溢れるメロトロンと泣きのギターで、叙情度が増したサウンドは、
ロック的なダイナミズムとともにプログレらしい質感が強まっている。
いかにも英国的な気品とやわらかなメロディに包まれた、温かみのある
シンフォニックロックが楽しめる。初期の最高傑作といえるアルバムだ。
メロトロンに重なるしっとりとしたピアノも美しい。オーケストラも使用している。
叙情度・・9 クラシカル度・・9 英国度・・10 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest「And Other Short Stories」
バークレイ・ジェームス・ハーヴェスト
の3rd。1971作
前作と並んで初期の代表作とされるアルバムで、1曲めの“Medicine Man”から
クラシカルなオーケストラルなアレンジが美しい、じつに感動的な仕上がりである。
やわらかなヴォーカルハーモニーに、英国らしい素朴な叙情が合わさったBJH節は、
ここに最初の全盛期を迎える。ラストの“After the Day”まで、うっとりと浸れる傑作だ。
叙情度・・9 クラシカル度・・8 英国度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BARCLAY JAMES HARVEST「BABY JAMES HARVEST」
英国の叙情派ロックバンドバークレイ・ジェームス・ハーヴェストの4th。1972作
本作では、これまでのオーケストラアレンジはやや薄まり、バンドサウンドが前に出た作風となった。
その分、クラシカルな叙情より、キャッチーなポップ性が強まったという印象だが、
英国的な素朴さとやわらかな叙情性はそのままで、むしろシンプルなメロディックロックとして楽しめる。
リマスター再発盤には、未発曲、バージョン違いなどを10曲追加収録。
叙情度・・8 クラシカル度・・7 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BARCLAY JAMES HARVEST「...BBC IN CONCERT 1972」
バークレイ・ジェームス・ハーヴェストのライブアルバム。1972作
ロンドンでのオーケストラとの競演ステージの録音で、生オケ入りということで
このバンドのクラシカルで壮大な部分がいっそう強調されている。
CD2枚組なのだが、それぞれモノラル版、ステレオ版となっていてどちらも曲は一緒。
シンフォニック度・・8 叙情度・・9 ライブ演奏・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BARCLAY JAMES HARVESTEveryone Is Everybody Else
バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの5th。1974作/邦題は「宇宙の子供」
このバンドの音楽をひとことで言うのなら、それは「素朴な叙情」であろう。
テクニカルな部分は皆無であるから、そういう意味ではプログレではないかもしれない。
基本は暖かみのある歌と、素朴だが実にメロディアスなバックの演奏で、
キーボード群によるゆるやかなオーケストレイションが美しい。
古き良きイギリスの田園風景が目に浮かぶようである。ゆったりとなごめるやさしい作品です。
メロディアス度・・8 ゆったり素朴度・・8 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest「Time Honoured Ghosts」
英国の叙情派バンド、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの6th。1975作
「神話の中の亡霊」という邦題とこの美しいジャケが印象的な本作は、
次作「Octoberon」とともに中期を代表する傑作。初期のクラシカルな作風よりも
だいぶポップな雰囲気が漂っているが、このバンドならではの牧歌的な叙情は健在。
やわらかなオルガンの音色にアコースティカルな素朴さも含んだ好作。
メロディアス度・・8 ゆったり素朴度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest「Octoberon」
英国の叙情派バンド、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの7th。1976作
この時期のBJHの作品はどれもが好きなのだが、とくに本作「妖精王オクトベロン」
ジャケの美しさからもお気に入りだ。ゆったりとした牧歌的な楽曲に、雄大なオーケストラ、
やわらかなヴォーカルと英国的なオルガン、ときに厳かな混声合唱も加わって
シンフォニックロック的な美しさもある。ジャケを眺めながらうっとりと鑑賞したい作品だ。
ラストの飛び下り自殺へ至るSEはある意味衝撃的。リマスター盤には未発音源を5曲収録。
メロディアス度・・8 ゆったり素朴度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James HarvestGone to Earth
イギリスの叙情派バンド、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの8th。1977作
英国きっての叙情派プログレバンド、本作はポップになり始めた時期のアルバムだが、
1曲目の“Hymn”は荘厳な美しさが素晴らしいシンフォニック曲でうっとり。
それ以降は素朴にして牧歌的なやわらかさのキャッチーなナンバーが中心で
初期のようなクラシカルな色合いは薄れたが、耳心地のいいメロディックロックが楽しめる。
次作「]U」まではバンドの黄金期の作品として、シンフォニック好きにもおすすめできる。
リマスター盤には、シングルバージョンや未発曲など5曲を追加収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest「]U」
英国の叙情派バンド、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの9th。1978作
英国きってメロディ派として、1970年のデビューから毎年のように作品を発表、
本作はポップ化し始めてからの作品であるが、オルガンの音色とともに聴かせる
英国的な叙情は健在。やわらかなヴォーカルメロディとギターフレーズが合わさり、
3〜4分台のコンパクトな楽曲はとても聴きやすい。しっとりとしたピアノも美しい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest「Live Tapes」
バークレイ・ジェームス・ハーヴェストのライブ作。1978/2009作
WOOLLY在籍時の全盛期のライブ演奏で、メロトロンを含むしっとりとした美しいシンセワークと
牧歌的なヴォーカルメロディで、やわらかな英国シンフォサウンドが楽しめるライブアルバム。
叙情的かつシンフォニックなサウントがじつに耳心地がよく、メロウなギタープレイも
随所に光っているが、歪ませたときのギターのノイジーな音がやや耳障りなのが惜しい。
もともとCD2枚組で全13曲だったが、2009年リマスター盤にはボーナスが3曲追加収録。
シンフォニック度・・8 英国度・・8 メロウな叙情度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James HarvestEyes of the Universe」
イギリスのベテラン、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの1979年作
1970年にデビュー、英国らしい牧歌的な叙情美で聴かせるメロディックなサウンドで多くの作品を発表。
本作はおそらく10作目のスタジオアルバムで、一聴してぐっとポップな聴き心地になっている。
美しいシンセワークも以前よりもずいぶんとモダンになってきていて、やわらかな叙情も含ませながら、
全体的に80年代産業ロックに接近している作風だ。リマスター再発盤にはボーナス4曲収録
メロディック度・・8 プログレ度・・6 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest 「A Concert for the People(Berlin)」
イギリスのメロディックロック、バークレー・ジェームス・ハーヴェストのライブ作品。1982年作
1980年ベルリンの壁近くの国会前広場で行われた歴史的なライブの模様を収録。2006年リマスター盤。
ウーリー脱退後の1979年以降は、ぐっとポップ化が進んでゆくのだが、ドイツでのバンドの人気は高く、
じつに17万5千人の聴衆が集ったという、観客からの熱気と歓声が伝わってくるステージである。
メロウなギターに美しいシンセとキャッチーなヴォーカルメロディで聴かせる、繊細なメロディックロックはライブでも健在で、
ポップなナンバーの中にも、「One Again」収録曲“Mockingbird”の叙情性や、「Eyes of the Universe」収録“Rock N' Roll Lady”の
キャッチーな聴き心地などもも
よい感じだ。ラストは「Gone to Earth」収録の名曲“Hymn”で感動的に締めくくる。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Barclay James Harvest
Ring Of Changes」
イギリスのベテラン、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの1983年作
80年代に入ってからのBJHは聴いてなかったのだが、2012年の再発を機会に購入してみた。
優雅なストリングスの音色から始まる本作は、曲によってはだいぶポップにはなったものの、
美しいシンセアレンジなど彼ららしい叙情性は随所に残っており、やわらかなヴォーカルメロディとともに
むしろTOTOのようなキャッチーなプログレハード的にも楽しめる好作。リマスター再発盤にはボーナス3曲収録。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Barclay James Harvest「Victims Of Circumstance」
バークレイ・ジェームス・ハーヴェストの1984年作
いかにもポップな感じのジャケであるが、サウンドも前作同様80年代的な聴き心地。
キャッチーな女性コーラスの入れ方などはずいぶんアメリカナイズされていて、
BJHらしいオーケストラルなアレンジを含んだ繊細な叙情もかすかに残っているが、
もはやプログレというよりはポップなメロディックロックというべきサウンドである。
2012年再発盤は、1984年のライブ音源11曲入りのボーナスDisc付き2枚組。
メロディック度・・8 プログレ度・・6 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BARCLAY JAMES HARVEST「25TH ANNIVERSARY CONCERT」
イギリスのメロディックロックバンド、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストのDVD。1992作(2003年発売)
結成25周年を記念してのライブを収録。メロトロンやオーケストレイションを使用したシンフォニックな作風から
80年代に入るとポップ性を増した大衆寄りのロックに転換していったこのバンドだが、
根底にあるのはやはり英国的な感性に彩られた田園風のメロディックロックということになる。
このライブでの演奏では、「MEDICINE MAN」「HYMN」といった初期の名曲もやっているが、
かつてのアルバムにおける70年代英国の風はもはや感じられない。
ライブ映像・・7 ライブ演奏・・7  楽曲度・・6 総合・・6.5




Barclay James Harvest「“After the Day” The Radio Broadcasts 1974-1976」

イギリスのベテラン、バークレイ・ジェームス・ハーヴェストのライブ音源集。2008年作
新たに発掘された1974年と76年のBBCラジオでのライブ音源でCD2枚組。
音質もなかなか良好で、
メロトロンの音色を含め、バンド初期の牧歌的なゆったりとした叙情が楽しめる。ジョン・リーズのギターは
随所にメロウな泣きの旋律を奏で、ウーリーの弾くメロトロンの響きとともに、じつに英国らしい
やわらかなサウンドを描いてゆく。初期の傑作「And Other Short Stories」からの“Medicine Man”、
“After the Day”や、「ONCE AGAIN」からの叙情曲“She Said”あたりは、いま聴いてもなかなか感動的だ。
ライブ演奏度・・8 英国度・・8 牧歌的叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


John Lees' Barclay James Harvest「“Legacy”Live at Shepherds Bush Empire 2006」
イギリスの叙情派バンド、バークレー・ジェームス・ハーヴェストのライブ作。2007作
2006年ロンドンでのライブを収録。Les Holroydのバンドと二派に分かれたBJHだが、
音の叙情性においてはWooly Wolstenholmeのいるこちらに軍配が上がるだろう。
ジョン・リーズのメロディアスなギターワークに、ウーリーのメロトロンの音色が重なると
これぞ英国の叙情シンフォニックというサウンドが美しく響きわたる。
“Medicine Man”“Suicide”“Hymn”といった過去の名曲にはやはりぐっとくる。
音質も良好で、BJHファンとしては聴くべき内容だ。同タイトルのDVDもあり。
シンフォニック度・・8 ライブ演奏・・8 しっとり叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

John Lees' Barclay James Harvest 「North」
英国の叙情派バンド、バークレィ・ジェームス・ハーヴェストの2013年作
BJHとしては20年ぶりとなる作品で、美しいシンセワークとマイルドなヴォーカルで聴かせる
落ち着いた叙情美はかつてのまま。オーケストラルなアレンジも含めて雄大なスケールも感じさせるのは
ベテランならではのサウンドの説得力だろう。80年代的なポップ感覚も適度に含ませたまさに大人の味わいだ。
Woolly Wolstenholme亡きいま、ジョン・リーズ主導によるBJHがこうして活動を続けてくれるのは嬉しい限り。
デラックスエディションのボーナスDiscには2011年の英国ライブの音源を収録。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Beggars Opera「Act One」
ブリティッシュロックバンド、ベガーズ・オペラの1st。1970作
宇宙飛行士ジャケで有名な3rdはヴァーティゴの裏名盤として一般的にも代表作とされるが、
ごった煮的な面白さからいえば本作だろう。キーフによるジャケからしてすでにキワモノだが、
サウンドの方はクラシックのメロディを大胆に取り入れた怪しげなオルガン入りロックで、
曲によってはNICETRACEなどにも通じる印象がある。ヴォーカルの微妙な力の抜け具合が
コミカルな雰囲気をかもしだしているが、トルコ行進曲のメロディに乗せた11分の大曲では
オルガンにサイケ的なギターが重なり、濃密かつマニアックなブリティッシュロックが楽しめる。
メロディアス度・・8 クラシカル度・・8 濃密度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BEGGARS OPERA「PATHFINDER」
英国のプログレバンド、ベガーズ・オペラの3rd。1972年作
英国プログレの裏名盤として知られる本作はクラシカルなメロディを取り入れたいかにも英国らしいロックで、
鳴り響くオルガンに荒々しく跳ねるリズム、そしてマーティン・グリフィスの力強いヴォーカルが個性的。
優雅なピアノやチェンバロの音色なども含んで、もっともプログレ的な聴き心地が味わえる。
一方ではアヴァンギャルドな展開力も含んでおり、ドラマティックかつ英国らしさを兼ね揃えた傑作だ。
リマスター&紙ジャケ盤では、この「馬に乗った宇宙飛行士」の6面開きのジャケも再現している。
メロディアス度・・8 クラシカル度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Beggars Opera「Nimbus :The Vertigo Years Anthology」
イギリスのプログレバンド、ベガーズ・オペラのアンソロジー。2012年作
1970年の1st〜72年の3rdまでの全曲と、1974年の4thから数曲を収録した2枚組。
1st「Act One」は、クラシックの旋律を大胆に取り入れた、オルガン鳴り響く怪しげなサウンドが魅力。
2nd「Waters of Change」は、シリアスな感触を増し、メロトロンの響きも含んだミステリアスな感触と
英国的な叙情性が加わった好作。バンドの代表作とされる3rd「PATHFINDER」は、ドラマティックな展開力とともに
クラシカルなピアノにチェンバロなどが美しい、もっともプログレ的な聴き心地で楽しめる傑作だ。
メンバーチェンジののちに発表された4th「Get Your Dog Off Me!」は、楽曲はずっとシンプルになり、
プログレというよりはクラシカルな要素のあるロックという趣なのだが、収録されている曲に関してはそう悪くない。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Beggars OperaLose a Life」
イギリスのプログレバンド、ベガーズ・オペラの2011年作
1970年にデビュー、クラシカルな要素とオルガン入りのプログレッシブロックで多くのファンを魅了、
名作とされる3rd「PATHFINDER」以降はポップ化し、1980年までに7作を出すが、その後は解散、
しかし2007年に突如女性Key/Vo入りのバンドとなって復活、本作はそれに続くアルバムである。
のっけから11分の大曲で、ミステリアスなシンセワークと案外ヘヴィなギターが合わさり、
モダンなサウンドが展開される。シンセ奏者でもあるヴァージニア嬢のスキャット的な歌声を含み、
いわばジャーマンロック的な浮遊感のある反復とテクノ要素がシンフォニックに混ざったというべきか。
ART BEARSの現代版という雰囲気もある。かつてとは別物と認識すれば、それなりに楽しめると思う。
シンフォニック度・・7 プログレ度・・7 浮遊感・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


BIG SLEEPBluebell Wood
ブリティッシュロックバンド、ビッグ・スリープの1971年作
EYES OF BLUEのメンバーによる別名バンドらしいが、そちらは未聴なのであしからず。
しっとりとしたピアノでフォーク風に始まりつつ、艶やかなストリングスやオルガンの音色が合わさって、
いかにも英国風なゆるやかな叙情をが広がってゆく。アコースティックで牧歌的な素朴さと、
薄暗い湿りけを含んだサウンドは、よく言えば70年代特有のおおらかな空気が伝わってくるような雰囲気だ。
演奏力もかなりのもので、フォーク、サイケ風味も併せて、これぞ英国という好作品。
素朴度・・9 プログレ度・・7 英国度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


BLACK WIDOWSacrifice
ブリティッシュロックバンド、ブラック・ウィドウの1st。1970年作
Dr.Zなどとともに、70年代英国ロックのアンダーグラウンドシーンで、
異彩を放った、いわば黒魔術系の世界観をもったバンドとして語られる。
BLACK SABBATHほどのヘヴィさはなく、妖しげに鳴り響くオルガンの音色に
サックスが絡み、フルートなども入った、いかにも英国らしい湿りけのあるサウンド。
幻想的な雰囲気が耳心地よく、薄暗いプログレとしても普通に楽しめる作品だ。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BLACK WIDOW
ブリティッシュロックバンド、ブラック・ウィドウの2nd。1970年作
前作の妖しげな暗さが薄れて、むしろ普通のブリティッシュロックになっている。
オルガン入りのブルージーなロックにサックスなどが加わった、けっこう軽快な作風で
1stのイメージで聴くとやや拍子抜けするのだが、70年代英国ハードロックとして楽しめるのでこれはこれで悪くはない。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

BLACK WIDOWIII
ブリティッシュロックバンド、ブラック・ウィドウの3rd。1971年作
サウンドに広がりが出てきて、ブリティッシュロックとしての普遍性がより感じられるようになった。
ギターにかぶさるオルガンの音色もいい感じで、メロディにはキャッチーさが増しており、
楽曲としてのドラマティックなメリハリがついた。妖しい世界観では1stだが、内容的には最高作といっていいだろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Black Widow「Return to Sabbat」
ブラック・ウィドウの1999年作
1970年の1st「Sacrifice」以前のデモ音源で、前身バンドPesky Gee!の女性シンガー、ケイ・ギャレットが参加している。
音質はいかにもデモという感じのノイズまじりのものながら、70年代初頭の妖しげな空気感と
フルートやサックスがやわらかに鳴り響く、ユルめのサイケロックの感触がとても楽しめる。
男女ヴォーカルの歌声による牧歌的なフォーク要素も感じさせるという点でも、とても英国らしいサウンドだ。
正規アルバム「Sacrifice」に比べると粗さ…というかユルさが強いが、これはこれとしてよいですね。
ドラマティック度・・7 サイケ度・・8 妖しげ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Black Widow「IV」
ブラック・ウィドウの1999年作
1972年に録音するもお蔵入りとなり、その後1999年に発表された4作目。
最高作となった「III」からの流れにあるキャッチーな聴き心地で、
やわらかなヴォーカルとともに牧歌的な叙情が楽しめる好作品。
オルガンを含めてプログレ的なシンセアレンジもよろしく、
フルートが鳴り響くかつての妖しい世界観も随所に覗かせる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Black Widow「Come to the Sabbat Anthology」
イギリスのカルト・ドゥームロック、ブラック・ウィドウのアンソロジー。2003年作
1970〜1971年までの3枚のアルバムからの選曲を中心に、前身であるPESKY GEE!の1969年の音源や
1972年に録音するもお蔵入りとなり、その後1999年に発表された4作目の音源などを収録した2枚組。
PESKY GEE!時代は女性ヴォーカルのけだるげな歌声と、サイケな浮遊感が合わさった雰囲気で、
COVENなどを思わせる妖しげなサウンドが楽しめる。BLACK WIDOW期になると演奏のレベルも上がって、
魔術的な世界観を含んだ、独自のドゥームロックが完成される。オルガンや妖しげなフルートの音色、
サバスをぐっとアンダーグラウンドにしたような聴き心地は、プログレリスナーにもHRリスナーにも楽しめる。
ときにはブギウギ調の曲もあるが、やはりキャッチーになり切れない垢抜けなさがこのバンドらしい。
ドラマティック度・・8 サイケ・ドゥーム度・・8 妖しげ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Black WidowSleeping With Demons
イギリスのカルト・ドゥームロック、ブラック・ウィドウの2011年作
70年代に3作のアルバムを残し、その後、1972年に録音され1999年に発表された4作目に続く、
じつに39年ぶりとなる復活の5作目となる。フルートが鳴り響き、古き良きオルガンの音色とともに聴かせる
妖しげなドゥームロックサウンドはそのままで、70年代から変わらぬ聴き心地には思わずにんまりである。
前身バンドであるPesky Gee!の女性シンガー、ケイ・ギャレットが参加した曲や、
元BLACK SABBATHのトニー・マーティンがゲスト参加した曲などもあり、オールドなファンはもちろん
これからこのバンドを掘り下げてゆきたいという新しいリスナーにも楽しめるだろう好作です。
ドラマティック度・・8 サイケ・ドゥーム度・・8 妖しげ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


BRAM STOKER 「Heavy Rock Spectacular」
ブリティッシュロックバンド、ブラム・ストーカーの1972年作
オルガンがたっぷりと鳴り響き、適度なハードかつブルージーなギターを乗せた、
音数の多いアンサンブルで聴かせる。年代を考えれば、楽曲にはエキセントリックなセンスを感じさせ、
先の読めない展開のフックを含めて、アートロック的でもある怪しい雰囲気が楽しめる。
オルガンのフレーズにはNICEにも通じるクラシカルなテイストがあって、インストパートだけでも魅力がある。
一方では歌入りの曲での味わいも捨てがたい。当時の英国シーンの奥深さをうかがわせる傑作である。
オルガン度・・9 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Brand X 「Unorthodox Behaviour」
イギリスのジャズロックバンド、ブランド・エックスの1976年作
軽やかなフィル・コリンズのドラムに、技巧的なパーシー・ジョーンズのベースというリズム隊に
ロビン・ラムリーのエレピとジョン・グッドサルのギターが重なってゆく、インスト主体のテクニカルなサウンド。
手数の多い攻撃的なフィルのドラムはGenesisで見せるのは別の顔で、優雅さと技巧を併せ持つパーシーのベースと
バトルするようなアンサンブルは圧巻だ。硬派な演奏主義と、実力者らしい繊細な余裕を同居させたようなジャズロックの傑作。
メロディック度・・7 プログレ度・・8 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Brian Auger 「Definitely What!」
イギリスの鍵盤奏者、ブライアン・オーガーの1968年作
ビートルズ“A Day in the Life”のカヴァーで幕を開け、やわらかなオルガンの音色にストリングスやブラスが絡む
大胆なアレンジが楽しめる。2曲目以降もハモンドオルガンの音色を主体にのんびりとしたブラスが加わり、
ヴォーカルが加わったポップなナンバーなど、いかにも60年代的なおおらかな作風だ。
ジュリー・ドリスコールと共演したトリニティー名義の作品に比べると、ジャズ的なスリリングさは薄く、
オルガン入りのポップなブラスロックという趣ながら、曲によってはThe NICEのようなオルガンロックも味わえる。
紙ジャケ再発盤のボーナストラックには、未発表曲や1968年のライブ音源など10曲を収録。
メロディック度・・7 プログレ度・・6 オルガン度・・9 総合・・7.5
Amazonで購入する

Brian Auger & The Trinity 「OPEN」
イギリスの鍵盤奏者ブライアン・オーガー率いるトリニティの1967年作
女性シンガー、ジュリー・ドリスコールを迎えて作られたアルバムで、
やわらかなオルガンの音色にブラスが絡み、ブリティッシュロックの感触を
ジャズに融合させたというべき味わいのサウンドである。オルガンを主体にした優雅な耳心地は、
まぎれもなく英国の音で、ファンキーなテイストもあるか、演奏のはじけ方はやはりロックでもある。
ピアノの小曲なども美しく、アルバム後半ではJulieのハスキーな歌声も加わって、歌ものとしても楽しめる。
なお、本作のジャケについては、どちらが表面かでいまだに意見が分かれているらしい。
ジャズ度・・8 ロック度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Brian Auger & The Trinity 「StreetNoise」
イギリスの鍵盤奏者ブライアン・オーガー率いるトリニティの1969年作
女性シンガー、ジュリー・ドリスコールを迎えての2作目となる。鳴り響くオルガンは前作以上にプログレ的になり、
躍動感のあるアンサンブルとともに、ジャズとロックの境目をゆくような熱い演奏が繰り広げられる。
手数の多いドラムもほとんどロックのノリで、激しいオルガンがそこに重なるとNICEEL&Pにも近い感触すらある。
一方ではジュリーのハスキーな歌声で聴かせるナンバーも前作以上に魅力的で、張りつめた緊張感を含ませつつ、
ART BEARSばりにシアトリカルに歌い上げる2曲めなどは圧巻である。DOORSのカヴァーなども自分たちのアレンジにしていて、
LP時代は2枚組の大作ながら、どこを切っても勢いある演奏とテンションで、最後までぐいぐい耳を引きつけられる。
オルガンロックとしての躍動感と、優雅なジャズテイストを感性豊かに融合させたというべき大傑作である。
ジャズ度・・7 ロック度・・8 英国度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Brian Auger's Oblivion Express 「Straight Ahead」
イギリスの鍵盤奏者、ブライアン・オーガー率いる、オブリヴィオン・エクスプレスの1975年作
このバンド名義としては5作目となる作品で、やわらかなギターにエレピやオルガンを乗せ、
フュージョン的な軽やかさとジャズロックの優雅さを合わせたサウンド。マイルドなヴォーカルで聴かせる、
AOR的でもあるポップな感触もあって、いくぶんアメリカナイズされたファンキーなナンバーなどもありつつ、
インストパートにおけるアンサンブルの巧みさは、むしろカンタベリー的でもあったりする。
9分、10分という大曲も、プログレ寄りにならない、ある種のメジャーなポップ感があって、
フュージョンロックを好む多くのリスナーに楽しめるだけのクオリティの高さが素晴らしい。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazonで購入する

Brian Auger's Oblivion Express 「Here and Now / Keys to the Heart」
イギリスの鍵盤奏者、ブライアン・オーガー率いる、オブリヴィオン・エクスプレスの1982/1987年作
80年代のアルバム2作のカップリング盤で、1982年作は、ビート感を強めたポップなAORという感触。
キャッチーなヴォーカルを乗せ、80年代らしいデジタル寄りのシンセサウンドとやわらかなオルガンを加えた、
アメリカ寄りのポップロックという作風ながら、エレピを乗せたフュージョンロック的な軽妙なインストナンバーは、
かつてのように優雅な味わいで楽しめる。1987年作は、よりデジタルなモダンさを強めたサウンドながら、
ブラスを含んだアレンジと美しいシンセサウンドで、ヴォーカルも含めて、ポップなAORとしての完成度は上がっている。
一方では、オルガンにエレピ、サックスが鳴り響き、技巧的なギターで聴かせる、ジャズ調のナンバーもなかなか魅力的。
メロディック度・・8 プログレ度・・5 ポップ度・・8 総合・・7.5
Amazonで購入する


Brian Eno 「Here Come the Warm Jets」
ブライアン・イーノの1973年作
ROXY MUSICを抜けたイーノのソロとしての1作目。
のちの作品に比べるとロック色が強く、初期ロキシーの延長上にある風変わりなポップロックという趣。
基本は歌ものであるが、ロバート・フリップをはじめ、フィル・マンザネラ、ジョン・ウェットン、アンディ・マッケイなど、
名だたるアーティストが参加した演奏陣も一流で、随所にセンス溢れるギターやシンセワークなどが耳につく。
ロキシー時代からのファンはもちろん、キャッチーな英国ロックとしては、QUEENなどにも引けをとらない出来だ。
ポップ感覚度・・8 プログレ度・・7 ハイセンス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

BRIAN ENOTaking Tiger Mountain
元Roxy Musicのブライアン・イーノのソロ2作目。1974年作
のんびりとした牧歌性で聴かせる、ポップな歌もの作品であるが、
やはり随所にモダンで実験的な香りを漂わせているのが玄人好みである。
中国舞踏団の絵ハガキからインスパイアされたというように、曲によっては
オリエンタルな雰囲気を取り入れるなど、アレンジの幅の広さも光っている。
楽曲は3〜5分台と比較的コンパクトなので、気負わずに楽しめる好作品。
ポップ感覚度・・8 プログレ度・・7 ハイセンス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

BRIAN ENO「Another Green World」
元Roxy Musicのブライアン・イーノのソロ3作目。1975作
ノイジーなギターを取り入れながらも、やわらかな聴き心地を失わないセンスと、
ポップさとアヴァンギャルド性を内包しつつも、ニューエイジ的なモダンさも光る。
ヴォーカル曲におけるポップさと、バックのギターの鳴り具合の対比も面白い。
ジャーマンロック的な実験色をアンビエントな流暢さで包み込んだような傑作。
ポップ感覚度・・8 プログレ度・・7 ハイセンス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

BRIAN ENO 「Before and After Science」
ブライアン・イーノの1977年作
ポップとアンビエントが融合した前作の路線よりも、ポップロック的なキャッチーさが増している。
フィルコリンズ、フィル・マンザネラ、ロバート・フリップ、フレッド・フリス、ポール・ルドルフ、
パーシー・ジョーンズ、ビル・マコーミックという名うてのミュージシャンたちが参加して、
むしろ1作目の路線をよりモダンに再現するような作風が楽しめる。完成度の高さはピカイチの一枚。
ポップ感覚度・・8 プログレ度・・7 ハイセンス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

BRIAN ENO:Ambient 1 : Music for Airports
ブライアン・イーノの1978年作
空港施設内で、会話を邪魔しないような音楽を流すという目的で作られた作品で、
エレピのつまびきによるしっとりとした、タイトル通りアンビエントな雰囲気に包まれている。
単音メロディのループによるシンプルなサウンドは、疲れた耳や脳にも心地よく、
たとえば、仕事をしながらのBGMなどにも最適である。音楽は芸術であると同時に
人間の暮らしの中に溶け込むことでも、存在価値を生むことができるという、そんな作品である。
ロック度・・0 プログレ度・・5 アンビエント度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

BRIAN ENO:Ambient 2 : Plateaux of Mirror」
ブライアン・イーノの1980年作
アンビエントシリーズの2作目で、やわらかなピアノのつまびきとうっすらとしたシンセに包み込まれる
文字通りアンビエントなミュージック。ハロルド・バットの弾くシンセをアレンジするという手法で作られた本作は
前作にくらべて1曲ずつが短くなり、気付くと曲が終わっているという、物足りなさもいくぶんあるのだが、
その分、むしろピアノの旋律の美しさが際立って、メロディの輪郭が楽しめる作風である。
押しつけのない音楽、自然体の優しいサウンドを愛する方には、心地よく楽しめる。
ロック度・・0 プログレ度・・5 アンビエント度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

BRIAN ENO 「Ambient 4 : On Land」
ブライアン・イーノの1982年作
アンビエントシリーズの4作目で、これまでにない不穏な雰囲気に包まれたサウンドで、
Klaus Schulzeなどにも通じる、スペイシーでダークなシンセサウンドが広がってゆく。
展開やフックというものはほとんどなく、うっすらとした冷たいシンセをバックに、
ひたすらノイジーな風のような音や、SE的なパルス音が続いてゆくというもので、
音楽として聴くには少々つらいかもしれない。イーノが行き着いたアンビエントの果てというべき、
薄暗く荒涼とした世界を音で描く、抽象画のような作品である。
ロック度・・0 プログレ度・・5 ダーク度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Brian Eno 「Thursday Afternoon」
ブライアン・イーノの1985年作
全1曲60分という異色の大作で、うっすらとしたシンセにゆったりとした単音のメロディがリフレインする、
これぞアンビエントの極地というべきサウンド。これという展開などはないが、
ずぶずぶとシンセの海の中に溺れてゆくような、ひたすらやわらかで心地よい感覚に浸れる。
ふわふわとしたBGMとして聞き流すもよし、どっぷりとつかるのもよしという作品だ。
ロック度・・0 プログレ度・・5 アンビエント度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




CAMEL
イギリスのプログレバンド、キャメルの1st。1973作
ブリュー(Brew)というブルースロックバンドで活動していた、アンドリュー・ラティマー、ダグ・ファーガソン、アンディ・ウォードが
メンバー募集の広告を出していたピーター・バーデンスとセッションをへて意気投合し、キャメルが誕生した。
やはり代表作となるのは次作以降だと思うが、この1stは2nd「MIRAGE」同様、躍動感のあるロック色が濃い作品だ。
アンディ・ラティマーの奏でるギターはじつにメロディアスで、ピーター・バーデンスのメロトロンが美しい名曲、
「NEVER LET GO」をはじめとしてメロディックロックとしての確かな息吹を感じさせる。リマスター盤にはボーナス2曲入り。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ロック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMELMirage」
イギリスのプログレバンド、キャメルの2nd。1974作
CAMELの最高作を挙げるなら、美しさでは次作「白雁」だろうが、メロディックロックとしてはダバコの絵柄でおなじみの本作だ。
アンドリュー・ラティマーのメロディアスなギターが鳴り響く躍動的な1曲目は、ギターフレーズで聴かせるプログレが好きな方なら
おもわずにんまりだろうし、しっとりとしたフルートの美しい2曲目や、ファンタジックな大曲“Nimrodel”など聴き所は多いのだが、
ラストには素晴らしき組曲“Lady Fantasy”が待ち構えている。繊細なメロディと英国ロックとしての魅力が合わさった初期の傑作。
リマスター盤のボーナスにはライブ音源3曲に、大曲“Lady Fantasy”のデモなどを収録。
メロディアス度・・9 ロック度・・8 たおやか度・・9 総合・・8.5◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMELThe Snow Goose」
イギリスのプログレバンド、キャメルの3rd。1975作
ポール・ギャリコの小説「白雁」をテーマにしたコンセプトな大傑作。
雁たちの鳴き声から静かに始まり、ピアノをバックに美しいフルートがメロディを奏で出す。
インストの小曲を連ねて情景を描き出し聴かせてゆくという手法ながら、メロディを大切にした作りなので
難解さはまったく感じられない。ラティマーのやわらかなギターメロディもじつに素晴らしい。
2nd「Mirage」のような躍動感は薄いが、その分丁寧にまとめられたアルバムともいえる。
これはまさに聴く小説作品だ。リマスターにより音の繊細な美しさが際立って聴こえる。
2009年デラックスエディションはDisc2に1975年のBBCでのライブ音源を12曲収録。
メロディアス度・・9 プログレ度・・7 繊細度・・10 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMELMoonmadness」
イギリスのプログレバンド、キャメルの4th。1976作
「月夜のファンタジア」というタイトル通り、ジャケの幻想性ということならなら本作が最高だろう。
サウンドの方も、シンセに絡むゆるやかなフルートの音色がとても美しく、ラティマーの泣きのギターと
しっとりと聴かせるヴォーカルメロディとともに、まさに月夜を眺めるような心地を味わえる。
シンフォニックでスタイリッシュにまとめられた音は、これ以降のシンフォバンドのお手本とするような部分もあるだろう。
このバンドの美しさをよく味わえる傑作だ。2009年デラックスエディションはDisc2に1976年のライブ音源をたっぷり収録。
大曲“Lady Fantasy”を含む素晴らしい演奏で、これは必聴級の音源です。
メロディアス度・・8 幻想度・・9 たおやか度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL「Rain Dances」
キャメルの5th。1977作/邦題は「雨のシルエット」
ベースのダグ・ファーガソンが脱退し、元CARAVAN、Hatfield and the Northのリチャード・シンクレアを迎えて作られた本作は
4thまでの幻想的な作風に、キャッチーなポップセンスが加えられたサウンドとなった。
次作「BREATHLESS」から正式メンバーとなるメル・コリンズのサックスも活躍していて、むしろCARAVANを思わせるような
ジャズ/フュージョン的な軽妙さも光る好作となっている。もちろん、アンドリュー・ラティマーのメロウなギターと、
ピート・バーデンスの美しいシンセも見事で、繊細でやわらかなメロディを乗せたとても聴きやすいアルバムだ。
リマスター盤のボーナスには1977年のBBC音源などを収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 軽快度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL「BREATHLESS」
イギリスのメロディックロックバンド、キャメルの6th。1978年作
初期のアルバムと比べるとずいぶんとソフトになった印象だが、メロディの良さは相変わらずで、
全体的にも非常に聴きやすいアルバムだ。どこかほのぼのとしたピーター・バーデンスのキーボードに、
アンディ・ラティマーのメロウなギターワークにたおやかなフルートもなかなか効いている。
歌メロなどはかなりポップで、もはやプログレというよりはソフトなメロディックロックという印象であるが、
代表曲“Echoes”でのラティマー節の泣きのギターにはやはりうっとりである。
なお、本作収録後、ピーター・バーデンスが脱退する。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 たおやか度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL「A LIVE RECORD」
キャメルのライブアルバム。1978年作/邦題は「ライブ・ファンタジア」
CD2枚組。録音は1974〜1977までのもので、曲によってはやや参加メンバーが異なる。
しかし要はやはり、アンドリュー・ラティマーのメロウなギターフレージングで
高度なテクニックがありながらゆるやかな叙情を表現できるセンスはさすが。
目玉はDisk2における「THE SNOW GOOSE」の完全再現で、バックにオーケストラを交え、
静かに盛り上がりを見せる楽曲はギターメインのメロディック系シンフォとしては金字塔のひとつといっていい。
今は亡きピート・バーデンスのシンセも素朴でやさしげな音色を奏でている。傑作ライブアルバム。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 素朴度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL「I CAN SEE YOUR HOUSE FROM HERE」
キャメルの7th。1979年作。邦題は「リモート・ロマンス」
前作収録後、ピーター・バーデンスが脱退、本作ではHAPPY THE MANのキット・ワトキンスが参加している。
ベースにコリン・ベースが加わっている。ぱっと聴きには前作以上にポップになっているが、
アンドリュー・ラティマーの流麗なギターはやはり耳に心地よいし、ワトキンスのシンセワークも、
HTMを思わせるシンフォフュージョン風で、こちらもなかなか頑張っており、自身の作曲である3曲目などはとても美しい出来だ。
ラストの“Ice”は10分におよぶインスト曲で、ラティマーの泣きのギターがたっぷりと堪能できる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ポップ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL 「Nude」
キャメルの8th。1981年作。邦題は「ヌード」
第二次大戦後、南海の島に取り残された日本兵(小野田氏)の実話を基にしたコンセプト作。
サウンドはやわらかなヴォーカルと、80年代的なシンセアレンジを含んだキャッチーな聴き心地で、
プログレというよりは歌もの曲を主体にインストも配したストーリーアルバムという趣だ。
そんな中でも、アンドリュー・ラティマーのギターは随所に叙情的な旋律を奏で
繊細なピアノやフルートの音色などとともに、作品にしっとりとしたドラマ性を付加している。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

CAMEL 「The Single Factor」
キャメルの9th。1982年作
前作を最後にオリジナルドラマーのアンディ・ウォードが脱退し、いよいよアンディ・ラティマーのソロプロジェクト的な
色合いが強まった作品となっている。3、4分台の小曲中心で、いかにも80年代的なポップなビート感覚と、
キャッチーなやわらかさに包まれたサウンドであるが、随所にラティマーのメロウなギターワークと
きらびやかなシンセも美しく、わりとポップでありながらプログレハード的にも楽しめる内容だ。
メロディック度・・8 プログレ度・・6 キャッチー度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

CAMEL 「STATIONARY TRAVELLER」
キャメルの10th。1984年作
東西の冷戦をテーマにしたコンセプト作で、のっけからラティマーのギターが叙情フレーズを奏で、
物悲しいドラマ性を感じさせる。KAYAKのトン・スケルペンツェルがシンセで参加しており、
随所に美麗なシンセアレンジを含ませつつ、ヴォーカルが入ったキャッチーなプログレハード的な感触で、
80年代らしいビート感も匂わせながら、やはり英国らしい聴き心地を残しているのがさすが。
本作を最後にバンドはいったん活動を休止、その後1991年に復活することになる。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

CAMELDust & Dreams
キャメルの1991年作
7年間の活動休止をへての復活作で、スタインベックの小説「怒りの葡萄」のストーリーに基づいたコンセプト作。
やわらかなシンセに優しいヴォーカルの歌声が重なり、静かに物語は始まってゆく、
カルフォルニアへの憧れと出発からその道のり、砂漠、辿り着いたカリフォルニアの農場…
といった場面場面を小曲を連ねて描いてゆく、そのやわらかで繊細な音作りは、このバンドならではだ。
そしてアンディ・ラティマーのメロウなギターはやはり素晴らしい。派手な展開やインパクトはさほどないが、
じわじわと胸に響いてくる。かつての名作「THE SNOW GOOSE」を思わせる、しっとりと美しい作品である。
KAYAKのシンセ奏者、トン・スケルペンツェルやスコットランドの女性シンガー、メイ・マッケンナが参加している。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL 「Never Let Go」
キャメルのライブ作品。1993年作
「Dust and Dreams(怒りの葡萄)」の完成後の1992年に行われた結成20周年記念ワールドツアー、
そのオランダ公演を収録したCD2枚組。1st収録曲の“Never Let Go”で幕を開け、
アンディ・ラティマーの流麗なギタートーンを中心に、メロディアスかつ軽快なアンサンブルを繰り広げる。
名作「スノー・グース」からフルートが美しい“Rhayader”、「雨のシルエット」収録の叙情的な“Unevensong”、
「ブレスレス」収録の“Echoes”、そして「リモート・ロマンス」収録の大曲“Ice”といった魅力的な楽曲が
スタジオ盤以上の躍動感でもって演奏されてゆく。Disc2では「ダスト・アンド・ドリームス」の完全再現で、
しっとりとした美しさで描かれる繊細なドラマ性が素晴らしく、ラティマーのギターの泣きメロ満載だ。
ラストは「ミラージュ」収録の大曲“Lady Fantasy”で締めくくる。キャメルファンなら必聴のライブ作品だろう。
メロディック度・・8 ライブ演奏・・8 叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

CAMEL「HARBOUR OF TEARS」
キャメルの1996年作
「港町コーヴの物語」と題された本作は、アイルランドの歴史における英国からの侵略と
移民へと旅立つ人々たちの悲哀に包まれたストーリーにしたコンセプトアルバム。
前作にも参加したスコットランドの女性シンガー、Mae Mckennaの美しい歌声から始まり、
アイリッシュなメロディを奏でるギターとうっすらとしたシンセが合わさり、もの悲しくも叙情的なサウンドを描いてゆく。
全体的にはインスト主体であるが、人間的な情感を感じさせる優しいメロディとともに、
ゆるやかに哀愁のドラマを構築してゆくセンスは絶品である。後期の最高傑作だろう。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CAMEL 「Coming of Age」
キャメルのライブ作品。1998年作
1997年ワールドツアーのステージを収録。「ムーンマッドネス」収録の“Lunar Sea”で幕を開け
アンディー・ラティマーの流麗なギターを中心に、軽妙なアンサンブルとベテランらしい表現力で
メロウで優雅なサウンドを描いてゆく。「スノー・グース」、「ヌード」からのメドレーなどを含めて、
このバンドの繊細かつメロディックな魅力をたっぷり伝えてくれるライブサウンドが味わえる。
Disc2は「ダスト・アンド・ドリームス」からの抜粋と、「ハーバー・オブ・ティアーズ」を全曲演奏。
ラティマーの泣きのギターとともに叙情豊かな聴き心地でしっとりと鑑賞できる。
メロディック度・・8 ライブ演奏・・8 叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

CAMEL 「Rajaz」
キャメルの1999年作
コンセプト作だった前2作に比べ、楽曲ごとのメロウな叙情が明快に描かれた好作品。
アンドリュー・ラティマーのメロディックなギターフレーズがたっぷり味わえるインストパートに、
渋みのあるヴォーカルを乗せてじっくりと聴かせるナンバーもあり、まさに大人の叙情ロックというべき聴き心地。
KAYAKでも活躍する、トン・スケルペンツェルの美麗なシンセアレンジも絶品で、随所にチェロの音色なども加わったり、
オーケストラルなアレンジやアラビックな音階を含んだギターメロディなどが、センスよく楽曲を彩ってゆく。
ジャケのイメージ通り、砂漠を行くキャラバンやラクダを思わせるような、味わい深いキャメルサウンドが楽しめる逸品だ。
メロディック度・・8 叙情度・・8 大人の味わい度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Camel 「The Paris Collection」
イギリスのプログレバンド、キャメルのライブ作品。2001年作
2000年フランスでの公演を収録。シンセに故ギー・ルブラン(Nathan Mahl)を迎えた編成で、
1曲目の“Ice”から、しっとりと美しいシンセアレンジに、アンディ・ラティマーのメロウなギターを乗せた繊細なサウンドが広がる。
2曲目は「MoonMadness」からのナンバーで、ゆったりとした叙情からの軽快なリズムチェンジで、初期キャメルのメロディックな作風が味わえる。
「Rajaz」からのナンバー“Sahara”でのラティマーのギターの卓越した表現力にうっとりしつつ、中盤には「怒りの葡萄」からのナンバーを連ねた、
大人の哀愁と叙情を組曲的に描いてゆく。ラストは大曲“Lady Fantasy”で、往年のファンも大歓喜。新ドラマーのプレイも見事で、
コリン・バースのベースのなにげない存在感もさすが。安定した演奏力で楽しめる好ライブです。
ライブ演奏・・8 大人の叙情度・・8 往年のキャメル度・・8 総合・・8 
Amazonで購入する

CAMEL 「The Snow Goose」
イギリスのプログレバンド、キャメルの2013年作
ポール・ギャリコの小説「白雁」をテーマにした1975年の傑作を新たにリレーコーディングした作品。
ギターのアンドリュー・ラティマーを中心に、コリン・ベース、デニス・クレメント、シンセには故ギー・ルブランが参加、
当時の作風そのままの作風で空気感も含めて忠実に再現された楽曲は、ファンにはたまらないだろう。
やわらかなフルートの音色にラティマーの泣きのギター、そしてギー・ルブランの美しいシンセワークも
オルガンを含めてかつての雰囲気をしっかりとよみがえらせている。流れるように連なってゆくインストによる小曲は、
優雅な叙情性とともに、物語的な映像を見せてくれるようだ。オリジナルと聴き比べるなどしても楽しめるだろう。
ドラマティック度・・8 優美度・・9 再現度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


CAPABILITY BROWN「FROM SCRATCH」
イギリスのプログレバンド、キャパビリティ・ブラウンの1st。1972年作
一般的には「唇にチャック」ジャケが有名な2ndの方が人気のようですが、
本作もブリティッシュロックとしてはなかなか良質のアルバムです。
キャッチーなコーラスワークで聴かせる比較的シンプルなメロディックという趣で、
プログレ風味は薄いですが、いかにも70年代英国の牧歌性でのんびりと楽しめます。
ラストの9分超の大曲は、次作の20分の大曲というほどではないが、なかなかの出来。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ブリティッシュ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Capability Brown「Voice」
イギリスのプログレバンド、キャパビリティ・ブラウンの2nd。1973年作
これまでずっと聴きたかったが見つからない、貴重なアルバムであったが2008年に再発。
元HARMONY GLASSのメンバーによるバンドで、ヒプノシスによるジャケがインパクト大。
前半はポップな感触のキャッチーな英国ロックという感じで、正直、悪くはない程度なのだが、
旧B面にあたる20分の大曲は、チェンバロとリュートの音色で始まるクラシカルな雰囲気に
泣きのギターが合わさり、QUEEN風のコーラスにメロトロンまで加わった叙情派プログレの作風。
この曲の存在によってプログレ方面のリスナーにとって、幻の名作的な存在になったのだろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ラストの大曲度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

CAPTAIN BEYOND
DEEP PURPLEのロッド・エヴァンスらによるバンド、キャプテン・ビヨンドの1972年作
のっけから変拍子のリズムで始まる本作は、すべてのテクニカルロックの元祖というべき名盤だ。
今でいうとメタリックなハードなギターと、抜群のリズム、グルーブ感の素晴らしい演奏、
プログレッシブともいうべき複雑な楽曲構成には古くささは微塵も感じない。この細かなリズムアプローチと
部分ごとのキメの連続は、Deep Purpleを上回る緻密さでこの年代のバンドとしては見事という他はない。
むしろ、ロッド・エヴァンスのヴォーカルが一番英国的な雰囲気をただよわせている。
この後メンバーを変えながら1973年、77年に2作を発表するが、いずれも本作ほどのインパクトはなかった。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 楽曲センス・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Captain Beyond 「Sufficiently Breathless」
キャプテン・ビヨンドの1973年作
テクニカルロックの大傑作であった前作から、ドラムのボビー・コールドウェルが脱退し、
アコースティカルで牧歌的な雰囲気で始まる本作は、賛否両論のアルバムであるが、
じっくりと聴かせるブルージーな渋さと英国らしい叙情が合わさった好作品だと思う。
マイルドなロッド・エヴァンスの歌声とともに、フォークロック的なやわらかさが耳に心地よく、
前作のような強烈なインパクトはないが、むしろ別バンドと思えば普通に楽しめる。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


CARAVAN
イギリスのカンタベリーロックバンド、キャラバンの1st。1968作
カンタベリーを代表する存在となるこのバンドであるが、本デビュー作の段階では
ジャズロック風味はまだ薄く、むしろオルガン入りのソフトロックという趣のサウンド。
オルガンの歪ませ方も含めて、サイケロック的な雰囲気もあり、方向性の試行錯誤が感じられるが、
一方ではのちの作風にも共通する、やわらかで優雅な叙情という面では、その萌芽は確かに含んでいる。
ラストの9分の大曲などは、年代を考えればかなりプログレ的なサウンドを描いている。
2002年のリマスター盤には、モノラルとステレオの両バージョンが収録されている。
メロディアス度・・8 ジャズロック度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

CARAVAN「If I Could Do It All Over Again I'd Do It All Over You」
イギリスのカンタベリーロックバンド、キャラバンの2nd。1970作
一般的には次作「グレイとピンクの地」が代表作とされるが、本作も決して劣らない。
カンタベリー的な軽やかさに、デイヴ・シンクレアのオルガンが重なると、
ジャズロックというよりは、ブリティッシュロックとしての湿りけをかもしだす。
牧歌的なヴォーカルメロディで聴かせる素朴な耳心地のよさと、
大曲における軽妙な展開力とテクニックもバランスがよくとれていて、
普通にメロディアスなプログレとして楽しめる。ピアノやフルートの音色も美しい。
メロディアス度・・8 ジャズロック度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CARAVAN「In the Land of Grey and Pink」
「グレイとピンクの地」として知られるキャラバンの3rd。1971作
前作で確立した、いわゆる“カンタベリー系”と呼ばれるサウンドをさらに追求し、
ジャズロックとしてのテクニックと牧歌的な世界観が合わさった軽やかな構築を聴かせる代表作。
ジャズとしてならむしろ次作「ウォータールー・リリー」が、プログレとしてなら「夜ごとに〜」の方が
分かりやすいと思うのだが、本作はそのどちらともいえないカンタベリーな雰囲気、つまりは
素朴な情緒が魅力なのだろうと思う。とくに旧LPのB面すべてを費やした22分の組曲は見事。
デイブ・シンクレア在籍最後のアルバムということで、オリジナルキャラバンが好きな方には一番だろう。
プログレ度・・7 ジャズロック度・・7 カンタベリー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CARAVAN「Waterloo Lily」
カンタベリー系を代表するバンド、キャラヴァンの4th。1972作
前作を最後にデイブ・シンクレアが脱退、代わりにスティーヴ・ミラーが参加し、ややジャズ色が強まった作品。
とはいっても軽やかなアンサンブルと、ある種のキャッチーな聴きやすさは健在で、
パイ・ヘイスティングズのギターにリチャード・シンクレアのベースの存在感、
そしてスティーヴの弾くピアノ、オルガンを含めたインスト部分はとても魅力的だ。
10分を超える長曲2曲なども、適度に力みの抜けた音に余裕を感じさせる。
プログレ度・・7 ジャズロック度・・8 軽やか度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CARAVAN「For Girls Who Grow Plump in the Night」
キャラヴァンの5th。1973作。邦題は「夜ごと太る女のために」
一般的には、3rd「グレイとピンクの地」が代表作とされているが、メロディの魅力という点では、むしろこちらを最高作にしてもよいと思う。
キャッチーでややポップな歌メロに、ジャズロック風の軽やかな演奏とフルートなどのたおやかな叙情性や、オーケストラ入りの大曲もあり、
聴き心地はキャッチーでありながらも作品としては充分に聴きごたえがある。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・8◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

CARAVAN「Caravan & the New Symphonia」
キャラヴァンのオーケストラとの共演ライブ作。1974作
1974年、ロンドンのシアター・ロイヤルでのステージを収録。
時期的には「夜ごとに太る女のために」が発表された直後で、まさに全盛期のライブ。
ジャズロック風味もある軽やかな楽曲に生のオーケストラが加わり、サウンドにはシンフォニックな味わいと適度な優雅さが感じられる。
かといって、オケが前に出すぎることはなく、あくまでバンドの演奏がメインであるというバランスも見事。
プログレの傑作ライブアルバムというのはもちろんのこと、オーケストラ入りのロックアルバムとして見渡しても間違いなく上位にくる出来だ。
シンフォニック度・・8 ライブ演奏・・8 オケバランス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CARAVAN「Live at the Fairfield Halls, 1974」
イギリスのカンタベリーロックバンド、キャラバンのライブアルバム。1974/2002作
1974年のFairfield Halls公演を収録したライブ作で、時期的に「夜ごと太る女のために」からの曲が中心。
音質も良好で、安定したリズムの上に乗るオルガンプレイや、エレクトリック・ヴィオラの音色など、
メロディとアンサンブルのバランスのとれたバンド絶頂期の素晴らしい演奏がたっぷり楽しめる。
テクニックあるインストから、キャッチーな歌ものまで、アルバム以上に魅力的な演奏だ。
メロディアス度・・8 ライブ演奏度・・8 音質・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CARAVAN「Cunning Stunts」
キャラヴァンの6th。1975作。邦題は「ロッキン・コンチェルト」
ヒプノシスのジャケがユニークだが、内容も彼らの代表作のひとつにしてもよい出来だ。
サウンドは前作からの流れでポップではあるものの、しっかりシンセも効いていて、
オーケストラによるアレンジが美しいシンフォニックな曲にはうっとりとなる。
そして後半の18分の組曲はリラックスしたメロディで聴かせるシンフォニック・ポップで、
やわらかなサウンドと同時にプログレ的な構成力が光っている。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・8◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Carl Palmer 「PM」
EL&P、ASIAのドラマー、カール・パーマーのソロ。1980年作
カール・パーマー以外はアメリカのミュージャンによって作られたアルバムで、
ポップでキャッチーな歌ものロックという作風ながら、きらびやかなシンセアレンジなどには
のちのASIAを思わせるような雰囲気もある。パーマー自身のドラムについては、わりとオーソドックスにプレイしていて、
ソロというよりはバンドの一員という趣なので、プログレ的には取り立てて聴くべき所は少ない。
TOTOなどに通じる80年代的な産業ロックの雰囲気と、ファンキーな味わいなどが合わさった、ポップな作風であるが、
随所にブルージーなギタープレイや、やわらかなシンセワークなど、ファンには地味に楽しめる好作品ともいえる。
キャッチー度・・8 プログレ度・・5 英国度・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Catapilla
ブリティッシュロックバンド、キャタピラの1971年作
二人のサックス奏者に、フルート&クラリネット奏者を含む7人編成で、
ハードな感触のギターにサックスが絡んで、フルートのも音色も含んだクリムゾン的な雰囲気に、
女性ヴォーカルの歌声が加わると、カーヴド・エアを思わせる妖しい聴き心地になる。
紅一点、アンナ嬢の歌声は、野太いパワフルさと、アニー・ハズラム的なやわらかさを同居させていて
B級のヘタウマ感とともにバンドのカラーに似合っている。2ndに比べるとサイケロック的なユルさが強く、
15分、24分という大曲も、フリーキーなおおらかさで押し切る感じが魅力といえるかもしれない。
サイケロック度・・7 プログレ度・・7 女性Vo度・・7 総合・・7.5

Amazon.co.jpで詳細を見る

Catapilla「Changes」
ブリティッシュロックバンド、キャタピラの2nd。1972作
変形紙ジャケを広げると、菜っ葉から顔を出したのは芋虫であった。
ジズロックとサイケの中間のような、ぼやけた浮遊感のあるサウンドで、
けだるげなサックスの音色に女性ヴォーカルの歌声がアンニュイに響く。
ヨレ気味のギターといいスキャットぎみの女性Voといい、つかみ所のない危うさが
魅力といえば魅力か。はっきりとした音楽が好きな方は聴かない方がいいだろう。
ヒッピー気味の気だるげサイケ、ジャズロックとしてまったり聴くのが正解。
ジャズロック度・・7 気だるげ度・・8 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Cirkus「One」
イギリスのプログレバンド、サーカスの1971年作
美しいストリングスをバックにハモンドにメロトロンが鳴り響く、いかにも英国的なサウンドで、
いわば元気のよいBJHという雰囲気。曲は3〜5分台と割とコンパクトで、ドラマティックな叙情性と
キャッチーなメロディのバランスがとれていて普通に聴きやすい。随所に美しいストリングアレンジも入ってきて、
繊細な美しさとフォーキーな牧歌性が同居した作風。派手さはないがゆったりと楽しめる好作品だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Clear Blue Sky
ブリティッシュロックバンド、クリアー・ブルー・スカイの1970年作
当時若干18歳だったという若手のトリオ編成で、ロジャー・ディーンのジャケのイメージよりは
もっと荒々しいサウンドで、時代的に聴けばかなりハードな歪んだギターが鳴り渡る、
奔放なインストハードロックというべき感触。それでいてまったくプログレでないというかというと、
随所にピアノも入ってきたり、サイケなユルさやブルーズな風味なども顔を覗かせる。
未整理の魅力と言おうか、いわば若さゆえの計算されていない荒削り感が面白い好作品。
メロディック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

Clear Blue Sky 「Cosmic Crusader」
ブリティッシュロックバンド、クリア・ブルー・スカイの1996年作
1970年に唯一の作品を残して消えたバンドの、じつに26年ぶりとなる復活作。
シンセ奏者に女性ヴォーカルが加わった編成で、オールドスタイルの70'sハードロックに
シンセアレンジを含んだサイケ寄りのスペイシーな浮遊感が加わったというサウンド。
女性ヴォーカルが艶めいた妖しさをかもしだしつつ、ギターはあくまでブルージーという、
なんとなく噛み合わないギャップが面白いというか、微妙というか…煮え切らない感触は
おおらかなB級ハードという言い方がぴったりくる。無駄に長いタイトル曲もいかがなものか。
メロディック度・・7 プログレ度・・6 サイケ&ブルーズ度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る


Clear Blue Sky 「Don't Mention Rock 'n' Roll」
ブリティッシュロックバンド、クリア・ブルー・スカイの2013年作
70年代に活動していたバンドが、人知れず1996年に再結成、本作は復活後の4作目となるアルバム。
ブルージーな感触を含んだ古き良きブリティッシュハードは健在で、さらにぐっと大人の渋さが加わったという印象。
味わいのあるギターサウンドはいかにも70年代テイストで、どこかなつかしいような聴き心地。
キャッチーなメロディアス性や女性コーラスなども含んだアレンジも随所にあって、
単に古臭いだけでない叙情的なブリティシュハードロックが楽しめる好作品です。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・6 古き良き度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


COLOSSEUMValentyne Suite
イギリスのジャズロックバンド、コロシアムの2nd。1969年作
プログレという言葉もなかった60年代に作られた傑作。前半こそ比較的オーソドックスなジャズロックという感じだが、
アルバム後半の17分にも及ぶ“ヴァレンタイン組曲”はやはり素晴らしい。
テクニックのあるメンバーたちによる緊張感のある演奏は、激しいリズム展開の中で、
デイブ・グリーンスレイドのハモンドオルガンが鳴り響くプログレッシブなアプローチに
激しめのギターとサックスが絡んで、ときにNICEばりのクラシカルさも聴かせる。
プログレッシブ・ジャズロックの最初の完成と言うべき作品だ。キーフによる神秘的なジャケも印象深い。
リマスター盤のDisc2には、アメリカ盤デビュー作のために録音された音源などを追加収録。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 ハモン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

COLOSSEUM「Daughter of Time」
イギリスのジャズロックバンド、コロシアムの3rd。1970作
前作「ヴァレンタイン組曲」がバンドの代表作として名高いが、本作もひけをとらないばかりか
演奏のテンションの高さに関してはむしろ上回っている。ジョン・ハイズマンの激しいドラムに、
クリス・ファーロウの歌声がかぶさり、デイブ・グリーンスレイドのオルガンが鳴り響き、
吹き鳴らされるサックスなどが一体となった、じつに熱いプログレ・ジャズロックを繰り広げている。
また楽曲におけるドラマティックな構築性はいかにも英国的な雰囲気をかもしだしていて、
単なるジャズロックの枠を超え、ブリティッシュロックとしての普遍的なスケール感も感じさせる。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 英国度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

COLOSSEUM「Live」
イギリスのジャズロックバンド、コロシアムのライブアルバム。1971作
実質的にCOLOSSEUMのラスト作であり、ライブアルバムの名作とされている。
テクニックと重量感のあるドラムに、いかにもプログレ的でクラシカルなオルガンワーク、
やや暑苦しいヴォーカルと、けたたましく鳴り響くサックスという情熱的な演奏は、
いわゆるカンタベリー系のジャズロックバンドとはまったく違う濃密なアプローチ。
即興もまじえた楽曲構成は、アルバムでのドラマティックな構築性とは異なり、
じつにフレキシブルな雰囲気で、あらためてメンバーの演奏力の高さが伺える。
ドラマティック度・・7 テクニカル度・・8 ライブ演奏・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

COLOSSEUMU「Strance New Flesh」
イギリスのジャズロックバンド、コロシアムUの1976作
COLOSSEUM解散後、ジョン・ハイズマンはTempestをへて、新たに本バンドを結成、
当時はまだ無名のギタリストだったゲイリー・ムーアが加入して制作されたこのアルバムは、
ブリティッシュロックの名盤としてのみならず、テクニカルロックの元祖としても名高い傑作だ。
ジョン・ハイズマンの叩きだす強力なリズムに、ドン・エイリーのカラフルなシンセワークが乗り、
ゲイリー・ムーアのハードかつ叙情的なギターが合わさって、プログレッシブな構築性と
ハードロックリスナーも楽しめる重厚さ、そしてメロディが合わさった、まさに奇跡的な均衡をなしている。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

COLOSSEUM II 「Electric Savage」
イギリスのジャズロックバンド、コロシアムUの2nd。1977作
ヴォーカルが抜けて4人編成となったことで、本作ではフュージョン的な整合感が強まっていて、
凄腕メンバーたちの一糸乱れぬ軽妙なアンサンブルが楽しめる。
ゲイリー・ムーア自身はこのような方向性はあまり好んでいなかったようだが、
ロックとジャズを両立させる見事な感性で、巧みなフレーズを聴かせてくれる。
もちろんリズム面ではジョン・ハイズマンのドラムは見事の一言。テクニカルでありながら
しっかりとメンバーのバランスがとれたフュージョン・ジャズロックの高品質作。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

COLOSSEUMU「Wardance」
イギリスのジャズロックバンド、コロシアムUの3rd。1977作
本作も、強力なメンバーたちの演奏が堪能できる傑作。ジョン・ハイズマンのどっしりとしたドラムに、
ドン・エイリーのきらびやかなシンセとゲイリー・ムーアのギターもこれまで以上に軽やかでメロディアス。
かっちりとしたアンサンブルはテクニカルでありつつ、キャッチーな聴き心地を両立させているのも見事。
ジャズロックなのかフュージョンなのか、曲ごとに方向性が若干異なるが、その統一感のなさも含めて
凄腕メンバーたちのバトルを楽しめるという点では、ファンにはたまらないだろう。
本作を最後にゲイリー・ムーアがThin Lizzyに加入するため脱退、バンドは自然消滅となる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


COMUSSong to Comus」
英国のアシッド・フォークロックバンド、コーマスの1st、2ndカップリング盤
1971年の1stは、エキセントリックな女性ヴォーカルに男性ヴォーカル、ヴァイオリンやパーカッションなどが合わさって、
ある種呪術的でハイテンションな異色のフォークロックが繰り広げられる。一方では、女性声の美しさやフルートなどの
アコースティカルな美しさも持ち味で、そこに薄暗い幻想性が重なると、大変個性的な質感が現れる。
1974年の2ndでは、妖しさがやや薄れ全体的に牧歌的な聴きやすさが増す。しっとりとした男女ヴォーカルの歌声と、
夢見心地のやわらかさにブリティッシュロック的な湿りけを含んだフォークロック異形の好作。
メロディアス度・・8 妖しげフォーク度・・10 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

COMUS 「EAST OF SWEDEN」
イギリスのアシッド・フォークバンド、コウマスのライブ作。2011年作
70年代に2作のアルバムを残し、異形のアシッドフォークとして知られるこのバンドが復活。
本作は、G&Voのロジャー・ウートン、Gのグレン・ゴリング、ヴァイオリンのコリン・パーソン、
Bのアンディ・ヘラヴィ、そして女性Voのボビー・ワトソンと、かつてのメンバーによる編成で
2008年のスウェーデン公演を収録したライブ音源。1stの曲が中心で、アコースティカルでありながら、
呪術的な土着性をもったその個性的なサウンドが、長い年月をへて、まさにそのまま甦った。
ヴァイオリンやフルートが鳴り響き、ハイテンションなヴォーカルに美しい女性声が絡んで、
妖しくも魅力的なフォークサウンドを描いてゆく。バンドは2012年に来日も果たすことになる。
ライブテンション・・9 コーマス度・・9 土着度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Cressida
ブリティッシュロックバンド、クレシダの1st。1970年作
先に2nd「Asylum」を聴いていたが、こちらの1stもなかなかの出来。曲は2〜5分台とコンパクトながら、
ハモンドオルガンを中心としたいかにも英国然とした叙情的なメロディが素晴らしい。
リズムのハネ方はジャズロック的でもあり、マイルドなヴォーカルの歌声も
哀愁をただよわせていてよい感じだ。2ndに比べるとややおとなしめで
小粒な印象ながら、むしろやわらかみのある作風は万人向けかもしれない。
メロディアス度・・8 ハモン度・・8 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cressida「Asylum」
ブリティッシュロックバンド、クレシダの2nd。1971年作
キーフのジャケが印象的な、ブリティッシュオルガンロックの傑作。
鳴り響くハモンドとともに、ドラマティックに展開する楽曲構造が見事で、
美しいストリングスも加わって盛り上がる部分は繊細にして壮麗だ。
またオルガンだけでなく、泣きのメロディやときにブルージーなフレーズもこなす
ギターもなかなか魅力的で、サウンドに厚みと奥深さを巧みに作り出している。
オルガンロック云々というよりもブリティッシュロックの傑作と呼べるだけの内容だ。
メロディアス度・・8 ハモン度・・9 英国度・・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Cressida「Trapped in Time」
ブリティッシュロックバンド、クレシダの未発音源集。2012年作
オルガンロックの名バンドとして、1970年、71年に2作を残したこのバンドのデビュー前
1969年のデモ音源のCD化。いくぶんサイケがかった英国ロックの初期のおおらかさを含みつつ、
やわらかなオルガンの鳴るサウンドは、まさにクレシダのプロトタイプという雰囲気で
音質的にはけっこう古めかしさはあるものの、ファンならば充分楽しめるだろう。
ドラマティック度・・7 英国度・・8 オルガン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


CRRIS SQUIRE「Fish out of Water」
YESのベーシスト、クリス・スクワイアのアルバム。1975作
ビル・ブラッフォード、パトリック・モラーツらが参加しており、サウンド的にもほとんどYesの延長上の作品という感じになっている。
やたら大きなベースの音は、本人のソロなのだからまあ仕方ないが、自身のヴォーカルも、どことなくジョン・アンダースンっぽい。
ギターが入っていない分、ロックというよりは、オーケストラの美しさや、シンセワークなどで聴かせる優雅さが前に出ている。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 Yes度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


CURVED AIR 「AIR CONDITIONING」
ブリティッシュロックバンド、カーヴド・エアの1970年作
女性シンガー、ソーニャ・クリスティーナを擁し、ヴァイオリンをロックに大胆に取り入れた最初のバンドともされる。
サウンドの方は、まだプログレというよりはサイケロック的な浮遊感をともなったアートロックという趣で、
艶めいたソーニャの歌声が魔女めいた幻想的な雰囲気を醸しだし、ダリル・ウェイのヴァイオリンが優雅に鳴り響く。
音質や楽曲の完成度はのちの作品には及ばないが、ヴァイオリン入りの女性声サイケという点ではなかなか楽しめる。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

CURVED AIR「PHANTASMAGORIA」
イギリスのプログレバンド、カーヴド・エアの3rd。1972年作
歌姫ソーニャ・クリスティーナを要するバンドで、一般的に最高作と言われるアルバム。
プログレというよりサイケロック気味のギターなどが以前はあまり気に入らなかったのだが、
サイケやフォークも聴くようになり、ヘタウマの良さも理解できる今あらためて聴くとこれが悪くない。
彼らの良さは英国フォーク色にサイケロック風味を加え、そこに女性ヴォーカルを乗せた
独特の浮遊感とやわらかな質感にあるので、構築的な完成度は求めてはいけないのだ。
フルートやヴァイオリンの音色も美しく、幻想性を感じさせるゆるやかな音で聴かせるアルバムだ。
メロディアス度・・8 ふんわりゆるやか度・・8 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

CURVED AIR「AIR CUT」
イギリスのプログレバンド、カーヴド・エアの4th。1973作
いったんバンドを離れたダリル・ウェイに代わり、若き日のエディ・ジョブソンが参加。
サウンドは初期の頃に比べるとずいぶんすっきりと整理されてきていて
軽やかで優雅な演奏に乗るソーニャー・クリスティーナの歌声が美しい。
エディの艶やかなピアノはやはり素晴らしく、またヴァイオリンの方もダリルに負けじと
テクニカルに弾きまくっていて、このアルバムをクラシカルに彩っている。
前作「ファンタスマゴリア」とともにバンドの代表作と呼ぶにふさわしい出来だ。
メロディアス度・・8 クラシカル度・・8 女性Vo度・・7 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

CURVED AIR「LIVE」
イギリスのプログレバンド、カーヴド・エアのライブアルバム。1975作
選曲は1st、2ndの曲を3曲ずつに、3rdから1曲という構成。力強くシャウトするソーニャ・クリスティーナの歌声に、
ダリル・ウェイのヴァイオリンも艶やかで、アルバム以上にダイナミックな演奏を聴かせてくれる。
サイケ寄りの地味なイメージだった1st「Air Conditioning」からの曲も、ここで聴く方がむしろノリの良さが分かる。
やわらかなオルガンにかぶさるヴァイオリンにうっとり。当時のバンドとしての熱さが伝わってくる、出来のよいライブアルバムだ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 アルバムより激しい度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

CURVED AIR 「MASTERS FROM THE VAULTS」
イギリスのプログレバンド、カーブド・エアのライブアルバム。2003作
1972年のBBCのTV音源から4曲、計28分を収録。同タイトルのDVDも有り。
年代を考えれば音質も良好で、歌姫ソーニャ・クリスティーナの歌唱とともに、スタジオ盤に以上にハードでブルージーな演奏が聴ける。
PCで再生可能な同ライブ映像も収録していて、美しきソーニャのお姿や、大曲“Vivaldi”でのダリル・ウェイのヴァイオリンのキレっぷりなども必見。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 貴重度・・9 総合・・7.5

CURVED AIR「reborn」
英国のプログレバンド、カーヴド・エアの復活作。2008作
70年代に歌姫ソーニャ・クリスティーナを擁したクラシカルなヴァイオリンロックでを聴かせたこのバンドがまさかの復活。
新曲の3曲以外はすべて過去のリメイク曲であるが、なかなかモダンにアレンジされており、
ダリル・ウェイのヴァイオリンに乗るソーニャの歌声を再び聴けるというだけでも、
ファンには感涙ものだろう。3rd「Phantasmagoria」あたりからのナンバーはやはり美しく、
たとえばRENAISSANCEの優雅さとは別の、英国クラシカルロックを堪能できる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 往年度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


CZAR
ブリティッシュロックバンド、ツァールの1970年作
メロトロン、オルガンがたっぷり鳴り響き、ブルージーなギターとともに英国らしい湿りけある叙情をかもしだすサウンド。
初期BLACK SABBATH的でもある妖しい薄暗さと、アンダーグラウンドな雰囲気に包まれながら、
美しい鳴り響くメロトロンにハモンドオルガン、そしてクラシカルなハープシコードが美しく、
ときにギター以上にキーボードが目立っていることもあって、いかにもプログレリスナー向きだ。
70年台初頭の英国ロックシーンの器の大きさを示す、ディープでマニアックな逸品といえる。
メロトロンとハモン度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




Darryl Ways WolfCanis Lupis」
CURVED AIRを脱退したダリル・ウェイ率いる、ウルフの1st。1973作
本作はイアン・マクドナルドがプロデュースしたということで3作中では一番叙情的な作品。
軽やかなリズムにジャズロック風味のピアノと艶やかなヴァイオリンの音色がかぶさり、
キッャチーな歌メロとともに、ジョン・エスリッジのメロディアスなギターも光っている。
完成度では、次作「飽和点」のテクニカルなサウンドに軍配があがるが、
英国的なプログレとしては、やはり本作も捨てがたい好作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ジャズロック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARRYL WAY'S WOLF「SATURATION POINT」
CURVED AIRを脱退したダリル・ウェイのバンド、ウルフの2nd。1973年作
前作「Canis-Lupus」よりさらにインスト重視で、テクニカル性が目立った作風。
のっけから炸裂するウェイの艶やかなヴァイオリンがサウンドを支配する。
叙情よりも押しの強さで勝負に出たアルバムという印象である。
こうなると2曲のみのヴォーカル曲もかえってコントラストになっていて、
1stで指摘されたVoの弱さ云々もここではさほど気にならない。傑作です。
メロディアス度・・8 アグレッシブ度・・8 ヴァイオリン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

DARRYL WAYS WOLF「Night Music」
Curved Airダリル・ウェイ率いるバンド、ウルフの3rd。1974作
邦題は「群狼の夜の歌」。前作「飽和点」はテクニカルにたたみかける内容の濃さで
バンドの最高作というべき出来であったが、この3作目はそれよりはやや落ち着いた印象で、
叙情性と硬質感のバランスがとれていることから、1stと2ndの中間といった感じだろうか。
ジャズロック的なアンサンブルと、古き良きブリティッシュロックのテイストがブレンドされ
適度な緊張感とともにヴァイオリン、シンセによるプログレ的な掛け合いが楽しめる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 ジャズロック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Dave Stewart & Barbara Gaskin 「Broken Records - The Singles」
デイヴ・スチュワート & バーバラ・ガスキンの1987年作
シングル6枚をまとめた作品で、前半にシングルA面のカヴァー曲、後半にB面のオリジナル曲という構成。
いかにも80年代的なビート感と、バーバラのキュートな歌声とともに聴かせるサウンドは、
もはやプログレやフォーク出身とは思えぬようなお洒落なポップ性に包まれている。
さまざまな経験から培っただろうデイヴのシンセアレンジは、素晴らしく完成度が高く、
玄人好みの大人のポップロックとして、一般のリスナーでも普通に楽しめるだろう。
2010年再発盤にはボーナスとして12インチEPから3曲、未発曲1曲を追加収録。
ポップ度・・9 プログレ度・・5 女性Vo度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Dave Stewart & Barbara Gaskin「As Far As Dreams Can Go」
デイヴ・スチュワート & バーバラ・ガスキンの1988年作
アメリカ盤「Up From the Dark」に収録の日本未発表7曲と、86年のシングル「Locomotion」を含む全9曲入り編集アルバム。
リトル・エヴァの“The Locomotion”のカヴァーをはじめ、お洒落なポップセンスを巧みなアレンジで聴かせ、
どこかアンニュイなバーバラの歌声が耳に優しい。他にもテンプテーションズ“I'm Losing You”、
XTC“Roads Girdle The Globe”、ハニーバス“(Do I Figure)In Your Life”
などのカヴァーも収録。
2010年盤ボーナスには“The Locomotion”のシングルミックスと、2010年のリメイク曲を2曲追加収録。
プログレ度・・7 お洒落でアンニュイ度・・9 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Dave Stewart & Barbara Gaskin「The Big Idea」
デイヴ・スチュワート & バーバラ・ガスキンの1990年作
本作は10曲中の4曲がカヴァー、オリジナル曲が6曲という構成で、
サウンドはモダンでポップでありながら、随所にプログレらしさも感じられる。
バーバラの美しい歌声に、センスのあるデイヴのシンセワークも絶妙で、
ときにゴージャスに、ときにしっとりとやわらかにサウンドを彩っている。
フィメールポップとしても、ポップなプログレとしても楽しめる高品質な作品だ。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Dave Stewart & Barbara Gaskin 「Spin」
デイヴ・スチュワート & バーバラ・ガスキンの1991年作
本作も10曲中の4曲がカヴァー、オリジナル曲が6曲という構成で、
これまで以上に60年代ポップスを意識したようなアレンジで聴かせる作風。
バーバラのヴォーカルもどこか古めかしい大衆性をかもしだしていて
モダンなデジタル要素や随所にロック的なギターを取り入れつつ、
あくまだ確信犯的なポップ性に包まれた、お洒落なサウンドが味わえる。
ポップ度・・8 プログレ度・・6 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Dave Stewart & Barbara Gaskin「Green and Blue」
英国カンタベリーシーンを代表する、デイヴ・スチュワート & バーバラ・ガスキンの2009年作
1991年「Spin」以来約18年振りとなる作品で、サウンドの方はポップな味わいのある歌ものながら、
デイヴのきらびやかなシンセワークと、大人の女性の魅力あるバーバラの歌声で、
耳心地のよいシンプルさの中にも奥深いアレンジと洒落たセンスを感じ取れる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


David Cross Band「Sign of the Crow」
元KING CRIMSONのヴァイオリニストとして知られるデヴィッド・クロス率いるバンドの2016年作
のっけからヘヴィなギターリフを乗せたテクニカルメタル風のサウンドでやや面食らうが、
ヴァイオリンが加わった音の厚みと、ヴォーカルを乗せたキャッチーなモダンさに包まれた
ダークなハードプログレが広がってゆく。現FROST*のドラムが叩き出すソリッドなリズムも含めて、
ときにDREAM THEATERなどにも通じるプログレメタル感触も含んだ、若いリスナーにも対応した聴き心地。
泣きのギターにヴァイオリンが重なる英国らしい叙情ナンバーもあり、モダンでヘヴィ寄りの作風の中に、
デヴィッドが描くクラシカルな美意識が見え隠れする。ハイブリッドなスタイルで作り込まれた力作だ。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 モダン&ハー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

David Cross / Robert Fripp「Starless Starlight」
KING CRIMSONのロバート・フリップとデヴィッド・クロスによるプロジェクト。2015年作
クリムゾンの名曲「スターレス」を拡大解釈し、アンビエントスタイルで表現したという作品で、
艶やかなヴァイオリンの音色が鳴り響き、それをランドスケープ的なシンセ、シーケンサーで包み込んだという作風。
8つの楽曲からなる組曲方式で、随所にスターレスからのフレーズを散りばめつつ、クロスの優雅なヴァイオリンが、
即興的な解放感とともに奏でられてゆく。ロック色はないので、プログレを期待して聴くと、いささか退屈かもしれないが、
クラシック/アンビエントのサイドからのクリムゾンへのアプローチとしてはとても楽しめるし、
なによりクロスのヴァイオリンをたっぷりと鑑賞できるので、ファンならば一聴の価値ありだ。
スターレス度・・9 プログレ度・・7 ヴァイオリン度・・10 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


David Gilmour 「Rattle That Lock」
PINK FLOYDのギタリスト、デイヴィッド・ギルモアの2015年作
フロイド名義での「The Endless River」にてギルモア健在を見せつけ、ソロとしては6年ぶりとなる本作が登場。
メロウなギターと美しいシンセによるしっとりとしたナンバーから、アダルトなポップ性が混在した作風で、
ギルモア自身の枯れた味わいの歌声も含めた、大人の叙情ロックが楽しめる。プログレ的に聴くにはやや厳しいが、
やわらかなギターの旋律はもちろん、オルガンなども加わった曲では、いくぶんフロイド的な雰囲気も垣間見え、
ストリングスアレンジも入った美しいナンバーもあったりと、ファンならばじっくり鑑賞できるだろう。
フィル・マンザネラをはじめ、ロバート・ワイアット、ロジャー・イーノなどがゲスト参加している。
ドラマティック度・・7 プログレ・・7 大人の渋さ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


David Sancious and ToneTransformation(The Speed of Love)
イギリス出身の黒人キーボーディスト、デビッド・サンシャスの2nd。1976作
ジャズ畑の人であるが、プログレ好きとしても知られる彼のソロ作の中でも最高傑作とも言われるアルバム。
3rd、4thも悪くはなかったが、どちらかというとキャッチーなジャズ・フュージョンという雰囲気だった。
今作も基本的にはジャズ色のあるプログレ的サウンドなのだが、全4曲という大作志向で、
ギター、ベース、ドラムによるシンプルなアンサンブルに、センスの良いシンセワークが光る。
とくに18分のラスト曲での構築性は、テクニカルなシンフォニックプログレとしても見事だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ジャズロック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

DAVID SANCIOUS「TRUE STORIES」
ジャズを畑にする黒人キーボーディスト、デビッド・サンシャスの3rd。1978作
彼の初期ソロ作はプログレ寄りのものが多く、この3rdもカラフルなキーボードワークに、
軽快なアンサンブルで、中期以降のYES的な歌もの楽曲が揃っている。
間奏部やコーラスなどはかなりYESからの影響が濃く出ていて、プログレファンの鑑賞をも可能にしている。
メロディアス度・・7 キャッチー度・・8 YES度・・8 総合・・7.5

DAVID SANCIOUS「JUST AS I THOUGHT」
デビッド・サンシャスの4th。1979作
プログレ方面としてはピーター・ガブリエルなどのセッションKeyとしても有名。
印象としてはプログレ好きにも聴けるシンフォなジャズ・フュージョンという感じ。
自身の弾くギターに、ときにUKばりのキーボード。全編インストながら、軽快なサウンドで
気持ちよく聞き流せる。いわばジャズ寄りになったセバスチャン・ハーディという感じか。
ロディアス度・・8 プログレ度・・6 フュージョン度・・8 総合・・7.5


DEEP FEELING
ブリティッシュロックバンド、ディープ・フィーリングの1971作
長く廃盤となっていた作品だが、韓国盤での紙ジャケ500枚プレスで再発。
オルガンやメロトロンが鳴る、いかにも70'sブリティッシュスタイルのサウンドながら、
このバンドの音は暗さよりもキャッチーな歌メロやコーラスが適度にスタイリッシュで、
アンダーグラウンドな雰囲気はあまり感じない。リズム面も含めて演奏力もしっかりしていて
クラシカルな叙情にも古くささはあまりない。MOODY BLUSEあたりと同じ感覚で聴ける好作です。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Deep PurpleThe Book of Taliesyn
ブリティッシュロックバンド、ディープ・パープルの1968年作/邦題「詩人タリエシンの世界」
言わずと知れた英国ハードロックの元祖的な大御所バンドであるが、
この第一期のサウンドは、おおらかなアートロックというべきもので、オルガンが鳴り響き、
エフェクトのかかったヴォーカルとともにサイケ気味の浮遊感も感じさせる作風だ。
随所に感じさせるクラシカルな感触は、ときにプログレ的な香りも感じさせ、
ラストの10分を超える壮大な大曲も含めて、HRファンよりもむしろそちら向けかもしれない。
ドラマティック度・・7 アートロック度・・8 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Deep Purple
ブリティッシュロックバンド、ディープ・パープルの1969年作
第一期メンバーによるラスト作で、日本盤では「III」のタイトルがつけられている。
ジョン・ロード主導のもとで、本作ではさらに全体が統一感のある気配に包まれていて、
いくぶん薄暗さのともなったアートロックが楽しめる。優雅なチェンバロの音色に、やわらかなオルガンの響き、
サイケやブルーズなどの質感も含みながら、しっかりとロックとしての躍動感と、売れセンを狙わない、
バンドとしての硬派なビジョンが伝わってくる。ラストの12分の大曲はクラシカルかつプログレ的な構築センスが見事。
ドラマティック度・・8 アートロック度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Diamond Lil
イギリスのハードロック、ダイアモンド・リルの2013年作
70年代に活動していたバンドの1976〜78年にかけて録音された発掘音源で、
ブルージーなギターに、女性ヴォーカルの歌声で聴かせる、キャッチーなロックサウンド。
ハードロックというほどにはヘヴィさはないのだが、NWOBHMのムーブメントへとつながる、
その一歩手前というような、おおらかな70年代の香りが漂ってくる聴き心地である。
ヘタウマな感じの女性ヴォーカルも含めてマイナー臭さがよい味わいにもなっている。
ドラマティック度・・7 古き良き度・・8 女性Vo度・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る



DRUID 「Toward the Sun」
イギリスのプログレバンド、ドゥルイドの1975年作
ジャケの美しさが印象的な本作は、YESフォロワータイプの好作として知られるアルバムだ。
やわらかなオルガンの音色と、適度にハードエッジなギターとともに、巧みなインストパートを構築、
ピアノとともに中性的な優しいヴォーカルの歌声が加わると、とたんに繊細な感触に包まれる。
随所に聴かせる叙情的なギターメロディとシンフォニックなシンセワークもなかなか見事で、
英国らしい牧歌性も含めて、いわば、イエスをより繊細に仕上げたというようなに耳心地のよいサウンドである。
ラストの2曲はいずれも10分を超える大曲で、美しくドラマティック。バンドは1977年に2作目を出したのちに消滅する。
メロディック度・・8 叙情度・・8 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Dr.Z「Three Parts To My Soul」Three Parts to My Soul
ブリティッシュロックバンド、ドクターZの1971作
ヴァーティゴレーベル随一のレアアイテムとされ、そのバンド名などからも
謎の多き1枚とされてきた本作であるが、観音開きの紙ジャケで見事に復刻。
クラシカルなチェンバロの音色と、ダミ声Voにドカドカのドラムが合わさって、
優雅なんだけどけたたましいという…なんだか不思議な感触のサウンドだ。
人の持つ魂をテーマにしているということで、内省的で神秘的な雰囲気があり、
サイケロック風の大仰さやどことなく未完成な感じには、聴くごとに引き込まれる。
このマニアックさは、ある意味ブリティッシュロックの奥深さを表した作品ともいえるかと。
クラシカル度・・8 サイケ度・・8 マニアック度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


DUNCAN MACKAY「CHIMERA」
当時南アフリカに住んでおり、後に10ccに加入するシンセ奏者、ダンカン・マカーイの1974作
サウンドはNICEELPを思わせるクラシカルなキーボードロックで、
やわらかなオルガンの響きやムーグシンセの音色に、ジャズ風味のピアノも絡んでくる。
メロディアスな歌メロのおかげで、あまりマニアックさは感じさせないのもいい。
やわらかに鳴り響くハモンドなどはやはりブリティッシュロックの質感で聴け、
大曲3曲の構成もキーボードプログレ好きならにんまりとするだろう完成度だ。
ようやく2009年に正規盤でCD化された。音もよくなってボーナスも収録。
クラシカル度・・8 プログレ度・・8 キーボー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Duncan Mackcay 「Score」
英国出身、南アフリカでも活動したキーボード奏者、ダンカン・マッケイの1977年作
Cockney Rebel10CCCAMELなどに参加したことでも知られ、1974年作「Chimera」に続く2作目のアルバム。
本作は英国に戻り、コックニー・レベルに参加していた時期の作品で、プロデューサーにはジョン・ウェットンを迎えての意欲作。
のっけからオーケストラアレンジを加えてのシンフォニックなナンバーで、優雅なクラシカル性に包まれたサウンドが広がる。
きらびやかなシンセワークによる鍵盤プログレとしての側面と、マニアックすぎないキャッチーなやわらかさが合わさって、
同時期の英国シンフォニックロックとしては、Mandalabandの2ndにも通じる感触がある。一方ではオルガン&ピアノを弾きならす、
EL&P的なナンバーもあり、ムーグシンセも使用したタイトル曲は、これぞキーボードプログレというスリリングな聴き心地だ。
ゲスト参加のメル・コリンズのフルートや、ジョン・ウェットンが歌うヴォーカル曲も味わいがある。この隠れた傑作が2016年ついにCD化!
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



egg
イギリスのプログレバンド、エッグの1st。1970作
ELPと同様にトリオ編成で、デイブ・スチュアートのハモンドオルガンをメインに、
少し古めかしいながらもクラシカルな鍵盤ロックを聴かせる。
ヴォーカル曲のやぼったさや、全体的に時代的な薄暗さも感じさせつつも、
後半の20分のインストの組曲などは、クラシカルな優雅さが詰まったプログレが楽しめる。
より演奏力と切れ味の増した2nd「優雅な軍隊の出来にはおよばないが、
ELPとはまた違った暗めのハモンドロック作品として、聴いてみて損はない。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 ハモン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EGG「THE POLITE FORCE」
エッグの2nd。1970作。邦題は「優雅な軍隊」
カンタベリーシーンのバンドだが、ELPスタイルのキーボードトリオで、メロディにはクラシカルな要素がたっぷり。
後にスチュワート&ガスキンで名を馳せるデイブ・スチュワートのオルガン/ピアノプレイは
クラシカルでたおやかなメロディから、ジャジーで前衛的なタッチまで多彩で素晴らしい。
タイトル通りの優雅な雰囲気でありながら、変拍子リズムやアヴァンギャルドな要素も混ざり
1970年という年代を考えるとかなり先鋭的で、今聴いても曲にさほど古くささがないのが凄い。
とくにB面全てを使った組曲が白眉。またブラス入りの曲もアルバムの中でいいアクセントになっている。
クラシカル度・・8 プログレ度・・8 アヴァンギャル度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

EGG「The Civil Surface」
名鍵盤奏者、デイヴ・スチュワート率いるプログレバンド、エッグの3rd。1974作
アルバム2枚を残していったんは解散するが、その後に本作を発表する。
サウンドの方は、2nd「優美な軍隊」で聴かれたアヴァンギャルドな作風を残しつつ、
そこにカンタベリー調のジャズロックが合わさった雰囲気で、やはり質は高い。
後にNATIONAL HEALTH結成するデイブのオルガンワークを軸に、
ピアノやフレンチホルンなどが楽曲にクラシカルな彩りを添える。
優雅で上品な室内楽的な質感と、鍵盤ロックとしての勢いが混在し、
全体的には方向性にバラつきはあるが、スタイリッシュな楽曲アレンジはさすがだ。
クラシカル度・・7 プログレ度・・8 ジャズロック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


ELO「ELDORADO」
エレクトリック・ライト・オーケストラの4作目。1974作。
彼らのもっともプログレッシヴな時期のトータルアルバムで、
大々的にオーケストレイションを取り入れた物語的なコンセプト作。
独自の親しみやすいポップメロディはそのままに、コンパクトさと幻想性が同居したバランスは見事。
けっしてマイナー臭くならず、あくまで大衆に向けた分かりやすさが好感触。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ポップ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


EMERSON,LAKE & PALMER
イギリスのプログレバンド、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの1st。1970年作
キース・エマーソンにとってはNICEというバンドでの下地があったからだろう、
ギターレスのキーボードトリオという特異な編成ながら、1stにしてすでに完成度は高い。
Atomic Roosterからカール・パーマーを、KING CRIMSONからグレッグ・レイクを迎え
それぞれの名前をバンド名にしたことからも、スーパーバンド的な自負が窺える。
歪んだベースにハモンドが鳴る、いかにも初期ブリティッシュロック的な“未開人”から始まり、
たおやかなピアノにレイクの歌声が乗る大曲“石をとれ”、軽快に聴かせる“ナイフエッジ”
そしてチャーチオルガンの音色から始まり、エマーソンの卓越したピアノさばきが見事な
“運命の三人の女神”と、鍵盤ロックとしての可能性を見せつけるかのようなアルバムだ。
クラシカル度・・9 プログレ度・・7 キーボー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER
イギリスのプログレバンド、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの1st。1970/2012年作
オリジナルのリマスター音源に、スティーヴン・ウィルソンの手による2012年ニューリミックス音源、
さらにはDVDオーディオでの5.1chミックス、ハイレゾミックスも含む2CD+DVDという3枚組セット。
Disc1の通常のリマスター音源も、ピアノやオルガンの音色が鮮明になっていて迫力が増しているが、
Disc2の2012年ミックスでは、ソリッドなエッジが増していて、より攻撃的なサウンドとなっている印象だ。
また、スティーヴン・ウィルソンの趣味なのか、楽曲の並びや構成が変更されているのも面白い。
本作はのちの作品に比べると、エマーソンの奏でるピアノの美しさと、オルガンの攻撃性がより対比的で、
「タルカス」や「頭脳改革」よりも、ある意味ではクラシックに裏付けされたピュアなエマーソンの演奏が楽しめる。
傑作度・・8 リマスター度・・9 リミックス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


EMERSON,LAKE & PALMER「Tarkus」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーの2nd。1971年作
アルマジロ戦車こと「タルカス」の組曲はELPの最高傑作である。
LPでいうA面すべてを費やした7パートに分かれた20分の長大な組曲は、
エマーソンのキーボードワークが縦横無尽に炸裂し、リズム面での緩急のつけ方や
ドラマティックな構成力が前作以上にプログレッシブロックとしての美学を感じさせる。
ムーグシンセを導入したことで、ハモンド、ピアノというそれぞれの異なる音を使い分け、
サウンドの幅が大きく広がっている。冒頭の組曲が凄すぎて2曲目以降の印象が弱いのだが、
後半もじっくりと聴けばクラシカルで優雅な味わいとともに、絶品の鍵盤さばきを堪能できる。
なんにしてもこのアルバムで聴ける世紀のキーボード大曲は、時代を超えて輝き続けている。
クラシカル度・・8 プログレ度・・9 キーボー度・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Tarkus」
エマーソン・レイク・アンド・パーマー
の2nd。1971/2012年作
オリジナルのリマスター音源に、スティーヴン・ウィルソンによる2012年ニューリミックス音源、
DVDオーディオには5.1ch、ステレオミックスを両収録した、2CD+DVDという3枚組セット。
「タルカス」は言わずと知れたELP最高の組曲で、鳴りり響くオルガンにムーグシンセが加わって、
1st以上にダイナミックなプログレが楽しめる。Disc1のリマスター音源でも充分素晴らしいのだが、
Disc2の2012年ミックスでは、オルガンをはじめとする鍵盤類とドラムとの分離がよくなって、
なんだかスッキリとした聴き心地になっている。どちらをとるかはおよそ好みの問題かと思うが、
興味のある方は聴き比べるなどして楽しむのも一興だろう。どうあっても名作であることに変わりはない。
傑作度・・9 リマスター度・・9 リミックス度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Emerson Lake & PalmerPictures at an Exhibition(Deluxe Edition)
エマーソン・レイク・アンド・パーマーのアルバム。1971/2008作
ムソグルスキーの「展覧会の絵」を独自の解釈でロック化したELPの名作のデラックスエディション。
元々が海賊対策としてライブ音源をアルバム化したもので、Disc1にはその正規音源である。
71年のニューキャッスル公演と、ワイト島ライブでのメドレーをボーナス収録、
Disc2には70年のライシアム公演を丸々収録したデラックスエディション。
パイプオルガン鳴り響くイントロから、テクニカルなリズムとともに緊張感のある演奏が始まり、
ハモンドやムーグを中心としたエマーソンの変幻自在の鍵盤使いが炸裂する。
クラシック曲をプログレとしてここまで上手くアレンジした作品というのはそうはあるまい。
SACDでないのは残念だが、リマスター効果で音の迫力も増している。
そしてDisc2での70年の音源は、バンドデビュー間もない頃ということで、
むしろ演奏の勢いではこちらに軍配が上がるかもしれない。聴く価値ありのボーナスだ。
クラシカル度・・8 プログレ度・・8 キーボー度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Trilogy」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーの4th。1972作
タルカスや頭脳改革の影に隠れて地味なイメージのある本作だが、じつは出来はすこぶる良い。
派手さはないものの、クラシカルな美しさとメロディの聴きやすさが組合わさり、
バランストのとれた作風は、バンドの全盛期における余裕を感じさせる。
1stで聴けたようなエマーソンの繊細なピアノタッチが聴ける小曲や、
レイクの弾き語りのようなアコースティック曲、軽やかなハモンド曲“HOEDOWN”
美しいピアノから始まり、トリオとしての実力を巧みに見せつけるプログレ曲“トリロジー”、
そしてその名の通りボレロ風味の“奈落のボレロ”と、バラエティーに富んでいながらも、
バンドとしての成熟したセンス織り込んだ、聴き応え充分の好アルバムだ。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 キーボー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Brain Salad Surgery」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーの5th。1973作。邦題は「恐怖の頭脳改革」
ギーガーの手によるジャケのインパクトもあいまって、一般的には最高作とされるアルバム。
“聖地エルサレム”の荘厳さに惹きつけられ、“TOCCATA”のプログレぶりに悶絶しつつ、
3、4曲目でひと息ついていると、極めつけの大曲“悪の教典#9”が襲いかかってくる。
3部構成、30分近くにおよぶこの長大な曲には、ELPというバンドの攻撃性とクラシカルな要素、
そしてハモンド、ムーグという鍵盤をロックのメイン楽器としたキース・エマーソンの野望、
そのすべてが詰まっており、まさにバンドとしての集大成的な作品である。
クラシカル度・・8 プログレ度・・8 キーボー度・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Ladies and Gentlemen」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーのライブアルバム。1974年作
EL&Pのロックバンドとしての側面を伝えるという点で、まずオススメしたいのが本作なのである。
個人的にもこのバンドのもつ勢いとパワーを見直すきっかけとなったライブ作品である。
スタジオアルバムでのクラシカルなキーボードロックはそのままに、ライブでのバンドの演奏は
凄まじい勢いに満ちており、たった3人とは思えない突進力でで聴き手を圧倒する。
“聖地エルサレム”から始まり、アルバムよりもスピード感のある“タルカス”、
そして35分にも拡張された“悪の教典”と、CD2枚にわたって濃密な演奏が楽しめる。
バンドの絶頂期ライブというのはこれほど凄いのだということを知らしめる、必聴の作品である。
メロディアス度・・8 キーボー度・・10 ライブ演奏・・9 総合・・9 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON LAKE & PALMER「WORKS Vol.1」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーの1977年作
名作「恐怖の頭脳改革」から4年後、プログレッシブロックバンドとしてのアイデンティティを失いかけていた彼らは、
「四部作」と題された本作を発表する。旧LP2枚組の片面ずつを、3人のメンバーそれぞれが受け持ち、
最後にバンド編成での曲を加えるという、変則的な作品となった。
キース・エマーソンのパートは、オーケストラをバックにした美しいピアノコンチェルトで、
もはやロックとは呼べないが、キースのクラシカルで軽やかな鍵盤さばきが楽しめる。
グレッグ・レイクのパートは、渋めのメロディックロックという感じで、オーケストラも入っていて
これはこれで悪くはないが、ELPという観点からするとどうしても普通の歌もの曲に聴こえてしまう。
カール・パーマーのパートはオケをバックにドラムを叩きまくっていて、チェンバーロックみたいで
案外面白いかも…と思っていたら、残りはインストのポップスみたいな曲でこれはいただけない。
バンド作の2曲はなかなか出来がよく、とくに“海賊”はELPらしいクラシカルな味わいの大曲。
2枚通して聴くにはやや散漫な印象になってしまうが、70年代ELPの最後の輝きが感じ取れる。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 ELP度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Love Beach」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーの1978年作
バハマ諸島での休暇中に作られたという本作は、とかくプログレファンからは駄作呼ばわりされているが、
実際のところはどうなのかと聴いてみる。確かにこれまでのELPの攻撃的な鍵盤プログレからすると
ずいぶんとキャッチーであるが、完全なポップ作品ではなく、ASIAのようなプログレハードとして聴けるではないか。
随所に聴かせるエマーソンの鍵盤さばきはさすがだし、とくに20分を超える“将校と紳士の回顧録”は
クラシカルな美意識とPROCOL HARUMのようなゆったりとした英国的叙情が合わさった絶品の組曲だ。
全体としては作品として散漫な印象だった「WORKS」よりも、聴き心地の良いアルバムに思える。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Works Live」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーのライブアルバム。1993年作
「Works」のツアーから1977年のカナダ公演を収録されたライブ盤、「In Concert」として発表されていたものに、
1993年に追加音源を加えて新装されたCD2枚組作品。大規模なオーケストラを引き連れてのコンサートで、
Disc1は「ワークス」1&2の楽曲を中心に演奏。楽曲、演奏ともに、全盛期のロックな攻撃性というものはなく、
総じてキャッチーな聴き心地であるが、オケ入りの“セ・ラ・ヴィ”などはとても美しいDisc2では“奈落のボレロ”や
“展覧会の絵”、そして“ ピアノ協奏曲第1番”などのクラシカルな楽曲が優雅なオーケストラアレンジによくマッチしている。
プログレ度・・7 ライブ演奏・・7 楽曲・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

EMERSON,LAKE & PALMER「Live at the Isle of Wight Festival 1970」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーのライブ音源作品。1970/2005年作
1970年ワイト島でのデビューライブを収録。EL&Pのライブ作といえば、絶頂時の怒濤の演奏が楽しめる
「レディース&ジェントルメン」が名高いが、彼らのデビュー直後の瑞々しい演奏が楽しめるという点で本作の価値がある。
年代を考えれば音質も非常に良く、エマーソンのシンセワークやピアノの音色はもちろん、
カール・パーマーの勢いのあるドラミングも見事で、当時のバンドの熱気と臨場感が味わえる。
「展覧会の絵」もフルバージョンで演奏しており、後に出るアルバム盤と聴き比べるのもよいだろう。
ELPファンならば上記「レディース〜」とともに必携のライブ作品と言っていい。
キーボー度・・8 ライブ演奏・・9 音質・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Emerson Lake & Palmer「A Time & A Place」 
大御所プログレバンド、EL&Pの未発ライブ音源集。CD4枚組。2010年作
Disc1は1970〜74年の音源で、デビュー直後の1970年のワイト島ライブから、
1972、74年という、まさにプログレ絶頂期の勢いある時期の音源を収録。
大曲“Karn Evil 9”などは正規のライブ音源にも劣らぬ迫力ある演奏が素晴らしい。
Disc2は1977〜78年の音源を収録。バンドとしてポップ化している時期なので、
演奏の方も綺麗にまとまっている感じなのだが、“Pictures At An Exhibition”や
“Tarkus”などが、いくぶんモダンな感じで聴けて面白い。Disc3は1992〜98年の音源で
機材的にもデジタル化が進んで、サウンドの方もプログレというよりはキーボードロック。
Disc4はリスナー録音によるブート音源。70年代の録音が中心で音質もまずまず。
ドラムソロを含む15分におよぶ“Toccata”は圧巻。ファンなら聴いて損のない音源だ。
ライブ演奏・・9 音質・・8 ファンなら買い度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

EMERESON,LAKE & PALMER「Live at the Mar Y Sol Festival '72
エマーソン・レイク・アンド・パーマー
のライブ音源作品。1972/2011年作
ELPのライブ音源では、70年の「ワイト島」ライブと、74年の「レディース&ジェントルメン」がとくに素晴らしいのだが、
本作はプエルト・リコで行われた1972年のロックフェスティバルの音源で、まさにバンド全盛期のライブ演奏が楽しめる。
のっけからオルガン鳴り響く“Hoedown”で勢いよくスタート、23分におよぶ組曲“タルカス”の迫力ある演奏では、
オルガンとムーグシンセを楽しげに掻き鳴らすエマーソンの顔が目に浮かぶようだ。ピアノソロに続く“展覧会の絵”、
そしてNICE時代からの持ち曲“Rondo”まで、たたみかけるような熱く勢いある演奏に聴き入れる。ファンなら必聴の音源だ。
ライブ演奏・・9 音質・・8 全盛期度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る



EMERESON,LAKE & PALMER「Live in California 1974」
エマーソン・レイク・アンド・パーマーのライブ音源作品。1974/2012年作
1974年のカルフォルニア公演を収録。先にDVDで「Beyond the Begining」として発表されていた音源のCD化で、
テープ一部消失しているため、楽曲は途中から始まったり、途中で終わったりと、完全版でないのが残念だが、
エマーソンの華麗なピアノの即興曲なども含めて、当時のEL&Pの勢いある演奏が楽しめるという点では価値があるだろう。
音質的にも上質のブート程度だが、当時の空気感がしっかり感じられるので、ファンであれば十分楽しめると思う。、
ライブ演奏・・8 音質・・7 全盛期度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



EMERSON,LAKE & POWELL
頭文字はELPながら、カール・パーマーではなく、コージー・パウエルが参加した
唯一のアルバム、エマーソン・レイク・アンド・パウエルのアルバム。1986作
70年代のELPはまさしくプログレッシブ・ロックの偉大な旗手であったわけだが、
80年代に入りプログレの衰退とともに、彼らも他のメジャーバンド同様にポップな道を歩みはじめる。
しかし、よくよく聴けば、この作品におけるエマーソンのプレイは、結果として90年代以降の
シンフォニックロック系のバンドに大きな影響を与えていることが聴きとれる。
ポップでありつつも華麗で現代的であるシンセの使用法は、かつてのプログレのイメージとは異なるが
しっかりとシンフォニックかつクラシカルなメロディを奏で、それはホルストの「火星」でも聴かれる
シリアスさと大衆向けのキャッチーさとの両立に現れている。またコージー・パウエルのドラムは、
まさしくハードロックサイドからのアプローチで、むしろモダン化の進んだこのサウンドにはぴったりとくる。
中盤はジャズタッチの軽やかな曲がやや凡庸だが、このアルバムの意義はやはり大きかったのだと思う。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Emerson,Lake & Powell「Live in Concert」
エマーソン・レイク&パウエルのライブ音源。2010作
公式なライブ音源は残されず、わずか1年あまりの活動であったが、このメンバーで残した唯一のアルバムは、
EL&Pとハードロックの融合ともいうべき質の高い傑作としてファンから愛されている。
本作は1986年北米ツアーのステージを収録したいわばオフィシャルブートレグ音源である。
サウンドボード録音なので音質も良好、エマーソン御大のシンセプレイもさすがのひと言であるが、
やはりなんといっても故コージー・パウエルのプログレッシブ寄りのライブ演奏が楽しめる貴重な音源である。
“Knife Edge”、“Pirates”、“Lucky Man”といったEL&P名義のナンバーも、
コージーのドラムとともによりロック的な躍動感で演奏されている。
プログレ度・・7 ライブ演奏・・8 音質・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Emerson,Lake & Powell「The Sprocket Sessions」
エマーソン・レイク・アンド・パウエルのオフィシャルブートレッグ音源。2010作
EL&Powellの正規のライブ音源としては「Live in Concert」に続くものだが、
本作は1986年のワールドツアーのためのリハーサル音源である。
故コージー・パウエルのタイトなドラムプレイと、きらびやかなエマーソンのシンセワーク、
従来のプログレ路線に、80年代的なキャッチーなポップ感覚をまとわせたサウンドは、
むしろ現在のシンフォニックロック系バンドにも大きな影響を与えている。
“Tarukus”や“Pictures at an Exhibition”といった、ELP時代の大曲も演奏され、
リハーサルということで、ライブのような勢いや臨場感はないが、音質もまずまず。
プログレ度・・7 演奏・・7 音質・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ENGLAND「GARDEN SHED」
イギリスシンフォニックの名作とされるイングランドのアルバム。1977作
とにかくこの英国的なジャケと「枯れ葉が落ちる庭園」というロマンテイックなアルバムタイトルで、
日本でも人気の高い作品。昔聴いたときそんなに好きになれなかったのは、
その頃はYES自体が嫌いだったからで、今になって改めて聴くと…やはりいいのだな。
雰囲気もそうだがとくにヴォーカルラインのキャッチーさはYESを手本としたことが明らかで、
全体的には軽めで陽性の音ながら、そこに響くメロトロンの音はやはりブリティッシュ。
A〜Bのしっとりとした美しさは初期のGENESISにも通じる。あの頃の英国の音を封じ込めたアルバムとして、
しっとりと鑑賞したい作品だ。日本盤紙ジャケはリマスター&ボーナストラックを収録。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・7 プログレ度・・7 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

England 「Live in Japan-KIKIMIMI
英国の伝説的シンフォニックロックバンド、イングランドのライブアルバム。2006作
かつて1977年という、英国ではプログレに斜陽が射しはじめた時期に、「枯れ葉が落ちる庭園」という
なんともロマンティックなタイトルと、美しいジャケで現れたこのバンドのサウンドは
YesGenesisを手本にしながらもより繊細な感性が、我々日本人の琴線に届いたのである。
それが30年のときをへてこの日本の地で再現ライブを行った。「聴耳」と題されたタイトルや、
日本的なジャケのデザインもなかなか素晴らしいが、演奏の方もハモンドやメロトロンを鳴らし
まるで70年代の空気まで蘇らせたかのような、温かみのあるレトロさに包まれている。
アルバムの曲をほぼ全曲再現し、さらに新曲や未発の大曲までも披露してくれていて、
ファンにはまさに感涙もののライブだったことだろう。テクニック的には決して突出したものはないが、
プログレを愛するものには愛しくてたまらぬ音が詰まっている。奇跡の来日を記録した作品だ。
メロディアス度・・8 ライブ演奏・・8 愛すべきイングラン度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


The Enid「In the Region of the Summer Stars」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの1st。「夏星の国」1976/2010作
これまではLPでしか聴けなかった、幻のオリジナル音源がついにCD化された。
これまでのCDで聴けた再録バージョンよりも、ずっと生々しく躍動感にあふれたクラシカルロックである。
ギターの旋律に絡む優美なピアノや、静と動のコントラスト、クラシック的な緊張感を漂わせつつ、
優雅なメロディがかぶさってゆく楽曲構造は、これまでのプログレ、ロックにはないもので、
このバンドのシンフォニーロックとしての原点を垣間見るような瑞々しいサウンドだ。
Inner Sanctum盤がLPからの盤おこし音源であったのに対し、その後に出たOperation Seraphim(EMI)盤は
正真正銘のオリジナルマスターからの音源で確かに音質良好であるのだが、 両方を聴き比べてみると、
むしろInner Sanctumの盤の方がアナログで聴いているに近い生々しい感動がある気がする。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・9 優雅度・・9 総合・・8.5
Inner Sanctum盤  EMI盤をAmazonで見る

THE ENIDAerie Faerie Nonsense」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの2nd。1977/2010作
初期ENIDの最高傑作と名高い本作も、ついにオリジナル音源がCDになる。
前作よりもさらにクラシカルな優雅さに磨きがかかり、1曲目の“Prelude”から心踊る。
これまでの再録盤CDとは曲順も異なるため、印象もずいぶん違うように思う。
そして楽曲おけるダイナミックな感触は、音質の平坦さを差し引いてもこちらが上回る。
本作の最大の聴きどころである組曲“Fand”のじわじわとくる情感的な美しさと盛り上がりは、
筆舌に尽くしがたい。まさに一瞬の輝きを封じ込めたような奇跡的なアルバムであったのだ。
Inner Sanctum盤がLPからの盤おこし音源であったのに対し、その後に出たOperation Seraphim(EMI)盤は
正真正銘のオリジナルマスターからの音源で確かに音質良好であるのだが、 両方を聴き比べてみると、
むしろInner Sanctumの盤の方がアナログで聴いているに近い生々しい感動がある気がする。
シンフォニック度・・9 クラシカル度・・10 雄大かつ優雅度・・10 総合・・9
Inner Sanctum盤  EMI盤をAmazonで見る

THE ENIDAerie Faerie Nonsense」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの2nd。1984/2002作
1984年の再録バージョンであるが、それでも、このバンドのシンフォニーロックとしての素晴らしさは
充分に味わえるわけで、優雅でクラシカルであり、そしてオーケストラのごとき雄大さをもった楽曲は
初めてこのバンドの音を聴く方にはかなりの衝撃となるだろう。
簡単に言えば、バンド編成でオーケストラのシンフォニーを再現したといっていい。
この2ndは彼らのディスコグラフィー中でも最もそれが顕著に出ている作品で、
とくに30分近くにも及ぶ長大な組曲“FAND”での高揚感はただごとではない。
エニドをまだ知らないシンフォニックファンは急いで手に入れてほしい。
なお、2002年盤には、組曲FANDの1999年バージョンがボーナス収録されている。
シンフォニック度・・10 クラシカル度・・9 雄大かつ優雅度・・10 総合・・9 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE ENID 「TOUCH ME」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの3rd。1978作
70年代のエニドの作品はどれも素晴らしいのだが、2ndと並んで好きなのが本作。
オーケストラではなくバンド編成でやっているというのが信じがたいほどに
じつに優雅なクラシカル・シンフォニーである。ピアノも含めて厚みのあるシンセの重なりに
メロウなギターが合わさり、ロックとしてのダイナミズムを決して無骨にならないくらいに
絶妙に盛り込んでいるのが奇跡的といえる。このバンドの前ではクラシカルロックと言われる
ほとんどのバンドがかすんでしまうだろう。格調高き英国の音にうっとりとなる。
クラシカル度・・9 シンフォニック度・・9 優雅度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

ENIDSix Pieces
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの4th。1980作
タイトル通り6人のメンバーがそれぞれに持ち寄った楽曲からなる作品で、
初期のクラシカル路線によい意味でのダイナミックなキャッチーさが加わった傑作。
クラシカルなシンセワークと抜群のギターワークで、軽やかなアンサンブルと繊細さを同居させ、
いわば、90年代以降の構築センスを感じさせる、楽曲ごとの濃密さが魅力。
むしろ、初期のエニドでは優雅すぎるという方にはお勧めの作品だ。
クラシカル度・・8 シンフォニック度・・8 楽曲度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ENID「Something Wicked This Way Comes」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの5th。「何かが道をやってくる」1983年作
壮麗なシンフォニック路線をドラマティックなコンセプトに昇華させた傑作。
これまでになくヴォーカルパートにこだわったサウンドは、
キャッチーなコーラスなども含めて、バランスのとれた作風でとても聴きやすい。
ステファン・スチュアートの泣きのギターメロディも冴えていて、
シンフォニックロックの「ロック」としての叙情も本作の魅力となっている。
クラシカル度・・8 シンフォニック度・・8 ドラマティック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

ENID「The Spell」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの6th。1984年作
クラシカルなシンフォニー路線に回帰した作品で、シンセとオーケストレーションをメインにした
うっとりとするような優雅な作風。このバンドのクラシックへの憧憬がもっとも表れた1枚で、
いうなれば、2ndの組曲“Fand”の路線を受け継いだクラシック手法でのアルバムといえる。
ロック度は薄めながらも、シンフォニーとしての側面からいうとまぎれもない傑作であろう。
クラシカル度・・9 シンフォニック度・・9 優雅度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

The Enid「Live At Hammersmith Vol 1」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドのライブ作品。1984年作
1979年のロンドン、ハマースミス・オデオンでのライヴを収録。英国国歌「God Save the Queen」で幕を開け
優雅で壮麗なクラシカル・シンフォニーロックが広がってゆく。音質も良好で臨場感のあるダイナミックな演奏が楽しめる。
ラストは組曲「Fand」でドラマティックな盛り上がりにうっとり。往年のエニドのライブが味わえる必聴の作品だ。
同タイトルの「Vol2」や、ライブ映像を収録したDVDも発売されている。
クラシカル度・・9 シンフォニック度・・9 優雅度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

The ENID(GODFREY & STEWART)「THE SEED AND THE SOWER」
ロバート・ジョン・ゴドフレイステファン・スチュワート名義のアルバム。1988作
このころのエニド自体が、この二人の音楽性が中心だったのだから、このアルバムもほぼエニドの音だ。
ゴドフリーのクラシカルなキーボードワークに、スチュワートの叙情に溢れたギターワークは鉄壁のコンビネーション。
ゆるやかに盛り上がる、ダイナミックさと繊細さを兼ねそろえたサウンドは格調高く、まさに「英国の音」だ。
同時期に出た、本家エニドの「SALOME」よりもずっとENIDらしい。なお、ジャケが何種類かあってまぎらわしい。
シンフォニック度・・9 クラシカル度・・9 ゆるやかで格調高し度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE ENID「Tripping the Light Fantastic」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの1994年作
1986年作「Salome」のモダンなサウンドを引き継いで、デジタルなアレンジを含ませつつも、
メロディの流れにはこのバンドらしい優雅な美しさがあって、これがなかなか悪くないのである。
1曲目こそシンセを中心とした多重録音の作品であるが、2曲目以降は叙情的なギターも加わったバンドスタイルなので一安心。
やわらかなピアノやシンセアレンジでファンタジックな世界観を描くセンスは、やはりゴドフリー節である。
とくに9分を超えるタイトル曲や14分の大曲の優美さは白眉。あなどれない好作品です。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・8 モダンエニ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

THE ENID「WHITE GODDESS」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの1998年作
初期作のようなたたみかける大叙情はないものの、優雅でクラシカルな質感は彼らならでは。
ロバート・ジョン・ゴドフリーによるたおやかなシンセワークと、繊細なピアノの響きにうっとりしつつ、
ときおり聴かせるメロウなギターのフレーズも心地よい。初めて聴くのならまずは初期作を推すが、
こうして紙ジャケ再発されて、エニドの各アルバムが手に入るようになったのは喜ばしいことだ。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・9 たおやか度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

the Enid「Something Wicked This Way Comes」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドのDVD。1984/2004年作
以前ビデオで出ていた「Live at Claret Farm」「Stonehenge'84」の2つをカップリングしたもの。
壮麗な組曲“Fand”をはじめ、クラシカルな楽曲群がライブ演奏で再現されるのが楽しめる。
リーダーのロバート・ジョン・ゴドフリーは(BANCOのジャコモを思わせる)禿げ頭に髭面の小太りのおっさんで、
その情熱的なキーボードワークは、やや失笑ぎみながら元オーケストラ指揮者らしい手振りで演奏を司る。
アルバムでの数台のシンセでのオーケストレイションに比べれば、さすがにそこまで音は厚くはないが、
バンドの貴重なライブ演奏を聴けるだけでもファンには嬉しいだろう。元がビデオテープだけにあまり映像は綺麗ではないし、
曲の途中でインタビューが入ったり、あるいは映像に余計なエフェクトがかかったりしてやや見苦しいが
英国きってのカルト・シンフォニックロックバンドとしての側面をかいま見ることができる。
シンフォニック度・・8 ライブ映像・・6 ライブ演奏・・7 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

THE ENID「AN ALTERNATIVE HISTORY」
英国のシンフォニックロックバンド、エニドの未発音源集。2007年作
もとは1000枚限定というレアなアナログ盤だったらしいが、今回の紙ジャケ再発で
1と2まとめてCD化。VOL.1の方は1974〜1975年というバンド創成期の貴重な音源を収録。
後のアルバムバージョンに収録される曲も含めて、エニドファンならとても楽しめる。
VOL2の方は「THE STAND 1985」、「ANARCHY ON 45」と重複する楽曲があるが、
なんといっても最大の目玉は彼らの代表曲“FAND”のオリジナルデモバージョンだ。
知ってのとおり現在CD化されたアルバムに入っているのは再録バージョンなので、
そのオリジナル音源は貴重な廃盤LPでしか聴けないわけだから、
それに近いこの初期のデモバージョンはファンにはまさに感涙ものだろう。
きれいに作られた正規アルバムの音よりもむしろ素朴さがあり、胸をうつ部分もしばしば。
シンフォニック度・・8 音質・・7 希少価値度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

The ENID「JOURNEY's END」
イギリスのシンフォニックロックバンド、エニドの2010年作
実に12年ぶりとなるバンドとしての新作で、いきなり歌入りのモダンな曲調に面食らうが、
その後はクラシカルな美意識もちゃんと残っていて、しっとりと優雅な叙情を織りまぜつつ、
思いの外ギターが前に出た現代的のロック風味とのよいコントラストになっている。
そして14分の大曲では、かれらのシンフォニーロックとしての美しさがたっぷり堪能でき、
バンドとしてのアップデートしたモダンなセンスをクラシカルな美意識と融合させた好作に仕上がっている。
クラシカル度・・8 優雅な叙情度・・8 エニ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


The ENID 「Live At Town Hall,Birmingham」
エニドのライブ作品、2010年作
2010年英国、バーミンガム公演の音源をCD2枚に収録。前半は2010年作「Journey's End」の曲を演奏。
序盤のモダンなアレンジを含んだ曲はやや違和感があるが、アルバムにおいても白眉だった大曲“Malacandra”は、
このバンドらしい優美なクラシカル性に包まれて、ライブらしい静と動のダイナミズムを描き出してゆく。
Disc1の残り2曲からは、初期作品からの選曲で、オーケストラルなシンセにメロウなギターが絡み、
絶品の美しさの“In The Region Of The Summer Stars”をはじめ、年月を超えた楽曲たちによる
壮麗なるシンフォニーロックが繰り広げられる。Disc2では、このバンドの初期の代表曲というべき、
“組曲Fand”も演奏、22分におよぶ優雅してダイナミックなそのサウンドは何度聴いても感動的だ。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・8 ライブ演奏度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

The Enid 「Live at Town Hall Birmingham」
イギリスのシンフォニックロック、エニドのライブ映像作品。2010年作
2010年英国、バーミンガム公演のステージを収録。前半は2010年作「Journey's End」からの曲を演奏。
まずステージに所狭しと並んだ楽器群が壮観だが、ジョー・ペイン加入前の専任ヴォーカルがいない編成なので、
ステージ中央にはギターのジェイソン・ダッカーが立ち、フロントマン的に目立ちながら、メロウな旋律を奏でる。
シンセを奏でるゴドフリーは、ときに指揮者のように手を動かし、アンサンブルを司り、クラシカルな大曲“Malacandra”をはじめ、
静と動のダイナミズムを優美に描き出す。後半は“In The Region Of The Summer Stars”をはじめとした初期作品からの選曲で、
かつてのメンバーであるフランシス・リカーリッシュも登場、大人数のブラスセクションも加わったオーケストラルな編成に、
扇情的なギターが重なり、ティンパニが重厚に打ちならされる、壮麗なるシンフォニーロックが繰り広げられる。
そして“組曲Fand”は、4人のギターにオケが重なって、優雅して壮麗、ダイナミックなサウンドが感動的きわまりない。必見!
シンフォニック度・・10 ライブ演奏・・8 ライブ映像・・8 総合・・8.5 
Amazon.co.jpで詳細を見る

The ENID 「Live With the City of Birmingham Symphony Orchestra」
エニドのライブ作品、2012年作
ハーミンガムシティ・オーケストラと共演した2011年英国ツアーの音源をCD2枚に収録。
Disc1では、“Judgement”、“In The Region Of The Summer Stars”といった初期の楽曲で始まり、
バンドとオーケストラ完璧に融合した“Childe Roland”、そして壮麗な大曲“組曲Fand”と、
かれらが目指す最高のシンフォニーロックサウンドが感動的な美しさで描かれる。
Disc2では、2010年作「Journey's End」を組曲方式でアレンジしていて、もとのアルバム以上に
優美でダイナミックな印象。オーケストラ入りシンフォニックロックバンドの到達点といえるライブである。
シンフォニック度・・9 プログレ度・・8 ライブ演奏度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

The ENID 「Arise and Shine - Volume I & II」
イギリスのシンフォニックロック、エニドの2012年作
未発曲や過去の楽曲を現メンバーでリメイクした作品で、単体で出ていた1と2をカップリングしたCD2枚組。
「Vol.I」の方は未発表曲中心で、叙情的なギターにオーケストラルなアレンジが合わさった、
いかにも初期のエニドを思わせる優雅なシンフォニックロックが楽しめる。10分を超える大曲も多く、
未発といえども完成度の高さと楽曲の美しさは、正規アルバムと変わらない濃密な聴き心地である。
随所に既存曲を思わせるフレーズも出てくるのもファンにはにやり。「Vol.II」は22分の大曲“Fand”を含む
おなじみのナンバーの再録で、よりクリアに構築された演奏で、クラシカルな楽曲の美しさが再確認できる。
シンフォニック度・・9 クラシカル度・・9 楽曲・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

The Enid 「Arise and Shine III」
イギリスのシンフォニックロック、エニドの2012年作
過去の楽曲を現メンバーでリメイクしたシリーズの3作目。今作は70年代後半から80年代にかけての楽曲を取り上げていて
メロウなギターが心地よい“Gateway”、加入したばかりのジョー・ペインがヴォーカルをとる“Raindown”
“Tripping The Light Fantastic”、“Salome”といった当時いくぶんモダン化した作品の楽曲も、
現在のアレンジでよりモダンに聴こえて、これはこれで悪くない。“Summer”や“Something Wicked This Way Comes”
などの大曲も、QUEENを思わせるヴォーカルハーモニーとともに、より優雅な耳心地となっている。
ジョー・ぺインの歌声を活かした新生ENIDの方向性を示しながら、過去曲をスタイリッシュに仕上げた好作品だ。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

The ENID 「INVICTA」
イギリスのシンフォニックロック、エニドの2012年作
前作はいくぶんモダンなアプローチも取り入れた好作であったが、本作はそれから2年あまりで発表された。
イントロ曲に続くのは、女性ヴォーカルを乗せた美しいナンバーで、やわらかなピアノにフルートの音色、
しっとりとした繊細な優雅さでうっとりとなるような聴き心地である。その後は、男性ヴォーカルの入った
メロディアスな叙情と、クラシカルな美しさが融合したサウンドで、案外キャッチーに楽しめたりする。
前作に続きモダンなアレンジも含ませた楽曲は、現役バンドとして進化をいとわないアップデートを感じさせ、
結果として音の中にプログレとしてのスリリングさも生み出している。歌もの中心かと思いつつ、
往年を思わせる雄大なクラシカル曲もあり、シンフォニーロックとしての誇り高き美意識も健在だ。
クラシカル度・・8 プログレ度・・8 繊細度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

The Enid 「The Bridge」
イギリスのシンフォニックロック、エニドの2015年作
70年代から活動するクラシカルロックのベテランで、2010年の復活以降は旺盛にライブをこなし作品も発表している。
ロバート・ジョン・ゴドフレイのソロ作をはさみ、3年ぶりとなる本作は、前作から加わったジョー・ペインのマイルドな歌声と
繊細なピアノ、そして優雅なオーケストレーションに包まれて、ゆったりとしたシンフォニー・ロックが広がってゆく。
リズム隊が入らないのでロック的な躍動感は希薄だが、随所にギターが加わると、ロックオペラ的なダイナミズムが現れる。
4〜5分台の楽曲中心であるから、プログレとしての壮大さは従来の作品に比べると少し物足りないか。
むしろクラシック寄りの優美さに、QUEEN的な歌もの感が合わさったというべきオペラティックな好作品である。
クラシカル度・・9 プログレ度・・7 優美度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

The Enid 「Dust」
イギリスのシンフォニックロック、エニドの2016年作
2010年作「JOURNEY's END」、2012年作「INVICTA」から続く、3部作のラストを構成するアルバムで、
前作「The Bridge」のクラシカルオペラ的な作風から、シンフォニーロックとしてのスケール感が戻ってきた。
シンセの重ねによるオーケストラルな感触と、ティンパニを含んだリズム面での迫力あるダイナミクス、
そして、ジョー・ペインのオペラティックな歌声が合わさり、優雅な叙情と壮麗な空間美が描かれる。
往年のエニドを思わせる流麗なギターフレーズに、ドラムとベースによるアンサンブルが加わって、
ときにQUEENを思わせるキャッチーなロック性を含んだ、シンフォニックな美意識に包まれたサウンドに浸ることができる。
40年にわたりクラシカルロックとしての独自の構築性を追求してきたバンドの、優美なる完成形がここにある。
シンフォニック度・・9 プログレ度・・8 壮麗度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

The Enid「Something Wicked This Way Comes」
イギリスのシンフォニックロック、エニドのライブ作品。1984/2016年作
1984年に収録した映像作品で、かつて単体でDVDが発売されていたが、今回はその音源を収録したCD2枚が加わった3枚組。
Disc1のクラレット・ファームはコミューン生活をしていた農場でのライヴで、のっけから20分の大曲「ファンド」で幕を開ける。
音質は良好なのだが、演奏の途中に唐突にメンバーのインタビューが入るのは以前のDVDと同じでちょっと残念。
その後は当時の新作「Something Wicked This Way Comes」からのナンバーを中心にした演奏が楽しめる。
Disc2はストーンヘンジにおける野外フェスでのライブを収録、1st「In the Region of the Summer Stars」からのナンバーを含め、
ノイズが入ったややラウドな音質ながら、シアトリカルなMCも含めて臨場感のあるライブ演奏が味わえる。
DVDには同ライブの映像を収録、バンドの往年の姿が見られる貴重な映像はファンには嬉しいだろう。
ライブ演奏・・7 音質・・7 エニドファン向け度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

ESPERANTO「DANSE MACABRE」
プログレバンド、エスペラントの2nd。邦題は「死の舞踏」1974作
2人のヴァイオリンにチェロを含む10人編成という大がかりなスタイルで
イギリス、ベルギーなど多国籍のメンバーが織りなす名盤中の名盤。
不穏なヴァイオリンの音色から始まり、ブレイクを多様した複雑な楽曲構成で
テクニカルにたたみかける。ピート・シンフィールドのプロデュースも相まって、
1stに比べてメンバーの力量と奔放なセンスが遺憾なく発揮されている印象だ。
クラシカルな硬質さがプログレッシブロックとの融合を奇跡的に果たしており、
絶妙の緊張感と均衡を生み出している。この優雅なアヴァンギャルドさは必聴級。
クラシカル度・・9 プログレ度・・8 アヴァンギャル度・・8 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

ESPERANTO「LAST TANGO」
ベルギー、イギリス混合のプログレバンド、エスペラントの3rd。1975作
ビートルズの“ELEANOR RIGBY”の大胆なカヴァーで始まる本作は、
前衛的だった前作に比べて歌もの度が増し、ずいぶん聴きやすくなっている。
ヴァイオリンとチェロによるクラシカルな部分と、リズム面でのシンプルなビートが合わさり
ロック色の点では前作よりも強まった。男女ヴォーカルの歌声も違和感なく溶け込んでいて
バンドサウンドとしてより成熟している印象だ。インパクトの点では前作に及ばないが、
ジャズやタンゴといった要素を大人のアレンジで組み入れたクラシカルロックである。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 アダルト度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




FAMILY 「Entertainment」
ブリティッシュロックバンド、ファミリーの2nd。1969年作
シアトリカルなヴォーカルの歌声に、オルガンやピアノ、フルート、サックスなどを含んだ
いかにも60年代英国アートロックというサウンド。フォークやブルース、サイケなどの感触が合わさった
混沌とした濃密さに、初期のJethro Tullなどにも通じるブルージーな土着性も含んだ聴き心地だ。
ヴァイオリンが優雅に鳴り響き、どこか異国的なエキゾチックさもあったり、かと思うとブルージーで
ブギなノリもあったりと、なかなかとらえどころがない。奔放なセンスで描かれる英国サイケ・アートロック好作。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Fantasy 「Paint a Picture」
イギリスのシンフォニックロック、ファンタジーの1973年作
まず美しいジャケに目が行くが、サウンドの方もアコースティックギターにメロトロンが絡み、
マイルドなヴォーカルを乗せた、牧歌的で繊細なシンフォニックロックを聴かせる。
フォークロックテイストの英国らしい素朴さと、ジャケのような幻想的な世界観で、
ときにヴァイオリンも加わった叙情的なナンバーなど、ゆったりとした耳心地が楽しめる。
一方では、オルガン鳴り響きブルージーなギターを乗せたブリティッシュロック質感も魅力的。
シンフォニック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazonで購入する

Fantasy 「Beyond the Beyond Plus...」
イギリスのシンフォニックロック、ファンタジーの1974年作
1974年に録音された2作目となるはずだった未発音源で、1992年にCD化されたものをジャケを変え、
ボーナストラックを加えて1999年に再発されたもので、さらにそれが2015年にリマスター再発された。
やわらかなオルガンにメロトロンが鳴り響き、マイルドなヴォーカルを乗せた牧歌的なサウンドは、
アコースティックなフォークロック風味もありつつ、随所に泣きのメロディを奏でるギターも含めて、
GENESISを思わせるシンフォニックな感触もある。ときおり壮麗な盛り上がりを見せる楽曲は、
未発作とはいえ、むしろ1973年の1作目より上なのではと思わせる。英国らしいウェットな叙情と
バンド名通りに幻想的な雰囲気に包まれた、牧歌系シンフォニックロックの好作品である。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Fields
ブリティッシュロックバンド、フィールズの1971年作
やわらかなオルガンの音色ともに、軽やかに聴かせるメロディックなサウンド。
キャッチーなヴォーカルメロディには、洗練されたポップな感触があり、
ピアノを使った曲にはQUEENなどにも通じる優しい聴き心地もある。
ストリングスの美しいラスト曲などは、クラシカルな雰囲気が素晴らしい。
プログレ/アートロック全盛の時代に、あくまで3分前後のコンパクトな楽曲で
作品を作ったというのも、ある意味、珍しいかもしれない。力みのない好作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Fields 「Contrasts - Urban Roar To Country Peace」
ブリティッシュロックバンド、フィールズの幻の2nd。1972/2015年作
元RARE BIRDのGraham Fieldを中心にして、1971年に唯一のアルバムを残して消えたこのバンドの
1972年に録音されていたという幻の音源が発掘CD化された。オルガンが鳴り響くレトロな味わいの、
かつてのブリティッシュロックそのままのサウンドで、リマスターされた音質も素晴らしい。
オルガンロックでありながら、歌が入るとキャッチーなポップさも覗かせて、1st同様に年代を考えても
とても洗練された作風である。曲によっては女性ヴォーカルやヴァイオリンなども入ったりして、
なかなか優雅な聴き心地。1stを好きな方はもちろん、フィールズを初めて聴く方にもオススメの好作品。
メロディック度・・8 オルガン度・・9 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


FLASH 「Our Of Our Hands」
ブリティッシュロックバンド、フラッシュの3rd。1973年作
Yesの初代ギタリスト、ピーター・バンクスが率いるこのバンド、
セールス的には恵まれず本作をもってラスト作となるのだが、サウンドの方はそう悪くない。
ピーターの絶妙のギターワークにうっすらとしたメロトロン、キャッチーなヴォーカルハーモニーで、
Yesをややラフにしたような叙情的な英国プログレハードが楽しめる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


FRUUPP 「The Prince of Heaven's eyes」
アイルランド出身のプログレバンド、フループの3rd。1974作
私が無人島に持ってゆくとアルバムを選ぶとしたら、GENESISの「月影の騎士」とPFMの「友よ」と一緒にまず最初に選ぶのが本作だ。
かつての邦題は「太陽の王子〜虹の果ての黄金伝説」。太陽を「Heaven's eye」と表したセンスもなんとなくグッとくるではないか。
当時の日本盤は今はなきテイチクの「ブリテイッシュ・プログレクラシックス」から出ており、ジャケに惹かれて本作を手にとったのが出会い。
ややチープな絵だが、いかにも少年の冒険を思わせるファンタジックな雰囲気と、帯に書かれた邦題が私の心をときめかせたのだ。
サウンドは、美しいストリングスシンセに導かれて、ジャケ通りの牧歌的な雰囲気のシンフォニックロックがゆるやかに展開されてゆく。
一聴した感じは地味ながらも、何度聴いても音の心地よさと涼やかな雰囲気から聴き疲れがまったくしないのが良い。
そうして聴き込んでいくうちに、脳裏にはジャケの少年が繰り広げる冒険の物語が浮かんでくるのである。
いかにも旅の始まりを感じさせるワクワクとするような1曲目、7曲め“Seaward Sunset”のピアノとコーラスによるしっとりとした美しさ、
そして“The Perfect Wish”での後半の大盛り上がりからラストへの展開などは、いつ聴いても素晴らしく感動的だ。
エンディング的な“Prince of Heaven”で幕を閉じるまで、淡い色をした幻想の物語にゆったりと浸れるじつに素敵なアルバムである。
メロディアス度・・8 ほのぼの度・・9 ファンタジック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

FRUUPP「Modern Masquerades」
アイルランド出身のプログレバンド、フループの4th。1975作
イアン・マクドナルドがプロデュースした本作「当世仮面舞踏会」は、前作とともにバンドの代表作として名高い傑作だ。
冒頭の泣きのギターメロディからしてもうたまらない。アコースティカルな響きにかぶさるメロトロンやソリーナのシンセ、
この繊細な叙情美にはただもう涙あるのみである。初期の2作に比べるとずいぶん洗練されてきて、
メロディを活かすコンパクトな楽曲アレンジが全体としての聴きやすさにつながっている。素朴な田舎っぽさを残しつつ、
たおやかなピアノの音色やキャッチーなコーラスなどには、70年代ロックのやわらかなメロディアスさがあり、耳心地の良さも抜群。
メロディアス度・・8 ほのぼの度・・9 ファンタジック度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

FRUUPP「IT'S ALL UP NOW ANTHOLOGY」
イギリス、アイルランド出身のプログレバンド、フループの2枚組ベストアルバム。2004作
もし私が「イギリスのプログレで一番好きなアルバムは?」と訊かれたとしたら、GENESISの「SELLING ENGLAND〜」か
FRUUPPの「太陽の王子」かで迷うことだろう。私にとっては「宮殿」よりも「危機」よりも、このバンドの3rdにはそれだけの思い入れがあるのだ。
ちなみに日本盤での邦題を挙げてゆくと、1st「FUTURE LEGENDS/知られざる伝説」、2nd「SEVEN SECRETS/七不思議」
3rd「THE PRINCE OF HEAVENS EYE/太陽の王子」、4th「MODERN MASQUERADES/当世仮面舞踏会」と、
なかなか気の利いた邦題がつけられている。このベスト盤はCD2枚組で、DISC1に1stと2nd、DISC2に3rdと4thの楽曲が収録されたお得な作りである。
1stの頃はやや粗削りな感じだか、傑作3rdへと続くメロディの原石が所々に光っていて、素朴な味わいがある。
2ndは躍動感という点では1番か。ロック的な熱情とアイルランドを感じるメロディが融合していて、曲を盛り上げるヴァイオリンの音色も美しい。
一転して優しげな歌メロが胸にしみるこれも好盤。3rdは少年の冒険を描いたコンセプト作で、繊細でほのぼのとした雰囲気が耳に優しい。
いかにも旅の始まりを予感させるように軽快に始まり、シンフォニックに盛り上げて締める構成も素晴らしい。
決してテクニックのあるバンドではないが、聴く者の感性にやわらかに触れてくる、じわじわとくるタイプの音楽だ。
無人島にゆくならぜひこれを持ってゆきたい。4thはイアン・マクドナルドプロデュースで、一番優雅なアルバム。
メロディアス度・・8 英国度・・9 ほのぼの度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Fusion Orchestra「Skeleton in Armour」
イギリスのロックバンド、フュージョン・オーケストラの1973作
ジャズロックとハードロックを合体させたようなガチャガチャとしたサウンドに、エキセントリックな女性ヴォーカルが絡む。
唐突にブラスやピアノ、フルートなどが入ったりする展開は、ESPERANTOなどにも通じる
ミクスチャー感覚だが、こちらはもっとブルーズ色が強く、ジャジーなハードロックが基本にある。
一方ではハモンドが鳴り響く英国らしいナンバーもあり、アルバムとしても飽きさせない。
ジャケットの「死の舞踏」の版画といい、時代を考えるとかなり先鋭的なセンスを持ったバンドだった。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 ミクスチャー度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る




GENESIS 「From Genesis to Rebelation」
ジェネシスの1969年作 邦題「創世記」
From Genesis to Rebelationというバンド名兼タイトルで作られた、幻のデビュー作。
当時平均18才だったメンバーたちがたった1日で録音したという作品で、
のちのようなプログレ/シンフォニックロックを想像すると当てが外れるが、
ピーター・ガブリエルの歌声と、アンソニー(トニー)・バンクスの繊細なピアノ、
そしてストリングスによるアレンジも含んだ、キャッチーで瑞々しいサウンドが楽しめる。
プログレ前夜のアートロック風味と、ポップ、フォークなどの要素が混じり合った聴き心地からは
英国独特の優雅な気品とサイケな奔放さがすでに感じとれる。若さと希望の詰まった好作品です。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Trespass」
ジェネシスの2nd。1970作
プログレバンドとしてのGENESISの歴史は本作から始まったと言っていいだろう。
スティーブ・ハケット加入前ということで、アンソニー・フィリップスのギターが
ハモンド、メロトロン、そしてたおやかなピアノと調和していて素朴な味わいを出している。
楽曲面でのドラマティックさはすでに完成されつつあり、ガブリエルの歌声も映えている。
繊細なフルートの音色やアコースティックな部分も魅力的で、名曲“Visions of Angels”をはじめ、
楽曲の魅力という点でも、決して次作以降の名作たちに引けをとらない。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 繊細&素朴度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Nursery Cryme
ジェネシスの3rd。1971年作
新たにステファン(スティーブ)・ハケットとフィル・コリンズを迎え、黄金の体制となったバンドは、
物語性をともなった強固な世界観を構築、冒頭を飾る名曲“The Musical Box”の妖しげな世界観は、
ハケットのメロウなギターと、ガブリエルの濃密な歌声とともに、この時代でしかなしえない空気を作り出している。
とくに後半からラストへのダイナミックな流れなどは泣きの叙情が押し寄せてくるじつに感動的なものだ。
全体的な完成度からすれば、「Foxtrot」、「Selling England〜」の方が上かもしれないが、
この幻想的な物語世界はGENESISの作品中でも最高のものだろう。「怪奇骨董音楽箱」という邦題にもしびれた。」
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 幻想度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Foxtrot
ジェネシスの4th。1972作
1曲め“Watcher of the Skies”のイントロのメロトロンからもう胸が踊る。
サウンドにはダイナミックさが加わり、プログレとしてのインパクトの点では
本作を次作とともにGENESISの代表作と位置づけることにもうなずける。
バンドとしての黄金期を感じさせる迷いのなさが、ドラマティックな世界観を強固にする。
そしてラストの大曲“Supper's Ready”は、プログレ的な緩急をつけた展開とストーリー性で
聴かせる22分を超える見事な大曲。前作、次作とともにGENESISの傑作三部作と呼びたい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ドラマティック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Selling England by the Pound
ジェネシスの5th。1973作
GENESISの最高作をあえて選ぶなら本作となるだろう。彼らの世界観である幻想美と、楽曲におけるドラマティックさが結実、
それがバンドの成熟とともに最高の形で組合わさったのが本作だ。ガブリエルのヴォーカルの表現力も増し、
ハケットの奏でるメロウなギターにトニー・バンクスのシンセワークがもっとも素晴らしいのもまた今作。
そして最高の名曲“Firth of Fifth”はイントロのピアノから感涙必至。ロマンに満ちた当時の空気すらも運んでくるようだ。
これぞ英国が生んだ幻想のシンフォニックロック。繊細にして感動的な名作。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・8 幻想度・・9 総合・・9
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「The Lamb Lies Down on Broadway
ジェネシスの6th。1974作
CD2枚組のコンセプト作で、ファンの間では意外と評価の分かれるアルバム。
それもそのはず。バンド自体も黄金期の終焉を思わせるゴタゴタがあったらしい。
ともあれ、シアトリカルなドラマ性とともにガブリエルの歌声がもっとも生き生きとして
また、1曲ごとはコンパクトなので、聴きやすくキャッチーな作品と言えるだろう。
じつのところ、このアルバムは歌ものメインの長尺なイメージであまり好きではなかったのだが、
シンセとギターを中心とした楽曲アレンジの細かさに注目すると、プログレ作品としてちゃんと楽しめる。
じっくりと聴き込めば感動的なラストが待っている。やはりこれも名作といってよいですな。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Trick of the Tail
ジェネシスの7th。1976年作
フロントマンであったピーター・ガブリエルが脱退し、ドラムのフィル・コリンズがヴォーカルを兼任、
初期の妖しい幻想性が薄れ、より強固になったアンサンブルと英国的な叙情とのバランスがとれたサウンドは、
良い意味で垢抜けてきていて、むしろ初期の作品が苦手なリスナーには本作を好む向きも多いようだ。
MEKONG DELTAもカヴァーした冒頭の7拍子の名曲“Dance on a Volcano”のタイトな恰好良さ、
そしてラスト曲“Los Endos”の叙情あふれるダイナミズムは白眉です。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ドラマティック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Wind & Wuthering
ジェネシスの8th。1977年作
ジャケの美しさもさることながら、サウンドの方も泣きの叙情にあふれた傑作。
前作ではやや抑え気味であったスティーブ・ハケットのメロウなギターが炸裂し、
トニー・バンクスの美しいシンセワークとともに、かつてのGENESISサウンドを甦らせている。
フィル・コリンズのヴォーカルも前作よりずいぶんこなれてきていて、すでにバンドサウンドと
違和感なく溶け込んでいる。一方では後の作品につながるキャッチーなメジャー感覚もあって、
プログレハード的な聴き方もできるかもしれない。シンフォニックという点では本作が最後の輝きであった。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENESIS 「Seconds Out」
ジェネシスのライブアルバム。1977作
ピーター・ガブリエル脱退後に行われたライヴで、ビル・ブラッフォードが参加してのダブルドラムという
珍しい編成での演奏が聴ける。ブラッフォードとチェスター・トンプソンによる 二台のドラムの迫力は大きく、
“Firth of Fifth”、“Supper's Ready”などのかつての名曲もなかなか新鮮に聴こえる。
私のような初期のファンからすれば、フィル・コリンズがヴォーカルをとりだしたこの中期以降は
サウンドの輪郭がややはっきりとしてきて、あまり好みではないのだが、4枚組みアーカイブを除けば、
ジェネシスのライブアルバムのベストに本作を選んでもかまわないくらいにはクオリティが高い。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENESIS「and then there were three...」
ジェネシスの9作目。1978作
ハケットが脱退しメンバーは、フィル・コリンズ、トニー・バンクス、マイク・ラザフォードの3人となった。
「そして、3人が残った」というタイトルは皮肉めいているが、サウンドの方はややポップになったとはいえ、
プログレ的なテクニカル性は失われておらず、オルガンなどを含んだ美しいシンセワークと、
コリンズのヴォーカルとともに、ジェネシスらしいメロディックな聴き心地が楽しめる。
モダンでキャッチーなプログレロックという点では、むしろ現在の英国プログレ勢に通じるサウンドだろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ドラマティック度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENESIS「DUKE」
3人組ジェネシスの2作目。通算10作目のアルバム。1980作
ハケットの抜けたジェネシスということで、メロウなギターワークを楽しむことはできませんが、
サウンドはより爽快になり、フィル・コリンズの歌声も含めてキャッチーでメロディアス。
シンフォニックなシンセアレンジがゴージャスな聴き心地になっていて、
かろうじて往年のファンにもアピールできる好作品だと思います。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ドラマティック度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENESIS「abacab」
ジェネシスの11th。1981作
最近は「DUKE」もまあ悪くないかな、と思えるようになったので本作も聴いてみた。
当然ながらサウンドはもはやプログレとは呼べないが、キーボード入りのメロディックロックとして聴けば
これがなかなか悪くない。キャッチーでポップでデジタルな雰囲気もあるが、トニー・バンクスのシンセは
それでもまだ瑞々しさを失っていないし、楽曲には爽快なメロディアスさがあって、それなりに楽しめる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ポップ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENESIS「GENESIS」
ジェネシスの12th。1983作
ポップ化して以降のアルバムとしては比較的評価の高いアルバムのようだが、
個人的には前作「abacab」の方が良かった。シングル曲の「ママ」にしろ何が魅力なのかよく分からない。
前作に比べるとシンセアレンジも曲によってはシンプルになり、どうしてもサウンドが薄く感じられてしまうのだ。
往年のファンが考えるところのプログレッシブな雰囲気はほぼ皆無になり、
いかにも80年代らしいビートミュージック的なドラムサウンドもどうにも気に入らない。
メロディアス度・・7 プログレ度・・3 ポップ度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「Invisible Touch」
ジェネシスの13th。1986年作
前作のポップ路線の延長であるが、キャッチーで爽快なメロディアス性という点では本作の方が良い。
なにより、トニー・バンクスのきらびやかなシンセが、息を吹き返したようにサウンドを彩っている。
フィル・コリンズのヴォーカルもドラマティックな抑揚をもって楽曲を濃密に彩っていて、
部分的には黄金期のような高揚感も現れる。80年代の産業ロック路線をジェネシス流に追求したという好作品だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ポップ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Genesis「We can't Dance」
ジェネシスの14th。1991年作
個人的には彼らをプログレとして聴けるのは、1981年作「ABACAB」までがぎりぎりで、
以降のヒット路線には興味もなかったのだが、あらためて本作を聴き直すと、これが…なかなか悪くない、のである。
フィル・コリンズのヴォーカルで聴かせるキャッチーなポップさとともに、しっとりとした叙情的なメロディが合わさった、
大人のメロディックロックというべきサウンド。とくにトニー・バンクスの美しいシンセワークは絶品だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ポップ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENESIS
「The Way Walk」
ジェネシスのライブ作品。1992/1993年作
「Vol 1:The Shorts」、「Vol 2:The Longs」という2枚に分けられた作品をまとめてレビュー。
Vol1は「シングル・ヒッツ・コレクション」ということで、1997年の「We Can't Dance」、
1986年の「Invisible Touch」からの曲を中心に、ポップでモダンなメロディックロックを収録。
Vol2は「もうひとつのジェネシス」と題された通り、プログレサイドを含めた長曲を収録、
とくに“Old Medley”と題された、70年代の名曲メドレーは、オールドファンには感涙もの。
キャッチーなポップ性を含んだベテランバンドの安定した演奏が楽しめるライブ盤です。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 ライブ演奏・・8 総合・・7.5



GENESIS「Calling All Stations
ジェネシスの1997作
脱退したフィル・コリンズに代わり、ヴォーカルにレイ・ウィルソンが加わった本作は
当時さほど評価の高くなかったアルバムなのだが、個人的にはモダンさの中にも
かつてのシリアスなプログレ感触をいくぶん取り戻していて、なかなか悪くないと思う。
肝心のヴォーカルも、若手にしては落ち着いた歌声で、大人のジェネシスサウンドに
貢献している。トニー・バンクスのうっすらとした叙情シンセのセンスはやはり素晴らしく、
マイク・ラザフォードのギターもメロウなフレーズが耳心地がいい。アルバム後半はやや退屈だが。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 落ち着き度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENESIS「ARCHIVE 1967-1975」
英国プログレの大御所、ジェネシスの初期ライブなどを集めたアーカイブ。CD4枚組み。
ジェネシスマニアにはたまらない全盛期のライブを堪能できるこの4枚組みボックスセットであるが、
disc1、2には1974年の「The Lamb Lies Down On Broadway」完全再現ライブを収録、disc3には1971〜1973年のライブ音源に、
当時のシングル曲などを加え、disc4には60年代後半の初期メンバーによるデモを収録、という豪華な内容。
disc1、2のライブは確かに音質がいいのだが、「ブロードウェイ〜」にはさして思い入れがないので、
個人的にはこのセットのハイライトは間違いなくdisc3。全盛期メンバーによる“Dancing With the Moonlit Knight ” “Firth of Fifth ”
そして “ Supper's Ready ”はまさに感動もの。少々値が張る代物だが、GENESISはガブリエル在籍時に限るという方は聴くべきブツですね。
資料価値満載の豪華大型ブックレットもファンにはたまらないことでしょう。
メロディアス度・・8 ライブ演奏・・8 初期ジェネシス好きなら度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENESISLive Over Europe 2007
10年ぶりに復活したジェネシスのライブアルバム。2007作
2007年のヨーロッパツアーから集めたライブテイクをCD2枚組で収録。
フィル・コリンズ、マイク・ラザフォード、トニー・バンクスの3人編成時代の曲を中心に、
ガブリエル時代の曲も何曲か披露。演奏は年季を感じさせる枯れた味わいとともに
年を経てもなおロックとしての瑞々しさとダイナミズムもあり、なかなか楽しめる。
かつての幻想プログレ時代をへて、こうしたマイルドなメロディックロックへと辿り着いた。
大人の演奏を聴かせる大人のジェネシス。肩の力の抜けた自然体の味わいだ。
プログレ度・・7 ライブ演奏・・9 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


GENTLE GIANT「Three Friends」
イギリスのプログレバンド、ジェントル・ジャイアントの3rd。1972作
英国プログレを代表するバンドであり、そのテクニカルでありつつもどこかとぼけたサウンドは
通好みのバンドとして人気が高い。本作は三人の幼なじみの歩んでゆく人生を描いた、
トータル作ということだが、5〜7分台の曲を中心に、よく練られた楽曲を聴かせる。
ギターもシンセも決して前に出すぎることなく、ぱっと聴きには地味ながらも
アンサンブルの中ではさりげないテクニックを見せつけている。牧歌的なやわらかなさと、
キャッチーなコーラスークなども含めて、柔軟性の高さでは当時ピカイチのバンドだったことが察せられる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 やわらか度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「Octopus」
ジェントル・ジャイアントの4th。1973年作
GGの代表作として人気のアルバム。サウンドに流れるようなスタイリッシュさが出てきて、
それとともにキャッチーな歌メロと、テクニカルなアンサンブルの対比もくっきりとなった。
ピアノやオルガンなどの使い方も効果的で、ときにジャズタッチだったり、哀愁溢れる叙情味を感じさせたりと、
いろいろな要素を聴かせてくれる。クラシカルなヴァイオリンの音色が加わったと思えば、ファンキーなパーカションや、
サックス、トランペットなどの管楽器が鳴り出し、また繊細なピアノと、曲は3〜4分台ながら
まるで万華鏡のように色の変わってゆく、濃密で構築的なプログレがたっぷり堪能できる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・9 構築度・・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「In a Glass House」
ジェントル・ジャイアントの5th。1974作
一般的には、前作「オクトパス」の人気が高いが、よりテクニカル志向で日本人好みなのはむしろ本作。
ガラスの壊れる音がしだいにリズムになってゆくイントロから惹きつけられるが、
演奏もエッジの立った硬質さが増し、ハードなたたみかけと小洒落たユーモア、そして叙情性とが、
それぞれに際立って聴こえる。曲も7〜8分台と長めになり、より我々の想像するプログレをやってくれていて、
「ガラスの家」というタイトル通り、涼やかな心地よさが作品に統一感を持たせている。
知性をともなった演奏力と、構築センスが見事に一体となった見事な傑作だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・9 構築度・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「The Power and the Glory」
ジェントル・ジャイアントの6th。1975作
一聴してややポップになった雰囲気だが、本質はやはり複雑音楽なのである。
1曲目は軽やかなエレピにキャッチーなコーラスが重なりつつ、
予想に反してそこにヘヴィなギターが加わってくるという意外性がなかなかニクい。
前2作での緻密な構築性よりも、さらに余分な力を抜いた柔軟な曲作りである。
全体的には明るめの雰囲気ながら、ときおり奇妙な展開を盛り込むなど、余裕の遊び心は
さすがのGGである。聴きやすさとひねくれ者加減を巧みに両立させている好作品だ。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 構築度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「FREEHAND」
ジェントル・ジャイアントの7th。1975作
前作あたりからキャッチーなポップさが強まっているが、それでいてしっかりとテクニカルな側面を覗かせる傑作。
初期の数作よりもずいぶん録音もよくなって、シンセによるコミカルな味わいも強調されつつも
超絶なテクニックをさらりと聴かせる楽曲アレンジが、ここではいよいよその冴えを見せている。
多重に重なるコーラスハーモニーや、対位法的なメロディの重ねなど、さまざまな手法が散りばめられている。
軽やかな聴き心地ながらも叙情的な曲もあり、プログレとしての楽しみ所満載という、GG節がたっぷりと味わえる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・9 アレンジセンス・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「INTERVIEW」
ジェントル・ジャイアントの8th。1976作
4th「Octopus」から本作あたりまでは、どれもが見事な傑作といっていいだろう。
耳触りの良さとテクニカルで変態的な展開力が同居したGGサウンドは、本作でも炸裂している。
オルガンを含めたプログレ的なシンセと、キャッチーなメロディ、変則リズムを含んだ軽やかな技巧、
それらがバランス良く合わさったことで、結果として爽快なひねくれサウンドを描いている。
次作以降はポップ化してゆくことを考えれば、本作までがプログレとしてのGGの全盛期であったといえる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 アレンジセンス・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANTPlaying the Fool」
ジェントル・ジャイアントのライブアルバム。1977作
1976年のヨーロッパツアーからの音源で、正規のライブ音源としては唯一の作品。
多くのブートやレア音源などが発掘されているGGだが、まずはこの定番ライブ作を聴くべし。
音質もなかなか良好で、スタジオ盤以上にダイレクトにそのテクニカルな演奏が伝わってくる。
難解な楽曲をいとも簡単に…むしろ余裕をもってこなしており、やはり彼らの演奏力はただごとではないと再確認できる。
キャッチーなコーラスワークとどこかとぼけた軽やかな曲展開には、楽しみながらも唖然と出来ること請け合い。
GG絶頂期の超絶なライブの記録である。なお、35周年バージョンはCD2枚組で、ボーナスに1974年のライブ映像が1曲収録されている。
メロディアス度・・8 プログレ度・・9 ライブ演奏・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「The Missing Piece」
ジェントル・ジャイアントの9th。1977作
一聴して軽やかなポップ性に包まれたサウンドながら、軽妙なセンスに彩られたアレンジはやはりGGのものだ。
シンセの音色もいくぶん80年代を見据えた感じになりつつ、時代を映したモダンなプログレロックといような感触で、
これまでのひねくれたような展開は薄まり、じっくりとメロディを聴かせる曲が増えているが、これはこれで楽しめる。
これまでにないノリのロック的な曲もあったりして面食らうが、アルバムの出来自体は決して悪くない。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 アレンジセンス・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「Giant for a Day」
ジェントル・ジャイアントの10th。1978作
前作よりさらにコンパクトかつキャッチーなロックになり、80年代的なモダンな質感が強まった。
同年に登場するU.K.とはアプローチの方法論は違うが、プログレ感覚を残した技巧派ロックという点では
相通じるような瞬間もある。プログレとしての代表作たちと比べれば、ファンは物足りないだろうが、
高い演奏力で聴かせるメロディックロックとしては充分質は高い。むしろ普遍的に楽しめる好作品だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 アレンジセンス・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「Civilian」
ジェントル・ジャイアントの11th。1980年作
サウンドはぐっとモダンになり、これまでになくハードなギターと80年代らしいビート感の効いたリズムで、
メロディックなロックを聴かせる。元々テクニックは抜群のバンドであるから、こうしたハードな路線をやっても、
シンプルでありながらしっかりと味のあるフックを描いていて、プログレと思わなければとても質は高い。
オルガンを含むシンセに、適度にブルージーで渋みも含んだギターとともに、英国らしい哀愁の叙情も感じさせる。
曲によってはAISIAのようやキャッチーなプログレハードとしても楽しめる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 けっこうハー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GENTLE GIANT「Totally out of the Woods」
イギリスプログレの名バンド、ジェントル・ジャイアントのBBCのライブ音源集。2000作
1970〜'75の録音で、1枚ものもあるようだがこちらは完全版の2枚組み。
5人全員がヴォーカルをとり、楽器を持ち替えるテクニシャン揃いなので、
ライブ演奏においてはスタジオ盤以上に躍動感のあるサウンドが楽しめる。
鳴り響くハモンドにピアノ、フルート、巧みなリズムチェンジ、シリアスとユーモアの境界を
行き来するような余裕とともに、メンバー自身が音楽というものを楽しんでいるのがまた凄い。
PFMにも通じる軽やかな演奏力と、英国特有のウィットに富んだ土着性で聴かせる楽曲たちは、
ときにメロディアスでときにポップですらあるが、そこには何度聴いても飽きない奥深さがある。
音質もおおむね良好で、これは全盛期のGGの素晴らしいライブ演奏が楽しめる必携盤だ。
プログレ度・・9 ライブ演奏・・10 音質・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

GENTLE GIANT「EDGE OF TWILIGHT」
イギリス70年代を代表するプログレバンド、ジェントル・ジャイアントの2枚組ベスト。
1st〜6thまでのアルバムから大半の曲が収録されており、GG初心者にもうってつけ。
リマスターされて音質もよいので、70年代初期の録音のショボさも多少は改善され、
技巧的でありながらどこかとぼけた味のある彼らの演奏がたっぷり楽しめる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・9 たっぷり31曲度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Giles,Giles & Fripp「The Cheerful Insanity of
ジャイルズ、ジャイルズ&フリップの1968年作
マイケル&ピーターのジャイルズ兄弟と、ロバート・フリップによるユニットで、
のちのKING CRIMSONへとつながる、そのスタート地点と言うべき作品。
1〜2分前後の小曲と、合間にストーリー的な語りを挟んだ前半の構成は、
ビートルズの「サージェント・ペパーズ」に影響を受けたとおぼしき牧歌的なサウンド。
フォークロック、ジャズ、サイケなどの要素を盛り込んだ微笑ましいアートロックというべきか、
ポップな中にもメロトロンなどを含んだやわらかな叙情性はじつに英国らしい。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

Giles,Giles & Fripp 「The Brondesbury Tapes
ジャイルズ、ジャイルズ&フリップの未発音源集。
「The Cheerful Insanity of」発表後の貴重なセッション音源などを収録した未発音源集。
牧歌的なポップロックであった前作品の作風に、クラシックやジャズの要素をよりシリアスに取り込んでいて、
のちのKING CRIMSONへの萌芽が感じ取れる。イアン・マクドナルドが参加してからの音源になると、
フルートやピアノ、サックスなどが加わったことでやわらかな叙情性が増し、当時彼の恋人であった
Fairport ConventionのJudy Dybleが歌う“風に語りて”のフォーキーなバージョンなども耳に優しい。
後半には、クリムゾンばりのヘヴィなジャズロック風プログレナンバーもあり、KCファンならかなり楽しめる内容だ。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Gilgamesh
イギリスのジャズロックバンド、ギルガメッシュの1st。1975年作
のちにNational Healthにも参加する鍵盤奏者アラン・ゴウエンを中心に結成されたバンド。
テクニカルでありながら、どこかユーモラスな旋律を含んだプログレ・ジャズロックで、
優雅なピアノやシンセを奏でるアラン・ゴウエンのセンスと、ときにメロウな叙情も含ませたギターが素晴らしい。
女性のスキャットヴォーカルも随所にやわらかな聴き心地となっていて、作品としての完成度はとても高い。
たとえばオランダのFOCUSにも通じるような、引き出しの多さと大人のアンサンブルが楽しめる傑作だ。
メロディアス度・・8 プログレジャズロック度・・8 優雅な叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

GILGAMESH「Another Fine Tune You've Got Me Into」
イギリスのジャズロックバンド、ギルガメッシュの2nd。1978作
1st発表後にNational Healthに吸収合併という形でバンドは消滅するが、
その後SOFT MACHINEのヒュー・ホッパーが加わり再結成され、発表されたのが本作ということになる。
インスト主体のサウンドは、アラン・ゴウエンの優雅なピアノタッチで聴かせる
やわらかなジャズロック。Hatfield and the Northのようなスケール感はないのだが
こちらはゆったりと耳を傾けられる、落ち着きのある雰囲気が魅力である。
メロディアス度・・8 ジャズロック度・・8 優雅な叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


GNIDROLOG「In Spite Of Harry's Toe-Nail/Lady Lake」
イギリスのプログレバンド、ニドロローグの1st、2ndカップリング。1972/2004作
クリムゾンあたりを思わせるややダークめでヘヴィなジャズロック的な質感と、
フルートなどによる古楽的な叙情が合わさって、時代を考えればかなり個性的な音作りだ。
唐突とも思えるせわしない展開の仕方はかなり変態がかってもいて、
7〜9分台の曲を中心に聴かせつつ、先の予測できないような楽しさがある。
同年に出た2ndになると、美しいジャケのように叙情性が引き立ってきていて
楽曲の整合性も向上し、やや風変わりなシンフォニック系としても聴ける。
フルートの音色はやはりKING CRIMSONJETHRO TULLなどを思い出させる。
ただのプログレに飽き足らないという通好みな方には、ぜひ一聴をお勧めする。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 けっこう変態度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


The Gods 「Genesis」
ブリティッシュロックバンド、ゴッズの1968年作
のちにURIAH HEEPに加入する、ケン・ヘンズレーとリー・カークスレイク等が参加していることでも知られる1枚。
サウンドの方はオルガンが鳴り響き、キャッチーなヴォーカルメロディとともに、牧歌的なおおらかさを感じさせる
王道の英国ハードロック。DEEP PURPLEの2ndあたりに通じる、アートロックやサイケの香りも含んだユルさが魅力で、
ケン・ヘンズレーのオルガンワークはもちろん、そのマイルドな歌声もよくマッチしている。英国ロック黎明期の好作品。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

GORDON GILTRAP 「VISIONARY」
イギリスのミュージシャン、ゴードン・ギルトラップの1976年作
フォークとプログレの中間をゆくという、通好みのギタリストでありミュージシャンで、
本作は英国を代表する詩人、ウィリアム・ブレイクの詩篇にインスパイアされたというアルバム。
ストリングスによるアレンジを取り入れ、プログレ的なシンセに12弦ギターの優美な音色が重なる、
シンフォニックロック的なインストは、Anthony Phillipsにも通じる優雅で繊細な空気と、
フォーク、トラッドルーツの牧歌的な英国らしさに包まれている。ドラムにはサイモン・フィリップスが参加。
オーケストラルな美麗さとアコースティックが融合した、耳心地の良い優雅なる傑作です。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GORDON GILTRAP 「PERILOUS JOURNEY」
ゴードン・ギルトラップの1977年作
アコースティックギターの優雅な音色と、美しいシンセにピアノ、オーケストラアレンジを加えた、
シンフォニックロックは前作からの延長上で、繊細で典雅なインストサウンドを描いている。
サイモン・フィリップスのドラムは前作以上に楽曲にフィットしていて、クラシカルな美意識に包まれた
優雅なダイナミズムというべき空気感にうっとりと浸れる。サックスなども加わった大人の哀愁や、
アコースティック主体のパートも挟んだりと、オールインストでありながら飽きさせない構成も見事。
次作とともに、彼のキャリアの中でも最高作のひとつと言えるだけの仕上がりだ。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

GORDON GILTRAP 「FEAR OF THE DARK」
ゴードン・ギルトラップの1978年作
本作も、雅やかなアコースティックギターとシンセ入りのプログレ感触が融合した、
英国らしい優美な味わいのサウンドを聴かせる。やわらかなピアノにアコギのつまびき、
随所にオーケストラアレンジも加えた、シンフォニックな感触がよりスタイリッシュに合わさり、
ほぼオールインストであるが展開力のある、ゆったりとした繊細なドラマ性を描いている。
前半はアコーステッィクメインながら、4曲目からはサイモン・フィリップスのドラムとともに、
叙情的なエレキギターも加わった、大人のメロディックロックという趣のナンバーも含め、
70年代の隠れたシンフォニックロックの傑作と言ってもよいアルバムに仕上がっている。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Gordon Giltrap & Rick Wakeman 「From Brush & Stone」
アコースティック系のギタリスト、ゴードン・ギルトラップとリック・ウェイクマンによるユニット作品。2010年作
絵画や彫刻をテーマした作品で、アンソニー・フィリップスを思わせるような繊細なアコギの音色に
美しいピアノが絡む、じつに優雅な聴き心地。ウェイクマンの奏でるクラシカルなピアノの旋律は、
彼の長いキャリアの中でも、その美しさにおいては上位に来るような作品ではないだろうか。
オールインストなので、のんびりと聴き流してしまいがちであるが、各小曲はシンプルながらも、
じっくりと鑑賞しても楽しめる。耳心地の良さにうっとりと浸れる素敵な作品だ。
ドラマテイック度・・7 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Gordon Giltrap & Oliver WakemanRavens & Lullabies」
イギリスのギタリスト、ゴードン・ギルドラップオリバー・ウェイクマンの2013年作
サウンドは随所にアコースティックギターを挿入した繊細なシンフォニックロック。
オリバーのシンセワークは父であるリックを思わせるフレーズを随所に聴かせてくれ、
ARENAのPaul Manziの味わいのある歌声とともに、叙情豊かな聴き心地である。
キッャチーなメロディと素朴なアコースティックの同居という点では、Steve Hackettの作品などにも通じる
優しくメロウな感触に物語的な幻想美を加えた、ゆったりと楽しめる好作品に仕上がっている。
シンフォニック度・・7 プログレ度・・7 繊細度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


Gracious!
ブリティッシュロックバンド、グレイシャスの1970年作
!マークのジャケからしてインパクト大だが、内容的にもVERTIGOレーベルのマニアックな側面を代表するようなバンド。
ややハードなギターとエフェクトのかかったドラムで粗野にたたみかけながらも、
クラシカルなチェンバロやメロトロンの響きには、ブリテイッシュプログレ好きなら引き寄せられる。
2曲目の美しさはこのバンドの繊細な側面を表しているし、ギターとチェンバロによる4曲目もなかなか
味わいがある。そして、ラストは16分という大曲で、ベートーベンの“月光”のフレーズを取り入れつつ、
サイケロック的なごった煮感で展開してゆく。昔聴いたときには音の粗さが気に入らなかったのだが
今聴き直すと、むしろこの売れ筋から顔をそむけた、ある種の潔さに好感を抱くのだ(笑)
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Graeme Edge Band「Kick off Your Muddy Boots
The Moody Bluesのグレアム・エッジを中心にしたバンドの1975年作
GUN〜Three Man Armyのガーヴィッツ兄弟、シンセ奏者、ミッキー・ギャラガーが参加していて、
サウンドの方は年代を考えれば、かなり洗練されたメロディックなロックをやっている。
エイドリアン・ガーヴィッツのやわらかなヴォーカルに巧みなギタープレイを中心にしつつ、
シンセや美しいオーケストレーションも入ってきて、プログレハード的にも楽しめる。
随所にいかにもブリティッシュな哀愁を感じさせるギターフレーズも聴かせてくれ、
ガーヴィッツ兄弟関連作の中ではハードさが抑え目な分、プログレリスナーにも楽しめるだろう。
この後、カーヴィッツ兄弟は、CREAMのジンジャー・ベイカーとBaker Gurvitz Armyを結成することになる。
メロディック度・・8 プログレハー度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Gravy TrainBallad of a Peaceful Man」
ブリティッシュロックバンド、グレイヴィ・トレインの2nd。1971作
ブルース風味のハードロックというイメージであったが、本作では壮麗なオーケストラを導入した作風で
たおやかなフルートの音色とともにプログレ的な美しさで聴かせる。
後半はややハードで、JETHRO TULLなどにも通じる雰囲気になる。
ヴォーカルの力み具合が好みを分けるところだが、フルートの大活躍という点では
ヴァーティゴレーベルの中でも個性的なバンドといえるだろう。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 フルート度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


The Greatest Show on Earth 「Horizons」
イギリスのプログレバンド、グレイテスト・ショウ・オン・アースの1970年作
ヒプノシスによるアートワークが印象的だが、サウンドの方はオルガンが鳴り響き
ブルージーな哀愁を含んだヴォーカルとギターに、サックスやトランペットが加わり、
ブラス入りのサイケロックというような趣。英国的な素朴な牧歌性も感じさせつつ
ジャズロック的な優雅さも覗かせたり、クラシカルなハープシコードが現れたりと
当時にして非常にボーダーレスなサウンド。このメジャー感のなさと怪しげな聴き心地は、
まさにプログレ以前のアートロックというべきか。こういうのけっこう好きです。
ドラマティック度・・8 ある意味プログレ度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

The Greatest Show on Earth 「The Going's Easy」
イギリスのプログレバンド、グレイテスト・ショウ・オン・アースの1970年作
1作目はオルガンやブラスの入ったアートな感性のサイケロックという趣だったが、
本作はもブルージーなギターとオルガンが鳴り響くアートロックが楽しめる。
ときにLED ZEPPELINを思わせるような、ハードロック的な感触も強まっているが、
サックスがフリーキーに鳴り響き、どこかエキセントリックなマイナー感性に包まれている。
ときに牧歌的な叙情も漂わせつつ、ブラスロック的な愉快さもあるという、とりとめのない好作。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Greenslade
デイヴ・グリーンスレイド率いる英国ロックバンド、グリーンスレイドの1st。1973年作
ギターレス、ツインキーボードという編成で、レトロなオルガンを鳴らしながら
軽やかに聴かせるサウンドで、英国らしい湿りけとキャッチーな聴き心地が魅力的。
クラシカルな優雅さを含みつつも、大仰にはならないシンプルなポップ感覚というものがあって、
濃密にプログレ、プログレしていないところが70年代前半の作品ではかえって珍しい。
オルガンにかぶさるメロトロンの響きも美しい。英国鍵盤ロックの名バンドである。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 オルガン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GreensladeBeside Manners Are Extra
グリーンスレイドの2nd。1973年作
ブリティッシュの香り漂うメロディアスかつやわらかみのあるサウンドは
前作以上に洗練され、クラシカルなピアノとハモンドオルガンがしっとりと美しい。
幻想的なメロトロンの響きにたおやかなフルートの音色、プログレ的に鳴り響くオルガンとともに、
楽曲におけるメリハリとシンフォニックな質感という点でもバンドの最高傑作だろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 オルガン度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Greenslade「Spyglass Guest」
グリーンスレイドの3rd。1974年作
1曲めはクラシカルなオルガンで軽快に聴かせつつ、ムーグシンセやメロトロンを絡ませて、
これまで以上に鍵盤を意識した楽曲はオランダのTRACEあたりを思わせる作風。
一方で、歌入りの曲ではよりポップな質感も増していて、ゲストによるギターも入ってきて
新たな方向性の模索が感じられる。5曲めでは艶やかなヴァイオリンとオルガンの絡みが美しい。
ただ全体として決して悪い出来ではないが、作品としてはまとまりきれていない印象もしてしまう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 オルガン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Greenslade「Time & Tide」
グリーンスレイドの4th。1975年作
ベースのトニー・リーヴスが去り、ギターとベースを弾くマーティン・ブライリーが加入、
サウンドはぐっとポップなロック色が強まり、2ndまでの英国的な鍵盤ロックからは脱却している。
曲によってはクラシカルなプログレ風味も残しているが、全体的には大人のロック風味で、
モダンで軽妙なアレンジはお洒落ですらある。本作を最後にバンドは解散、2000年の復活を待つことになる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 オルガン度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


GRYPHON「GRYPHON/MIDNIGHT MUSHRUMPS」
中世音楽をロック的に解釈した英国のグリフォンの1st+2ndカップリング。1973/1974作。
1stはリコーダーやマンドリンを駆使した本格的中世古楽で、ロック色はまだ少ない。
2ndではキーボードを効果的に導入し、リズム面においてもダイナミックさが増している。
古楽器とロックの融合が見事になされ、適度に疾走感もありメロディアスな聴き心地。
たおやかで格調高い中世的サウンドが満喫できる。特に19分にもおよぶタイトル曲は華麗で劇的。
バンドはこの後3rd「女王失格」で古楽ロックとしての頂点をきわめる。
メロディアス度・・8 中世音楽度・・9 古楽&ロック融合度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRYPHONRed Queen to Gryphon Three/Raindance
イギリスの古楽プログレバンド、グリフォンの3rd、4thカップリング。1974/1975作
トラディショナルな古楽をロックと融合させるという個性的なサウンド。1stの時点ではまだアコースティックな色が強かったが
3rd「女王失格」では、プログレ的なシンセにテクニカルな展開力が加わり、やわらかなリコーダーの響きがロックと融合。
4曲の大曲で聴かせるサウンドは優雅でありながらじつに奥深く、2nd「真夜中の饗宴」とともにバンドの代表作といえる完成度である。
4th「レインダンス」になると古楽色が薄れ、キャッチーなキーボードが前に出たずいぶんとコンパクトなサウンドになっているが、
優雅な繊細さは残っていて土着的な音が苦手な方には、むしろ普通にプログレとして楽しめかもしれない。
中盤はやや散漫だが、ラストの15分の大曲は前作に通じる圧巻のプログレ曲だ。
プログレ度・・8 古楽度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRYPHON 「Treason」
イギリスの古楽プログレ、グリフォンの1977年作
1973年にデビュー、初期はリコーダーやマンドリンを使ったアコースティックな古楽サウンドだったが、
2作目以降はロック色を増し、中世古楽プログレというべき独自のサウンドを確立してゆく。
本作は5作目にしてバンドの最終作。前作でのキャッチーな志向性を土台にした、
美しいキーボードワークとともに、リコーダーの音色などが合わさった繊細なシンフォニックロックを聴かせる。
当時はポップになったと批判されたようだが、あらためて聴き直すと、楽曲のクオリティの高さと
やわらかなメロディアス性が心地よく、むしろより多くのリスナーが楽しめるような傑作と言える。
メロディック度・・8 プログレ度・・8 古楽度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


GRYPHON「ABOUT AS CURIOUS AS IT CAN BE」
イギリスのトラッドロックバンド、グリフォンのライブ音源。2002年作
1974と1975に録音された、ラジオ放送用の音源のCD化だが、音質はまず良好で、
古楽を現代的に取り入れロックと融合させた、独自の中世古楽ロックのライブ演奏が楽しめる。
楽曲は2nd「MIDNIGHT MUSHRUMPS」、4th「RAINDANCE」からのものが中心で、
アコースティック楽器のみを用いていても、メンバーの技量の高さと動感のある演奏が耳に楽しく(フルートぴーひゃら♪)、
トラッドプログレとして純粋に楽しめる。欲を言えば、最高作「RED QUEEN TO GRYPHON THREE」からの曲も聴きたかった。
メロディアス度・・8 トラッ度・・9 ライブ演奏・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

GRYPHON「Glastonbury Carol」
英国の古楽プログレバンド、グリフォンの未発ライブ音源集。2003作
先に出ていた「About as Curious as It Can Be」の音源よりも古く、
1972年、74年のBBCラジオでのセッションライブ音源を収録。72年の音源では
トラッド曲を基本にしつつ、まだロック色は皆無で、リコーダーとアコギを中心に、
AMAZING BLONDELにも通じる雅やかな古楽を展開している。
74年の音源は、2nd「真夜中の狂宴」から大曲“Midnight Mushrumps”を収録。
ドラムが加わり、よりプログレらしくなった抜群の演奏を聴かせる。
音質は良好で、グリフォンファンなら聴いて損のない音源だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 古楽度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


GUN「THE GUN/GUNSIGHT」
ブリティッシュロックバンド、ガンの1st/2ndカップリング。1968/1969年作
ポールとエイドリアンのガーヴィッツ兄弟は、のちにTHREE MAN ARMYを結成するわけだが、
このバンドは、その前身というべき英国ハードロックの源流を感じさせるサウンドが楽しめる。
粗削りながらセンスを感じさせるエイドリアンのギターワークに加え、随所にホーンセクションや
オーケストラルなアレンジを取り入れたスケール感とともに、当時の英国ロックの深みを感じさせる。
とくに1stのラスト11分の大曲などはフリーキーな勢いに溢れたインストパートが圧巻だ。
2作目の方は、ブルースロック的な質感も加わりながら、じっくりと聴かせる部分が増えているが、
ツインギターの重なりは当時にしては、素晴らしく格好よく、ハードロックとしてもやはり見事な出来だ。
メロディック度・・7 アートロック度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




Hatfield and the North
イギリスのジャズロックバンド、ハットフィールド・アンド・ザ・ノースの1st。1973作
基本は上品で軽やかなジャズロックながら、リチャード・シンクレアの歌には、
キャッチーなポップセンスがあり、バックの高度な演奏をやわらかに緩和している。
2、3分台の小曲を連ねつつ、8分、10分という大曲では、ジャズロックの中に
プログレッシブな質感と、幻想的な世界観を織り込んで聴かせてくれる。
デイブ・スチュワートの繊細なピアノ、オルガンワークも素晴らしく、
美しい女性コーラスやフルートなどもじつに効果的に使われている。
テクニカルな演奏力の中にも、やわらかみのある叙情が光る傑作だ。
ジャズロック度・・8 やわらか叙情度・・8 優雅で軽やか度・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Hatfield and the North 「The Rotters' Club」
カンタベリー系ジャズロックバンド、ハットフィールド・アンド・ザ・ノースの2nd。1975作
前作よりもさらに整合感が増し、リチャード・シンクレアの歌うメロディもより明快になっていて、
むしろジャズロック的な歌もの曲としても楽しめたりする。
デイブ・スチュワートのシンセワークはプログレ的で、フィル・ミラーのギターとともに
ややもすると地味になりがちな軽やかなアンサンプルに彩りを与えている。
テクニカルな構築感をさりげなく聴かせつつ、決して力まない上質のセンスがさすがで、
ラストの20分の組曲では見事なプログレ・ジャズロックを繰り広げる。
カンタベリーサウンドを代表する1枚として語り継がれるに足る作品だ。
ジャズロック度・・8 やわらか叙情度・・8 優雅で軽やか度・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る


HAWKWIND「In Search of Space」
イギリスのサイケロックバンド、ホークウインドの2nd。1971作 
Amon duulUのデイヴ・アンダーソンをベースに迎えた本作は、「宇宙の探究」というタイトル通り、
スペイシーな浮遊感とサイケロック的なドライブ感覚で聴かせる、バンドの初期の好作。
ヨレ気味のギターと、ドカドカとした粗野なドラム、そしてややチープなピコピコとしたシンセが合わさり
一種独特な、B級SF映画めいた世界観が面白い。そこに宇宙をイメージさせるロマンを感じるかどうかで、
こうしたアルバムへの評価はまったく変わるのだろう。スペースサイケの完成の瞬間である。
メロディアス度・・7 サイケ度・・9 スペース度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

HAWKWINDDoremi Fasol Latido
イギリスのサイケロックバンド、ホークウインドの3rd。1972作
「ドレミファソラシド」という、ふざけたタイトルの本作であるが、サウンドの方は
前作で確立されたバンドの方向性をさらに確かにしたという傑作に仕上がっている。
後にMotorheadを結成するレミーのベースとともにドライブ感を増したサウンドで、
いかにもサイケらしいギターの反復コードで突き進むノリの良さは、プログレというよりはむしろハードロック的でもある。
チープなシンセ音が不思議と壮大な宇宙を感じさせるのも見事。サイケとしては次作「Space Ritual」で頂点を迎える。
メロディアス度・・7 サイケ度・・9 スペース度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HAWKWINDSpace Ritual」
イギリスのサイケロックバンド、ホークウインドの1973作 「宇宙の祭典」
個人的には次作「Hall of the Mountain Grillのメロディアスさが好きなのだが、
サイケとしての押しの強さなら間違いなくライブ録音である本作だろう。
ヨレ気味のギターに浮遊感をかもしだすシンセ、フルート、サックスなどが、
得体の知れない音の塊となって押し寄せてくる。これでCD2枚は濃すぎる…(笑)
音楽的うんぬん、楽曲うんぬんではなく、このトリップ感覚を味わうのが正しい作品。
ブックレット内の写真も含めて、すべてが宇宙的なまでにサイケしている。
サイケ度・・10 スペース度・・9 トリップ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HAWKWIND「Hall of the Mountain Grill
イギリスのサイケロックバンド、ホークウインドの1974作 「永劫の宮殿」
「Space Ritual」の勢いある濃厚なサウンドから、本作ではだいぶ整合感が増した印象で、
とても聴きやすくなっている。スペイシーなシンセワークに艶やかなヴァイオリンも美しく、
サイケロックとしての空間的美意識のようなものが感じられるようになった。
広がりのあるメロトロンの使い方などはシンフォニックですらありますな。
シンフォニック度・・7 スペイシー度・・8 サイケ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HAWKWIND
Warrior on the Edge of Time」
イギリスのサイケロックバンド、ホークウインドの1975年作
邦題「絶対絶命」、マイケル・ムアコックのファンタジー小説を題材にしたバンドの代表作が、2013年にリマスター再発。
2CD+DVDのExpanded Edition、Disc1はオリジナルマスターにデモや未発音源を追加収録、
以前に出ていたCDよりも、今回のオリジナルマスター音源の方が、やわらかみがあって美しい音である。
Disc2は、スティーブン・ウィルソンによるニューミックス音源を収録。もともとがメロトロンやフルートの鳴り響く
シンフォニック色の強い作品であったが、それがよりダイナミックな音像になっていてとても楽しめる。
サイケな浮遊感の中にも幻想的な雰囲気を漂わせた作風は、「Space Ritual」の頃のドラッギーな高揚感は薄れたものの、
エコーのかかったヴォーカルとうっすらとしたシンセを中心に、スペイシーな壮大さは残していて、
いわば、前作のシンフォ路線を進めたというバンドの歴史においても異色の傑作である。
シンフォニック度・・8 サイケ度・・8 リミックス度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWIND「Astounding Sounds, Amazing Music」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1976年作
シンフォニック・サイケな傑作「Warrior on the Edge of Time」に続く作品であるが、
レーベルも変わった影響があってか、本作で聴けるのはいくぶんシンプルになったスタイルで、
これまでのスペイシーなサウンドに若干ポップな要素が加わってきている。
歌メロのキャッチーさや、随所にオルガンやヴァイオリンなどの音色が加わって、
サイケというよりはむしろ普遍的なアートロックに近づいたという印象だ。
ドラマティック度・・7 サイケ度・・7 スペイシー度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWIND 「Quark Strangeness and Charm」
ホークウインドの1977年作
ヒプノシスによるジャケがSF的な世界観を感じさせるが、サウンドの方も彼ららしいスペースサイケの王道。
前作の流れにある軽快なキャッチーさも含ませながら、SFコンセプト的な流れが感じられるのがよい。
随所に叙情的なヴァイオリンの音色も加わって、シンフォニックな味わいもある好作品です。
再発盤は、スタジオセッション音源を収録したボーナスDisc付きの2枚組となっている。
ドラマティック度・・8 サイケ度・・8 スペイシー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWIND「Levitation」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1980年作 「宇宙遊泳」
元CREAMのジンジャー・ベイカーをドラムに迎えた作品で、80年代の好作のひとつといってよい作品。
スペイシーなシンセが鳴り響くサイケハードの質感を保ちつつ、80年代的なポップ性も有した作風。
キレのあるドラムはさすがという感じで、それがユルめのヴォーカルとの面白いコントラストになっている。
再発の限定盤(紙ジャケの日本盤)はCD3枚組で、Disc1のボーナスにはシングルバージョンや、
Hawklords名義での1979年のライブ音源を、Disc2、3には1980年のライブ音源を収録。
ドラマティック度・・7 サイケ度・・8 重厚度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

HAWKWIND「Chronicle of the Black Sword」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1985年作 「黒剣年代記」
マイケル・ムアコックのファンタジー小説「エルリック・サーガ」を題材にした作品で
美しいシンセワークとともに、軽快なサイケロックが楽しめる好作である。
随所にメロディックなギターも聴かせるなど、ハードロック的な方法論と、
シンフォニックな味わいも含めて、初心者にも聴きやすいアルバムだろう。
ドラマティック度・・8 サイケ度・・7 ファンタジック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWINDLive Chronicles」
イギリスのサイケロック、ホークウインドのライブ作品。1986年作
マイケル・ムアコックの小説をテーマにした「黒剣年代記」ツアーのライブ作品で、
アナログ時代よりも曲数を増やし、CD化にともなって完全版というべき2枚組となっている。
ムアコック本人がナレーションで参加していて、その語りから一気に世界に引きこまれる。
演奏の方はスペイシーなシンセワークとともに、スタジオ盤以上にノリのよい、
彼ららしいスペースサイケが繰り広げられ、全盛期の他のライブ作とも遜色ないテンションである。
ドラマティック度・・8 スペース度・・8 ファンタジック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWIND 「Space Bandits」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1990年作
女性ヴォーカル、ブリジット・ウィスハートを迎えての作品で、
1曲めはスペイシーなサイケロックに女性の歌声が乗るというこれまでにない作風であるが、
これがミステリアスでありながら、キュートでお洒落な聴き心地になっている。
アルバム後半は男性声メイン。個人的には全編女性ヴォーカルで作って欲しかった気もするが、
まあサイケロックとして普通に楽しめるし、ヴァイオリンが響くところはいい感じだ。
ドラマティック度・・7 サイケ度・・8 トリップ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWIND「Electric Tepee」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1992年作
ライブでの定番曲“LSD”から始まり、のっけからトリップ感全開ですわ〜♪
サイケな浮遊感と幻覚まみれの視界の中を突き進むようなノリがじつに楽しい。
包み込むようなシンセアレンジが幻想性を強めていて、シンフォニックな要素とともに
やわらかな耳心地で楽しめる。一方では90年代的なアンサンブル志向も感じさせ、
そういう点ではOZRIC TENTACLESにも通じる雰囲気も強まった。これはなかなかの力作。
ドラマティック度・・8 サイケ度・・9 トリップ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

HAWKWIND「Alien 4」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1995年作
タイトル通り、いかにもベタなSFストーリーをコンセプトにした作品で、
ヴォーカルにロン・トゥリーを迎えた本作は、適度なモダンさの中にも
往年のダイナミズムとサイケハードとしての浮遊感をしっかり表現している。
うっすらとしたシンセアレンジに、メロディックなギターフレーズが重なって、
スペイシーな世界観とともに、重厚かつドラマティックな聴き心地の力作だ。
ドラマティック度・・8 サイケ度・・8 重厚度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る  Amazon.MP3

HAWKWIND「Love in Space」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの1996年作
前作「エイリアン4」のSFストーリーを増強、それを再現したCD2枚組のライブ作品で
サイケデリックなスペイシーサウンドという点では、まさに彼らの本領が発揮された力作。
ライブならではの勢いあるリズムに乗る、反復されるリフとスペイシーなシンセとともに、
かつての「Space Ritual」ばりのテンションでたたみかける。もちろん適度なユルさも耳心地良く、
のんびりと楽しめるのも魅力。カラフルでシアトリカルなステージが目に浮かぶようだ。
ドラマティック度・・8 サイケ度・・9 ライブ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る Amazon.MP3

HAWKWINDDream Goes On: From Black Sword to Distant Horizon
イギリスのサイケロック、ホークウインドのアンソロジー。
1985年の「Chronicle of the Black Sword」から、1997年の「Distant Horizons」までの作品から
46曲をCD3枚に収録した、バンド後期のベストアルバムというべき内容。
こうして聴くと90年代の作品も、サイケロックとしての世界観は一貫しており、
「Space Bandits」や「Palace Springs」、「Electric Tepee」あたりの作品は、
シンセを多用したエレクトロなスペースサイケとしては充分魅力的だ。
この時代のホークスを見直すきっかけになる、ボリュームたっぷりのアンソロジーである。
ドラマティック度・・8 サイケ度・・9 ホークウイン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HAWKWIND 「Blood of the Earth」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの2010年作
1970年デビュー、活動40年を超えて現在も旺盛に活動を続ける大ベテラン。
本作はコンセプトストーリー的なSEから始まり、スペイシーなシンセアレンジに
グルーヴィなベースとハードなギターを重ねた厚みのあるサウンドで、
スケール感のあるサイケロックを展開する。アッパーなノリの一方では、
メロウなギターを奏でるシンフォニック寄りの叙情的な部分もあって、
往年の世界観を思わせる音の強度が味わえる。これぞホークスという快作です!
ドラマティック度・・7 スペイシー度・・8 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

HAWKWIND 「ONWARD」
イギリスのサイケロック、ホークウインドの2012年作
1970年デビューの大ベテラン、いくぶんハードでモダンにはなっているが、40年以上のキャリアをへても、
スペイシーな浮遊感を描く彼らのサウンドは健在だ。うねりのあるベースに、スペイシーできらびやかなシンセアレンジ、
適度にハードなギターを乗せた、躍動的なサイケロックが楽しめる。彼ららしいアッパーなノリの良さはもちろんだが、
随所にアコースティックを含む英国らしい牧歌的な叙情も覗かせ、バンドとしての成熟した自信とスケールの大きさを感じさせる。
コンセプト的なSEなども挿入しつつ、決して壮大にはなり過ぎず、エレクトロなナンバーなども含んだ、適度に脱力した聴き心地にもニヤリ。
ボーナスに過去曲のリメイクも含んだ全17曲、CD2枚組の大作。ベテラン健在ですな。
ドラマティック度・・7 スペイシー度・・8 壮大度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Henry Cow「Leg End」
イギリス、カンタベリー系を代表するバンド、ヘンリー・カウの1st。1973年作
ケンブリッジ大学の学生であったフレッド・フリス、ティム・ホジキンソンによって結成、
その後、ジョン・グリーブス、クリス・カトラーらが加わり本格的に活動を開始し、
アンサンブルを重視したフリーキーな演奏と、思想的な側面を併せ持った独自の音楽性を作り上げてゆく。
本作はジャズロック的なサックスが鳴り響く優雅な感触ながら、アヴァンギャルドかつフリーキーな展開を垣間見せ、
緻密なスコアをあえて壊すような作風がとてもスリリングだ。いうなれば、ジャズロックと現代音楽を合わせて、
鋭敏な知性と衝動的感覚を総動員したというような、年代を考えればえらく先鋭的な仕上がりの傑作だ。
プログレ度・・8 ジャズロック度・・8 アヴァンギャル度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Henry CowUnrest
イギリスのアヴァン・プログレバンド、ヘンリー・カウの2nd。1974年作
2作目となる本作ではサックス奏者のジェフ・リーに代わり、バスーン、オーボエ奏者のリンゼイ・クーパーが加入、
前作でのフリーキーなジャズロック風味に加え、より現代音楽的な複雑さを際立たせた、唯一無二の演奏を聴かせる。
優雅なクラシカルさと、毒気をはらんだ底のしれない不気味さは、チェンバーロック的な聴き心地を強めていて、
ART BEARSやSLAPP HAPPYなどと同様に、芸術性を備えた遊び心がたっぷりのおそるべき傑作である。
クラシカル度・・8 ジャズロック度・・7 アヴァンギャル度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Henry Cow 「In Praise of Learning」
ヘンリー・カウの3rd。邦題「傾向賛美」1975年作
スラップ・ハッピーとの合体をはたしたことで、ダグマー・クラウゼという個性的な女性ヴォーカルが加わり、
先鋭的なジャズロックに偏屈な歌のパワーが上乗せされ、ART BEARSにも通じる感触にもなった。
尖ったギターの音色に優美なピアノ、不穏なベースラインが重なり、浮遊感のあるダグマーの歌声が響いて、
とても個性的なサウンドを描いてゆく。チェンバーロックの緊張感とエキセントリックな優雅さが合わさった傑作。
クラシカル度・・7 ジャズロック度・・7 アヴァンギャル度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Henry Cow「Western Culture」
イギリスのチェンバーロック、ヘンリー・カウの1978年作
ジョン・グリーヴスは脱退し、フレッド・フリス、ティム・ホジキンソン、クリス・カトラー、リンゼイ・クーパーという
四人編成で作られたバンドの最終作。ジャケの雰囲気がこれまでとは異なるが、ヴァイオリンが鳴り響き、
硬質なドラムの上に、オルガン、バスーン、オーボエ、クラリネット、サックスなどが重なる、
緊張感に包まれたアンサンブルは、まさにチェンバーロックのお手本というべきサウンドである。
3作目までのような、ほとばしるようなアヴァンギャルド性というよりは、構築されたチェンバーロックであり、
とくに前半は、UNIVERS ZEROなどのファンにも楽しめるだろう。アルバム後半は、ジャズロック的な優雅さも含んでいて、
カンタベリー的な雰囲気も覗かせる。聴きやすさの点では一番の作品かもしれない。
スリリング度・・9 チェンバー度・・10 アヴァンギャル度・・8 総合・・8.5
Amazonで購入する

Henry Cow 「Late」
イギリスのチェンバーロック、ヘンリー・カウのライブ音源。
結成40周年を記念して発売された2009年のボックスセットから、未発ライブの単独CD化。
1978年のイタリアでのライブと、同年のイギリス「Rock in Opposition Festival」でのライブ音源を収録。
1978年作「WESTERN CULTURE」時期のライブで、フレッド・フリス、ティム・ホジキンソン、クリス・カトラー、
リンゼイ・クーパーの四人に加え、女性ベース&チェロのジョージィ・ボーンが参加した5人編成でのステージ。
サックスやバスーンが鳴り響き、ギターにヴァイオリンが絡む即興的なチェンバーロックを演奏。
メインは17分に及ぶその名も「RIO」という即興曲か。媚びの無い硬派でフリーキーな聴き心地は、
初心者にはややきついかもはれない。全体的にも全35分とやや短いが、バンドのファンであればぜひ。
ライブ演奏・・8 チェンバー度・・9 音質・・8 総合・・7.5
Amazonで購入する

High TideSea Shanties」
ブリティッシュロックバンド、ハイ・タイドの1969年作
ヘヴィなギターが鳴り響くブルーズロックに英国的な雰囲気をただよわせたサウンド。
のちにサード・イヤー・バンド、ホークウインドに加入するサイモン・ハウスのオルガン、
そして鳴り響くヴァイオリンが、うねりをあげる凶暴なギターとのコントラストになっている。
荒々しくも叙情的で、ブルージーなサイケロックというべき異色の傑作です。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

HIGH TIDE
ブリティッシュロックバンド、ハイタイドの1970年作
1作目はブルージーなサイケハードの傑作として名高いが、2作目となる本作は8分、9分、14分と
大曲志向に拍車がかかり、ブルージーなギターにオルガンとヴァイオリンが絡んで、
フリーキーにリフレインされるサイケな浮遊感と英国らしい牧歌的な感触を同居させた、
個性的なサウンドが楽しめる。14分の大曲では、リズムチェンジや歌が入ったりと、
いくぶんエキセントリックな展開でメリハリのあるアンサンブルでたたみかける。
後にHAWKWINDへ加入する、サイモン・ハウスのヴァイオリンも前作以上に暴れている。
リマスター再発盤では、1970年に録音された未発の15分の大曲(1st収録の拡大版)を含む4曲をボーナス収録。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

HOME「The Alchemist」
イギリスのプログレバンド、ホームの1973年作
後にWISHBONE ASHへ加入するローリー・ワイズフィールドが在籍していたことで知られる、
バンドの3作目にしてラスト作。サウンドは、ゆったりとした牧歌的な叙情で聴かせる
キャッチーなもので、MOODY BLUESあたりに通じるやわらかな雰囲気もありつつ、
ときおりハードロック的なギターも顔を覗かせる。いかにも70年代英国らしい音だ。
たおやかなピアノやオルガン、メロトロンも美しい。ブリティッシュロックファンは要チェック。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


I

IAN MACDONALD「DRIVERS EYES」
KING CRIMSONの初代キーボーディスト、イアン・マクドナルドのソロアルバム。1999作
KC脱退後はマクドナルド&ジャイルズフォーリナーなどの活動やプロデュースを手がけた彼だが、
キャリアの割には意外にもソロ作はこれが初めてとなる。ゲストにはジョン・ウェットンスティーブ・ハケットをはじめ
そうそうたる顔ぶれが名を連ねるが、自身がシンセに加え、ギター、サックス、フルート、ヴォーカルまでもこなすマルチプレイヤーだけに、
あくまで楽曲においては彼の色が全てであり、全編センスの良い音の重ねが心地よい。Keyやピアノによるシンフォニックなものから
軽快なロックナンバーまで、全てにおいて細密な音作りと大人の落ち着きと余裕が感じられる。
プログレというよりは、アダルトでゆるやかなメロディックロックという趣の好作品です。
メロディアス度・・8 プログレ度・・5 落ち着き度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


ILLUSION「Out of the Mist」
イギリスのクラシカルロックバンド、イリュージョンの1977年作。邦題は「醒めた炎」
元ヤードバーズのキース・レルフとジム・マッカーティを中心に、キースの妹ジェーン・レルフも加わって結成された
そのオリジナル・ルネッサンスは短命に終わり、その後キースはアルマゲドンへ加入、さらにはルネッサンスを復活させようとして、
ナウとして活動を始めるが、ギターの感電によって死去、残されたジムとジェーンはキースの意志を引き継いでイリュージョンを結成する。
美しいピアノとともに男女ヴォーカルの歌声でしっとりと聴かせるそのサウンドは、まさしく初期のオリジナル・ルネッサンス。、
湿りけのある叙情が耳に優しく、ややブルージーなギターの音色と哀愁を感じさせるメロディは、ほのかに翳りを含んだ質感で、
落ち着いた大人の雰囲気をかもしだしている。ストリングス入りのクラシカルなラスト曲も素晴らしい。次作「幻想の翼」も同様の傑作。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・7 しっとり繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ILLUSION
イギリスのクラシカルロックバンド、イリュージョンの1978年作。邦題は「幻想の翼」
まずこの美しいジャケに目を引かれるが、内容もじつに優美なブリティッシュロック。
前作同様に、艶やかなピアノの音色と男女ヴォーカルの歌声で、やわらかみのある
繊細なサウンドを聴かせつつ、本作ではクラシカルな雄大さも増している。
ときにメロウなフレーズを奏でるギターに、メロトロンなどのシンフォニックな味わいもあって、
第二期のルネッサンスにも決して負けないほどの叙情美が素晴らしい。
アコースティカルな牧歌性もほのかに残していて、たおやかな優美さが光る傑作だ。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 しっとり繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

ILLUSION 「Enchanted Caress」
イギリスのクラシカルロック、イリュージョンの未発音源。1989/2008年作
オリジナルRENAISSANCEとして2作を残し、その後ILLUSION名義で2作を残して消えたバンドの幻の3作目の発掘音源。
1979年に3rd用のデモ音源として録音されたもののお蔵入りとなり、その後1989年に発表されたものの再発盤である。
ジェーン・レルフとジム・マッカーシーを中心に、前2作に比べてよりキャッチーでソフトな味わいのサウンドになっている。
やわらかなエレピの音色に男女ヴォーカルの歌声を乗せた素朴な味わいは、かつてのオリジナル・ルネッサンスを思わせ、
とくにジェーンが単独で歌う曲はしっとりとした聴き心地でじつに美しい。全体的にキャッチーな感触でありながらも、
英国らしい香りと湿り気をしっかりと残した好作である。本音源を正式アルバムとして聴きたかったものだ。
メロディアス度・・8 英国度・・8 しっとり繊細度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Indian Summer
ブリティッシュロックバンド、インディアン・サマーの1971年作
キーフによるジャケが印象的であるが、サウンドの方はオルガンが鳴り響く
比較的オーソドックスなブリティッシュロック。いくぶんのハードな質感と
ブルージーなヴォーカルの歌声とともに、いかにも英国らしい叙情を聴かせてくれる。
ギターが前に出過ぎることなく、あくまで優雅なオルガンの音色が心地よく広がってゆく。
ときにメロトロンも響かせつつ、派手さはないが哀愁を感じさせる好作品である。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




Jade Warrior 「Floating World」
イギリスのアンビエント・サイケロック、ジェイド・ウォリアーの1974年作
1971年にデビュー、本作は4作目。日本的なジャケが印象的であるが、サウンドの方はうっすらとしたシンセに、
アコースティックギター、パーカッションの響きとやわらかな笛の音色に、ベースとドラムのアンサンブルが加わった、
民族調のアンビエントロックという趣。無国籍なワールドミュージック風の空気が、不思議な浮遊感となって包み込み、
エレキギターが叙情的な旋律を奏でると、ブリティッシュロックとしてアイデンティティもにじみ出す。
パーカッションや笛の音が鳴り響く怪しく東洋的な雰囲気と、ときにヘヴィなギターが加わったサイケロックが、
やや強引に合わさりつつ、そのアーティスティックなセンスとやわらかなスケール感にしだいに引き込まれる。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 民族ロック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

JERUSALEM
ブリティッシュロックバンド、エルサレムの1972年作
Deep Purpleのイアン・ギランによるプロデュースという話題性も含めて、
70年代英国ロックの裏傑作として知られる作品。サウンドはツインギターのリフと
ブルージーなフレーズを織り交ぜた、勢い溢れるシンプルなハードロックであるが、
ヴォーカの歌いまわしなどにはブギウギ調のおおらかなユルさもあったりする。
ドカドカとしたドラムなどはいかにもアマチュア臭く、DEEP PURPLEとは到底比べ物にならないのだが、
随所に聴かせるツインギターによる叙情的なフレーズなどには味わいがある。ジャケのイメージも含めて
少々過大評価されてはいる作品であるが、当時の英国70'sB級ハードロックの底力が感じられる。
ドラマティック度・・7 演奏度・・7 英国度・・8 総合・・7
Amazon.co.jpで詳細を見る

Jerusalem 「Escalator」
ブリティッシュロックバンド、エルサレムの2009年作
1972年に一作を残して消えたバンドの37年ぶりの復活作。オリジナルメンバーはヴォーカルのみだが、
サウンドは古き良きギターリフにオルガンが鳴り響く、いかにも70年代スタイルの英国ハードロック。
ブルージーなギターフレーズに、リンデン・ウィリアムズのヴォーカルはまさに当時を思わせ、
1972年作からのリメイク3曲を含みつつ、新たな曲も英国らしい湿り気のある叙情性を含んだ感触で、
かつてのアルバムの続編といった聴き心地だ。オールドスタイルの英国ハードロックが好きな方はぜひ。
シンセにジェフ・ダウンズ、ベースとドラムにSPOCK'S BEARDのデイヴ・メロスとニック・ディヴァージリオが参加。
ドラマティック度・・7 古き良き度・・9 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Jerusalem 「Cooler Than Antarctica」
ブリティッシュロックバンド、エルサレムの2016年作
2009年にじつに37年ぶりとなる復活作を発表して驚かせたが、本作は復活後の3作目となる。
今作でもジェフ・ダウンズ(ASIA)、ニック・ディヴァージリロ(SPOCKS BEARD)が参加していて、
古き良き感触のギターに、唯一のオリジナルメンバーであるリンデン・ウィリアムズの味わいのある歌声を乗せた
渋みのあるハードロックサウンドを聴かせる。70年代英国らしいオルガンの響きに、随所にウェットな叙情も含んだ
キャッチーなナンバーもあって、ゆったりと味わえる優しい耳心地である。オールドな空気感を再現しつつも、
随所にゲストによるヴァイオリンや女性コーラスを含む厚みのあるサウンドに適度なモダンさもあって、
バンドとしての新たな息吹をちゃんと感じさせる。そういう点でも意義ある復活といえるだろう。
メロディック度・・8 古き良き度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

JETHRO TULL「This Was」
ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの1st。1968作
英国を代表するバンドのひとつ、記念すべきデビューアルバムの2枚組コレクターズエディション。
ディスク1には初CD化であるモノ・ミックスに68年のBBC音源を9曲収録。
ディスク2はPeter Mewによるニュー・ステレオ・ミックスと同時期のシングルのモノ・ミックスを収録。
やはりモノラルよりはステレオ音源の方が耳心地がよい。後のアルバムに比べプログレ要素は薄いが、
イアン・アンダーソンのフルートが舞う、ブルージーで土の香りのするブリティッシュロックを味わえる。
ブルーズロック度・・8 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULLStand Up
ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの2nd。1969作
4th以降に比べて、本作はまだブルーズ色のあるブリティッシュロックというような趣で、
たとえば、URIAH HEEPの1stあたりに通じるようなハードな質感の中に、
イアン・アンダーソンのフルートがやわらかに鳴り響くというようなスタイル。
一方で、後のトラッド風味の萌芽を感じさせる牧歌的なナンバーもあり、
いかにも英国的な雰囲気が楽しめる、なかなか味わいのある好作だ。
牧歌度・・7 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULL
Benefit

ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの3rd。1970作
本作はのっけから美しいフルートの音色が鳴り響く、フォーキーな叙情性が前に出ている。
アコースティカルな牧歌性と、ブルーズロックの融合という点では前作よりもひとつ洗練されていて、
いわばキャッチーといってよい軽妙な感触は、プログレファンがより楽しめるようになった。
美しいピアノに絡むフルートなど、繊細な美しさが光る好作品である。
牧歌度・・9 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

JETHRO TULLAqualung
ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの4th。1971作
一般的に代表作との呼び声も高い傑作。ブルーズロック的な渋さを残しつつ
ハードさのあるブリティッシュロックとアコースティカルな牧歌性が融合され、
楽曲の構成力の点でもまたひとつ階段を上ったというべき作品である。
プログレとして聴くなら、次作の「Thick As A Brick」の方がより好みなのだが、
ジャケのイメージも含めて、最初のコンセプトアルバムとしての本作の歴史的価値は高い。
牧歌度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULL「Thick As A Brick」
ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの5th。1972作
邦題は「ジェラルドの汚れなき世界」。20分以上の大曲が2曲というコンセプトアルバム。
アコースティックギターとともに、イアン・アンダーソンのフルートの音色がしっとりと美しい。
案外ヘヴィなベースと時にハードなギターが合わさり、曲はドラマティックに進行してゆく。
ピアノやハモンドも効果的に使われていて、ヴォーカルメロディの叙情性を助長しつつ、
アコギとフルートによるフォーキーなパートでは牧歌的なやわらかみが耳に心地よい。
初期のアルバムよりもずっとプログレしていて、まさにバンドの代表作と呼ぶにふさわしい出来だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 フルート度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jpで詳細を見る

JETHRO TULL「A PASSION PLAY」
ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの6th。 1973作
傑作と名高い「THICK AS A BRICK」に続くコンセプト作で、全2曲という作品です。
ストーリーについては輸入盤ですので、よく分かりませんが、曲だけを聴いていても、
初期の頃よりはずっとプログレしている印象で、イアンのフルートはもちろん全体のアンサンブルも技巧的で、
構成もよく練られたものです。途中セリフが入ったりして、演劇的な要素が高く、難解な気もしますが、
私はハードロック色が強い「AQUALUNG」あたりよりもむしろ気に入りました。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 楽曲・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Jethro Tull 「Warchild」
ジェスロ・タルの7th。1974年作
アーティスティックでやや難解さのあった前作「パッション・プレイ」に比べて
楽曲はコンパクトで分かりやすくなった。ジェントルなヴォーカルで聴かせるキャッチーな感触に、
ピアノやサックス、クラシカルなストリングスなども入ったアレンジは十分プログレ的でもある。
哀愁を感じさせるアコーディオンや英国的な土着性を含んだ聴き心地で、
バンドの方向性を難解さよりも大衆的な作風へと舵をきったことが成功している。
フルートやアコースティックギターの叙情も美しい。聴きやすさとプログレのバランスのとれた好作品。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

JETHRO TULL「MINSTREL IN THE GALLERY」
ジェスロ・タルの8th。邦題「天井桟敷の吟遊詩人」1975作。
本作をひと言でいうと、ジャジーかつフォーキーなアルバムである。
アコースティックギターを効果的に使用し、タイトル通り中世の吟遊詩人のように
肩の力を抜いた曲調で、楽しげに演奏しているという印象が伝わってくる。
所々でストリングスなども使用して、雰囲気を盛り上げつつ、
この後の英国トラッド調への傾倒を予感させる部分もある。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 トラッ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULL「Too Old to Rock: Too Young Die」
ブリティッシュロックバンド、ジェスロ・タルの9th。1976作
次作「神秘の森」でトラッド色が全面開花する、その一歩前の作品というべきか。
「ロックンロールにゃ老(とし)だけど死ぬにはチョイと若すぎる」という邦題もイカすが、
前作「天井桟敷の吟遊詩人」からの流れの、肩の力の抜けた牧歌的な雰囲気で
アコースティックギターにフルート、サックスが絡み、バンドとしての円熟期を感じさせる音だ。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 トラッ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULL「SONGS FROM THE WOOD」
ジェスロ・タルの10th。邦題は「神秘の森」1977年作。
ここにきてついにトラッド色が全開。アコギのつまびきにフルートがぴーひゃら鳴り響く。
田舎くさいメロディを織りまぜつつ、演奏はかっちりとしていて非常に高品質のトラッドロックになっています。
リズムには躍動感もあり、効果的にシンセも活躍していて、非常に美しく心地よい音像。
トラッド・プログレ好きにはぜひ聴いて欲しい傑作アルバムです。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 トラッ度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULLHeavy Horses
ジェスロ・タルの11th。1978作
邦題は「逞しい馬」。サウンドは前作「神秘の森」の延長上のもので、
アコースティックなフォークテイストを前面に出した作品になっている。
艶やかなヴァイオリン、フルートの音色と、ロック的リズムが融合し、
愉快なノリの良さとハードエッジな部分とを同居させた聴きやすさがある。
古き良きイングランドの田園風景を感じさせるトラッドプログレは、このアルバムで極まったといえる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 フォーク/トラッ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULLStormwatch
ジェスロ・タルの12th。邦題「北海油田の謎」。1979作
今回はイアン・アンダーソン船長が北海油田を探しにゆくというストーリーもので、
当時すでに問題になりだしていた天然資源、環境問題などへの警鐘的な色合いもある。
サウンドの方は、これまでのトラッドロックとしての本質はそのままに、
よりドラマ性を感じさせるメリハリがあって、全体的にも濃密な作品となっている。
楽曲によって愉快なフルートの音色や、叙情的なオーケストラアレンジなども聴かせてくれ
バンドとしてのスケールの大さを示した、中期タルの集大成的なアルバムと言ってもよい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 フォーク/トラッ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Jethro TullA
ジェスロ・タルの13th。1980年作
エディ・ジョブソンが参加していることから、U.K.好きの日本のリスナーには受けがいい作品。
サウンドの方は80年代的なポップ感が前に出ていて、キャッチーなプログレハード的である。
そんななか、イアン・アンダーソンのヴォーカルとメロディには、ちゃんとタルらしさは感じられ、
随所にアコースティカルな素朴さも残っていて、前作までの土臭さをモダンさで包み込んだという感じが面白い。
フルートに絡むエディ・ジョブソンのきらびやかなシンセワークは本作の聴きどころで、
いわば、「U.K.化したタル」というような感触で楽しめる、完成度の高い好作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

JETHRO TULLThe Broadsword and the Beast
ジェスロ・タルの14th。1982作
前作からモダンなアプローチを取り入れ始め、今作では中期のトラッド要素と
シンセを含む現代的なサウンドとがさらにポップに融合されている。
メロディそのものは人懐こいので、ポップ化したとはいえ非常に聴きやすい。
初期から中期のファンには、あまり好ましくない作品かもしれないが、
むしろハードロック、ハードポップ系のリスナーには受け入れられる音かもしれない。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ポップ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Jethro Tull 「Thick As a Brick 2」
イギリスのベテランプログレバンド、ジェスロ・タルの2012年作
実質的には、イアン・アンダーソンのソロ名義であるが、内容はかつての名作、
「ジェラルドの汚れなき世界」の続編というべきもので、フルートの音色とともに
このバンドらしい牧歌的な味わいと、小曲を連ねたコンセプチュアルな聴き心地が楽しめる。
随所にプログレ的なオルガンも加わり、70年代の作品のようなアートロック的な美学と、
いまのバンドが忘れかけている、ブルージーで素朴な叙情が垣間見えて、なかなか楽しめる。
名作の続編ということは別にしても、枯れた味わいの大人のプログレ作品というべき好作だ。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 コンセプト度・・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

IAN ANDERSON「Homo Erraticus」
Jethro Tullのイアン・アンダーソンのソロ。2014年作
1972年の名作「ジェラルドの汚れなき世界」の3作目として作られた作品で
前作となる2012年の「TAAB2」も大人の味わいの好作であったが、本作ものっけからフルートが鳴り響き、
マイルドなイアンのヴォーカルとともに、いかにもタルらしい英国の牧歌的な叙情が広がってゆく。
John O'Haraによるオルガンを含んだキーボードアレンジや随所に聴かせるアコーディオンなども、
じつによい雰囲気を醸し出していて、往年のジェスロ・タルファンも大いに喜ばせるサウンドになっている。
プログレというよりはスリリングさはあまりない大人の味わいの牧歌ロックという感触ではあるが、
表現力ある歌声と確立した世界観の構築は見事で、まさにイアンこそタルそのものと再認識できる好作品だ。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 ジェスロタル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

John Lodge 「10,000 Light Years Ago」
The Moody Bluesのベーシストとして知られる、ジョン・ロッジのソロ。2015年作
ソロ作品としては1977年作「NATURAL AVENUE」以来、じつに38年ぶりとなる。
うっすらとしたシンセに、メロウなギターが鳴り響き、ジョン・ロッジの味わいのあるヴォーカルを乗せた、
大人のシンフォニックロックというような1曲目からして素晴らしい。元ムーディーズのレイ・トーマスのフルートに、
マイク・ピンダーの奏でるメロトロンも随所に入って、ブライアン・プライスのギターが叙情的な渋いフレーズを奏でる。
キャッチーな歌もの的ナンバーも、古き良き英国の味わいをかもしだしていて、ストリングスによるアレンジも美しい。
30分弱という短さが、少し物足りないが、ムーディーズのファンであれば、大いに楽しめる好作品だろう。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Jonesy 「No Alternative」
ブリティッシュロック、ジョーンズィーの1972年作
一般的には2ndの方が代表作とされているようだが、本作はトランペット奏者が加入前で
古き良き感触のブルージーなギターをメインにした1曲目は、KING CRIMSON的な感触でもある
ジャズロック風味のアンサンブルとハードロック的な荒削り感が合わさったような聴き心地。
8分前後の長曲がメインで、同じフレーズの繰り返しはやや単長なところもあるなど、
正直、B級の域は出ないのだが、メロトロン入りの叙情曲も含めて、いかにも70年代英国らしい雰囲気が味わえる。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Jonesy「Keeping Up...」
イギリスのプログレバンド、ジョーンズィーの2nd。1973作
ゆるやかに鳴り響くメロトロンをバックに、初期クリムゾンに通じる70年代的な叙情を聴かせる。
ギターはややガチャガチャとした印象だが、美しいピアノにかぶさる特徴的なトランペットの音色や、
随所に聴かせる艶やかなストリングスなどが、哀愁ただよう雰囲気をかもし出している
楽曲のインパクトや個性には欠けるものの、とても英国らしい叙情に溢れたアルバムだ。
メロディアス度・・7 メロトロン度・・8 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Julian's Treatment「A Time Before This」
ドミニカ共和国出身の小説家、ジュリアン・ジェイ・サバリンを中心にしたバンドで、
自身のSF小説を題材にしたコンセプト作。クラシカルなオルガンの優雅な響きに、
メロウなギターと女性ヴォーカルが重なり、妖しいサイケロック風味と英国的な情緒が混ざった
幻想的なサウンド。牧歌的なフルートの音色もいい。1970年作というから英国シンフォの先駆けだろう。
本作のあと、1973年にJulian Jay Savarin名義で2ndを発表。そちらも同傾向の好作である。
シンフォニック度・・7 オルガン度・・8 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Julian Jay Savarin「Waiters on the Dance」
ドミニカ共和国出身の小説家、ジュリアン・ジェイ・サバリン
自身のSF小説を題材にした音楽を作ろうと英国でJulian's Treatmentを結成、
1970年に「A Time Before This...」を発表し、その翌年にソロ名義で出したのが本作。
サウンドは鳴り響くオルガンとメロトロン、美しい女性ヴォーカルによる幻想的なブリティッシュロック。
いかにもロック的なギターとやわらかなハモンドの音色が好対照で、そこに歌を乗せる
Catapillaの女性ヴォーカルは、歌唱力というよりもその物憂げな雰囲気の声質がとてもよろしい。
実は大半の曲は「A Time Before This」のフランス盤に収録されていて、すでに聴いていたが、
こうして単体で聴いてみると、やはり今作の方が英国然としたファンタジックな音作りが素敵です。
シンフォニック度・・8 ハモン度・・8 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




KEITH EMERSON BAND 
イギリスのシンセ奏者、キース・エマーソンのソロ。2008年作
ギター、ベース、ヴォーカルをこなすマルチプレイヤー、マーク・ボニーラを迎えてのアルバムで、
オルガンを含んだシンセワークには、かつてのEL&Pを思わせるプログレ的なテイストが感じられる。
1、2分前後の小曲を連ねた組曲方式の作風には、往年のような緊張感と構築美を漂わせていて、
クラシカルなピアノタッチなどね含め、エマーソンファンには溜飲を下げるサウンドと言えるだろう。
マーク・ボニーラの歌声はジョン・ウェットン的で、いかにも英国プログレ的な雰囲気を醸し出している。
適度にモダンでキャッチーな要素も感じさせつつ、それに古き良きELP風味が融合したような好作品である。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 キーボー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


KHAN 「SPACE SHANTY」
ブリティッシュロックバンド、カーンの1972年作
のちにGongに参加するスティーヴ・ヒレッジのキャリアのスタートとなった作品で、
Eggの前身バンドからの盟友であるデイヴ・スチュワートが参加していることでも知られる。
のっけから9分の大曲で幕を開け、オルガンが鳴り響く牧歌的でスペイシーな雰囲気と、
変則リズムを多用したエキセントリックなセンスにサイケ気味のスケール感を合わせたようなサウンドが広がる。
メロハリのあるドラマティックな構成は現在聴いても面白く、カンタベリー系の軽妙な優雅さも垣間見せる。
全体的には方向性が定まり切れていない感じもあるが、その曖昧さが魅力ともいえる。オルガンプログレの隠れた好作。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 オルガン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


KING CRIMSON「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」
キング・クリムゾンの1969年作
「クリムゾン・キングの宮殿」として知られる、言わずと知れたロック史上に燦然と輝く名作。
ともかく、1曲目“21世紀の精神異常者”からして、そのインパクトたるやハンパではない。
サックスが不穏に鳴り響き、叫びのような歌声が狂気を振りまく、この始まりとジャケのインパクトがリンクして
1度聴いたらもう誰も忘れられない作品となる。続く“風に語りて”では、美しいフルートの音色とともに素朴な叙情を聴かせ、
名曲“エピタフ”の壮大かつ静謐な世界観にうっとりとなる。“ムーンチャイルド”でひと休みさせておいて、
ラストのタイトル曲のメロトロンの盛り上がりで圧倒される。楽曲ごとの不思議な魅力と、アルバムとしての構成も含め、
飽きることのない名盤に仕上がっている。60年代末に来た最初の衝撃。すべてはここから始まった!
*以下は2009年の40周年記念エディションのレビュー
いったい何度再発すれば気が済むのかという気分にもなるのだが、今回は40周年エディションのCD2枚組。
現在のところ2004年の発掘された新たなマスターによる盤が最高であることは変わらないが、
今回のDisc1には2009年のステレオミックス音源を収録、Porcupine Treeのスティーブ・ウィルソンによる
このニューミックスがなかなか面白い。音の迫力が増しているのはもちろん、これまで聴こえなかった
細部での楽器音が鳴っていたり、全体的にもダイナミックなメリハリが効いていて、新鮮な発見がそこかしこにある。
ボーナスには“Moonchild”のフルバージョンや“風に語りて”の別バージョンなど5曲を収録。
Disc2には現行の2004年のリマスター盤音源に加え、BBCセッションの音源とシングルのモノラル音源など5曲をボーナス収録。
5.1chミックスの入ったDVD付きの盤などもあるので、予算に合わせてどうぞ。
ドラマティック度・・9 プログレ度・・9 名盤度・・10 総合・・9 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「In the Wake of Poseidon」
キング クリムゾンの2nd。1970作
本作「ポセイドンのめざめ」はやはり基本的には1stの延長的に作られているという印象であるが
脱退したイアン・マクドナルドに代わって加入した、キース・ティペット(piano)、メル・コリンズ(sax)の色もあり
前作の雄大な雰囲気よりはジャジーなアプローチが増している。フルートやメロトロンなどの美しい叙情も含んで、
歌もの曲ではグレッグ・レイクの歌唱が時代的な懐かしさを感じさせ、4曲目のタイトル曲なども美しい。
11分超の組曲もなかなか圧巻であるが、全体的にはあの奇跡の1枚に手が届きそうで届いていない。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 ジャズロック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSONLizard: 40th Anniversary Series
キング・クリムゾンの1970年作/40周年記念エディション
正直、この「リザード」はクリムゾンの作品群の中でもどうも煮え切らないイメージだったのだが、
スティーブ・ウィルソンの手によるニューミックスとDVDの5.1chミックスが良いらしいので聴いてみる。
CDの方は、各楽器の音の分離が鮮明になり、ぼやけていた輪郭がはっきりした分、
ずいぶんとダイナミックなサウンドになった。静寂の中の美しいメロトロンや、ピアノの音色に
メル・コリンズのサックスが重なってゆくと、音の厚みもたっぷりで、とても重厚に聴こえる。
シンバル類を含めてドラムの音にも臨場感が増した。ジャズロック色の強い曲はさほど好みではないが
23分を超えるタイトル組曲は、管楽器類を取り込んだゆったりとした叙情美に聴き惚れる。
ドラマティック度・・8 プログレ度・8 DVD5.1は必聴・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「ISLANDS」
キング・クリムゾンの4th。1971作
本作「アイランズ」は、いわゆる「叙情クリムゾン」としての最後のアルバムで
ピート・シンフィールドが在籍していた、本作までが好きというファンも多いだろう。
不穏なチェロの音色に、美しいピアノとフルートがかぶさり、ほの暗い叙情とともに、
しっとりと聴かせる1曲めは素晴らしい。サックスの音色を含めジャジーなフリーキーさも混在していて
ユルさの中にある静かなる緊張というべきものが、じわじわと広がってゆく。
プログレ=テクニカルというリスナーは眠くなるかもしれないが、これも好アルバム。
ドラマティック度・・7 フリーなプログレ度・・8 静寂と叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「Earthbound」
キング・クリムゾンのライブアルバム。1972作
カセットレコーダーによる録音ということで、音質の悪さが物議をかもすライブ作品。
今回の30周年リマスターとなって、音の分離はだいぶ改善されているが、
それでも歪みやノイズまじりのサウンドは、言い換えれば臨場感たっぷり。
“21世紀の精神異常者”からして、まさにタガが外れた獣のように暴れまくっている。
とくに、イアン・オォーレスのドラムとメル・コリンズのサックスの荒々しい勢いは、
かえって音質の悪さが強力な迫力を生み出しているという気もする。
このパワフルな演奏の前には、正直、途中から音の悪さもさほど気にならなくなる。
ライブ演奏・・9 暴れ度・・9 音質・・5 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「LARKS' TONGUES IN ASPIC」
キング・クリムゾンの5th。1973年作/2013年エディション
ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード、デヴィッド・クロスというメンバーが集った、「太陽と戦慄」の邦題で知られる第二期クリムゾンの傑作。
40周年エディションのDisc1には、スティーヴン・ウィルソンとロバート・フリップによる2012年リミックス、Disc2には、オリジナルの2000年のリマスター音源を収録。
不穏なイントロから、緊張感のあるヴァイオリンとヘヴィなギターの音が入ってくると、その迫力にまず聴き手は圧倒されるだろう。
変拍子を力強く叩くブラッフォードのドラムは、重厚なバンドサウンドの核になっていて、変則的なギターリフをまとわせたアンサンブルは、
1973年という時代を考えればおそろしく革新的だ。今作ではキーボードパートは大幅に減っているが、
随所にメロトロンもうっすらと使われ、張りつめたヴァイオリンの音色がさえざえと響き渡る。
ジョン・ウェットンの歌声で聴かせる叙情的なパートもあって、決して難解すぎない作品だ。
クリアな音による迫力あるダイナミズムと繊細な部分の美しさを際立たせたリミックスである。
重厚度・・9 プログレ度・・9 演奏度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

KING CRIMSON「Starless and Bible Black」
キング・クリムゾンの6th。1974年作/邦題「暗黒の世界」
前作「太陽と戦慄」と同じメンバーで作られたアルバムで、今後ライブでよく演奏されるようになる1、2曲目がスタジオ録音
3曲目以降はほぼライブ録音、という変則的な構成となっている。おそらく、この時期はライブでのテンションの高さが
スタジオ制作の緻密さを上回っていたということなのだろう。“We'll Let You Know”では即興的な緊張感をはらみつつ、
一転して“The Night Watch”では美しいヴァイオリンとやわらかなウェットンのヴォーカルが素晴らしい。
後半の大曲“Starless and Bible Black”、“Fracture”のスリリングな演奏表現バンドのひとつの到達点だろう。
プログレ初心者の頃に聴くとただ散漫な印象であったのだが、張詰めたパワーがひしひしと伝わってくるという点で、
クリムゾン中級者以上を唸らせる作品と言えるかもしれない。初心者の方はまずは「宮殿」「レッド」「太陽と戦慄」をどうぞ。
重厚度・・8 プログレ度・・8 演奏度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

KING CRIMSON
「RED」
キング・クリムゾンの7th。1974作
黄金期クリムゾンの最後を飾る一枚。ギター、ベース、ドラムのシンプルだが
重厚かつヘヴィな曲で幕を開け、最後には初期を思わせる叙情曲で閉めるという構成が、
70年代クリムゾンの終焉をしみじみと感じさせる。「宮殿」から生まれ、「太陽と戦慄」で頂点を極め、
そして本作にてバンドはこの時期のプログレスを完了することになったわけである。
最終曲“STARLESS”のリフレインされるメロディが、実にもの悲しく、また美しい。
2013年のニューリミックス盤はより、ヘヴィでダイナミックな仕上がりになっている。
重厚度・・8 プログレ度・・8 楽曲・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jpで詳細を見る

KING CRIMSON「USA」
キング・クリムゾンのライブアルバム。1975作
もとは海賊盤対策として発表されたアルバムで、綿密にオーバーダビングされた音は、やや荒々しいのだがスタジオテイク以上に迫力がある。
やはりウィリアム(ビル)・ブラッフォードのドラムは素晴らしく、ハイハットの一音までが「立って」聴こえる。
“21st CENTURY SCIZOID MAN”、“STARLESS”等のバンドを代表する名曲も収録、70年代クリムゾンの正規ライブ作品として、まず手に入れるべき。
重厚度・・8 プログレ度・・9 演奏・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「Discipline」
キング・クリムゾンの8th。1981作
いわゆる「80年代クリムゾン」として活動を再開した1作目で、
エイドリアン・ブリューをギタリストに迎え、メカニカルな緻密さを押し出し始めた作風。
バンドしての機能を重視してか、メンバーの誰一人もでしゃばることなく、
整然とした演奏で、楽曲を構築している。よくよく聴けば複雑なリズムパターンに、
変拍子の取り入れかたなども高度なのだが、案外メロディアスな要素もあり、
ロック的なヴォーカルラインや聴き応えのあるギターの絡みなど、難解すぎるという印象はない。
実験的でありつつも、メカニカル化とプログレ、ロックサウンドをバランス良く両立させた作品。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「Beat」
キング・クリムゾンの9th。1982作
80年代クリムゾンの2作目で、タイトル通りリズムに重点をおいた作品。
楽曲はぐっとポップになり、一聴してプログレとはほど遠い音にも思えるが、
テクノ的な質感を取り入れて、クロスオーバーというべき聴き心地の中にも、
ポリリズムや複雑な音の重ねをスタイリッシュに構成している。その実験精神はやはりクリムゾン。
エイドリアン・ブリューのギターワークもロバート・フリップに負けじとそのセンスを発揮している。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ポップ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「Three of a Perfect Pair」
キング・クリムゾンの10th。1984作
「Discipline」、「Beat」から続く三部作にして、第三期クリムゾンのラスト作。
メカニカルな緻密さを押し出した「ディシプリン」、ポップ性とポリリズムを突き進めた「ビート」、
そして本作では、ヴォーカルの歌声とともに一聴してこれまでにないキャッチーな曲調が耳を引く。
クリムゾンがポップな歌ものを?…と、思いきや、よくよく聴けば、リズム面でのアプローチもあるし、
ブラッフォードのドラムとレヴィンのベースもさすがの存在感。エイドリアン・ブリューの歌もなかなかいい。
後半はうって変わって実験色が強くなり、前半との対比でより緊張感が際立って聞こえる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 楽曲センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「THRAK」
キング・クリムゾンの1995年作
1994年のミニアルバム「VROOOM」に続き、姿を現した第四期クリムゾンの全貌。
ロバート・フリップ、エイドリアン・ブリュー、トニー・レヴィン、ビル・ブラッフォードに加え、
トレイ・ガンとパット・マステロットを加えた6人編成で、リズム隊が4人もいるという
ダブル・トリオと呼ばれる面白い編成で作られた。硬質感を重視したサウンドは
いわゆる「メタルクリムゾン」などともと言われるが、中盤以降には、ゆったりと聴かせる叙情ナンバーもある。
随所にサウンドスケープ的なシンセやメロトロンの音色が散りばめられ、ヘヴィなダークさを緩和させながら、
2〜5分台のコンパクトな楽曲を連ねてゆく感じだ。エイドリアン・ブリューの歌も80年代作品で聴かれた
キャッチーな雰囲気とともに、立派に作品の世界観に貢献している。かつての名作「Red」や
「太陽と戦慄」あたりの感触を垣間見せつつ、90年代という時代に対応させたプログレ作品である。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 楽曲センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「EPITAPHVOLUMES ONE & TWO」
キングクリムゾン第一期(1969年)のオフィシャルブートレッグ。CD2枚組。1997年作
「KCのアルバムは色々聴いたが結局一番好きなのは宮殿なんだよなぁ」
…という私のようなファンにはうってつけ第一期のメンバーによる当時のライブ音源がよみがえった。
タイトルでもある名曲“EPITAPH”は3音源を収録し、どれもアレンジが違うという凝りよう。
グレッグ・レイクのVoにイアン・マクドナルドのフルート&メロトロン!すべてはここから始まった。
音質も年代を考えれば思いのほか良好で、臨場感溢れる演奏に涙。
叙情度・・9 プログレ度・・9 音質・・7 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「EPITAPHVOLUMES THREE & FOUR」
キングクリムゾン第一期(1969年)のオフィシャルブートレッグ第二弾。「続・エピタフ」
さて、第一期クリムゾンのファンにとっては垂涎のこのシリーズ。1969年のライブ音源満載。
音質的にはやや難があるが(とはいってもこのへん年代のブートにしてはかなり上質)、
当時のバンド勃発期の力強く熱いエネルギーは十分に伝わってくる。イアン・マクドナルドのフルート&メロトロンが美しい。
マイケル・ジャイルズ
のトラムも切れ味鋭く、そしてロバート・フリップのギターにグレッグ・レイクのヴォーカル。
歌詞と演出を担当するピート・シンフィールドという第五のメンバーがいたことも今となっては興味深い。
たった一年で分散したこの最高のメンバーが、一つになっていたこの瞬間に創造された壮絶な音の記録。
「21世紀の精神異常者」「エピタフ」「クリムゾンキングの宮殿」はライブごとにプログレスしてゆく。
そのアレンジの変遷、即興性、すべてを含めて「真のプログレ」を体現していたバンドであった。
叙情度・・8 プログレ度・・10 音質・・6 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSONThe Night Watch
「太陽と戦慄」クリムゾンの伝説のライブ、1973.11.23アムステルダムライブの完全版。CD2枚組。1998作
アルバム「STARLESS AND BIBLE BLACK」はこの時の音源が元になっているというのは有名な話。
メンバーは、ロバート・フリップ他、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード、デイビィッド・クロス
演奏的にはブラッフォードのドラムとウェットンのベース、そこに重なるロバート・フリップのギター
によるインプロバトルが聞きどころ。ゆるやかな即興パートでの余裕と圧倒的な突進力の演奏は
まさにバンドの黄金期を感じさせる。ヴァイオリン&メロトロンのデイビッド・クロスの演奏は
それほど目立たず、他の3人の邪魔をしないように無難に弾いているという印象。
この頃の音楽性を好むかどうかによって、同時期のアルバムへの人それぞれの評価も変わるのだと思う。
ライブ演奏・・9 プログレ度・・8 音質・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON 「Absent Lovers」
キングクリムゾンのライブ作品。1998年作
1984年、カナダのモントリオールで行なわれた第4期クリムゾンのラストライヴを収録した2枚組。
エイドリアン・ブリュー、ロバート・フリップ、トニー・レヴィン、ビル・ブラッフォードの4人編成で
「Discipline」「Beat」「Three of a Perfect Pair」という、80年代の3部作からの楽曲を中心に、
モダンなビート感覚の中に、計算されたポリリズムなどを盛り込んだ、アンサンブルの妙が
アルバム以上の躍動感で伝わってくる。“レッド”や“太陽と戦慄 パート2、3”なども演奏しているが、
それらの曲も、どことなくモダンなアレンジで、80年代の楽曲の中にあっても違和感のない仕上がりだ。
賛否両論のあった、いわゆる80年代クリムゾンであるが、3作を聴いたのちに本ライブを鑑賞すれば
当時のKCの表現しようとした、ポップ性と実験的リズムの融合のようなものが、より明確に楽しめる。
ライブ演奏・・9 プログレ度・・8 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

KING CRIMSON「the construKtion of light」
キング・クリムゾンの2000年作
前作「THRAK」のあと活動休止に入ったが、バンド30周年を記念して活動を再開、
ロバート・フリップ、エイドリアン・ブリュー、パット・マステロット、トレ・イガンの4人編成で
第六期クリムゾンは始動。サウンドは90年代の作品に比べ、よりモダンなアプローチがなされており、
ドラムとベースを中心にしたポリリズムの中に、浮遊感のあるギターが乗せられ、
一聴した感じはダークなものだが、どの楽曲も緻密きわまりないアプローチがなされている。
タイトル曲はもちろん、“太陽と戦慄パートW”や、パートXとなるほずだった、“フラクチャード”など、
聴き応えのあるナンバーが揃っている。全体像としては、まだ過渡期というようなバラつきも感じ取れるが、
新世紀を迎えようとするクリムゾンの新しい形が見え始めた作品なのは確か。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 楽曲センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「The Power To Believe」
キング・クリムゾンの2003年作
ロバート・フリップのかがげる“ヌゥオヴォ・メタル”というコンセプトによって作られた本作は、
「the construKtion of light」から続くメンバーによって、より熟成されたメタル・クリムゾンを聴かせる。
インダストリアルな無機質さを加えたリズムは、ずっしりとしてヘヴィで重く、
そこに乗るギターサウンドもいつになくハードで、楽曲に硬質な緊張感をもたらしている。
一方では、薄暗い叙情をともなったヴォーカルナンバーは、モダンな雰囲気で
先端をゆくロックバンドとして、常に時代の変化とともにあることを感じさせる。
奥行きのあるサウンドプロダクションも見事で、前作よりも統一感のある作品に仕上げている。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 時代のクリムゾン・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON「The Great Deceiver:Part One/Part Two
かつて4枚組ボックスで発売されていた第二期クリムゾンのライブ音源の再発盤。2007作
「太陽と戦慄」〜「レッド」期のクリムゾンが最も好きだというファンも多いだろうが、
本作でのライブ演奏の勢いを聴けば、さらにその思いを強くするかもしれない。
Part One、TwoともDisc1は1974年の音源で、録音もなかなか良好。
ブラッフォードのドラムのさすがの躍動感と、ジョン・ウェットンの歌声も絶好調、
そしてデビッド・クロスの弾くメロトロンも効いていて、ときに即興演奏をまじえながら、
熱情的な激しさとともに叙情性もしっかりとある、バランスのとれた演奏が見事。
Disc2で聴ける1973年の音源では、より張りつめた緊張感が炸裂していて、
同時期のライブ音源であるThe Night Watchと聴き比べてみるのも面白い。
ライブ演奏・・9 プログレ度・・8 音質・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る   Amazon.co.jp で詳細を見る

KING CRIMSON 「EleKtriK」
キング・クリムゾンのライブ作品。2008年作
2003年4月に行われた日本公演の音源を収録。サウンドスケープ的なイントロから、
“Lebel Five”の重厚な演奏が始まると、パット・マステロットのドラムに、エイドリアン・ブリュー、ロバート・フリップのギター、
トレイ・ガンのウォーギターも加わると、ときにトリプルギタースタイルともなる編成で、強力なアンサンブルを展開する。
「The Power To Believe」からの曲を中心にしつつ、「太陽と戦慄パート4」の迫力あるダイナミックな演奏も素晴らしい。
アルバム以上の躍動感でヘヴィなクリムゾンサウンドが楽しめるライブ音源です。
ライブ演奏・・9 重厚度・・9 叙情度・・6 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


JAKSZYK,FRIPP and COLLINS 「A Scarcity of Miracles」
ジャコ・ジャクジク、ロバート・フリップ、メルコリンズによるクリムゾン・プロジェクトユニットの2011年作
ジャケの雰囲気やトニー・レヴィンも含んだメンツからして、次なる新生クリムゾンの布石となるプロジェクトかと思いきや、
実質はギター&ヴォーカルのジャジクを中心にした歌もの寄りのやわらかなサウンドで、プログレ的な雰囲気というのは薄い。
フリップのギターは、ゆるやかに奏でられるサウンドスケープ風の奏法中心でスリリングなところはあまりないのだが、
メル・コリンズの方はサックスがソロをとる部分も多く、ときおりクリムゾン風味のメロディもあったりと楽曲のアクセントになっている。
存在感のあるレヴィンのベースや、ジャジクの渋い歌声も含めてじんわりと楽しめる、大人の味わいの落ち着いた聴き心地だ。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 クリムゾン?度・・7 総合・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


21st Century Schizoid Band 「Official Bootleg Vol 1」
マイケル・ジャイルズ、イアン・マクドナルド、メル・コリンズ、ピーター・ジャイルズ、ジャコ・ジャクジクというメンツによる
キング・クリムゾンのトリビュートバンド、21st・センチュリー・スキッツォイド・バンドのスタジオライブ音源。2002年作
全7曲中、1st「クリムゾン・キングの宮殿」から3曲、2nd「ポセイドンのめざめ」から1曲、4th「アイランズ」から2曲を収録。
マイケル・ジャイルズの手数の多いドラムに、落ち着いたピーター・ジャイルズのベース、鳴り響くメル・コリンズのサックス、
そしてイアン・マクドナルドはサックス、フルート、シンセと大活躍…まさに「あの頃のクリムゾン」が甦ったという聴き心地だ。
いくぶんこもり気味の音質も70年代の音源のようでよろしいですわ。ジャコ・ジャクジクのギターとヴォーカルもなかなか再現度が高い。
“In the Court of the Crimson King”はメロトロンが本物でないのが残念だが、やわらかなフルートの音色はまさにあのまま。
ラストは爽快にサックスが鳴り響く“21st Century Schizoid Man”で締めくくる。往年のクリムゾンファンはまず必聴ですな。
演奏度・・8 再現度・・8 あのころのクリムゾン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

21st Century Schizoid Band 「Live in Japan」
キング・クリムゾンのトリビュートバンド、21st・センチュリー・スキッツォイド・バンドのライブ音源。2003年作
マイケル・ジャイルズ、イアン・マクドナルド、メル・コリンズ、ピーター・ジャイルズ、ジャコ・ジャクジクというメンツによる
2002年の来日公演のステージを収録。叙情的なイントロに続き、ツインサックスが鳴り響く“A Man,A City”から、
いかにもファンが求めるクリムゾンらしさが炸裂。ジャコジクの歌声は、どことなくかつてのグレッグ・レイクを思わせ、
マイケル・ジャイルズのドラムは、とくにジャズ風味の強いナンバーは絶品で、軽やかなアンサンブルの核を担っている。
マイケル自身のソロからのナンバー“Progress”も披露。1stの定番曲、“クリムゾン・キングの宮殿”、“エピタフ”
さらには、マクドナルド&ジャイルズからのナンバー“BirdMan”なども聴きどころ。ラストはお約束の“21世紀の精神異常者”で、
往年のクリムゾンファンは大満足の内容だろう。日本盤にはDVDも付属していて、CDより2曲多い14曲のライブ映像が楽しめる。
ドラマティック度・・8 ライブ演奏・・8 往年のクリムゾン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

21st Century Schizoid Band 「Live in Italy」
キング・クリムゾンのトリビュートバンド、21st・センチュリー・スキッツォイド・バンドのライブ音源。2003年作
2003年イタリア公演を収録。うっすらとしたイントロから、ツインサックスが鳴り響く“A Man,A City”への流れは
日本公演と同様。ただドラムがマイケル・ジャイルズからイアン・ウォーレスに替わっているのが、個人的には残念。
演奏自体もどこかのんびりとしていて、ぼやけた音質も含めて、ブートレグ感のただよう雰囲気である。
イアン・マクドナルドのフルートが牧歌的に鳴り響く、“クリムゾン・キングの宮殿”に、サックスにエレピを含んだ
ジャズ風味の軽やかなインプロヴィセーションから“Sailors Tale”という優雅な感触も、このメンツならではだろう。
マクドナルド&ジャイルズからの優美なナンバー“BirdMan”、そしてラストは“エピタフ”で締めくくる。
ボーナストラックにはオリジナル新曲のスタジオ録音を収録。
音質度・・7 ライブ演奏・・7 あの頃のクリムゾン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

21st Century Schizoid Band 「Pictures of a City: Live in New York」
キング・クリムゾンのトリビュートバンド、21st・センチュリー・スキッツォイド・バンドのライブ音源。2006年作
2004年ニューヨークでの公演をCD2枚に収録。のっけからメル・コリンズとイアン・マクドナルドによるツインサックスが鳴り響く
緊張感ただよう演奏はこれぞクリムゾン。メロトロンの音色も含んだイアン・マクドナルドのシンセワークにフルートなども随所に美しく、
1stの名曲“The Court of the Crimson King”にはやはりぐっとくる。Disc2では“Epitaph”、“21st Century Schizoid Man”、
“Starless”といった往年の名曲が並び、まさに「あの頃のクリムゾン」のウェットな空気がよみがえる。
プログレ度・・8 ライブ演奏・・8 あの頃のクリムゾン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る






MABEL GREER'S TOYSHOP 「New Way of Life」
イギリスのメロディックロックバンド、マーベル・グリールズ・トイショップの2014年作
YES最初期のメンバーである、クライブ・ベイリー、ボブ・ハガーを中心に60年代に結成され、Yesの母体ともなったバンドで、
本作には元YESのトニー・ケイ、ビリー・シャーウッドが参加している。70年代的な古き良きアンサンブルで、
オルガンが鳴り響きキャッチーな歌メロを乗せたブリティッシュロック・サウンド。60年代的なおおらかな牧歌性と
ときにサイケロック的な浮遊感もにじませつつ、大人の味わいのメロディックな聴き心地で楽しめる。
プログレというにはやや物足りないのだが、Yesの1stに収録されたナンバーのリメイクなどはファンには嬉しいだろう。
全体的には、STRAWBSあたりに通じるポップな英国ロックが好きな方にお薦めの好作品です。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 古き良き英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


MAINHORSE
ブリティッシュロックバンド、メインホースの1971年作
のちにRefugeeYesへ加入するパトリック・モラーツが在籍したバンドで、本作が唯一の作品。
サウンドはELPばりにオルガンを鳴り響かせつつ、ブルージーなギターとバトルするような
勢いのあるハードロックであるが、やはりモラーツのクラシカルな鍵盤さばきがアクセントになっている。
10分を超える大曲も2曲あり、プログレ的にも楽しめる。やわらかなオルガンの響きが素敵な逸品です。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Mandalaband
イギリスのシンフォニックロックバンド、マンダラバンドの1st。1975年作
異色にして壮大なるスケール感。この大曲を演奏するためにバンドが結成されたという
その“曼陀羅組曲”は、4部構成に分かれた、まさに一大叙事詩ともいうべき濃密な完成度を誇る。
泣きのギターと壮麗なるシンセ、オーケストレーションが重なって、チベット語で歌われる歌唱と
混声コーラスなどが一体となった重厚なるシンフォニックロックを展開。また押しだけではなく、
クラシカルなピアノの響きなど、繊細な叙情美も兼ね揃えていて、感動的なまでに美麗なサウンドだ。
バンドは、1978年に2作目となる「The Eye of Wender」を発表、こちらもファンタジックな傑作である。
シンフォニック度・・9 壮大度・・9 美麗度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Mandalaband「The Eye of Wendor:Prophecies」
イギリスのシンフォニックロックバンド、マンダラバンドの2nd。1978年作
圧倒的な完成度を誇った1st「曼陀羅組曲」からメンバーが大幅に入れ替わった本作は
「魔石ウェンダーの伝説」というタイトル通り、「指輪物語」をテーマにしたファンタジックなコンセプトアルバム。
前作の濃密シンフォニック路線から一転、繊細かつメロディックな爽やかなサウンドで、
牧歌的なやわらかさと、オーケストレーションを含めた壮大な美しさが合わさった、
前作に勝るとも劣らぬ傑作だ。Woolly Wolstenholmeの美麗なシンセワークも素晴らしく、
流れるように曲が連なってゆく構成には、ついつい引き込まれてしまう。壮麗なるシンフォ傑作。
シンフォニック度・・8 ファンタジック度・・9 壮大度・・9 総合・・9
Amazon.co.jpで詳細を見る

Mandalaband「III (Bc-Ancestors)」
イギリスのプログレバンド、マンダラバンドの2009年作
70年代に「曼陀羅組曲」「魔石ウェンダー」という素晴らしい完成度の2作品を発表後
すっかり音沙汰のとぎれていたこのバンドが、なんと30年ぶりとなる復活作を発表。
Barclay James Harvest〜Maestosoのウーリー・ウォルステンホルムをはじめ、
かつてのメンバーに加え、元IONAのトロイ・ドノックリーやCARAVANのヴァイオリニストなども参加、
エジブトやギリシャ、ヒマラヤなどの古代文明、神話などをテーマにしたミステリアスな作品を作り上げた。
壮麗かつ濃密なかつてのシンフォニックサウンドとはやや異なり、パイプの音色なども含めてときにケルティックな質感や
神秘的な女性コーラスなども入った作風は、GANDALFMIKE OLDFIELDなどに通じる雄大な自然派プログレの感触もある。
もちろん、ASHLEY MULFORDの泣きのギターやウーリーのメロトロンなど、シンフォニックな要素も健在の力作である。
シンフォニック度・・7 プログレ度・・7 神秘的度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Mandalaband「Resurrection」
イギリスのシンフォニックロックバンド、マンダラバンドの1975/1978/2010年作
1975年の1st「曼陀羅組曲」と、1978年の2nd「The Eye of Wender」を新たにリミックス
2枚組として再発したもの。あの感動的なまでの名作がいかに甦ったのか、さっそく聴いてみる。
かつては曲が始まったとたんに圧倒的なダイナミズムがあふれだすような迫力だったのが、
今回のリミックスでは、ドラムやギターの音が丸くなり、ずいぶんと優雅な雰囲気になったという印象。
シンセによるオーケストレーションや雄大なコーラスワークなど、壮大な世界観はそのままに
よりマイルドな仕上がりだ。音の迫力ではオリジナルに劣るが耳心地の良さは本盤というところか。
もともとが優雅な作風だった「魔石ウェンダー」の方は、このマイルドなリミックスがよく合っている。
美麗な美しさとファンタジックな世界観にうっとりとなる。ともかく、これまで廃盤状態だったものが再発され、
はじめて耳にするリスナーにも、この伝説的なプロジェクトバンドの凄さを知ってもらえるのではないだろうか。
シンフォニック度・・9 ダイナミック度・・8 壮大度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Mandalaband「VI (AD - Sangreal)」
イギリスのシンフォニックロック、マンダラバンドの2011年作
考古学者でもあるシンセ奏者、デヴィッド・ロールを中心に復活した2作目で
古代文明をテーマにした前作と対になる作品。本作はキリストの聖杯伝説をテーマに
オーケストラルな優雅さと、物語的な歌詞のヴォーカルに美しいコーラスが重なる雄大なサウンドで、
随所に民族的な色合いも含んだ聴き心地は、ときにSAGRADOあたりに通じるところある。
前作から参加のトロン・ドノックリーのパイプやホイッスル、そしてオリジナルメンバーである、
アシュリー・マルフォードのメロウなギタープレイも随所に光っている。プログレとして聴くには
リズム面などはシンプルで、曲によってはポップなビート感もあるのだが、力作であるには違いない。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 雄大度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Marsupilami
ブリティッシュロックバンド、マルスピラミの1st。1970作
2nd「ARENA」はブリティッシュプログレの裏名盤とも言うべき傑作だが、その彼らの1stがこれ。
オルガン、フルート奏者を含む5人組で、ややダークめのブリティッシュロックをやっている。
鳴り響くオルガンに絡むギターとフルートがどこか妖しげな雰囲気をかもし出し、
どこかサイケロック的な底知れなさを感じさせるサウンドがなかなか通好みである。
古代ローマをテーマにした2ndほどの完成度と壮大さはないものの、おどろおどろしいオルガンの音色に、
シアトリカルなヴォーカルも含めて、英国のダークサイドというべき独特の世界観は充分に楽しめる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MARSUPILAMI「Arena」
ブリティッシュロックバンド、マルスピラミの2nd。1971年作
英国プログレの裏名盤ともいうべき完成度を誇る歴史的傑作。2007年リマスター盤に買い換え。
本作は古代ローマを舞台にした壮大なコンセプト作で、まだ粗削りだった1stに比べ
サウンドの輪郭がはっきりしてきており、楽曲におけるメリハリのつけ方もドラマティックになった。
ヴォーカルはときに物語を語るように静かで、かと思うと戦闘をする戦士のように激しくもなる。
たたみかけるドラムに、ハモンドオルガン、それにメロトロンやフルートを聴かせる叙情パートもあり、
息つかせる暇もなく楽曲は展開してゆく。ジャズロック的な軽やかさと、ハードな質感が同居し、
シンフォニックな要素がなくとも、不思議と音には広がりと壮大さを感じるのが凄い。
ある意味これも英国からしか出て来ない音。普通のプログレで飽き足らない方にお勧め。
ドラマティック度・・9 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8.5◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る


Matching Mole
イギリスのジャズロックバンド、マッチング・モウルの1st。1972作
SOFT MACHINEを脱退したロバート・ワイアットが、元CARAVANのデイヴ・シンクレア
フィル・ミラーらと結成したこのバンド。サウンドの方はしっとりとしたメロトロンが鳴り響く中
ワイアットの優しい歌声で聴かせる1曲目から、SOFT MACHINEとは異質の叙情性を感じる。
大半の曲をワイアットが作っていることから、当然ながらワイアットのソロ色が強い。
半身不随となって後の「Rock Botom」などにも通じる繊細な感性がここでも光っている。
もちろんテクニカルな要素もあるが、むしろユーモアと哀愁を漂わせた雰囲気が魅力。
メロディアス度・・8 ジャズロック度・・7 繊細叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


McCULLY WORKSHOP 「McCULLY WORKSHOP INC」
南アフリカのサイケポップロック、マコーリー・ワークショップの1969年作
バンド名通り、マコーリー兄弟を中心に南アフリカで活動したバンドで、本作はそのデビュー作。
鳴り響くオルガンにキャッチーなコーラスワーク、随所に叙情的なギターも入ったそのサウンドは、
いま聴いても十分質が高く、ビートルズやプロコル・ハルムといった英国のバンドの雰囲気に近い。
ポップでありつつも、やわらかなフルートの音色も顔を出したり、繊細な情緒と哀愁を感じさせるという点では
プログレリスナー向きの作風と言えるだろう。2〜4分というコンパクトな楽曲だが、メロディのフックとアレンジの巧みさで、
どれもが完成度高く仕上げられている。サイケポップ好きはもちろん、英国アートロック的にもオススメの傑作です。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 むしろ英国風度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

McCULLY WORKSHOP 「Genesis」
南アフリカのサイケロック、マコーリー・ワークショップの1971年作
「創世記」と題された本作は、ぐっとプログレ的なスケール感が加わった作風で、
キャッチーなコーラスワークはそのままにドラマティックな雰囲気が強まっている。
前作からギタリストが代わり、女性オルガン奏者が脱退しているが、その分トランペットや
フルートの活躍が増えていて、リズムチェンジなどを含むメリハリある構成とともに
7分、9分という大曲を描いてゆく。その演奏力とセンスは英国の一線級バンドにも引けを取らない。
オルガン鳴り響く英国風味では前作だが、プログレ的な聴き方では本作、ということになるだろう。
メロディック度・・8 プログレ度・・8 むしろ英国風度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

McCULLY WORKSHOP 「Ages」
南アフリカのサイケロック、マコーリー・ワークショップの2010年作
1969年の1作目、1971年の2作目続く3作目としてレコーディングされながら、長らく日の目を見なかった作品のCD化。
メロトロン、オルガンを含むシンセに、わりとハード寄りのギターとマイルドなヴォーカルを乗せたキャッチーな感触に、
サイケロックとしての浮遊感と美しいコーラスなども加わった独自のサウンド。叙情的なフレーズを奏でるギターのセンスや
ヴァイオリンが鳴り響くクラシカルなテイストを大胆に盛り込むなど、3分前後の小曲が主体ながら、聴きごたえがある。
英国的で牧歌的なナンバーなどは、Barclay James Harvestあたりにも通じる雰囲気でのんびりと味わえ、
カントリー風味のポップ調もありつつ、アーサー王伝説「王女グイネヴィア」のようなドラマティックなナンバーまで、
サイケというよりはむしろ英国叙情ロックという内容で楽しめる好作品である。CD化にあたってボーナス7曲を追加収録。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る

McDONALD AND GILES
KING CRIMSONのイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズによるアルバム。1971作
ロック史に燦然と輝く世紀の傑作「クリムゾンキングの宮殿」発表後、
バンドを脱退した二人が生み出したのは、「宮殿」とは似て非なるたおやかさと叙情に溢れた本作であった。
ここには静寂に彩られた緊張感の代わりに、自然体である喜びが優しく存在している。
マクドナルドのフルートやサックスの音色にも自由の息吹が感じられ、
ジャイルズ兄弟のリズム隊は堅苦しさとは無縁のロックの楽しさを表している。
美しきストリングス、ピアノ、ハモンドに彩られた“組曲ハ長調”、
繊細な小曲“アイビスの飛行”、20分を超える大曲“バードマン”、
どれもが英国の叙情と、音楽への愛情、温かみ、繊細なる息吹に満ちている。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 自然体度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


MIKE OLDFIELD「TUBULARBELLS」
マイク・オールドフィールド
の記念すべき1st。1973年作
初期のマイクの最高作といえば、「OMMADAWN」だと思うし、それは今でも変わらないが、
改めてこの作品を聴くと1973年という時代を考えれば、これはまぎれもなく彼の金字塔であり、
ロック史、プログレ史に名を残すものであると思える。それぞれ25分、23分の全2曲という構成は
LP時代を考えれば最大の長さであり、そこに自身の内的世界と、世界への共感とを音楽にして詰め込んだ楽曲は
ロック、プログレ、フォーク、クラシック、ジャズといったさまざまな要素を混在させてひとつの宇宙ともいうべき空間を作り出している。
楽曲としての完成度では「オマドーン」には及ばないが、マイク・オールドフィールドという一人のアーティストの瑞々しい感性の結晶として、
時代を超えて輝き続けるものが確かにここには存在している。のちにリミックスされる2009年盤と聴き比べるのもよし。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 内的世界度・・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Tubular Bells」
マイク・オールドフィールドの記念すべき1st。1973/2009年作
25分、23分の全2曲という構成の中にロック、フォーク、クラシック、ジャズといった要素を混在させ、
個人で完成させた内的宇宙ともいうべき歴史的な1枚が、2009年最新リミックス音源で甦った。
正直なところ、今までのリマスターでは、よくも悪くも年代性を感じさせる古めかしいサウンドであったのだが、
この新たなステレオリミックスでは原曲の素朴さを残しながら、よりクリアな音が楽曲の流れの中で輝いている。
これまでにもSACD盤や2003年の新録盤などがあったのだが、オリジナルバージョンのリミックスとしては
これが最高の内容と言っていいだろう。本作があったからこそ、現在のマイクの成功があったというべき名作だ。
1973年のオリジナルマスターCDと5.1サラウンド音源入りDVD付きの3枚組限定盤もあり
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 内的世界度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Hergest Ridge」
マイク・オールドフィールドの2nd。1974年作
以前所有していた旧日本盤を売って、この2000年リミックスのHDCD盤に買い換えてみたのだが…
なんということだ、大幅なリミックスが行われていて前に聴いたものとは別物に。
慌ててLP盤で聴き直してみたら、明らかに本CDよりも音数が多く、じつに感動的なサウンドである。
作品としての素晴らしさは、前作「チューブラーベルズ」以上で、牧歌的な叙情という点では
マイクの全作品中でも最高のアルバムなのだ。それだけにこの無粋なリミックスは残念…
もちろん、リミックス盤でも、その魅力のいったんである美しさは充分に堪能できる。
ただ、やはりこれを聴いてからでいいので、オリジナルLPの方をぜひとも聴いていただきたい。
ただ地味に手直しされた本CDに比べて、すべての音が遥かに生き生きとしている。
このリミックス盤はまるで生け捕りにして無理やり餌を与えられた小鳥のようだ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 牧歌的度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Hergest Ridge」
マイク・オールドフィールドの2nd。1974/2010年リミックス盤
以前に出ていた2000年のリミックス版は、LP版の良さを消してしまっていたのだが、
今回の最新リミックスでは、どうやらオリジナルバージョンが使用されていて、
以前のCDよりもはるかにひとつひとつの音が自然で生き生きとしている。
アコースティカル牧歌的な叙情性という点では前作「Tubular Bells」以上の作品で、
ギターやマンドリン、管楽器音などの重ね方、やさしいメロディの美しさなど、
どれもが繊細にして細密。次作「Ommadawn」とともに必聴の名作といえる作品だ。
なお1974年のオリジナルマスターと5.1サラウンド音源入りDVD付きの3枚組限定盤もあり
オリジナルリミックス度・・9 繊細度・・10 牧歌的叙情度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「OMMADAWN」
マイク・オールドフィールドの3rd。1975/2000年リミックス盤
MIKE OLDFIELDの作品の中でも傑作中の傑作。初期の4枚のアルバムはどれも素晴らしいのだが、
中でもとくにメロディの美しさと幻想的な牧歌性、民族音楽とロックの融合、大曲としての完成度、
そのすべての部分で奇跡的な結合を生み出しているのが本作である。
このアルバムのあと、精神的な疲労から次作「呪文」を発表するまで3年のブランクが
あったというのもうなずける。それだけの力を注ぎ完成された世界観がこの作品にはあったのだ。
サウンドの方は、ケルティックなメロディや、アフリカンなパーカッションなど、民族色が濃いもので
そこに幻想的なキーボード類と、繊細なギターを重ねて、ときにシンフォニックに聴かせる。
全体的に当時の彼の精神状態が窺い知れるような、靄のかかったようなほの暗く、湿った質感があり、
19分、17分というふたつの大曲の中で、何度も高揚と降下を繰り返しながら、音そのものとしての緊張感は
「チューブラー・ベルズ」に譲るが、幻想世界と現実、自然とが一体となった彼の世界観が織り込まれてゆく。
子供達の歌声が響きわたるラストの大団円は、マイク自身の世界との出会いを示しているかのようで、
何度聴いても感動的だ。商業音楽にとらわれない音楽を愛する人間なら必ず聴くべき名作である。
民族シンフォニック度・・9 ドラマティック度・・9 世界融合度・・10 総合・・9 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Ommadawn」
マイク・オールドフィールドの3rd。1975/2010年リミックス盤
とにかく、ここまで感動的な音楽というのは世界中探してもなかなかありはしない。
ただのロックでもトラッドでもない。ましてや流行りのポップソングでもありはしない。
商業音楽に敢然と背を向け、自らの繊細な内的感性を見つめて生み出した、孤高の傑作。
オリジナルのLP版やCDでのリミックス版、結局どう形を変えても素晴らしい名作であったのだが、
これはオリジナル音源をもとにした2010年の最新リミックス版。音はよりクリアに、鮮明になっているが、
素朴な美しさはそのままで、まさに名作が「究極の名作」となったといってもいいだろう。
前作よりもさらに民俗音楽を色濃く取り入れつつ、シンフォニックな音の重ねにも磨きがかかり、
牧歌的にして壮大…世界すべてを包み込むような大きさと、人間的な優しさにあふれている。
19分、17分という大曲2曲の構成の中に、当時のマイクの瑞々しい感性がすべて詰まっている。
アコースティック楽器に、ギターとシンセを巧みに融合させ、伝統的なトラッドを盛り込んだ楽曲は
希望に満ちた子供たちの歌声が加わってラストを迎える。泣かずにはいられない必聴作。
1975年のオリジナルマスター(ボーナスにデモ音源収録)と5.1ch音源入りDVD付きの3枚組限定盤もあり。
オリジナルリミックス度・・10 繊細にして壮大度・・10 牧歌的叙情度・・10 総合・・10
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELDIncantations
マイク・オールドフィールドの4th。1978/2000年リマスター盤
マイクのアルバムでどれか一枚をお勧めするとしたら、前作「OMMADAWN」
本作「呪文」とで迷った後に、この作品のリマスター&HDCD盤を差し出すだろう。
たおやかなフルートの音色に、美しいシンセ、メロウなギターワークが重なって
絶品の叙情を聴かせるサウンドは、リマスター効果で素晴らしい音質となっている。
LPでは2枚組みであった全4曲の大曲は、そのどれもが濃密にして清涼、
まるで爽やかな風のように、暖かで素朴なメロディが耳に優しく響いてくる。
メロディアス度・・9 プログレ度・・8 叙情度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELDIncantations: Deluxe Edition
マイク・オールドフィールドの1978年の名作「呪文」の2011年デラックスエディション
2CD+DVDの3枚組で、Disc1にはオリジナル音源の通常リマスター音源、
Disc2には楽曲そのものに手を加えられた新規リミックス音源を収録。
繊細な美しさという点ではもともとマイクの作品中でも随一だったのだが、
鮮明なリマスターによりさらにその叙情美が際立った。 美しいフルートがゆるやかに鳴り響き、
ケルティックなメロディをたっぷり取り入れたサウンドは、70年代のマイクの作品路線を
集約したような味わいで、アコースティカルな素朴さや神秘的な女性ヴォーカルの歌声も含み、
4曲の大曲はそれぞれにやわらかな輝きを放っている。Disc2の音源に関しては本編とは別物の
レアトラックスとして楽しむのがいいだろう。より素朴なサウンドで、先の「Ommadawn」のリミックスに比べると
インパクトはやや薄いか。DVDにはDisc2のマテリアルの5.1chと、1979年の「Exposed」のライブを収録。
叙情度・・9 プログレ度・・7 リマスター度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Exposed.」
マイク・オールドフィールドのライブアルバム。CD2枚組み。1979年作
DISC1では中期の傑作「INCANTATIONS」をすべて演奏、DISC2では「TUBULAR BELLS」を完全再現している。
初期作における特徴でもある伸びやかなギターに、オーケストラ、混声合唱団が加わり、
アルバム盤以上の説得力と雄大さをもって繰り広げられる楽曲は、壮大このうえない。
雄大な大地との融合を思わせるサウンドは、メロディアスかつシンフォニックでありながらどこか牧歌的で、
心をなごませてくれるものがある。最近の作品しか知らないリスナーにはぜひとも聴いて欲しい。
メロディアス度・・8 壮大度・・9 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Five Miles Out」
マイク・オールドフィールドの1982年作
2013年リマスター盤で再発。ともかく、1曲目の24分を超える大曲“TaurusU”の素晴らしさ。
モダンなビート感覚の中に、かつてのトラッドロックの叙情をしっかりと残していて、
ケルティックなフレーズを織り込みんだメロウなギターの旋律を響かせながら、
80年代的なポップ性と伝統的なプログレ性を融合させた絶妙なアレンジが光っている。
その後もマギー・ライリーの歌声も美しいポップな小曲や、13分の大曲などもあり、
なかなか聴きどころの多い好作である。リマスターにより音質もくっきりクリアになった。
2013年盤のボーナスには、シングルB面曲と“Five Miles Out”のデモを収録。どちらも美しい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 アレンジ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Mike Oldfield 「Tubular Bells II」
マイク・オールドフィールドの1992年作
1973年のデビュー作「チューブラー・ベルズ」シリーズの2作目として作られたアルバムであるが、
デジタルなシンセサウンドを使ったモダンなサウンドは、かつての作品とは別物と言ってよい。
土着的な香りを感じさせるギターのフレーズなどには、初期からの繊細な感性を受け継いでいて、
女性スキャットを取り入れた美しさは、アディエマスあたりにも通じるヒーリングな感触もある。
1作目に合ったアーティスティックなごった煮感は薄れた分、プログレとしての魅力は少ないが、
優美なシンフォニック性をまとったスタイリッシュな構築力で、ゆったりと楽しめる好作品だ。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 優美度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

MIKE OLDFIELD「The Songs of Distant Earth」
マイク・オールドフィールドの1994年作
アーサーCクラークの小説「遥かなる地球の歌」を題材にしたコンセプト作品で、
小曲の連なりによつて、ひとつの大きなシンフォニーを描き出すという構成である。
シンセによる美しさとデジタルなアレンジに女性コーラスなどが加わった雄大な作風で
ADIEMUSなどにも通じる聴き心地もありつつ、メロディラインにはかつてのマイクを思わせる
トラッド的な旋律も入ってくる。全体的にモダンにはなったが、初期のファンにも充分楽しめる好作品だ。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 雄大度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Mike Oldfield 「Voyager」
マイク・オールドフィールドの1996年作
バグパイプやフルート、そしてギターの旋律がゆったりとケルティックなメロディをつむいでゆく、
やわらかなハープの音色にシンフォニックなシンセアレンジも加わって、雄大な叙情を描き出す。
ケルティックな叙情性という点では、かつての傑作Incantationsにも通じる感触があるが、
こちらはもう少し落ち着いた大人の叙情性に包まれていて、素朴で優雅なケルト風味と
90年代的なモダンなアレンジとのほどよいバランスが絶妙である。艶やかなヴァイオリンに
ホイッスルの音色、アコースティックギターによる繊細なナンバーから、バグパイプが鳴り響き
女性ヴォーカルを乗せた壮麗なシンフォニック性もあり、悠久のスケール感に包まれた傑作だ。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 雄大度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Mike Oldfield 「Tubular Bells III」
マイク・オールドフィールドの1998年作
出世作となる「チューブラー・ベルズ」シリーズの3作目。デジタルなリズムとシンセを重ね、
ときに神秘的な女性スキャットを乗せた、打ち込み系のモダンなアンビエント作品という趣であるが、
随所に聴かせるメロウなギターのフレーズなどには、マイクらしい美意識と繊細なセンスとが感じられる。
一方ではややハードなギターを重ねたロック色の強いパートもあったりと、組曲としてのメリハリある構成もさすが。
Cara Dillonが参加した、瑞々しい女性ヴォーカルナンバーもよいですな。全体的にはややモダンにはなったが、
ケルティックな叙情性とスケール感をともなったサウンドは、ファンであれば十分楽しめるだろう。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Tubular Bells 2003」
マイク・オールドフィールドの2003年作。
1973作の記念すべき1stを30年後に新たに録音した作品。かつての素朴なアナログ感覚は薄れて、
デジタル処理された美しさがいわばヒーリング系ミュージックの感触になっているという点で、
オリジナルとは別物ととらえた方がプログレファンにはよいだろうと思う。
ギターの音もシンセも現在の音になり、重厚なサウンドで、かつての野暮ったさは消えた。
作品としての完成度は明らかに上がっているが、その反面、当時の青臭いような爽やかさ、
若きマイクの描く精一杯の表現の魅力という点では、やはりオリジナルの方をとりたい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 雄大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

MIKE OLDFIELD「Music of the Spheres」
マイク・オールドフィールドの2008年作
「天上の音楽」と題された本作は、近年のモダンなアプローチから一転、
カール・ジェンキンス指揮による壮麗なオーケストラで聴かせるアルバム。、
雅びやかなストリングスに、たおやかなピアノやアコースティックギターが加わり、
ADIEMUSに通じる大自然との融合を思わせる優しい質感に聞き惚れる。
オペラティックな女性ヴォーカルもじつに美しい、クラシカルなヒーリングサウンド。
シンフォニック度・・9 プログレ度・・6 雄大自然度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


THE MOODY BLUES「Days of Future Passed」
「サテンの夜」で有名な、ムーディ・ブルースの1st。1967作。
クリムゾンもデビュー前のこの当時、プログレなどという言葉はなかったであろうが、
現在でもプログレファンから愛聴されているのは、この新生ムーディーズとしての1作目以降だろう。
ロックバンドのオーケストラとの競演アルバムとしては、もっとも古いもののひとつで、
今聴いても、この作品でのオケの美しさは素晴らしいものがある。
反面バンドとしての持ち味はやや薄く、本来の彼らの魅力を知るには次作以降を聴くべきだろう。
オケをバックにした歌もの曲には、しっとりとしたたおやかな情感と
メロディアスな聴きやすさがあり、古めかしさを超えてこのアルバムの魅力となっている。
メロディアス度・・8 ロック度・・7 オーケストラ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUES「IN SEACH OF THE LOST CHORD」
イギリス、プログレッシブロックの創世記を支えたムーディ・ブルースの2nd。1968作
プログレというよりはやはり年代的にもブリティッシュロックとしてとらえる方がいいだろう。
適度な湿りけとキャッチーなメロディセンスをもった牧歌的な雰囲気の楽曲は
かすかな薄暗さを感じさせながら、ゆったりと聴き入ることができる。
バックのピアノ、メロトロンも美しい。初期の傑作といえるだろう。邦題は「失われたコードを求めて」
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUES「On the Threshold of a Dream
ムーディ・ブルースの3rd。1969作
前作「失われたコードを求めて」で、ブリティッシュロックとしての地位と
独自のプログレッシブな方向性を確立して、続く本作もその延長上のサウンド。
やわらかでキャッチーなコーラスワークやしっとりとしたフルートの音色、
ほのぼのとした牧歌的な味わいで、英国ロックのおだやかな叙情が楽しめる。
全体的にはやや地味な雰囲気ではあるが、後半の組曲は前作を思わせる壮大さがあり、
メロトロンの響きとともに、ゆるやかに聴かせる音作りはやはりとても耳心地がいい。
ボーナスにはバージョン違いやBBCラジオの音源などを9曲収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国的叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUES「To Our Childrens Children」
ムーディ・ブルースの4th。1969作
いったい何事かと思うような大仰なイントロで始まるが、
ムーディブルースのアルバムにはこうしたコンセプト的な作品が多く、
60年代のイギリスのバンドの中でもユニークな存在だったことだろう。
やはりゆったりとした曲での歌メロの美しさは彼らならではで、
しっとりとしたアコギの音色などは、英国的な優雅さも感じさせる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUESQuestion of Balance
ムーディ・ブルースの5th。1970作
傑作2作にはさまれて、地味な印象の本作であるが、内容は決して悪くない。
英国的な牧歌性にアコースティカルな叙情をまじえて、素朴な味わいが楽しめる。
コーラスワークのキャッチーな聴き心地に、哀愁を感じさせるゆるやかな作風の好作。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


THE MOODY BLUES「every good boy deserves favour」
ムーディ・ブルースの6th。1971作。「童夢」の邦題で知られるアルバム。
幻想的なジャケのおかげもあってか、日本でも人気が高い作品である。
実は昔聴いたときはあまりにも自分の想像していたプログレの音とは違っていたので
売ってしまったのだが、こうして改めてリマスター盤を聴いてみるとけっこういい作品ですな。
なにやら意味ありげなイントロから、曲が始まると軽やかなロック調…きっと昔はこれがダメだったのだな。
ブルージーなロック風ギターがやや無骨な感じもするが、歌メロはキャッチーだし、メロトロンは美しい。
ただ初期にあった薄暗さが消えてきているので、それが好きな方にはさほど傑作とも思えないかもしれない。
個人的にはメロディアスさに勝る次作「Seventh Sojourn」の方をお勧めする。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUES「SEVENTH SOJOURN」
ブリティッシュ・プログレバンド、ムーディー・プルースの7th。1972作
デビュー作が1967年というから、プログレとして語られるバンドの中では最古参のひとつ。
のっけからメロトロンをバックにしたコーラスハーモニーが美しく、胸にしみます。
プログレっぽさはさほどないですが、本格的にオーケストラを導入するなど、
雄大でしっとりとした雰囲気のメロディアスなアルバムです。
メロディアス・・8 シンフォニック度・・8 プログレ度・・6 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUES「Octave」
ムーディー・プルースの8th。1978作/2008年リマスター盤
前作から5年のブランクの後発表された本作は、一般的にはさして評価は高くないらしいが、
やわらかみのある音作りは往年からまったく変わっていないし、
メロディアスという点ではむしろ上回っている。オーケストラ入りで繰り出される
英国らしい優雅さと、しっとりと聴かせるメロディはやはり耳に心地よく、
とくにゆったりとしたバラード曲においては、広がりのある雄大な叙情美を聴かせてくれる。
この感触は、あるいはBarclay James Harvestあたりにも通じるものもある。
メロディアス度・・9 プログレ度・・7 叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE MOODY BLUES「Long Distance Voyager」
ムーディー・プルースの9th。1981作/2008年リマスター盤
前作の流れから、さらに80年代らしいキャッチーなポップ感を増した作品。
ただし、モダンにはなってもプログレ的なシンセワークはしっかりと残しつつ、
ストリングスの美しさとともに、やわらかな叙情が合わさったサウンドは非常に高品質だ。
プログレハード的な軽快さの中にも、哀愁を漂わせるメロディを盛り込むのはさすが。
適度なポップさとメロディアスな聴きやすさでバランスのとれた好作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


MORGAN「Nova Solis」
THE LOVE AFFAIRのシンセ奏者、モーガン・フィッシャー率いるバンドの1st。1972作
きらびやかなシンセ、ピアノなどを軸にしたクラシカルなサウンドで、
英国というよりも、どことなくイタリアンロック的な濃密でバロック的なものを感じさせる。
QUEENの前身バンド、SMILEに在籍していたティム・スタッフェルの歌声は、
フレディ・マーキュリーを思わせるような、やや独特の押しの強さがある。
ラストは20分の大曲で、ホルストの「惑星」のテーマとともにクラシカルに聴かせる。
シンセの音がやや古めかしいものの、時代的に考えればなかなかの好作だ。
シンフォニック度・・7 クラシカル度・・8 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る




NARNIA「Aslan Is Not A Tame Lion」
イギリスのフォークロックバンド、ナルニアの1974年作
近年映画にもなった「ナルニア国物語」をコンセプトにした作品で、
女性ヴォーカルの歌声で聴かせる、キャッチーなフォークロックサウンド。
うっすらとメロトロンも響き、ファンタジックな雰囲気も漂わせつつ
オランダのEarth and Fireあたりに通じるやわらかな聴き心地だ。
自主制作盤ということで手に入りにくいが、英国の隠れた逸品として愛聴したい作品。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


NATIONAL HEALTH
イギリスのジャズロックバンド、ナショナル・ヘルスの1978作
Hatfield and the Northのデイブ・スチュワートとフィル・ミラー、GILGAMESHのアラン・ガウエンを
中心に結成された、まさにカンタベリーシーンのスーパーグループともいうべきバンド。
軽快なリズムの上を、デイヴのオルガン、ガウエンのシンセが鳴り響き、テクニカルなインストを聴かせつつ
途中にはしっとりと美しいピアノに女性ヴォーカルも入ってきたりと、展開力も見せつける。
クラシックの要素もあったEGGをさらに優雅に繊細にしたという雰囲気もあり、
ジャズロックとしての名作という以上にメロディアスな美しさがあるのが素晴らしい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ジャズロック度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

National Health「Of Queues And Cures」
イギリスのジャズロックバンド、ナショナル・ヘルスの2nd。1979作
Hatfield and the Northのデイブ・スチュワートとフィル・ミラーを中心に結成された、
カンタベリーシーンのスーパーグループ。その2作目にしてラスト作である。
ジャズロック的な軽やかなリズムの上に、クラシカルな素養を感じさせるデイブのオルガン、
シンセワークが鳴り響き、そこにセンスあるギターフレーズが重なって、じつに優雅で
メロディアスなサウンドを構築してゆく。1作目に比べていっそう肩の力が抜けたような
自然体のアンサンブルが、むしろテクニカルなフュージョン的な味わいで楽しめる。
個人的には女性声入りの1stが好きなのだが、完成度ではこちらも勝るとも劣らない。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ジャズロック度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

National HealthMissing Pieces」
イギリスのジャズロックバンド、ナショナル・ヘルスの未発音源集。1996年作
1st発表前、1975〜76年の音源であるが、バンドとしての方向性はすでに固まっていて、
未発というには惜しいほどのクオリティの高い演奏が楽しめる。デイブ・スチュワートとアラン・ゴウエンの
巧みなシンセワークとフィル・ミラーのギターが絡み、ジャズロックでありながらファンタジックな世界観を感じさせる、
このバンド特有の聴き心地はすでにある。正規音源ではないので、やはり音質的な部分でのもの足りなさはあるものの、
2枚の傑作アルバムを聴いたあとで、オマケ的に鑑賞するとよいかもしれない。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ジャズロック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


NECROMANDUS 「Orexis of Death & Live」
ブリティッシュロックバンド、ネクロマンドゥスの2010年作
トニー・アイオミのプロデュースで1972年に録音するも、バンド解散によりお蔵入りになった音源が1996年にCD化、
本作はジャケを変えての2010年の再発盤で、ボーナスとして1973年のライブ音源を8曲収録している。
どことなくオジーを思わせるヴォーカルに、ブルージーな質感も含んだギターを乗せたサウンドは、
いくぶんサバス的な感触もあるが、むしろもっと牧歌的な叙情が感じられて、ジャケやバンド名ほどにはダークな雰囲気はない。
楽曲は尻切れで終わってしまうデモ的な感じのものもあるのが残念だが、70年代英国ハードロックの息吹が感じられる一枚だ。
ライブ音源も年代を考えれば音質はまずまずで、アルバム収録のほぼ全曲に加え未発曲も演奏している。
ドラマティック度・・7 サバス度・・7 70'sブリティッシュ度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

NECROMANDUS
ブリティッシュロックバンド、ネクロマンドゥスの2017年作
1972年にレコーディングした唯一の音源を残して消えた、伝説の英国ハードロックバンド、
本作はなんと、35年ぶりとなる正規作品である。サウンドは、往年のBLACK SABBATHに通じる
翳りを含んだヴィンテージなハードロックで、新作と知らなければ当時の発掘音源と勘違いしそう。
うっすらとオルガンが鳴り、古き良き感触のギターと、ジェントルなヴォーカルで聴かせる
なつかしさたっぷりの味わいににんまりである。ブルージーな渋さと英国らしい叙情性も覗かせつつ、
わりとキャッチーーなナンバーなどもあって、案外幅広い曲調が楽しめる。価値ある復活作だ。
ドラマティック度・・7 古き良き度・・9 英国ハー度・・9 総合・・8 
Amazonで購入する


NEKTARJourney to the Centre of the Eye
イギリス出身、ドイツで活躍したプログレバンド、ネクターの1st。1971年作
NEKTARといえば、6作目の「Recycled」はシンフォニックの傑作として名高いが、
本作はまだ古めかしいサイケ風味のブリティッシュロックというサウンドで、ハモンドやメロトロンの叙情と、
サイケロックがかったギターが合わさり、程よく荒削りの魅力が英国らしい牧歌的な空気感と融合。
コンセプト的につながってゆく楽曲構成で、ドラマティックなスケール感とともに最後までじっくりと聴け、
とくにSACD盤では、アナログシンセの音などは、高音質による臨場感が味わえる。
ポップ化した後期の作品に比べ、サウンドに英国めいた翳りがあるのもよいですね。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 レトロな叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR「Tab in the Ocean」
イギリス出身のプログレバンド、ネクターの2nd。1972年作
サイケロックぎみだった1stから、大きく変化したサウンドになっていて、1曲めのタイトル曲からして
ハードロック的方法論で構築された16分の大作。ギターとオルガンを中心に、山あり谷ありの展開でドラマティックに聴かせる。
後にIRON MAIDENがカヴァーする名曲“King of Twilight”を含め、アルバムとしての完成度はかなり高く、
本作は初期の最高傑作といえるだろう。リマスター盤には1976年のニューミックスバージョンを全曲追加収録。
ドラムの音がパワフルになり、シンセやギターもややモダンな感じになっています。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR 「Sounds Like This」
イギリス出身のプログレバンド、ネクターの3rd。1973年作
前作や次作に比べると地味なイメージの本作だが、サウンドの方は前作からの流れのドラマティックなハード路線で
ブルージーな感触も含んだ奔放なギターとオルガンなどのやわらかな鍵盤とマイルドなヴォーカルで描かれる、適度なユルさが心地よい。
キャッチーなメロディを効果的に聴かせる楽曲におけるメリハリの付け方はドラマティックで、HRリスナーにも楽しめるだろう。
ヴギウギ調の曲なども入りつつ、10分を超える大曲も数曲あったりと、全体的にはいくぶん散漫な長尺感もあるが、
自由に作られた大作というべきだろう。リマスター盤は2枚組仕様で、Disc2にはラジオバージョンと1971年のライブ音源を収録。
メロディアス度・・8 ドラマティック度・・8 奔放度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

NEKTAR「Remember the Future
イギリス出身のプログレバンド、ネクターの4th。1973年作
Part1、2に分けられた大曲で構成されたトータルアルバムで、初期の代表作とされている。
1stの頃のサイケ寄りのサウンドに比べると音がだいぶやわらかくなり、キャッチーなヴォーカルメロディとともに、
ゆったりと聴かせるマイルドな作風で、たとえばドイツのELOYをよりシンフォ寄りにしたというような、
ソフトなユートピア志向を感じさせる世界観。後の英国プログレハードにつながるような、
適度にポップ、適度にドラマティックな雰囲気でバンラスのよい仕上がりだ。曲は長いが難解さはないので、
あまり身構えずに、この牧歌的なゆるやかさを楽しみつつのんびり鑑賞するが正しいのだろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 のんびり度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTARDown to Earth」
イギリス出身のプログレバンド、ネクターの5th。1974年作
傑作「Recycled」の前作にあたり、それまでドイツを拠点としていたバンドが
アメリカ進出を狙ったアルバムということで、のっけからこれまでになくポップな印象。
キャッチーな歌メロなどはいかにも脱プログレしているようだが、じっくり聴けば
彼ら特有の屈折感というか、どこかポップになりきれないマイナーな香りが漂っている。
ジャケのようにサーカスをテーマにしているということもあって、哀愁を感じさせる叙情とともに
メロディアスなプログレ風ロックとして聴けば、それなりに楽しめる。リマスター盤には別ミックス音源など7曲を追加収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 キャッチー度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR「Recycled」
イギリス出身のプログレバンド、ネクターの6th。1975年作
欧米においては前々作「Remember the Future」の人気が高いらしいが、
とくにシンフォニックロックの点では、本作の出来がずば抜けて素晴らしい。
11パートに分かれた組曲方式の大作で、シンフォニックなシンセとギターが
絶品のバランスで組合わさり、ヴォーカルがまたドラマティックに歌を乗せる。
テーマや曲をつなげるプログレ的なアイディアも多く、たくさんのパートがやがて
スケールの大きな流れを生み出してゆく様は圧巻だ。適度な緊張感とともに、
濃密に聴かせる理想的なハードシンフォニックサウンドが繰り広げられる。
リマスター盤にはジェフ・エメリックによる別ミックス音源を全曲収録。
メロディアス度・・8 ドラマティック度・・9 壮大度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR「SUNDAY NIGHT AT THE LONDON ROUNDHOUSE」
ネクターのライブアルバム。1974作。CD2枚組。
2002年に復活ライブを果たし往年のファンを喜ばせたが、これはその彼らの全盛期のライブ音源。
おそらく3rd「REMEMBER THE FUTURE」発表後のステージで、
IRON MAIDENもカヴァーした初期の名曲“KING OF TWILIGHT”で幕を開ける。
年代を考えれば音質も良好で、2nd収録のメロディアスな佳曲“DESOLATION VALLEY”や、
CD2には、大曲“REMEMBER THE FUTURE”PART ONE、PART TWOを収録。
やや長尺感はあるものの、アルバム以上に躍動感に溢れた演奏が楽しめる。
メロディアス度・・8 ライブ演奏・・8 音質・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR「Live in New York」
ネクターのライブアルバム。1977作
1974年アメリカ、ニューヨークでのライブを収録した2枚組。
4th「Remember the Future」の成功を受けてのアメリカ進出ということらしいが、
演奏そのものもバンドの全盛期らしく、スタジオ盤以上にノリがよく、
ロックとしての勢いが感じられる。こういう生音のライブこそSACDだと
臨場感が増してよいのである。とくにDisc2での“Desolation Vally”や
“Cryng the Dark”〜“King of Twilight”あたりの流れはドラマティックだ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR「GREATEST HITS LIVE」
70〜80年代ドイツ〜アメリカにかけて活動していたイギリス出身のバンド、ネクターのライブ作。
2002年アメリカ、Nearfestでの復活のライブステージを収録したCD2枚組。同タイトルのDVDもあり。
初期のアルバムから多く選曲されたこの復活ライブ作は、往年のファンにとってもまさに感動もの。
初期の彼らは、いうなればGENESIS的なメロディックな楽曲に、ハードロック的な感性をまぶし
聴きやすくブレンドしたという音楽性で、おそらく現在のHR好きにもアピールすることをやっていた。
IRON MAIDENがカヴァーした“KING OF TWILIGHT”を含め、名曲多数。
大作の「RECYCLED」はやはり見事で、構築されたシンフォニックかつハードロック的な楽曲は
70年代当時の作曲と考えれば素晴らしいクオリティ。ちなみに彼らのデビューは1971年。
キャリアではGENESISあたりと充分タメが張れるのだが、案外に知名度が低いのが惜しい。
シンフォニック&プログレハードの隠れたる名バンド。時を超えて2002年に復活音源が聴けるとは!
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・8 HR好きにもお薦め度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAREvolution」
イギリス出身のプログレバンド、ネクターの2004年作
主要メンバーの脱退などもあり80〜90年代は活動休止していたこのバンドが、
2001年になって突如新作を出してファンを驚かせたが、本作はその復活2作目となる。
サウンドの方は、さすがに枯れた味わいのメロディックなロックという雰囲気ながら、
随所にかつてのプログレ的な雰囲気を甦らせている。誤解を恐れずにいえば、
アメリカ的なキャッチーさとヨーロピアンな質感の合わさった世界観は、
KANSASあたりと同様の聴き心地で、まさにベテランならではの好作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 大人の味わい度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

NEKTAR 「Spoonful of Time」
イギリスのプログレバンド、ネクターの2012年作
70年代から活動するベテランバンドによるカヴァーアルバムで、Alan Parsons Project、
RUSH、PINK FLOYD、ROXY MUSIC、10CC、TOTO…といったバンドの曲をカヴァー。
ゲスト参加として、スティーヴ・ハウ、リック・ウェイクマン、ジェフ・ダウンズ、パトリック・モラーツ、
マーク・ケリー、エドガー・フローゼ、デレクシェリニアン、メル・コリンズ、ビリー・シーン、
ロッド・アージェント、イアン・ペイス、デヴィッド・クロスといった豪華な顔ぶれが参加している。
MARILLIONのマーク・ケリーがシンセを弾く、RUSHの“Spirit of Radio”をはじめ、
PINK FLOYD“Wish You Were Here”ではエドガー・フローゼ(TANGERINE DREAM)のシンセワークが
なかなかハマっているし、TOTOの名曲“Africa”では、パトリック・モラーツのシンセが聴ける。
元曲の雰囲気を大事にしながら、どれも味わいのある大人のカヴァーが楽しめる作品です。
プログレ度・・7 楽曲度・・8 カヴァー度・・8 総合・・7.5

NEKTAR 「Time Machine」
イギリスのプログレバンド、ネクターの2013年作
70年代から活躍するベテランで、2001年に復活してから4作目となる。
ジャケのイメージも壮大さを感じさせるが、のっけから映画的なSEから始まる大曲で、
美しいシンセにメロディックなギターで聴かせる、かつてのプログレスタイルが戻ってきた。
その後は、キャッチーなヴォーカルメロディと、枯れた味わいの大人の情感を含んだ
ゆったりとしたメロディックロックという趣の曲が中心ながら、9分、10分という大曲では
ベテランらしい構築性を覗かせる。大人のプログレハードとして楽しめる好作品だ。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 オヤジ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


News From Babel「Sirens and Silences・Work Resumed on the Tower
ニューズ・フロム・バベルの1984年作
ART BEARS解体後、ダグマー・クラウゼ、クリス・カトラーに、元Henry Cowのリンゼイ・クーパー、
ゼナ・パーキンスによって結成。チェンバーロック的なピアノやバスーンが鳴り響き、
ダグマーのエキセントリックな歌声とともに、先の読めない緊張感とアヴァンギャルドな展開を描き出す。
アート・ベアーズに比べると80年代的なスタイリッシュな軽妙さが強まっている分、
ミステリアスではあってもどろどろとした混沌ではなく、どこかドライな聴き心地だ。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・8 アヴァンギャル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

News From Babel「Letters Home」
ニューズ・フロム・バベルの1986年作
ダグマー・クラウゼが離脱し、ゲストヴォーカルとして、ロバート・ワイアットなどが参加している。
前作のアヴァンギャルド性はいくぶん薄まり、サックスやバスーン、ハープ、アコーティオンなどが、
内省的でやわらかなチェンバーロックのアンサンブルを描いてゆく。マイルドなヴォーカルは聴き心地よく、
張りつめた緊張感がない分、肩の力を抜いて鑑賞できる作品になっている。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 アヴァンギャル度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


The Nice
イギリスのクラシカルロックバンド、ナイスの3rd。1969年作
ご存じの通り、後にELPを結成するキース・エマーソンが在籍していたバンド。
当初は女性シンガーのバックバンドとして結成され、ギター入りの4人編成であったが、
キーボードトリオとなった本作では、「ELP前夜」というべき演奏を聴かせてくれる好作。
若きエマーソンのクラシカルなピアノ、そしてオルガンプレイはさすがであるが、
やや粗雑なヴォーカルや、ジャズ、クラシック風味の混ざったごった煮感が
楽曲としてまだ焦点のしぼりきれていないような感じもする。
逆に言うと、このバンドでの下地が後のELPに活かされたということだろう。
クラシカル度・・7 プログレ度・・7 キーボー度・・8 総合・・7
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE NICE「Five Bridges」
イギリスのクラシカルロックバンド、ナイスの4th。1970年作
ご存じの通り、後にELPを結成するキース・エマーソンが在籍していたバンド。
本作はバンドのラスト作であり、1969年のFairfield Halls公演を収録したライブ作。
オーケストラとの競演によるステージで、タイトル組曲をはじめ、クラシカルな優雅さに
バンドサウンドが加わったサウンドで、エマーソンの巧みなオルガンプレイはすでにELP的だ。
クラシックとジャズ、ロックの融合をなしとげ、鍵盤に焦点をあてたこのバンドの意義は
ELPへと受け継がれてゆく。本作はオーケストラ入りロック作品の最初の輝きとも言えるだろう。
クラシカル度・・8 オーケストラ度・・9 オルガン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

THE NICE 「ELEGY」
ナイスの1971年作
スタジオ録音、ライブ録音の2曲ずつの未発音源を収録した変則的なアルバムで、
本作発表時はすでにナイスは解散し、EL&Pとして人気を博している時期なのだが、
エマーソンの巧みな鍵盤さばきが楽しめるという点では、ファンにはたまらない内容だ。
1曲目は3rd収録のティム・ハーディン作曲のナンバーを12分を超える長さに拡大し、
クラシカルなピアノを乗せ、エキセントリックなセンスを描くところは後のEL&Pに通じる雰囲気がある。
2曲目はボブ・ディランのカヴァーで、キャッチーなヴォーカルパートを含んだオルガン入りの大曲。
3曲目はチャイコフスキーの「悲愴」のアレンジで、TRACEばりのクラシカルなオルガンロックが楽しめる。
4曲目は、ウエストメサイド・ストーリーの名曲をアレンジしたおなじみのナンバー。
ライブ演奏での激しいオルガンプレイには、すでにEL&Pに通じる萌芽が感じ取れる。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 すでにELP度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Pesky Gee! 「Exclamation Mark」
イギリスのサイケロック、ペスキー・ジー!の1969年作
オルガンやサックスが鳴り響く、いかにも60年代らしいおおらかなサイケロックで、
のちのBlack Widowへとつながるバンドにしては妖しさはあまり感じない。
ブルージーなギターを乗せたインストのナンバーなどは正直退屈なのだが、
女性シンガー、ケイ・ギャレットが歌うナンバーは、魔女めいた聴き心地でこれがじつによい。
むしろ彼女に全曲歌わせて欲しかった。一方では、Steppenwolf“Born to be Wild”や
Vanilla Fudge “Where Is My Mind ”のカヴァーなどもサイケな仕上がりでなかなか楽しめる。
ドラマティック度・・7 妖しげ度・・7 魔女度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Pete Bardens 「HEART TO HEART」
元CAMELのシンセ奏者、ピーダー・バーデンスのソロ。1979年作
本作は、キャメル脱退後の作品で、ソロとしては3作目にあたる。サウンドは自身のマイルドなヴォーカルを乗せた
キャッチーなポップロックという趣。80年代的なAOR色を含んだ感触と、優雅な叙情が合わさった感触で、
全体的にポップな作風ではあるが、英国ルーツのしっとりとウェットな空気感を漂わせている。
サックスが鳴り響くヴギウギ調のナンバーもありつつ、美しいシンセワークやフルートも加わった、
繊細な美意識というのも随所に感じさせ、牧歌的な古き良き英国ロックが楽しめるナンバーもよいですね。
プログレ要素はあまりなく、楽曲に派手さもないが、じっくりと楽しめるキャッチーな好作品だ。
メロディック度・・8 プログレ度・・6 優雅度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Peter Gabriel
ピーター・ガブリエルの1stソロアルバム。1977作
「眩惑のブロードウェイ」を最後にGENESISを脱退したガブリエルは、
しばしの沈黙の後にソロ活動を開始。本作にはロバート・フリップ、トニー・レヴィンなども参加。
GENESIS時代の面影をいくぶん残しながら、よりモダンでポップな感覚をセンスよく取り入れ、
独自の世界観を描いてみせている。アレンジ面でも、オーケストレーションなどを含めて、
随所に細やかな繊細さが感じられ、既存のプログレ、ロックにとらわれない伸びやかさを感じる。
自身のヴォーカルはもちろん、フルートの美しい音色も、彼の新たな出発を告げるように輝いている。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 内的叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Peter Gabriel「V」
ピーター・ガブリエルの3rdソロアルバム。1980作
一般的にガブリエルのソロ代表作とされているのが本作だろう。
サウンドはより表現志向が強まり、ビートリズムの上にのるガブリエルの歌声も、
いよいよ力強さ増し、アレンジ面での思い切った仕掛けやダイナミズムとともに
作品としての強度が強まっている。ここにきてGENESISの影を完全に払拭し、
アフリカンなトラッドテイストも含めてワールドミュージックへの傾倒も感じさせる、
アーティスト、ガブリエルとしての己の求める音楽を確立させたというべき作品。
ロバート・フリップ、トニー・レヴィン、フィル・コリンズ、ケイト・ブッシュらがゲスト参加。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 音楽表現度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Peter Gabriel「4」
ピーター・ガブリエルの4thソロアルバム。1982作
前作で聴けたワールドミュージックへの傾倒を、より内省的なサウンドの中に取り入れ、
あくまでポップな楽曲の中に、翳りあるモダンさというべき質感が内包されている。
80年代ロックへの回答というような、ガブリエル流の産業ロックという作風だ。
トニー・レヴィン、デビッド・ローズ、ピーター・ハミルらがゲスト参加。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 音楽表現度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Peter Gabriel 「Birdy」
ピーター・ガブリエルの1985年作
アラン・パーカー監督作品の同名映画のサントラとして作られた作品。
2〜3分前後の小曲が主体ながら、美しいシンセアレンジに薄暗い幻想性に、
デジタルなアレンジによるモダンな感触が合わさった聴き心地。
1曲ごとの展開というのはあまりないのだが、アンビエントなナンバーから
わりとロック寄りのナンバーまで、それぞれにミステリアスな空気感が感じられて、
サントラ系のプログレが好きな方なら、楽しめるのではないかと思う。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 ミステリアス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Peter Gabriel「Scratch My Back」
ピーター・ガブリエルの2010年作
David Bowie、Bon Iver、Talking Heads、Lou Reed、Neil Young、Radioheadといったアーティストの
カヴァーアルバムで、どの曲も美しいシンセやピアノ、ストリングスアレンジをバックに、
ガブリエルがその枯れた味わいの歌声を響かせるという、じつにしっとりとした作風。
ロックでもポップでもない、アンビエントな作品ながら、年齢をへた表現者にしか出し得ない
深みのある歌声が優しく耳に響く。一人の歌い手としての崇高な純粋さが伝わってくる音楽だ。
ドラマティック度・・7 ロック度・・1 ガブリエルの歌声度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Peter Gabriel「New Blood」
ピーター・ガブリエルの2011年作
本作はオーケストラ編成によるセルフカヴァーアルバムで、
往年を思わせるガブリエルの表現豊かな歌声を中心にしながら、
オーケストラによる静かな緊張感を漂わせた美しさが素晴らしい。
インスト部分などは、ほんどクラシックといってもよい雰囲気なのだが、
ギターもドラムもなくとも、静と動のメリハリをつけるアレンジはさすがである。
随所に現れる女性ヴォーカルの歌声も爽やかに楽曲を彩っている。
ドラマティック度・・8 ロック度・・2 ガブリエルの歌声度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3


Phil Manzanera 「Diamond Head」
ROXY MUSICのギタリストとして知られる、フィル・マンザネラの1975年作
ロバート・ワイアット、ブライアン・イーノ、ジョン・ウェットン、エディ・ジョブソン、イアン・マクドナルド、アンディ・マッケイ、
さらには、ビル・マコーミック、チャールズ・ヘイワードら、Quiet Sunのメンバーも参加しているという豪華な作品。
インスト曲が主体ながらも、楽曲によって、ワイアットや、イーノ、ウェットンのヴォーカルが味わい深く、
マンザネラのギターも技巧のみに頼らず、おおらかな叙情を描くような自然体の作りが耳に心地よい。
適度なポップ性と、ジャズやファンクなども取り込んだ幅の広い曲調で、お洒落なセンスを漂わせるところは、
やはり、ロキシーで学んだ部分なのだろう。ロキシー系モダン・ポップロックの好作品。
メロディック度・・7 プログレ度・・7 楽曲センス・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


PINK FLOYDPiper at the Gates of Dawn
ピンクフロイドの1st。1967年作/邦題「夜明けの口笛吹き」
シド・バレットを中心にしたオリジナル・ピンク・フロイドの唯一のアルバムで、
サウンドはサイケ色の強い奇妙なポップロックという雰囲気で、
コーラスハーモニーはキャッチーであるのだが、どこか妖しい緊張感がある。
リック・ライトのオルガンがいかにもブリティッシュロック的に響きわたり、
狂気を含んだシドの声にはドラッグの香りが漂う。サイケとしての傑作。
英国度・・8 プログレ度・・7 サイケ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「A Saucerful of Secrets
ピンクフロイドの2nd。1968年作/邦題「神秘」
前作のポップサイケ路線から打って変わり、12分のタイトル曲をはじめとして
じわりとプログレ的な雰囲気が増した作品。東洋思想を思わせる観念的な静謐感と、
サイケロック寄りの浮遊感が融合し、しっとりとしたピアノやメロトロンなども美しい。
本作のレコーディング途中でシド・バレットがノイローゼのためグループを去り
デヴィット・ギルモアがグループに加入している。いわば新生フロイドとしての
生まれ変わりの途中のアルバムといえるだろう。地味ながら味わいのある好作だ。
英国度・・8 プログレ度・・8 サイケ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD 「More」
ピンク・フロイドの3rd。1969年作
映画のサウンドトラックに使われた音源で、鳥の鳴き声をバックにした
アコースティックな牧歌性と、サイケロック風味が合わさった作風は、
いくぶん統一感には欠けるものの、これはこれでフロイドらしくもある。
2、3分台の短い曲が多いのがいかにもサントラという感じで、物足りなさはあるが。
英国度・・8 プログレ度・・7 サイケ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「Ummagumma」
ピンク・フロイドの4th。1969年作/邦題「ウマグマ」
スタジオアルバムとライブ音源の2枚組という変則的な作品で、初期の実験的な精神性の集大成ともいえるアルバム。
Disc1はライブで、1st、2ndからの4曲を演奏。スケール感のある“太陽賛歌”をはじめ、
スタジオ盤以上にサイケとしての迫力と躍動的な演奏が楽しめる。Disc2のスタジオ音源の方は、
のっけから妖しげなメロトロンが鳴り響き、続いて美しいピアノの音色がやがてアヴァンギャルドな不協和音へと変わる。
鳥の鳴き声などが聞こえるサイケロック的なピクニック感覚と、神秘的な静謐感が合わさった音作りは
聴き手をぐいぐいと引き込んでしまう深みがある。幻想的なメロトロンの音色も美しく、
アコースティカルなフォーク的な牧歌性もいかにも英国的な情緒をかもしだしている。
英国度・・9 プログレ度・・8 幻想度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3

PINK FLOYDAtom Heart Mother」
ピンク・フロイドの5th。1970年作/邦題「原子心母」
初期のサイケ路線から方向性を模索したバンドが、オーケストラを導入した最高のシンフォニック作を作り出した。
有名な「狂気」のイメージが強いこのバンドだが、筆者が最初に好きになったのは何を隠そう本作であり、
オールインストの23分のタイトル曲はオーケストラルな雄大さとドラマティックな美しさに満ちた見事な大曲だ。
もちろんフロイドらしい内的な情緒もあって、深みのあるコーラスワークにオルガンの音色が絡む部分などは、
厳かな空気すらただよわせている。実際のレシピが付いた“アランのサイケデリック・ブレックファスト”などもじつに洒落が効いている。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・8 壮大度・・9 総合・・9
Amazon.co.jpで詳細を見るAmazon.MP3

PINK FLOYD 「Meddle」
ピンク・フロイドの6th。1971年作/邦題「おせっかい」
プロレスファンにはブッチャーの入場曲として知られる“吹けよ風、呼べよ嵐”で幕をあけ、
ラストには23分の大曲“エコーズ”が待っているという本作は、フロイドの代表作のひとつともされる。
ほの暗い叙情と英国フォーク風味の牧歌性を含んだサウンドは、耳には優しいものの、
A面2曲め以降はプログレとしての刺激はあまりないのだが、やはり聴き所は“エコーズ”だろう。
ゆったりと静かに始まりながら、メロウなギターとオルガン、キャッチーな歌メロが合わさって
楽曲はゆるやかに盛り上がる。後半のサイケ気味のパートも含めて、このバンドらしい好曲だ。
英国度・・8 プログレ度・・7 牧歌的度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「Obscured By Clouds
ピンク・フロイドの7th。1972年作/邦題「雲の影」
「ラ・ヴァレー」という映画のサウンドトラック作品で、
ギターをメインにしたロック寄りの作風は「モア」に比べると分かりやすく、
牧歌的な叙情も含んだ耳心地の良さで普通に楽しめるアルバムだ。
かつてのサイケ的な感触が希薄な分、初期が好きな方には退屈かもしれない。
英国度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYDDark Side of the Moon
ピンク・フロイドの8th、1973年作/名作、「狂気」SACD
かつてプログレ初心者の頃、本作を聴いて、いったいこれのどこが名作なのだろうかと
さっぱり分からず売ってしまった記憶があるが、本作の真の魅力はLPで聴くか、
あるいはそれに匹敵する自然なフォーマットの音で聴かないと分からなかったのだ。
このSACDでは、この作品の本来の精細なダイナミズムというべきものが存分に味わえる。
とくにリチャード・ライトのシンセサウンドのこだわりは見事で、作品世界形成の核をになっている。
曲間の静かな部分にすら、なんらかの空気がただよっている。これはこれまでの通常CDでは
なかなか感じ取れなかったものだ。音を通じて作品そのものに引き込まれるような感覚…
これが名作たるゆえんだったのだ。そう理解出来る。まさにSACDで聴くべきアルバムだ。
プログレ度・・8 ドラマティック度・・9 世界観度・・10 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYDWish You Were Here
ピンク・フロイドの9th。1975年作/邦題「炎」
ベストセラーとなった「狂気」に続くアルバムで、こちらも負けずにファンの多い傑作。
なんといっても、このアルバムの聴きどころといえば、2部に分かれた計26分におよぶ
“クレイジー・ダイアモンド”だろう。シド・バレットに捧げたといわれるこの大曲は、
美しいシンセワークともの悲しいギタートーンとともにゆるやかに始まり、
哀愁と泣きの叙情を含んで、やわらかなヴォーカルメロディでじわりと盛り上がる。
リックライトのシンセが光る佳曲“ようこそタイムマシーンへ”、そしてタイトル曲である
“あなたがここにいてほしい”と、曲ごとの魅力は「狂気」以上ともいってよいかもしれない。
英国度・・8 プログレ度・・8 叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「ANIMALS」
ピンク・フロイドの10th/1977年作
「資本家」「インテリ」「小市民」を豚・犬・羊に例えるという、痛烈な社会批評が込められた作品だが、
サウンドの方には難解さはなく、おだやかな薄暗さというものが感じられるメロディアスなアルバム。
とくにデイブ・ギルモアの流麗なギターワークが全編楽しめるという点では一番かもしれない。
ヒプノシスの手によるジャケットも広げて見るとまた素晴らしい。
最初とラストの小曲は、その優雅に空を飛んでゆくブタの光景が見えるようだ。
「炎」ではソフトすぎ、「狂気」では難解すぎ、という方にはうってつけの作品。
むしろPORCUPINE TREEなどを好む若いリスナーなどは本作から入るのもいいだろう。
曲で聴かせるコンセプト作としては次作「The Wall」と並ぶ出来だと思う。
メロウ度・・8 プログレ度・・7 薄暗度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「The Wall」
ピンク・フロイドの11th/1979年作
「狂気」のブレイクにより、しだいにバンド内での立場を強めたロジャー・ウォーターズが
自身の考えたコンセプトに基づいて作り上げた、2枚組の壮大なロックオペラ作品。
薄暗い叙情の好作「Animals」に続くアルバムとしては妥当な内容だと思うが、
初期のフロイドが好きな人間には、評価の微妙なアルバムのようでもある。
「聴衆との間に存在する壁」という、コンセプトとしては難解なテーマかもしれないが、
曲単位で聴けばむしろメロディアスな小曲の連続として、叙情的なサウンドが楽しめる。
重厚なシリアスさと、アコースティカルな素朴さを同居させた楽曲は、決して派手なものではないが、
ゆるやかなギターフレーズによる泣きのメロウさ加減や、うっすらとした美しいシンセ、オルガンに包まれて、
ウォーターズのメッセージ的な歌声がやわらかに響いてゆく。70年代最後のコンセプト傑作である。
メロウ度・・8 壮大度・・9 コンセプト度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3

PINK FLOYDFinal Cut
ピンク・フロイドの12th。1983年作
傑作「The Wall」の大成功の影で、バンド内では亀裂が大きくなり、リック・ライトが脱退し、
本作はロジャー・ウォーターズ主導により「ザ・ウォール」からの連続した作品として発表された。
歌ものとしてのキャッチーさとメロウな叙情性を含んで、ゆったりと聴かせるサウンドは、
やはり「The Wall」に通じるような雰囲気で、地味ながらもじっくりと味わえる。
本作を残してウォーターズは脱退。バンドはデイブ・ギルモアを中心に存続してゆくことになる。
メロウ度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYDMomentary Lapse of Reason
ピンク・フロイドの13th。1987年作/邦題「鬱」
ロジャー・ウォーターズの脱退もありながら、バンドはデイブ・ギルモアを中心に存続、
本作ではゲスト扱いながらもリック・ライトが復帰し、他にも多くのゲストを迎えた内容になっている。
うっすらとした美しいシンセワークに、繊細なギターのトーン、日本盤タイトルから連想される暗さよりも、
むしろ、ゆるやかな曲調の中には随所に光があり、ギルモアのギターがメロディックに奏でられる。
社会的な大きなテーマを含んだロジャー時代の作風に比べると、いくぶんライトなというか、
コンセプトよりも音そのものが音楽であるという雰囲気に、過去のファンは物足りないかもしれないが、
ロックとしては普通に聴きやすい。次作「対」はよりメロウな美しさが際立った傑作となる。
メロウ度・・7 プログレ度・・7 叙情度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD
「Division Bell
「対」のタイトルで知られる、ピンク・フロイドの1994年作
しっとりとした美しいピアノの音色にかぶさる、デイブ・ギルモアの繊細なギタートーン、
静謐感に包まれたその作風は、ロックとしてのダイナミズムをモダンな翳りの中に紛れ込ませて、
オーケストレーションや女性コーラスなどを含んだ、広がりのある空間的な音作りにより、
しだいにその叙情世界に引き込まれてゆく。印象的なジャケに目を奪われがちだが、
やわらかな歌声も含めて音自体に難解さはなく、ゆったりと鑑賞できる耳心地の良さが素晴らしい。
美しいシンセの重なりの中に響きわたる、ギルモアのメロウな泣きのギターが存分に味わえる傑作だ。
メロウ度・・9 プログレ度・・7 薄暗叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「PULSE」
1994年の「対」ツアーの公演を収録したピンク・フロイドの2枚組ライブアルバム。1995作
ロジャー・ウォータース脱退後のフロイドには賛否両論があるようだが、
伸びやかに弾きまくるギルモアのギターが魅力的な「対」はじつにいい作品だったと思う。
本作でのライブ演奏でも、ギルモアのギター、ヴォーカルを中心に、リック・ライトの絶妙のシンセワークや、
多数のゲストコーラスを加えてのベテランらしい気負いのないアンサンブルでじっくりと聴かせてくれる。
Disc2には名作「狂気」の完全再現を収録。これだけでも本作を聴く価値はあるだろう。
また、本ツアーの映像を収録したDVD「驚異」も必見だ。
プログレ度・・7 ギルモア度・・9 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「Is There Anybody out There? The Wall: Live 1980-1981」
ピンク・フロイドの代表作「The Wall」を完全再現したライブ作。2000年作
1980年から1981年にかけて行われたツアーから、イギリスのアールズ・コートでのライヴを収録。
時間をかけた壮大なステージセットや、アルバムの世界観を再現する演出の数々は
ブックレットの写真を見るだけでも感心するが、おそらくこの当時だからこそできたものだろう。
サウンドもステージの大きさに負けぬくらいに見事なもので、ゆったりとした曲調の中にも
緊張感と静寂の叙情があふれ、4人編成とは思えぬ濃密な空間を描き出している。
アルバム盤以上に楽しめるスケールの大きなライブ作品だ。
メロディアス度・・8 壮大度・・10 ライブ演奏・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PINK FLOYD「ECHOESTHE BEST OF PINK FLOYD」
ピンク・フロイドの2枚組みベストアルバム。2001年作
メンバー自身の選曲と、新たなリマスタリングがほどこされた楽曲の数々は、
単なるベスト盤というよりは編集し直されたひとつの作品として聴き通すことができる。
コンセプト作である「The Wall」「狂気」、そしてシンフォニックな異色作「原子心母」
オリジナルアルバムで聴くべき作品だが、これからこのバンドの全貌を知りたいという方には
駆け足のベストとして機能するだろう。このバンドの持つゆるやかな叙情と独特の薄暗さ、
プログレ黎明の60〜70年代の空気を俯瞰して味わえる、なかなかお得な企画ものだと思う。
プログレ度・・7 フロイ度・・9 ベスト度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Pink Floyd 「The Endless River」
イギリスのプログレッシブロック、ピンク・フロイドの2014年作
1994年作「対」以来20年ぶりとなるアルバムで、故リック・ライトへのトリビュートという意味も込められた作品。
オルガンなどのシンセはほぼすべてがリックが残していた音源を使用し、サウンドスケープ的なやわらかな雰囲気に、
デイヴィッド・ギルモアのメロウなギターが加わり、ベースとドラムのリズムとともにフロイドらしい叙情的なサウンドが描かれる。
映画のサウンドトラックとして作っていたという音源なので、中盤以降は1〜3分台の小曲が中心でいくぶん物足りなさもあるが、
美しいリックのシンセワークとギルモアの泣きのギターだけで、そこはもうファンならば十分楽しめるだろう。
繊細なシンフォニック性という点では、むしろ最近のポストプログレ系のファンなどにも聴けるのではないかと思う。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 メロウな叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Procol Harum
英国のロックバンド、プロコル・ハルムの1967/2009作
名曲“青い影”で有名なこのバンドのデビュー作、その40周年記念エディション。
まず、かつての日本盤と異なり“青い影”がボーナストラック扱いとなっているのに驚くが
もともとオリジナルはそうだったのだろう。ブルージーなギターとハモンドオルガンの音色で
優雅に牧歌的に聴かせるサウンドは、いかにも英国の60年代という素朴さに溢れている。
プログレとして聴くには、よりクラシカルな傑作である次作「月の光」の方を薦めるが、
英国クラシカルロックの源流たる雰囲気をじっくり味わえる作品である。
クラシカル度・・7 プログレ度・・6 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Procol Harum「Shine on Brightly」
英国のロックバンド、プロコル・ハルムのアルバム。1968/2009作
プロコルハルムといえば「青い影」の入った1stと、中期の傑作「グランド・ホテル」が有名だが
プログレッシブロックとして聴くとなると、本作「月の光」こそが最高傑作であると思う。
エレガントなハモンドオルガンの響きに、クラシカルな要素をもったコード進行、
どこをとっても英国らしさを感じる、気品と情緒に溢れたサウンドはじつに耳に心地よい。
アルバムのハイライトは17分にもおよぶ大作“IN HELD 'Twas IN I”
プログレッシブな感性とクラシックのフレーズなどを取り入れた大胆な展開が素晴らしい。
TRANSATLANTICがカヴァーしたこの曲を含め、シンフォニックファンにもお薦めしたい作品だ。
40周年記念エディションには別バージョンやシングルなど11曲をボーナス収録。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

PROCOL HARUM「A SOLTY DOG」
ブリティッシュロックバンド、プロコル・ハルムの3rd。1969作
クラシカルな傑作であった前作の流れを引き継ぐしっとりと優雅な1曲目から、
牧歌的なポップさの漂うカントリー調の2曲目という構成には、ややギャップを感じるが、
船乗りをテーマにした作品ということや、アメリカの市場を意識してのサウンドなのかもしれない。
もちろん英国らしい叙情性やオーケストラ入りの曲もあるが、前作「SHINE ON BRIGHTLY」に比べると
サウンドがシンプルに、より大衆的になったという印象で、アダルトな渋い味わいが光っている。
プログレファン以外はむしろ本作を気に入るかもしれない。リマスター盤には別テイクなどのボーナス5曲入り。
メロディアス度・・7 クラシカル度・・7 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Procol Harum「Home」
ブリティッシュロックバンド、プロコル・ハルムの4th。1970/2009年作
オルガン奏者のマシュー・フィッシャーが脱退し、サウンドはギターの比重がいくぶん強まった印象。
2作目までが英国のオルガンロックだとすると、前作〜本作にかけてはハードロック的な曲もあるのだが、
もちろんオルガンやピアノを使ったで曲は、彼ららしい叙情性も聴けるので、ファンはひと安心である。
全体的にはやや地味な印象だが、じっくり聴けばそう悪い作品でもない。リマスター盤にはボーナス2曲を追加。
メロディック度・・7 プログレ度・・6 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

PROCOL HARUM「Live〜In Concert With The Edmonton Symphony Orchestra」
ブリティッシュロックバンド、プロコル・ハルムのライブアルバム。1972/2009作
1971年、カナダはエドモントンでのライブ音源で、地元のオーケストラとの競演作。
オルガンの響きに優雅なオーケストラが合わさったことで、アルバム曲が壮大かつ
格調高い音
に生まれ変わり、このバンドのクラシカルな側面がいっそう助長されている。
圧巻はやはり2nd「SHINE OF BRIGHTLY」収録の組曲、“In Held'Twas In I”で、
これがまたオケと絶妙にマッチしていて、クラシカルかつ壮大な一大組曲になっている。
40周年記念エディションには、ボーナスにシングルやリハーサル音源など3曲を追加収録。
クラシカル度・・9 英国度・・8 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Procol Harum「Grand Hotel」
英国のロックバンド、プロコル・ハルムの1973/2009作
本作はポップ化の始まった時期のアルバムと言われるが、たおやかなピアノに絡む
ストリングスが美しいタイトル曲は、シンフォニックでじつに優雅な絶品の名曲。
2曲目以降も、確かにポップにはなっているが、英国ロックとしての質感は不変で、
ハモンドオルガンの音色にオーケストラ、しっとりとしたピアノのバラードなど、叙情性はたっぷり。
Srackridgeなどを思わせるユーモアのあるポップロック曲もあるが、それもなかなか味わいがある。
40周年記念エディションには、ボーナスに別バージョン2曲を追加収録
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Procol Harum「Exotic Birds and Fruit」
英国のロックバンド、プロコル・ハルムのアルバム。1974/2009作
「異国の鳥と果物」というタイトルとこの美しいジャケがとても印象的だが、
内容も前作「グランド・ホテル」にさほど劣らない。いくぶんポップなテイストを含みつつ
オルガンやピアノがクラシカルに鳴らされ、バックにはオーケストラも美しい。
インパクトは薄いが、バンドとしての成熟がうかがえる安定したサウンドが楽しめる。
40周年記念エディションには、ボーナスに別ミックス曲など2曲を追加収録
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

PROCOL HARUM「Something Magic」
英国のメロディックロックバンド、プロコル・ハルムの1977年作
プログレ的に見るとこのバンドの最高作は2nd「月の光」だと思うが、
あるいはそれに続くのは18分の大曲を含む本作「輪廻」かも知れない。
中期の傑作「グランド・ホテル」以降のキャッチーなポップ感覚を残しつつ、
美しいオーケストラアレンジをバックに哀愁のメロディを聴かせてくれる。
そしてラストは、クラシカルなピアノの響きとともにシリアスに展開してゆく組曲で、
仏教の輪廻からテーマをとった壮大なシンフォニックロックが楽しめる。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Procol Harum 「Well's on Fire」
ブリティッシュロックバンド、プロコル・ハルムの2003年作
1991年作「放蕩者達の絆」以来の12年ぶりとなるアルバムで、ピアノやオルガンの音色に
枯れた味わいのヴォーカルを乗せた、大人の哀愁を感じさせるメロディックロック。
ギターは適度にハードに、そしてメロウに、英国の70年代を通り抜けてきたバンドらしい
大衆的なぬくもりを含んだ聴き心地で、オールドなファンも納得のサウンドだろう。
楽曲そのものはシンプルで、適度にノリのよいポップ性と、渋みのあるナンバーが同居していて、
70年代を思わせる古き良き感触が楽しめる8曲目、クラシカルな10曲目あたりは嬉しいところ。
60年代から活動する大ベテランバンドの現在形を伝えるには十分な内容だろう。
ドラマティック度・・7 古き良きプロコル度・・8 大人の哀愁度・・8 総合・・7.5
Amazonで購入する



QUATERMASS
ブリティッシュロックバンド、クォーターマスの1970作
ヒプノシスによるこのプテラノドンジャケが有名だが、内容はハモンドオルガンが鳴り響くプログレ風味のハードロック。
ギターレスのトリオ編成でありながら、同じスタイルのELPとは違いあくまでヴォーカル重視で聴かせる分かりやすいサウンドだ。
オルガンをバックに歌われるパワフルな歌唱にはマイナー臭さはなく、9分、10分という大曲では
英国的な哀愁と叙情とを含んだ、プログレ的な展開美も楽しめる。年代を考えればかなりの傑作だろう。
オルガン度・・9 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Quicksand 「Home Is Where I Belong」
ブリティッシュロックバンド、クイックサンドの1974年作
キャッチーなメロディと牧歌的な素朴さで聴かせる英国らしいサウンド。
オルガンにかぶさるギターの音色もどこか田舎っぽいやわらかさで、
マイルドな歌声とともに、耳心地よく楽しめる。曲によってはリズムチェンジも含めた
プログレとしての味わいもあって、マイナーなバンドとしてはなかなかの好作である。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Quiet Sun「Mainstream」
イギリスのジャズロックバンド、クワイエット・サンの1974年作
ROXY MUSICのフィル・マンザネラを中心に、チャールズ・ヘイワード、ビル・マコーミックらが参加、
ジャズロック的なアンサンブルの上にエッジの立ったギターが重なり、
緊張感のあるインストサウンドを展開。やわらかなエレピの音色はカンタベリー的だが、
案外ヘヴィなギターワークがサウンドに攻撃的な迫力を生み出している。
一方ではフリーキーな感性によるアヴァンギャルドな感触も入り交じる。
ジャズロック度・・7 プログレ度・・8 アンサンブル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Quiet World 「The Road」
イギリスのアートロック、クワイエット・ワールドの1970年作
のちにGENESISに加わるスティーヴ・ハケットが参加していることでも知られる作品で、
大胆にオーケストラを取り入れ、物語的な語りなどシアトリカルな世界観に包まれたコンセプト作品。
優雅なアコースティックギターに艶やかなストリングス、キャッチーなヴォーカル&コーラスを乗せ、
2〜3分前後の小曲を連ねた、いわばThe Beatlesをアートロック化したような感触で楽しめる。
オーケストラによるシンフォニック性と、THE MOODY BLUESあたりにも通じる牧歌的な味わいが、
湿り気を含んだ英国の空気感を描き出す。プログレ以前の英国アートロックの逸品です。
リマスター盤には、1969〜71年までのシングル曲6曲をボーナス収録。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・6 英国度・・9 総合・・8
Amazonで購入する

Quintessence 「Infinite Love: Live at Queen Elizabeth Hall 1971」
イギリスのサイケロック、クインテセンスのライブ作品。1971/2009年作
1969年に結成されたバンドで、ヒッピーがかったサイケ性と、東洋思想を織り込んだ神秘的な世界観で、
アンダーグラウンドな香りを漂わせたサウンド。本作は1971年のライブをCD2枚組に収録している。
初期のPINK FLOYDを思い切りユルく、フォーク風味にしたような素朴な味わいで、やわらかなフルートが鳴り響き、
マイルドなヴォーカルとともに牧歌的な空気に包まれた聴き心地。10分、15分という大曲も多数あるが、
ギターもベースものんびりとした演奏なので、プログレ的な構築性や緊張感などはほぼ皆無。
まどろみながら聞き流せる、ユル系サイケフォークです…zzz
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 ゆったりのんびり度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

QUINTESSENCE 「Spirits from Another Time」
イギリスのサイケロック、クインテセンスの2016年作
1969年に結成、HAWKWINDとともに70年代の英国サイケロックを代表するバンドで、
本作は1969〜71年の作品から選曲された、シングル曲や未発曲を含む、CD2枚組のベスト。
アコースティックギターにシタール、フルートの音色が重なり、詠唱的な感じのヴォーカルを乗せた、
ユルめのサイケロックサウンド。スペイシーなホークウインドに比べて、こちらは東洋的な神秘性を感じさせ、
11分を超える大曲なども、盛り上がり過ぎず、あくまでオリエンタルなサイケ感をゆったりと描いている。
適度にアッパーでありながら、70年代初頭のおおらかな空気感のサイケロックが楽しめます。
ドラマティック度・・7 サイケ度・・9 ユル度・・8 総合・・7.5
Amazonで購入する




RARE BIRDAs Your Mind Flies By
ブリティッシュロックバンド、レア・バードの2nd。1970作
ギターレスのツインキーボードという個性的な編成で、ハモンドオルガンの鳴り響く
叙情的なブリティッシュロックを聴かせる。年代的にもプログレ前夜の牧歌的な味わいがあり、
ヴォーカルの粗さも含めてレトロな時代性を感じさせる音だ。オルガンを含めたクラシカルな質感は
PROCOL HALMあたりにも通じるものがあり、とくに19分の組曲“Flight”は構成力の光る見事な出来である。
2007年リマスター盤にはシングル曲など3曲をボーナス収録。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Rare Bird 「Epic Forest」
ブリティッシュロックバンド、レアバードの1972年作
1969年のデビュー作、1970年の2作目は、英国オルガンロックの好作とされるが、
3作目の本作ではポップな感触が増していて、ビート感のあるキャッチーな作風になっている。
一方では英国らしい牧歌的な叙情性も残っていて、オルガンなどは使っていないが、
エレピを使ったカンタベリー的な味わいも感じさせる。ツインギターによるWishbone Ashばりの音の厚みと
ブルージーな大人の構築性は、プログレとは言えないかもしれないが、これはこれで悪くない。
メロディック度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Refugee
イギリスのプログレバンド、レフュジーの1974年作
後にYESに加入するパトリック・モラーツと元NICEのメンバーによる唯一のアルバム。
きらびやかなモラーツのシンセワークを中心にした、NICEやELPを思わせるクラシカルな鍵盤プログレ。
いくぶんドタドタとしたドラムに、強引なまでにムーグシンセで押しまくりつつ、オルガンやピアノも鳴り響き
ときに歌もので盛り上げたりもするサウンドは、オランダのTRACEをやや粗削りにしたという雰囲気もある。
とくに長い組曲の出来が白眉で、クラシカルな優雅さと暑苦しい濃密さが同居した傑作である。
クラシカル度・・8 プログレ度・・8 キーボー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Refugee「Live in Concert-Newcastle City Hall 1974
レフュジーのライブアルバム。2007作
1974年のニューキャッスルでのライブ音源を収録。
ハモンドとムーグを掻き鳴らす、クラシカルな繊細さとELPばりの勢いで
濃密に聴かせるライブ演奏は臨場感もあって、音質もなかなか良好。
クラシカル度・・8 ライブ演奏・・8 音質・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


RENAISSANCE「Illusion」
元ヤードバーズのキース・レルフとジム・マッカーティを中心に結成された、いわゆるオリジナル・ルネッサンスの2作目。1971年作
キースの妹であるジェーン・レルフとの兄妹の男女ヴォーカルとアースティカルな牧歌性、
そしてピアノを含んだクラシカルな優美さは、後の第二期ルネッサンスにも通じる雰囲気がある。
フォークロック的な素朴さと英国らしい湿り気のある薄暗い叙情性は、プログレファンにもとても楽しめる。
本作のレコーディング後、キースやジムが相次いで脱退、バンドはマイケル・ダンフォードを中心にした、
第二期ルネッサンスへと続いてゆくことになる。なお、1976年キースの死去を受けて、ジムとジェーンはバンドを復活させようとするが、
すでにルネッサンスの名前は使えなかったため、イリュージョンとしてのアルバムを1977年、78年に作っている。
クラシカル度・・7 優雅度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Renaissance「Prologue」
英国のクラシカルロックバンド、ルネッサンスの1972年作
第一期ルネッサンスの2作目のレコーディングを手掛けたマイケル・ダンフォードを中心に結成。
希代の女性シンガーアニー・ハズラムをヴォーカルに迎えた、新生ルネッサンスの1作目である。
契約の関係でダンフォードはこの時点ではバンドメンバーにはならず、作曲のみの参加となった。
美しいピアノのつまびきにハミングが重なり、軽やかに始まる1曲めからこのバンドらしい優雅な聴き心地で、
黄金期の到来を告げる作品という感触だ。次作以降に比べると、楽曲には素朴な牧歌性を感じさせるのだが、
初々しいアニーの歌声に聴き惚れつつ、クラシカルな美意識を含んだ構築力はさすがで、
11分を超えるラスト曲にはラヴェルのボレロのフレーズを取り入れるなどのセンスも素晴らしい。
クラシカル度・・8 優雅度・9 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「Ashes Are Burning」
英国のクラシカルロックバンド、ルネッサンスの1973作
「燃ゆる灰」のタイトルで知られるバンドを代表する傑作。
美しいピアノが鳴り響く、1曲目の“Can You Understand”のイントロからして、
このバンドのクラシカルな叙情美がすべて味わえるという…もう最高なのである。
そこに瑞々しいアニー・ハズラムの歌声が加わると、世界はしっとりとした優しさに包まれる。
どこかまだフォーク的な牧歌性を残したメロディに、艶やかなストリングスが重なって
雄大でありながらも、英国の優雅な土臭さともいうべき感触がとても耳に優しい。
ライブでの定番曲“Carpet of the Sun”の爽やかさにはうっとりと聞き入ってしまうし、
11分に及ぶラストのタイトル曲は、フォーキーなやわらかさで始まりつつ、
クラシカルな間奏部をはさんでラストに向かって盛り上がる感動的な名曲だ。
クラシカル度・・9 優雅度・・9 女性Vo度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「Turn of the Cards」
イギリスのクラシカルロックバンド、ルネッサンスの1974作
「運命のカード」のタイトルで知られる名曲多数の傑作。名作「燃ゆる灰」と「シェラザード夜話」にはさまれて、
今一つ注目度の低いアルバムだが内容では決して引けをとらない。
艶やかなピアノによるクラシカルなイントロから、軽快なリズムで始まる“Running Hard”は、
典雅なハープシコードがオーケストラと合わさって、シンフォニックに聴かせる屈指の名曲。
アニー・ハズラムの瑞々しい歌声も素晴らしい。“Things I Don't Understand”はクラシカルで叙情味豊か、
ドラマティックな大曲で、ラスト曲の“Mother Russia”の雄大な美しさとともにこのアルバムの核をなしている。
この時代のルネッサンスに外れなし。本作からマイケル・ダンフォードが正式メンバーに名を連ねている。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・9 壮麗度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance 「Scheherazadeand other stories」
イギリスのクラシカルロックバンド、ルネッサンスの1975作
第二期Renaissance初期4作はどれもが必聴の傑作なのだが、中でもクラシカルな壮大さの点では
「シェエラザード夜話」のタイトルで知られる、本作こそが最高傑作であると断言できる。
クラシカルなピアノのイントロから、アニー・ハズラムの艶やかな歌声が加わると、
ファンタジックなシンフォニックロック的質感にぐいぐいと引き込まれてゆく。
名曲“Ocean Gypsy”の泣きの叙情で軽く昇天した後、24分を超える組曲
“Song of Scheherazade”はまさに本作のハイライトというべき、
ドラマティックかつ壮麗なクラシカルロックサウンドで感動させてくれます。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・9 壮麗度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「Live at Carnegie Hall」
英国のクラシカルロックバンド、ルネッサンスのライブアルバム。1976作
バンド全盛期の1975年に行われたアメリカ、ニューヨークでのオーケストラとの共演ライブを収録。
一般的には後から出た「キングビスケット」ライブの方が評価が高くなってしまったが、
個人的にはこちらの音源の方が、音の湿りけがあるような感じで気に入っている。
“Prologue”からスタートして“Ocean Gypsy”、“Can You Understand”という流れは、
まさにこのバンドの美味しいところをすべて含んだ選曲で、クラシカルなピアノの響きと
アニー・ハズラムの絶品の歌声には何度聴いてもうっとりとなる。バックのストリングスの音が
少しくぐもっているのも、むしろメロトロン風味に聴こえたりしてシンフォニックでよろしいかと。
CD2は“Scheherazade”、“Ashes are Burning”という大曲2曲だけという構成も心憎い。
なんにしても、英国クラシカルロックバンドの必聴のライブアルバムである。
クラシカル度・・9 ライブ演奏度・・9 女性Vo度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「Novella」
イギリスのクラシカルロックバンド、ルネッサンスの1977作
最初に聴いたRenaissanceのアルバムがこれ。今では「シェラザード〜」と「燃ゆる灰」が一番のお気に入りだが、
幻想的なジャケや「お伽話」というタイトルを含めて、本作は最初に聴くときにはとてもワクワクしたものだ。
壮麗なオーケストラから幕をあけ、アニー・ハズラムの絶品の歌声が響きわたる“Can Tou Hear Me?”、
クラシカルな“Midas Man”にうっとりし、ラストを締めくくる壮麗な“Tuching Once”まで、優しいお伽話に浸れる。
初期のようなフォークっぽさが薄れ、スタイリッシュな作風になった点で、一般のリスナーにも人気の高い一枚だ。
クラシカル度・・8 美麗度・・8 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RENAISSANCEA Song for All Seasons
英国のクラシカルロックバンド、ルネッサンスの1978年作
ルネッサンスの傑作というと「プロローグ」から「ノヴェラ」まで、という思い込みがあったのだが
本作の素晴らしさは予想以上で、雄大なオーケストラをバックに、初期よりもキャッチーになったメロディと、
歌姫アニー・ハズラムの美声がじつに耳に優しく響きます。クオリティの高さはむしろ前作以上かもしれない。
「四季」というタイトルのように、自然体の美しさとやわらかさで聴かせる好作品です。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・8 女性Vo度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance 「Azure d'Or」
ルネッサンスの1979年作/邦題「碧の幻想」
前作「四季」でのキャッチーな作風をさらにスタイリッシュにしたというサウンドで、
アニー・ハズラムの伸びやかな歌声と、バンドサウンドが一体となったなかなかの好作品。
これまでのオーケストラアレンジではなく、バンドとしてのグルーブ感がより強調されていて、
シンセによる美しいアレンジが効いていることもあって、クオリティの高さという点では、
これまでのアルバムにも決して引けを取らない。3〜5分にコンパクトにまとめられた楽曲は、
無駄をそぎ落とした抜けの良さがあり、プログレとしての物足りなさを差し引いても完成度は高い。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・8 女性Vo度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

RENAISSANCE「BBC SESSIONS」
ルネッサンスのライブ作品。1975〜1978の間にテレビ用に録音された音源をCD2枚に収録。
オーケストラなしのバンドのみでの演奏なので、よりバンドとしての生の音を感じることができる。
初期の名作「プロローグ」から「四季」までのベスト的な選曲で、音質も良好。
アニー・ハズラムの美声は言うに及ばず、バックのリズムセクションの切れもよく、
オケなしでも楽曲の優雅な雰囲気はまったく損なわれていない。必聴のライブ音源です。
音質・・8 演奏・・9 クラシカル度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

RENAISSANCE「KING BISCUIT FLOWER HOUR PRESENTS
英国が誇るクラシカルロックグループ、ルネッサンスのライブアルバム。
1977年ロイヤルアルバートホールでの録音をCD2枚組に収録。
これまでルネッサンスのライブCDといえば「カーネギーホール」だったが、
本作は録音的にはそれを上回る。何よりバックのピアノ、オーケストラの音が良い。
荘厳なオーケストラをバックに堂々としたアニー・ハズラムの歌唱が響き渡る。
「Song of Scheherazade」組曲のオケ入り再現はじつに感動的である。
Disc2では名曲「燃ゆる灰」、名作「運命のカード」からの楽曲がやはり素晴らしい。
メロディアス度・・9 クラシカル度・・9 オーケストラ度・・9 総合・・9
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance 「The Other Woman」
マイケル・ダンフォードを中心に、ヴォーカルにステファニー・アドリントンを迎えての、
「別働ルネッサンス」というべきプロジェクトの1作目。1995年作
伸びやかな女性ヴォーカルを中心にしたキャッチーなサウンドで、全盛期のルネッサンスの頃にあった
クラシカルなテイストは薄めなので、プログレファンにはやや微妙な作風なのだが、
メジャー感ただようポップ性とともに、クオリティはなかなか高いと思う。とくにしっとりとしたバラード曲などでは
彼女の歌声にうっとりとなるし、1978年作「四季」収録の“Northern Lights”のリメイクも嬉しい。
ルネッサンスという名前を別にすれば、良質の女性声メロディックポップとして楽しめる。
メロディック度・・8 プログレ度・・5 女性Vo度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Renaissance 「Ocean Gypsy」
マイケル・ダンフォードを中心にした、別働ルネッサンスというべきプロジェクトの2作目。1997年作
ステファニー・アドリントンをフロントに、かつてのルネッサンスの楽曲を中心にしたアルバムで、
アコースティックギターに艶やかなストリングス、ピアノ、フルートなどのクラシカルな響きに、
アニー・ハズラムとはまた異なる味わいの伸びやかな女性ヴォーカルでしっとりと聴かせる。
アルバムタイトルの名曲“Ocean Gypsy”をはじめ、“Carpet of the Sun”、“Trip to the Fair”など、
往年のルネッサンスファンにもたまらないナンバーが新たなアレンジで楽しめる。
反面、バンド名が足かせになり、ダンフォードの新たなプロジェクトとしては発展できずに終わる。
クラシカル度・・8 優美度・・9 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Renaissance「Tuscany」
英国クラシカルロックバンド、ルネッサンスの復活作となる2001年作
アニー・ハズラムの美しい歌声に、クラシカルなピアノ、シンセワーク、
これぞルネッサンス節という往年を思わせるサウンドで聴かせる好作。
楽曲自体はコンパクトなものが中心ながらも、元CAMELのMickey Simmonsによる
美しいシンセアレンジも随所に効いていて、ゆるやかな美意識に包まれた音にうっとりとできる。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 アニーハズラム度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「In The Land of the Rising Sun」
英国のクラシカルロックバンド、ルネッサンスのライブアルバム。2002作
2001年の「Tuscany」で復活を果たし、待望の来日公演を成功させたこのバンド、
その来日ステージをCD2枚に収録。1曲目の“Carpet pf the sun”から往年を思わせる
アニー・ハズラムの歌声にうっとり。続くのは「四季」の1曲目“Opening Out”、
シンセによるオーケストレーションも美しい。「NOVELA」からの“Midas Man”、
アルバム「トスカーナ」からの楽曲も素朴でいい感じだしMIKE OLDFIELDのカヴァー
“Moonlight Shadow”もアニーの歌声にマッチしている。Disc2は「運命のカード」からの
クラシカルな大曲“Mother Russia”〜「シェラザード夜話」の“Trip to the Fair”の流れで
いきなり感涙。そしてラストは20分におよぶ“Ashes are Burning”で感動的に幕を閉じる。
まさに往年のファンも感動もののライブステージであったろう。これは生で見たかった!
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・8 ルネッサンス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RENAISSANCE「Dreams & Omens"Live" at the Tower Theatre 1978」
イギリスのクラシカルロックバンド、ルネッサンスのライブ音源。2008年作
アメリカ、フィラデルフィアでの1978年のライブ音源を収録。「お伽話」からの“Can You Hear Me”で幕を開け
定番曲ながら、歌姫アニー・ハズラムの瑞々しい歌唱はやはり素晴らしい。
「燃ゆる灰」からの“Carpet of the Sun ”をはさんで、「四季」からのダイナミックな大曲“Day of the Dreamer ”へと続いてゆく。
オーケストラはなくとも、美しいピアノの音色やバンド自体の演奏も安定しており、発掘音源にしては音質も良好だ。
ラストは「運命のカード」収録の“ Things I Don't Understand ”。ファンならば聴いて損のないライブ音源だろう。
ライブ演奏・・8 音質・・8 ルネッサンス全盛期度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「Live in Chicago」
英国クラシカルロックの代表格、ルネッサンスのライブアルバム。2010作
タイトル通り1983年のアメリカ、シカゴでのライブ音源で、時期的にはバンドとして
ポップになってきた頃なので、音にもクラシカルな優雅さよりもキャッチーな雰囲気が強い。
これまでの公式音源に比べると音質はやや落ちるので、ファン向けのアイテムだろうが、
“Ocean Fypsy”、“Ashes Are Burning”といった代表曲にはやはりうっとりである。
クラシカル度・・7 ライブ演奏・・7 音質・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Renaissance「Symphony of Light
英国のクラシカルロック、ルネッサンスの2014年作
2013年作「消ゆる風」にボーナスを追加した新装版で、故マイケル・ダンフォードに捧げられた曲などを追加収録。
アニー・ハズラムの変わらぬ美声とシンフォニックな美意識に彩られたアレンジで聴かせる、
これぞルネッサンスという優雅なサウンド。プログレ的な構築美が素晴らしい12分のタイトル曲をはじめ、
やわらかなピアノやオーケストラアレンジを含んだクラシカルな感触と雄大なスケール感を
涼やかな風で包み込んだというべき耳心地で、うっとりと楽しめる。往年のファンも必聴の傑作でしょう。
シンフォニック度・・8 優雅度・・9 アニーの歌声度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Renaissance 「De Lane Lea Studios 1973」
イギリスのクラシカルロック、ルネッサンスの未発ライブ音源。2015年作
1973年、BBC放送用に録音されたスタジオライブの音源で、名作「燃ゆる灰」の時期のバンド全盛期の演奏が楽しめる。
1曲目の“Can You Understand”の躍動的なアンサンブルから惹きつけられるが、そこに乗るアニー・ハズラムの
瑞々しい歌声にはうっとりとなる。MCでのアニーの楽しげな笑声などからも、当時のバンドの空気感が伝わってくる。
大曲“Ashes Are Burning”にはWishbone Ashのアンディ・パウエルとアル・スチュワートがゲスト参加している。
音質的には、いくぶんノイズが入ったりと最高と言うわけではないが、上等のブートレグと思えば問題なく聴ける。
ライブ演奏・・8 音質・・7 瑞々しい度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



RICK WAKEMAN「Six Wives of Henry VIII」
YESのキーボード奏者、リック・ウェイクマンのソロ作。1973作
「ヘンリー八世の六人の妻」という、いかにもリックの時代的なロマン主義が反映された本作は
鍵盤の魔術師リックのピアニストとしての魅力もたっぷりと味わえる逸品だ。
ムーグやハモンドなどの時代的な音色と、クラシカルなピアノの音色がゆるやかに交差し、
中世を思わせるロマンティックな世界観と、格調高い英国の気品が凝縮されている。
“Catherine Howard”の優雅なピアノの旋律には、誰もがうっとりとなるだろうし、
“Jone Seymour”での荘厳なパイプオルガンやハープシコードの雅びな響きも格別、
そして彼の代表曲ともなる“Catherine Parr”のハモンドの早弾きは圧巻である。
クラシカル度・・9 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN「Journey to the Center of the Earth」
YESのキーボード奏者、リック・ウェイクマンのソロ作。1974作
「ヘンリー八世〜」に続くソロ2作目は、ジュール・ヴェルヌの「地底探検」をテーマにした作品である。
壮麗なオーケストラとコーラス隊をバックにしたがえ、リックのきらびやかなシンセワークが鳴り響き、
本家YES以上にクラシカルなサウンドが描かれてゆく。またキャッチーなメロディで歌われる
ヴォーカルパートは、物語を語るようなナレーションとともにロマンティックな趣で聴かせてくれる。
ライブ録音ということで音質は完璧ではないのだが、かえってそれが臨場感を高めている。
次作「アーサー王と円卓の騎士たち」を含め、文芸三部作とも呼ばれるリックの代表作である。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN 「Myths & Legends Of King Arthur & The Knights Of The Round Table」
YESのキーボード奏者、リック・ウェイクマンのソロアルバム。1975年作
「ヘンリー八世と六人の妻」、「地底探検」と、クラシカルで幻想的な作品を作り出してきた
ウェイクマンの極めつけのアルバム。「アーサー王と円卓の騎士たち」というタイトル通り、
アーサー王伝説をモチーフにしたファンタジックなシンフォニックロック作品である。
壮麗なオーケストラとともに、雄大でエピックな世界を描き出す手法は今作で完成されたといっていい。
中世を思わせる優美なチェンバロの音色や、リックの奏でるたおやかなピアノも美しい。
ヴォーカルパートのバランスもよく、いわゆる初期の文芸三部作の中では一番の完成度だろう。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 ファンタジック度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN「"THE KING ARTHUR "CONCERT」
YESのキーボード奏者としておなじみ、リック・ウェイクマンのライブ(おそらくブート)アルバム。1976録音
ソロ作として数えきれないほどの膨大なアルバムを作り続けているウェイクマンだが、
やはり私としては初期のいわゆる文芸三部作("地底探検""ヘンリー八世""アーサー王")が思い入れ深い。
このCDはそのひとつ「アーサー王と円卓の騎士たち」の曲をメインにしたライブアルバムである。
ブートだと思われるが音質は年代を考えれば良好で、当時の生のライブサウンドを楽しめる。
クラシカルなメロディとでドラマ性に富んだ楽曲は、中世の世界を脳裏にかいま見せてくれる。
こうしたシリアスさ、シアトリカルなイメージが彼の鍵盤さばきと見事にマッチしていたと感じる音源だ。
クラシカル度・・8 キーボー度・・9 音質・・7 総合・・8

RICK WAKEMAN「Criminal Record」
イエスの鍵盤奏者、リック・ウェイクマンのソロ作。1977年作
邦題の罪なる舞踏」という通り、犯罪をテーマにした作品であるが
美しいピアノやパイプオルガンなどクラシカルで優雅な美麗さと
オーケストラをバックにしたムーグシンセの軽やかな鍵盤さばきは
「地底探検」など初期の作風に近い。さすがという、きらびやかな鍵盤ロックである。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 キーボー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN「WHITE ROCK」
イエスの鍵盤奏者、リック・ウェイクマンのソロ作。1977作
ソロ作は膨大な数にのぼるウェイクマンだが、やはり70年代の作品はどれもいい。
これは1976年オーストリアで行われた冬季オリンピックのための記録映画用の作品であるが、
いかにもウェイクマンらしい縦横無尽のシンセワークが楽しめる。きらびやかでありながら、
ときにしっとりとした幻想的な美しさもあり、ピアノも含めた巧みなシンセアレンジはさすが。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 キーボー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN 「1984」
イエスの鍵盤奏者、リック・ウェイクマンのソロ作。1981年作
ジョージ・オーウェルの小説をモチーフにしたコンセプト作で、これは隠れた傑作。
華麗でクラシカルな序曲で幕を開けつつ、ヴォーカルの入ったキャッチーな感触と
80年代的なモダンなポップさが融合されたサウンドは、いま聴いてもじつに質が高い。
ウェイクマンの優雅な鍵盤さばきに、ゲスト参加のチャカ・カーンの伸びやかな歌声がまじり
シンフォニックな叙情性も含んでしっとりと耳心地がよい。次にジョン・アンダースンが歌いだすと
とたんにYESっぽくなるが、あくまでシンセワークが前に出ているのがやはりウェイクマン。
壮麗に盛り上がるラスト曲も素晴らしい。トータルな世界観を構築する力作である。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 しっとり優雅度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN「THE VERY BEST OF RICK WAKEMAN(1973-1979)」
リック・ウェイクマンのベストアルバム。
YES在籍時からソロ作を発表し続け、現在にいたるまでに100枚近くのアルバムを出している大多作家キーボーディスト
そのリックの、70年代の曲を集めたベスト作がこれ。やはり、「ヘンリー八世の六人の妻」、「地底探検部」、「アーサー王と円卓の騎士たち」
あたりの楽曲はクラシカルかつ優雅なシンフォニックとして素晴らしい。「ホワイトロック」、「罪なる舞踏」といったアルバムからの曲も
こうして聴くとクラシカルで繊細なピアノの響きにはリックらしいメロディセンスを感じる。
おそらく選曲的にもベストでリック・ウェイクマンを初めて聴くという方にもオススメ。
シンフォニック度・・8 クラシカル度・・8 キーボー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

RICK WAKEMAN「LIVE」
リック・ウェイクマンのライブアルバム。1995作
曲順からすると「IN CONCERT」というタイトルで出ているキングビスケットの音源と
同一であると思われる。とすると1975年の録音。amazonでとんでもなく安く買える。
「地底探検」、「ヘンリー八世〜」、「アーサー王〜」という往年の名作からセレクトされた楽曲は、
リックのクラシカルなキーボードとともに、ライブでのロックアレンジもされていて
この頃のアルバムが好きだった私のようなファンからすると嬉しいかぎり。
音質もなかなか良好で、70年代のウェイクマンの音楽性をしっかりと伝えてくれる。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 音質・・7 総合・・7.5

RICK WAKEMAN 「Retro」
YESの鍵盤奏者、リック・ウェイクマンの2006年作
タイトル通り、ハモンドやムーグ、クラヴィネット、メロトロンなど、ヴィンデージな機材を使いまくった、
レトロなプログレアルバムで、まるで70年代に戻ったかのような作風に思わずにやにやします。
かつての名作「アーサー王」あたりで聴いたようなフレーズなども顔を覗かせ、
ヴォーカルにかつての盟友、アシュレー・ホルトが参加している点も大きいですね。
懐古主義と言われればそれまでですが、この古き良きサウンドはやっぱ心地いいんです。
クラシカル度・・8 古き良き度・・9 キーボー度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Rick Wakeman 「Retro 2」
英国を代表するプログレキーボーディスト、リック・ウェイクマンのソロ作。2007作
前作「1」は未聴だが、引っ越しの整理中に古めかしい機材を発見した
ウェイクマンが思い立って作ったところ、好評だったということで、これはその続編。
タイトル通り、ハモンド、ムーグ、クラビネット、メロトロンといった、古き良き時代の
レトロなシンセを使ったアルバムだが、鍵盤メインのソロ作というよりは、ギターやヴォーカルも活躍する、
意外とバンド編成の音になっている。肝心の楽曲の方だが、往年のようなクラシカルな輝きは薄まり、
枯れた味わいの大人のロックと化しているのがやや残念だが、曲によっては「ヘンリー八世〜」や「アーサー王〜」の頃を
思い出すものもあって、独特のムーグの音色を聴いていると、それら初期の名作たちがなつかしくなる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 レトロシンセ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Rick Wakeman「The Six Wives of Henry VIII: Live at Hampton Court Palace」
プログレ界を代表する鍵盤弾き、リック・ウェイクマンのライブアルバム。2009作
歳をへてもなお多作ぶりは変わらず、ヴィンテージ楽器をふんだんに使用したアルバム「Retro」で
プログレファンをまた喜ばせたと思ったら、なんと今回はあの名作「ヘンリー八世と六人の妻たち」
完全再現ライブときた。壮麗なオーケストラを従えて、あの名曲たちが時代を超えて蘇る。
当時を思わせるムーグやハモンドの音色にオーケストラが加わり、クラシカルな楽曲たちが再現されてゆく。
早弾き部分でのプレイなどには、さすがに往年のような輝きはないが、ロマンに満ちた優雅さはこれぞR.W!
クラシカル度・・8 ライブ演奏・・7 名作再現度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Rick Wakeman 「Journey to the Centre of the Earth」
元Yesの鍵盤奏者、リック・ウェイクマンの2014年作
「地底探検」の名で知られる1974年の代表作品を、あらたに2012年にリメイクした作品で、
これまでファンクラブ限定だったものが、ロジャー・ディーンのジャケとともに一般発売された。
ジュール・ヴェルヌの小説をモチーフに、壮麗なオーケストラとともに描かれる世界観は、
物語を語るナレーターに導かれ、新たに参加した女性ヴォーカル、ヘイリー・サンダーソンの美しい歌声と、
当時のヴォーカルであった、アシュレイ・ホルトも加わって、ダイナミックかつ繊細なサウンドを描いてゆく。
ベースにリー・ポメロイ(IT BITES)、ドラムにトニー・フェルナンデスが参加、バンドサウンドとオケを融合させ、
54分に拡大された映画のように壮大な作品をを見事に構築している。当時は、予算や技術も含めて、
不満が残ったとウェイクマン本人に言わしめた作品が、まさにここに完全版として甦った。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 壮大度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

RICK WAKEMAN AND THE ENGLISH ROCK ENSEMBLE「LIVE IN BUENOS AIRES」
YESのKEYリック・ウェイクマンが自身のバンドイングリッシュ・ロックアンサンブルを率いての
アルゼンチンはブエノスアイレスでのライブの模様を収録したDVD。2001作
曲目は「アーサー王と円卓の騎士たち」「地底探検」「ヘンリー八世と六人の妻」等の
かつての名作軍からのセレクションとなっていて、シンフォニック・プログレファンには嬉しい選曲。
ギターにヴォーカル入りのバンド形態ということで、アルバム版よりもロック的なノリの良さがあり
単なるリックのソロにとどまらない「バンドとしてのライブ」として楽しめる。
相変わらず正確な高速アルペジオて弾きまくるリックの演奏はやはり見事で、
息子であるアダム・ウェイクマンとのツインキーボードの競演は世代を超えたエンターテメント性を感じさせる。
なお、DVDに加え1997年のライブテイクが収録されたCDがセットになっているが、
こちらは単体で聴くには録音等が平坦で、あくまでオマケとしてとらえたほうがいいだろう。
ライブ映像・・7 ライブ演奏・・8  キーボー度・・9 総合・・7


ROBERT JOHN GODFREY「FALL OF HYPERION」
ENIDのリーダーである、ロバート・ジョン・ゴドフリーのソロ、1973年作
かつては長らく廃盤状態が続いており、高額な値で取引されていたアルバム。
ゴドフリーの求めるクラシカルロックをそのまま体現したような音で、繊細なピアノタッチに、やわらかなヴォーカル、
そして壮大なシンセ群とめくるめくようなオーケストレイションによるじつに優雅なクラシカルシンフォニック。
本物のオケを使わずともここまで美しく壮麗なサウンドを作れるのだという、
クラシックを愛するゴドフリーの理想の追求ともいうべき美意識と瑞々しさが音の端々に感じられる。
ヒプノシスによる印象的なアートワークもこの音楽の世界観を見事に表現している。
2006年の紙ジャケ再発盤は既存のCDからの盤起こしで音質はいまひとつであったが、
2013年盤はオリジナルからのリマスター音源のようで、ようやくこの傑作がちゃんと楽しめるようになった。
シンフォニック度・・9 クラシカル度・・10 壮麗度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROBERT JOHN GODFREY 「THE ART OF MEMORY: ROMANTIC PIANO MUSIC BOOK 1」
The Enidを率いる鍵盤奏者、ロバート・ジョン・ゴドフレイのソロ。2013年作
エニドの新作から1年ほどで自身のソロも出すのだから、ゴドフレイ氏の充実した創作ぶりが窺える。
ソロ名義としてはおそらく、1973年の傑作「FALL OF HYPERION」以来になるだろう、
繊細なピアノを中心にオーケストラアレンジを加えた優雅な作風で、雰囲気としてはEnidの美意識を
そのまま移行したという感触である。クラシカルでありながら、どこかぬくもりを感じる優しいメロディは
まさしくゴドフレイ節といってよく、エニドの雅やかな旋律が好きな方なら、間違いなくうっとりとなる。
クラシカル度・・9 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



ROBERT WEBB 「Liquorish Allsorts」
イギリスのミュージシャン、ロバート・ウェッブの2014年作
ENGLANDのシンセ奏者として知られるアーティスト、1974〜2014年までの間に録音された楽曲を収録。
オルガンやメロトロン、ムーグなどの古き良きシンセに、やわらかなヴォーカルを乗せた、
Barclay James Harvestあたりを思わせる牧歌的な叙情性に包まれた聴き心地
2〜4分の小曲を中心に、シンフォニックな叙情ナンバーから、ミニマムなインスト曲、
女性声入りのアダルトなポップナンバーなど、統一感はさほどないが、優雅で繊細な感触は、
やはりイングランドに通じる部分もある。プログレというよりは、英国の鍵盤奏者の小品集という趣か。
世界各国のゲストが多数参加しており、その中にはKENSOの清水氏の名前もある。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 イングラン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Robert Wyatt「Rock Bottom」
SOFT MACHINEMatching Moleロバート・ワイアットのソロ作。1974作
事故による下半身不随を乗り越えて作られたソロ2作目。
リチャード・シンクレアやヒュー・ホッパー、フレッド・フリス、マイク・オールドフィールドといった
名うてのミュージャンが参加していることで、演奏的にも抜群で説得力があるのだが、
それ以上に、 悲しみと哀愁を感じさせながらも、どこかにやわらかなまなざしと
人間への希望が込められたようなこのサウンドには、とても暖かな深みがある。
プログレとして聴いて少々物足りないと思われた若いリスナーの方は、
人生の悲しみを味わった大人になったとき、もう一度聴き返してみて欲しい。
プログレ度・・7 悲しみ度・・9 優しさ度・・10 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Roger Waters 「Amused to Death」
PINK FLOYDのロジャー・ウォーターズのソロ。1992年作/邦題「死滅遊戯」
ジェフ・ベックが参加してることでも話題となった作品、2015年リマスター&SACD盤でリリースされた。
TVを見ている猿のジャケが幼児に変更されているのが、ぐっと現代的なイメージになっているが、
世界で起きる事件や戦争などを、テレビを通して娯楽的に眺める人類に警鐘を鳴らすというシリアスなテーマ性は、
20年以上をへても古臭さは感じない。枯れた味わいのロジャーのヴォーカルに女性コーラスが絡んで、
歌もの的な作風をメインにしながら、随所にブルージーなギターを聴かせるジェフ・ベックのプレイもさすが。
パトリック・レナードのシンセワークはさほど目立たないのだが、ヴォーカルを引き立てるようなピアノや、
ときにオルガンも鳴らしてサウンドを彩っている。新規リマスターとSACDによるくっきりとした音質もGood。
コンセプトアルバムという点では、PINK FLOYD「The Wall」あたりと比較して楽しんだりもできるだろう。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 壮大度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROOM 「Pre-Flight」
ブリティッシュロックバンド、ルームの1970年作
プログレ黎明期に録音されたバンド唯一の作品で、ブルージーな感触のギターに
ジャズロック的でもあるアンサンブル、そこに女性ヴォーカルの歌声を乗せたサウンド。
オルガンなどの鍵盤は使わずに、曲によってはストリングスやトランペット、それにピアノが多少入る程度で、
基本的には2本のギターとベース、ドラムをメインにした演奏なので、COLOSSEUMなどに比べると
プログレ的な感触はやや弱いのだが、女性ヴォーカルとの組み合わせが優雅な浮遊感になっている。
初期のCURVED AIRなどが好きな方にもけっこう楽しめるのではないかと思う。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 女性Vo度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


ROXY MUSICFor Your Pleasure
イギリスのロックバンド、ロキシー・ミュージックの2nd。1973年作
ヴォーカルのブライアン・フェリーを中心に、シンセにはブライアン・イーノ
1972年にフィル・マンザネラがギターとして正式参加し、バンドはデビュー。
サウンドの基本はブライアン・フェリーの個性的な歌声で聴かせるポップなロックであるが、
サックスが鳴り響き、いくぶんプログレ的なシンセも重なった、混沌とした聴き心地はなんとも面白く、
どことなく、シアトリカルなヴォーカルの感性は、「ピーター・ハミルのグラムロック版」という感じもする。
プログレ全盛の英国の怪しさを、お洒落なセンスで包み込んだような、初期の傑作として名高いアルバムです。
メロディック度・・7 プログレ度・・7 風変わり度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROXY MUSIC
Stranded」
ロキシー・ミュージックの3rd。1973年作
前作を最後にブライアン・イーノが脱退し、代わってエディ・ジョブソンが加入、
サウンドはいくぶんポップに、そしてゴージャスな雰囲気へと変化してきている。
そんななかでも、ブライアン・フェリーの独特の歌声は健在で、ピアノをバックに、
QUEENのフレディ・マーキュレリーばりに裏声を使って聴かせる曲調もあったり、
ホップなのにどこかヘンテコな味わいがあるのは、やはりこのバンドならでは。
多彩なシンセアレンジやスケール感のあるシアトリカルな雰囲気と、
ビビッドなジャケのインパクトも含めて傑作に値する内容です。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 風変わり度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROXY MUSIC
「Country Life」
ロキシー・ミュージックの4th。1974年作
セクシーなジャケもさることながら、内容の方もバンドの代表作というべき傑作。
グラムロック的なノリのよさとキャッチーなポップ性が一体となり、1曲めから勢いのある演奏が楽しめる。
エディ・ジョブソンの奏でるヴァイオリンや、アンディ・マッケイのサックスが随所に効いていて、
フィルマンザネラのギターも前作以上の多彩な仕事ぶりだ。一方ではソフトなポップ性がさらに強まり、
シアトリカルな怪しさは減退しているので、プログレリスナーには前作の方が受けがよいかもしれない。
メロディック度・・8 プログレ度・・6 風変わり度・・6 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROXY MUSIC
「Siren」
ロキシー・ミュージックの4th。1975年作
ビートミュージック的なポップ感はさらに強まり、一聴してキャッチーな爽快さが前に出ている。
それでいて英国ロック的な深みがなくなったかというとそうでもなく、曲によっては前作以上に
プログレ要素を感じさせる部分もある。絡みつくようなブライアン・フェリーの歌声は、
やはりただのポップには収まらない。「怪しくなったQUEEN」というような雰囲気もある。
本作をもってバンドはいったん解散、1979年の復活を待つことになる。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 風変わり度・・7 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROXY MUSIC「Manifesto」
ロキシーミュージックの1979年作
活動再開した第二期ロキシーの1作目。
80年代的なポップなビート感覚と、オルガンや美しいシンセアレンジが合わさったサウンドで、
そこに乗るブライアン・フェリーのアダルトな歌声が、やはりこのバンドならではのカラーとなっている。
ファンキーな曲などはアメリカナイズされかかった音にも思えるが、ソフトなキャッチーさの中にも
仮面をかぶったような毒気はかすかに残していて、単なるポップロックとも一線を画する聴き心地である。
第一期の怪しさは減退しているが、大人のモダンロックというべき好作品だ。
メロディック度・・8 プログレ度・・6 怪しさ度・・6 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROXY MUSIC「Flesh & Blood」
ロキシーミュージックの1980年作
復活2作目である本作だが、ドラムのポール・トンプソンが交通事故により脱退しており、
バンドはブライアン、マンザネラ、アンディの3人のメンバー名義となった。
前作のキャッチーな爽やかさを押し進めたサウンドで、ほぼ完全なるポップロック。
セッションミユーシシャンである、アンディ・ニューマークのドラムは機械のように正確で、
80年代的なビート音楽にぴったりマッチしている。かつての個性的な英国ロック色が希薄となり、
ただただ耳心地のよい作風は、バンドとしての意義を無くし、次作「Avalon」で最後を迎える。
メロディック度・・8 プログレ度・・5 爽やか度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

ROXY MUSIC「Avalon」
ロキシーミュージックの1982年作
ファンタジックなジャケにそそられるが、サウンドは前作の延長上の
じつに爽やかきわまりないポップロック。ブライアン・フェリーの歌声は、
初期のシアトリカルな雰囲気はどこへやら、裏声を使った優しい響きで、
やわらかなシンセアレンジとともに、80年代的なビートポップを聴かせる。
音質面での見事な仕事も含めて、とても綺麗で耳触りのいい作品だ。
完成度は高いけれどもプログレファンには磨きすぎた音楽に思えてしまう。
メロディック度・・8 プログレ度・・5 爽やか度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る




Sally OldfieldWater Bearer」
MIKE OLDFIELDの姉、サリー・オールドフィールドの1978作
水音から始まる本作は、しっとりとしたアコースティカルな風味とサリーの美しい歌声で聴かせる耳に優しいサウンドだ。
指輪物語をモチーフにした12分の組曲をはじめ、ファンタジー性に溢れた作品で、やはりMIKE OLDFIELDにも通じる、
自然との融合を感じさせる音作りで、おおらかな質感と女性らしい繊細さが合わさった、実に優雅な味わいの作品だ。
ゆったりとまどろみながら、いつまでも聴いていたい。やさしい美しさに浸れる好作品だ。
メロディアス度・・9 しっとり繊細度・・10 女性Vo度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


SAVAGE GRACE「The Complete
アメリカのロックバンド、サヴェージ・グレイスの1970/71年作のカップリング2CD
同名のメタルバンドもいるが、こちらはアメリカのプログレ風ロックバンド。
キーボードを含む4人組で、70年作の方は、ブリティッシュロック的な牧歌性を
アメリカらしいおおらかなキャッチーさで包み込んだようなサウンド。
クラシカルなピアノの響きなど、PROCOL HARUMを思わせるような部分もあり
70'ロックとしての魅力はたっぷり。2ndになると、いくぶんハードなR&B色が強くなる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


SKY「Squared」
イギリスのクラシカル・フュージョンバンド、スカイの2枚組ベストアルバム。1998作
クラシック・ギター界の貴公子と言われるジョン・ウィリアムスを中心に、
元CurvedAirのフランシス・モンクマンなども参加してデビューを飾ったバンド。
本作は1978年の1stから1984年の6thまでの曲を順番に収録したベスト盤だ。
クラシックギターの音色と、シンセなどによるフュージョン感覚が合わさって、
素朴なのだがモダンさもあるという不思議な質感を生み出している。
本格的にエレキギターを取り入れた2ndからは、プログレフュージョン的な色合いが増し
アレンジ的にもぐっとこなれて、やわらかなメロディが楽しめる優雅なサウンドとなっている。
クラシカル度・・8 プログレ度・・7 フュージョン度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


SLAPP HAPPY「Casablanca Moon/Desperate Straights」
アンソニー・ムーア、ピーター・ブレグヴァド、ダグマー・クラウゼの3人によるスラップ・ハッピーの1974/75年作
のちに「Acnalbasac Noom」のタイトルで発表される楽曲を録り直した2nd「Casablanca Moon」と、
Henry Cowと合体して作られた3rd「Desperate Straights」のカップリング盤。
2ndはオシャレなタンゴ調で始まり、ダグマーの美しい歌声を中心に、カフェミュージックのポップ感覚や
チェンバーロック、牧歌的なカントリー風味などを感じさせながら、ゆったりと聴かせるサウンド。
3rdはHenry Cowのシリアスなアヴァンギャルド性が強く出ていて、プログレとしてより楽しめる。
チェンバーロック的な不穏な空気と、ジャズロック的な演奏が合わさり、ダクマーの歌唱にも力が入る。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SLAPP HAPPYAcnalbasac Noom
スラップ・ハッピーの1973/80年作
1973年に録音されたがポリドールから発売を拒否されたといういわくつきのアルバムで、
これを録音し直した「Casablanca Moon」の方が一般的には認知度が高い。
同じ曲であるのに、こちらの方は飾らない素朴さが、音のエッジを引き立てていて、
優雅でポップな印象の再録版に比べると、ぐっと玄人好みの雰囲気である。
ドイツのFAUSTのメンバーが参加していることもあり、演奏自体にいくぶんロック色が強まっている。
シャンソン風味のお洒落な軽やかさでは再録版を、バンドとしての方向性ではこちらを選びたい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SLAPP HAPPY / Henry Cow 「Desperate Straights」
スラップ・ハッピーヘンリー・カウの合同アルバム。邦題「悲しみのヨーロッパ」1975年作
Henry Cow名義の合同作「In Praise of Learning」よりも先に録音された作品で、
スラップ・ハッピーの優雅な軽妙さと、ヘンリー・カウのアヴァンギャルドでアーティスティックな作風が融合されたサウンド。
1〜3分台の小曲が中心で、ダグマー・クラウゼのシアトリカルなヴォーカルを中心に、緊張感漂うヴァイオリンの音色と
優雅なピアノ、トランペットなどが鳴る、チェンバーロック要素がミニマムな形で構築されている。
いわば、聴きやすいヘンリー・カウというべきか。スラップ・ハッピーだけのファンには難解に映るかもしれない。
優雅度・・8 ヘンリーカウ度・・8 アヴァンギャル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SLAPP HAPPY「CAVA」
英国のカンタベリーポップバンド、スラップ・ハッピーの1997作
アンソニー・ムーア、ピーター・ブレグヴァド、ダグマー・クラウゼの3人が再び集った、
単独名義のアルバムとしては24年ぶりとなる作品。ダグマー・クラウゼの艶やかな歌声を中心に、
かつてを思わせるポップとエキセントリックの狭間を優雅に歩くような独自のサウンドが楽しめる。
基本的には聴き安いキャッチーさが前に出ているが、たゆたうような翳りの中にある不思議な浮遊感…
その個性的な世界観は健在だ。静かに己の内側に向かうかのようなダグマーの情感的な歌唱が素晴らしい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 女性Vo度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SLAPP HAPPY 「Live in Japan」
英国のカンタベリーポップバンド、スラップ・ハッピーのライブ作品。2001年作
アンソニー・ムーア、ピーター・ブレグヴァド、ダグマー・クラウゼの3人が再び集い、1997年に24年ぶりとなるアルバム「CAVA」を発表。
その後、2000年に実現した日本公演のライブ音源を収録している。ダグマー・クラウゼの独特の艶のある歌声はライブでも健在で、
ギターとシンセによるシンプルな演奏をバックに圧倒的な存在感をはなっている。ときに日本的な情感も織り込みつつ、
ジャズ風味の優雅さとエキセントリックなお洒落さをさりげなく感じさせる、キャリアとセンスに裏打ちされた表現力はさすがのひと言。
代表曲“カサブランカ・ムーン”も年季を経たじつに味わいがある歌声である。ファンならば要チェックのライブですよ。
ライブ演奏・・8 優雅でお洒落度・・9 ダグマーの歌唱度・・9 総合・・8 
Amazon.co.jpで詳細を見る



Soft Machine
イギリスのジャズロックバンド、ソフト・マシーンの1968年作
デヴィッド・アレン、マイク・ラトリッジ、ロバート・ワイアット、ケヴィン・エアーズの4人で結成されたが、
ビザの問題でイギリスに戻れなかったアレンが離脱、他の3人によって作られた記念すべき1作目。
のちに聴かれるジャズロックとしてのサウンドよりも、ぐっとサイケ寄りのサウンドで、
フリーキーに鳴らされるオルガンやギターに、浮遊感ただよわせるヴォーカルが合わさった
いわばユルめのサイケ・ジャズロック。アヴァンギャルドなポップ性が気持ちよい好作。
ジャズロック度・・6 プログレ度・・7 サイケ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Soft Machine 「Volume 2」
ソフト・マシーンの1969年作
脱退したケヴィン・エアーズに代わってヒュー・ホッパーが正式加入しての2作目。
前作でのポップなアヴァンロック路線も残しつつ、ジャズロック的な構築性も覗かせるとともに、
演奏面での整合感がぐっと増してきている。やわらかなオルガンを含んだ優雅な感触は、
カンタベリー的な最初のスタイルと言ってよいかもしれない。1、2分の小曲を連ねてゆく作風で、
楽曲ごとの濃密さはあまりないのだが、サイケなジャズロックとして全体で聴いて楽しめるアルバムだ。
ジャズロック度・・7 プログレ度・・8 サイケ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SOFT MACHINE「THIRD」
ソフト・マシーンの3rd。1971年作
ロバート・ワイアット、ヒュー・ホッパー、マイク・ラトリッジの3人が中心となり、
硬派なジャズロック的側面と、サイケがかったアヴァンギャルドな要素が交錯した濃密な作風で聴かせる。
エルトン・ディーンのサックスがメロディを重ねると、シリアスな構築型ジャズロックとしての整合感が現れる。
フリージャズ的な緊張感がサウンドの硬質感を高めていて、18分以上の大曲が4曲という凄い構成も含めて、聴き手をぐいぐい惹きつける。
2007年の再発盤には1970年のライブ音源を収録したボーナスDiscが付いていて、音質も良好な素晴らしいライブテイクとなっている。
ジャズロック度・・8 プログレ度・・8 硬派度・・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOFT MACHINE「4」
イギリスのジャズロックバンド、ソフト・マシーンの4th。1971作
エルトン・ディーンが正式加入し、サウンド的には前作にもあったフリージャズ要素が
さらに強くなっている。軽やかなリズムの上に鳴り響くサックスはジャズそのもの。
個人的にはプログレ的なスケールの大きさを感じた前作の方が好みだが、
バンドにとってはジャズへの傾倒を極めることも深化の過程に必要だったのだろう。
本作を最後にロバート・ワイアットはバンドを脱退する。
ジャズ度・・9 プログレ度・・7 硬派度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOFT MACHINE「5」
イギリスのジャズロックバンド、ソフト・マシーンの5th。1972作
前作で見せたジャズへの傾倒をさらに押し進めた作品で、冒頭からエルトン・ディーンのサックスがフリーキーに鳴り響く。
ドラムにエレピが加わって、緊張感を漂わせたアンサンブルが広がってゆく。
ドラムソロ的な小曲も含めて、フリーキーな奔放さが際立った内容で、
硬派なジャズロックとしてのバンドの頂点は本作だったといえるかもしれない。
ジャズ度・・9 プログレ度・・7 緊張感度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SOFT MACHINE「6」
イギリスのプログレ・ジャズロックバンド、ソフト・マシーンの6th。1973年作
新たに鍵盤奏者としてサックスにオーボエもこなすカール・ジェンキンスが加入。
サックスに絡むエレピが美しく、また同時にフリーキーなジャズロックの中に
プログレッシブなスリリングさが戻ってきていて、雰囲気としては3rdに近いか。
ライブ録音とスタジオ録音の混合という形は、バンドとしての不安定な模索を感じさせるが
その中で出てきた緊張感が上手く音に現れているという言い方もできるかもしれない。
これまで以上にテクニカルなリズムが強調され、その点では最もプログレリスナーに
楽しめるアルバムかもしれない。個人的にもこれと3rdが初期〜中期ソフツのお気に入り。
ジャズロック度・・8 プログレ度・・8 硬派度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOFT MACHINE「Seven」
イギリスのプログレ・ジャズロックバンド、ソフト・マシーンの7th。1973作
オリジナルメンバーはマイク・ラトリッジのみとなり、サウンドはフュージョン化が進み、
それとともに、これまでにあったような大曲は影を潜めてコンパクトになっている。
カール・ジェンキンスのシンセワークが前に出てきていることもあって、
これまでにないメロディアスな聴きやすさが本作の特徴だろう。
プログレ・フュージョン的な軽やかな質感が好みを分けるかもしれないが、
ジャズ、フュージョン、ロックをセンスよくクロスオーヴァーさせた好作である。
フュージョンロック度・・8 プログレ度・・7 硬派度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOFT MACHINE「Bundles」
イギリスのプログレ・ジャズロックバンド、ソフト・マシーンの8th。1975作
長く廃盤だった本作が2010年リマスター再発された。日本でも人気の高いこのアルバムは、
ギタリストにアラン・ホールズワースが加わり、テクニカルなフュージョン風味がいっそう強まった作品。
前作「seven」より顕著になったカール・ジェンキンスのシンセを主導にしたフュージョン路線は、
テクニカルなホールズワースのギターと組み合わさることで、よりその密度を濃くしている。
インストのダイナミズムは、これまでのフリーキーなジャズロックのはるかに上をゆくもので、
聴き応えの点ではバンドの作品中でも次作「Softs」と並ぶ出来だろう。フュージョン・ジャズロックの傑作。
フュージョンロック度・・8 プログレ度・・7 テクニカル度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOFT MACHINE「SOFTS」
イギリスのプログレ・ジャズロックバンド、ソフト・マシーンの9th。1976作
前作「Bundles」とともに長く廃盤であった本作は、アラン・ホールズワースに代わって
元WOLFのジョン・エスリッジを迎えて作られた、プログレッシブ・フュージョンロックを極めた1枚。
ジョン・マーシャルの抜群のドラムとエスリッジのセンスあふれるテクニカルなギターワーク、
カール・ジェンキンスのシンセも楽曲をゆるやかに構築し、軽妙さと緊張感がせめぎ合う
見事なサウンドを描き出している。スケール感を感じさせる演奏という点では前作以上で
バンドとしてのひとつの到達点でもあるだろう。フュージョン・ジャズロックの最高傑作。
メロディアス度・・7 テクニカル度・・9 プログレ・フュージョン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

SOFT MACHINE 「ALIVE & WELL RECORDED IN PARIS
ソフト・マシーンのライブ作品。1978年作
フュージョン色を強めた傑作「ソフツ」後のライブで、1977年、フランス、パリでのライブ音源を収録。
GILGAMESHのスティーブ・クック、ALBION BANDのリック・サンダースが加わった編成で、
ジョン・エサリッジの奏でる流麗なギターとともに、質の高いフュージョン・ジャズロックを聴かせてくれる。
ジョン・マーシャルの軽やかなドラムとカール・ジェンキンスのシンセワークも素晴らしい。
ジャズロックの緊張感よりも、むしろソフトなモダンフュージョン色が強まったサウンドが楽しめる。
再発盤のボーナスCDにはライブのアウトテイクス音源を収録。
ジャズロック度・・8 フュージョン度・・8 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

SOFT MACHINELand of Cockayne
イギリスのジャズロックバンド、ソフト・マシーンの1981年作
ほぼKARL JENKINSのソロプロジェクトとなったラスト作の、2010年リマスター再発盤。
John Marshall、Jack Bruce、Alan Holdsworthなど、名うてのメンバーが参加しているが、
サウンド自体は、緊張感の薄い、ゆったりとしたフュージョン風味のジャズロック。
ジェンキンスの美しいシンセにサックスが絡み、ときおり女性コーラスなども入ってきて、
のちのアディエマスに通じるようなアンビエントな質感もある。プログレとして楽しむには厳しいが、
これはこれとしてのんびり鑑賞できるし、よく言えば優雅でお洒落なモダンさが耳心地よい作品だ。
メロディアス度・・8 ジャズロック度・・7 フュージョン風度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


Spring
イギリスのプログレバンド、スプリングの1971作
トリプルメロトロンという触れ込みに、心踊らせて聴いてみたけれども、牧歌的すぎてあまりピンと来なかったのですが、
あらためて聴くとゆったりとした情緒が心地よいですね。もちろんバックに鳴り響くメロトロンにもうっとりですが、
美しいピアノやアコースティカルなギターワークもいかにも英国的。ブルージーなギターにハモンドなども重なって、
70年代ロックとしての躍動感もあります。2000枚限定の紙ジャケリマスター盤には、ボーナス3曲を収録。
メロディアス度・・7 牧歌的度・・8 メロトロン度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Spring 「Second Harvest」
イギリスのプログレバンド、スプリングの未発音源集。2008年作
1971年に唯一のアルバムを残して消えたバンドの2作目用の未発音源のCD化。
「トリプルメロトロン」のうたい文句でマニアに支持された1作目に比べると
本作のサウンドは、オルガンをメインに使用した、ブリティッシュロックになっている。
メロトロンの使用は控えめながら、やわらかなピアノにフルートの音色、
随所にブラスやストリングスも加わった優雅なアレンジで、英国らしい良質のオルガンプログレが楽しめる。
日本盤では「ジ・アンタイトル2」としてジャケ違いで先に発売されている。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

SQUACKETT「Life Within a Day
クリス・スクワイアとスティーヴ・ハケットのユニット、スクアケットの2012年作
プログレ界の大物というべき二人によるユニットであるが、サウンドの方は、じっくりと聴かせる
メロディックな大人のプログレハード風味で、イエスというよりはジェネシス…ハケット色がやや強いか。
ハケットの奏でるメロウで叙情的な泣きのギターを織り込みながら、キャッチーな歌メロもよい感じで、
随所にロジャー・キングのシンセワークも存在感を放っている。全体的にはゆったりとした雰囲気なのだが、
枯れた味わいの落ち着きを退屈と思わなければ、とても楽しめる好作である。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 ハケット度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


STACKRIDGE
英国のプログレポップバンド、スタックリッジの1st。1971作。
このバンドの音は、基本はビートルズ的なキャッチーなポップミュージックなのだが、
音がかもしだす雰囲気、曲のアレンジにはプログレファンにアピールするものがある。
ポップさの中にも皮肉めいたしたたかさや、ときおり聴かせるシンフォニックな音の重ねには
ついつい嬉しくなるとき、このバンドのセンスの良さをしみじみと感じるのである。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・9 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGE「FRIENDLINESS」
英国のプログレポップロックバンド、スタックリッジの2nd。1972作。
ポップでキャッチーでありながら、時折見せる凝ったアレンジの曲つくりから、
「プログレファン向けのビートルズ」という評価もあるのがこのバンド。
やわらかみのあるヴォーカルメロディはまさに「英国」の音作り。
陽気なロックナンバーからストリングス入りのシンフォニックアレンジのものまで、
すべてがセンス良くまとめられ力まずに聴けるくせに、隠されたプログレ味に思わずにやりとする。
メロディアス度・・8 ポップ度・・8 隠しプログレ度・・8 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

Stackridge「The Man in the Bowler Hat」
イギリスのメロディックロックバンド、スタックリッジの3rd。1973作
「山高帽の男」の邦題で知られるバンドの代表作。
まるでビートルズのようなポップなメロディに、プログレ的な感覚をまぶしたサウンドは、
まさに知的なメロディックロック。美しいヴァイオリンの音色を響かせながら、
キャッチーなコーラスハーモニーとともにやわらかに聴かせてくれる。
ジャケやタイトルを含め英国的なウイットに富んだ傑作だ。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGE「BBC RADIO 1 LIVE IN CONCERT」
イギリスのメロディアスロックバンド、スタックリッジのライブアルバム。
1972〜1975年までのBBCラジオでのスタジオライブの音源で、音質もまず良好。
たおやかなフルートが美しい“God Speed The Plough”から始まり、
キャッチーで軽快な“Lummy Days”の楽しいメロディとヴァイオリン、メロトロンの音色にうっとり。
この手のポップセンスのあるロックバンドとしては演奏力も抜群で、そういう点でもプログレファン向きだ。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGE「Extravaganza」
英国メロディアスロックバンド、スタックリッジの4th。1975作
70年代にそれぞれに質の高い5枚のアルバムを残した彼ら。
このアルバムは初期の3枚に比べると、さらにポップでキャッチーになっており、
大曲もなくコンパクトにまとまっているという印象。メンバーチェンジのせいもあってか、
初期の魅力であった牧歌的な雰囲気も薄れ、普通のソフトロックとしてさらりと聴ける。
美しいピアノやヴァイオリンなども含め、演奏力の高さはさすがだが、
プログレリスナーにとってはやや物足りないアルバムかもしれない。
メロディアス度・・8 ポップ度・・8 プログレ度・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGE「MR.MICK」
イギリスのメロディック・ロックバンド、スタックリッジの5th。1976作
1st〜3rdあたりまでは、「作り込まれたキャッチーなロック」という雰囲気の
質の高いアルバムだったが、このアルバムでは意外とインストパートが多く、メロトロンやピアノ、
ハープシコードなどが多く使用されていて、サウンドにコンセプト的な色合いが強く出ている。
ところで、この作品自体は、1曲目がビートルズのカヴァーであるなど、
レコード会社による介入がバンド側としては気に入らなかったらしく
2000年には「THE ORIGINAL MR.MICK」として、曲順を変えた完全版が発表された。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 プログレ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGE「SOMETHING FOR THE WEEKEND」
イギリスのポップ・ロックバンド、スタックリッジの1999作
70年代に5枚のアルバムを残したあのスタックリッジのなんと新作である。
かつて「プログレ化したビートルズ」と形容された雰囲気はそのままに、
ブリティッシュロックの叙情と、キャッチーなポップセンスを今なお伝えてくれる。
マイク・エヴァンスのやわらかな歌声、楽しげなヴァイオリンやピアノの音色は
ソフトロックとして時代を超えてきたバンドとしての変わらぬ魅力に溢れている。
メロディアス度・・8 ポップでソフト度・・8 プログレ度・・6 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGE「Pick of the Crop」
復活したスタックリッジのライブアルバム。2000作
ポップだがけっこうプログレ受けする作品を70年代に何枚も発表していたこのバンドが
1999年に新作を出して復活、これはそれにともなうライブアルバムである。
もともと演奏力は抜群で、キャッチーな中にも楽曲にはひとひねりが加わっているので、
のんびりと耳を傾けつつ聴け、しかも案外飽きさせない。
ゲストによるヴァイオリン、フルート、アコーディオンなども加わり、じつに楽しげな演奏だ。
メロディアス度・・8 ポップでキャッチー度・・8 ライブ演奏・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STACKRIDGEThe Original Mr. Mick
イギリスのメロディックロックバンド、スタックリッジの1976/2000作
1976年に発表されたアルバムは、レーベル側に編集されたものであったとして、
その24年後にバンド側が自分達の希望していたオリジナルな形で蘇らせた作品。
ビートルズのカバーで始まったレーベル版に比べると、コンセプト作ということで
曲順はもちろん曲そのものも多くが差し替えられていて、かなり印象が異なる。
正直なところを言えば、彼らの持つやわらかでキャッチーな音楽性の魅力を考えると、
つかみのインパクトはやや弱く、ちゃんと聴き込まないと良さが分かりにくい気がする。
熱心なファンなら両方のバージョンを聴き比べるなどして楽しめるとは思うが、
ジャケを含めて考えると、個人的にはレーベル版の方が聴きやすくて好きかもしれない。
メロディアス度・・7 コンセプト度・・8 ジャケ・・1 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


STEVE HACKETT「Voyage of the Acolyte」
スティーブ・ハケットのソロ1作目。1975年作
キム・プーアの幻想的なジャケに包まれたこの作品は、ハケットの初期の最高作と名高い。
サウンドの方は、このアルバム制作時はまだGENESISに在籍していたこともあり、
フィル・コリンズ、マイク・ラザフォードらも参加していて、初期GENESISの面影を感じさせるものとなっている。
軽やかでメロディアスな1曲目から、2曲目以降はしだいにしっとりとした雰囲気となりたおやかなフルートの音色に、
つまびかれるアコースティックギター、ゆるやかなメロトロンなどがジャケのような幻想的な美しさをかもし出す。
ボーナストラックには、1曲目“Ace of Wands”のライブバージョンと、大曲、“Shadow of the Hierophant”のロングバージョンを収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 しっとり優美度・・9 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETT「Please Don't Touch!」
英国を代表するプログレギタリスト、スティーヴ・ハケットのソロ2作目。
静かで幻想的な作風だった前作に比べ、KANSASのスティーブ・ウォルシュをはじめ
多くのゲストを迎えて制作された本作は、キャッチーでコンパクトなサウンドが目立つ。
「ナルニア国物語」をテーマにした1曲目をはじめ、歌もの的で聴きやすい曲が多く、
アコースティカルな部分と、シンセなどのエレクトリックな要素がバランスよく使われている。
全体的に肩の力を抜いて聴け、メリーゴーランドのように楽しめるアルバムだ。
2005年リマスター盤には、ボーナストラック3曲を追加収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 幻想度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETT「Spectral Morning」
スティーブ・ハケットのソロ3作目。1979年作
全体的にプログレというよりは、聴きやすいキャッチーなメロディックロックであるが、
スティーブの繊細なギタープレイと、ピート・ヒックスやわらかなヴォーカルは、
プログレハード風の質感もあり、ニック・マグナスのキーボードの美しさもあいまって、
シンフォニック度ではおそらく同時期のGENESISのアルバムより上だろう。
2005年リマスター盤には、ボーナストラックにシングルや別バージョンなど7曲を追加収録。
メロディアス度・・9 シンフォニック度・・8 プログレ度・・6 総合・・8 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETTDefector
スティーブ・ハケットのソロ4作目。1980作
ハケットの初期4枚はGENESISフリークにとっては、どれも聴いて損のないアルバムだろう。
ゆったりとしたテンポの上にギターのアラビックなメロディが乗る1曲目は、ややダークな雰囲気ながら、
ニック・マグナスによるシンセワークも美しく、ハケット節ともいえる繊細なフレージングが楽しめる。
続く2曲目は歌入りでキャッチーかつ爽やかな雰囲気だが、プログレ的な展開を聴かせる3曲目から、
それ以降も小曲中心ながら、内省的なゆるやかな質感と適度なプログレ感覚を巧みに織り込んでいる。
アコースティカルな美しさとたおやかなフルート、メロトロンも鳴りだす6曲目あたりも聴きどころ。
ボーナストラックにはライブ音源4曲を含む5曲を収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ゆるやか繊細度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Steve Hackett「Cured」
スティーブ・ハケットのソロ5作目。1981年作
このジャケからしてなんだかトロピカルな感じであるが、サウンドの方もポップな色が強まった。
80年代的なキャッチーなヴォーカルハーモニーとともに、楽曲はいたってシンプル。
もちろんハケットらしいメロウなギターも随所にあるし、ニック・マグナスのシンセワークも、
きらびやかで耳心地がよい。あながちポップだからダメ、という作品でもないのである。
なにげに曲の出来がよいので、あなどれない好作ですな。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 プログレ度・・6 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve HackettHighly Strung
スティーブ・ハケットの1982年作
ソロ6作目となる本作は、前作「CURED」での80年代ポップ感覚を上手く昇華して
歌を含めてキャッチーなメロディをロックとしての躍動感に溶け込ませている。
伸びやかなハケットのギターはもちろん、ニック・マグナスのシンセワークも
きらびやかに輝いていて、随所にプログレ風味も感じさせてくれるのが嬉しい。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 プログレ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETTGuitar Noir & There Are Many Sides to the Night
1993年のアルバム「Guitar Noir」と、1995年のライブ作「There Are Many Sides〜」をカップリングした2枚組。
Guitar Noir」は、ゆるやかなシンセをバックにハケットらしい繊細なトーンのギターが鳴り響く、
耳に心地よいサウンド。意外性やプログレ的な部分は少ないが、エレガントなギターの音色に
やわらかなヴォーカルメロディが上品でしっとりとした空気を運んでくる。
There Are Many Sides〜」はギターとキーボードによる二人のみのライブ演奏であるが、
アコースティックギターの音色がとても美しく、静かでありながらも空間的なサウンドを聴かせてくれる。
自身のソロ曲をメインに、GENESISのナンバーも取り上げていて、優雅でゆったりとした音に浸れる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ゆったりエレンガン度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETT 「THE TOKYO TAPES」
スティーブ・ハケットの1996年日本公演のライブアルバム。CD2枚組。
メンバーは、ジョン・ウエットンイアン・マクドナルドらの豪華布陣。
まずのっけから「WATCHER OF THE SKIES」で往年のGENESISファンの心を鷲づかみ。
ハケット自身のソロ作からの曲に加え、ASIAKING CRIMSONの曲も披露。
とくに「THE COURT OF THE CRIMSON KING」はイアン・マクドナルドの存在も相まって
じつに素晴らしい演奏だ。「GENESIS REVISITED」に感激した往年のファンは必聴。
メロディアス度・・8 ライブ演奏・・8 名曲度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETT「GENESIS FILES」
スティーブ・ハケットのGENESIS時代の曲のリアレンジをメインとしたアルバム。
CD2枚組みで全20曲収録だが、多くが1996年の「GENESIS REVISITED」とかぶるので、
あくまでファン向けのコンピレーションといったところだろうか。
その他にも近年のライブ作「TOHYO TAPES」からや、自身のソロ作からも収録された楽曲は
どれもがハケットらしい英国的な優雅さとメロディに満ちていて、かつてのGENESISファンには楽しめると思う。
メロディアス度・・8 GENESIS度・・8 GENESIS REVISITEDを持ってなければ買い度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETT「Darktown」
スティーブ・ハケットの1999作
のっけからビートロック調の曲で始まって驚くが、続くタイトル曲では
低い囁き声のようなエフェクトの入ったヴォーカルに、ダークな音色のギターで、
メロディアスでありつつも陰鬱であるという、異色な質感を聴かせる。
4曲めはオーケストレーションに加え、やわからみのあるヴォーカルが優しく歌を乗せる。
アルバム中盤以降は、ゆるやかなメロディとハケット節のメロウなギターが堪能できてひと安心。
全体的にはハケット自身の内的な世界観を表現した、やや暗めの叙情に包まれていて
とっつきは悪いかもしれないが、ディープな部分での彼の作り出す音がうす闇の中に見えてくる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 暗がりの叙情度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETT「To Watch The Storms」
スティーブ・ハケットの2003作。
これはかなりの傑作だ。アコースティカルな音色も聴かせる繊細なギターワークと
全体的にしっとりとしたシンフォニックな雰囲気は、黄金期のGENESISを思わせ、
そこにやわらかなヴォーカルラインが重なって、英国的な情感を作り上げている。
ロジャー・キングのキーボードワークも見事で、盛り上がる場面でのハケットのギターとの絡みは白眉。
「21世紀の精神異常者」へのオマージュを思わせるFなど、様々な曲調の詰まったアルバムだが、
翳りと湿りけを含んだ、ハケットらしいメロディアスロック作品だ。
メロディアス度・・8 シンフォニック度・・7 しっとり繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STEVE HACKETTWild Orchids
英国を代表する叙情派ギタリスト、スティーブ・ハケットの2006年作
前作「To Watch th Storm」もかなりの完成度であったが、
今作ではのっけからオーケストラ入りでぐっとシンフォニックに聴かせてくれる。
2曲目以降はエスニック音楽をモダンに取り入れた曲や、アコースティカルな歌ものなど
楽曲の幅の広さは前作以上で、音楽家ハケットの懐の広さを改めて思い知らされる。
プログレ的なまとまりのある完成度では前作に軍配を上げるところだが、
今作ではひとつところにとどまらないハケットの音楽探究の精神を垣間見る思いがする。
シンフォニック度・・7 しっとりメロウ度・・8 多様度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Steve Hackett「Out of the Tunnel's Mouth」
英国を代表する叙情派ギタリスト、スティーブ・ハケットの2009年作
前作から3年ぶりのアルバムで、シンフォニックかつ繊細なアレンジと、ハケットの流麗なギタープレイが光る
前作以上にメロウなサウンドが楽しめる。35年以上もここまで叙情にこだわり続けているのが素晴らしい。
前作で聴かれたモダンなリズムアプローチなど、曲のバラエティも豊富で飽きさせない。
ゆったりとしたアコースティックなナンバーも含めて、まさに円熟の極みという作品だ。
ボーナスDisc付きの2枚組には、Genesisのナンバーも含む2009年のライブ音源を収録。
メロディアス度・・8 しっとりメロウ度・・8 繊細叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Steve HackettLive Rails
元GENESISのスティーブ・ハケットのライブアルバム。2011年作
アルバム「Out of the Tunnel's Mouthにともなう2009〜2010年の欧州ツアーのステージを収録。
スタジオアルバムでは、年月をへてもそのハケット節ともいうべきメロウなサウンドは不変であったが、
ライブにおいても同様で、よい意味でのマイナー感覚を残して、決してポップへと逃げない姿勢は素晴らしい、
ハケット自身の泣きのギターは当然のように素晴らしく、味わいのあるヴォーカルも含めて叙情派メロディックロックとしての
ひとつの理想郷を描いている。ロジャー・キングの美しいシンセワークも、シンフォニックな味わいをサウンドに付加しているし、
コーラスもこなす女性ギタリスト、アマンダ嬢の存在もなにげに効いている。Disc2では“Firth of Fifth”、“Los Endos”といった
GENESIS時代のナンバーも披露。ファン思いのハケットらしい、優しく優雅なライブアルバムである。叙情派の方々は必聴!
メロディアス度・・8 ライブ演奏・・9 メロウ度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Steve HackettBeyond the Shrouded Horizon
元GENESISのギタリスト、ステーブ・ハケットの2011年作
ライブアルバムに続き、ここのところ活発な活動をしているハケット先生、その作品にハズレなしという通り、
本作も繊細な叙情美に彩られた傑作。つまびかれるアコースティックギターに、やわらかなヴォーカルとコーラスメロディ
どこか東洋的な色合いを感じさせる旋律とともに、幻想的な世界が広がってゆく。年月をへても失わない瑞々しい感性が、
楽曲の端々にきらめいていて、ギタリストというよりも作曲家としてのトータルな雰囲気作りが素晴らしい。
もちろんメロウなギターもたっぷりで、女性ヴォーカルやオーケストレーションも含めて
作り込まれたアイデアの多さに感心しながら、泣きの叙情にうっとりとなる。
メロディアス度・・8 叙情度・・9 繊細度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Steve Hackett 「Genesis Revisited II」
スティーブ・ハケットによるジェネシスのセルフカヴァーアルバム。2012年作
1996年発表の「Genesis Revisited」の続編ということで、選曲もかぶらないようにされているが、
繊細な叙情美とともに、ハケットのメロウなギターがかつてのGENESISの旋律を奏でるというだけで、もううっとりなのである。
ジョン・ウェットン、ロイネ・ストルト、ロジャー・キング、スティーブ・ロザリー、ニール・モーズ、スティーブン・ウィルソン、
フランシス・ダナリー、ニック・カーショウ、サイモン・コリンズ、など数多くのゲストが参加していて、
この曲で歌っているのは誰だとか、これ弾いているのは誰だとか、調べるのも楽しい。とくに、大曲“Supper's Ready”や、
フランシス・ダナリー(元IT BITES)が歌う“Dancing With The Moonlit Knight”、そして初期の名曲“The Musical Box”あたりは
個人的にとても嬉しい。にしても、ナッド・シルヴァン(Agents of Mercy)の声はピーガブそっくりですな。
アレンジも比較的元曲に忠実なので違和感がない。GENESISファン、ハケットファンの双方ともに必聴というべきCD2枚組。
ドラマティック度・・9 メロウな叙情度・・9 GENESIS度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る 


Steve HackettGenesis Revisited: Live At Hammersmith
イギリスのギタリスト、スティーヴ・ハケットのライブ作品。2013年作
ジェネシスをセルフカヴァーした2012年作にともなうツアーから、イギリス、ハマースミスでの公演を3CD+2DVDに収録。
ヴォーカルには、ナッド・シルヴァン(Agents of Marcy)、ベースにリー・ポメロイ、シンセにはロジャー・キング
ドラムはゲイリー・オトゥール、フルート&サックス、ロブ・タウンゼンドというメンバーで、1曲目から名曲“Watcher of the Skies”で
艶のあるハケットのギターワークに、美しいシンセワーク、そしてピーター・ガブリエルを思わせるナッドのヴォーカルで、
まさに往年のGENESISの世界観を見事に蘇らせている。ゲイリー・オトゥールのタメの効いたドラムも見事でアンサンブルの核を担う。
ゲストヴォーカルにニック・カーショウ、ジョン・ウェットン、ジャッコ・ジャクジクが参加、さらにはスティーブ・ロザリー(ずいぶん太ったな)、
女性ギター奏者のアマンダ・レーマンがステージに華を添える。“月影の騎士”や“The Musical Box”といった往年の名曲にはやはりぐっとくる。
そしてこれぞ英国というべきディープなウィットと幻想に包まれたの大曲“Supper's Ready”でステージはクライマックスを迎える。
アンコールでは“Firth of Fifth”、“Los Endos”を披露、2時間40分におよぶステージが幕を閉じる。まさにGENESISファンは必見のライブである。
ライブ演奏・・9 ライブ映像・・9 GENESIS度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve Hackett「Genesis Revisited: Live At The Royal Albert Hall
スティーヴ・ハケットのライブ作品。2014年作
2013年イギリス、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのステージを2CD+DVDに収録。
前回のハマースミスは5枚組というボリュームだったが、今作は3枚組とコンパクトにまとめられている。
メンバーは同じく、ナッド・シルヴァン、リー・ポメロイ、ロジャー・キング、ゲイリー・オトゥール、ロブ・タウンゼンドというメンツで
今回は1曲目から7拍子の名曲“Dance on a Volcano”でアグレッシブにスタート。円形状のアルバートホールの厳かな雰囲気のなか、
メンバーの巧みな演奏が繰り広げられる。続いて“Dancing with the Moonlit Knight”で早くもステージは最高潮、
The Flower Kingsのロイネ・ストルトがギターで参加、ハケットとの夢のツインギターが実現した“The Return of the Giant Hogweed”、
続く“The Musical Box”が前半のハイライト。後半は、“Firth of Fifth”、“サルマシスの泉”、そして大曲“Supper's Ready”という、
往年の名曲による濃密な流れがじつに圧巻だ。アンコールはお待ちかね“Watcher of the Skies”〜“Los Endos”で締めくくる。
ゲストヴォーカルにレイ・ウィルソン、アマンダ・レーマン、ジョン・ウェットンが参加。ハマースミスに続きGENESISファンはマスト。
ライブ演奏・・9 ライブ映像・・9 GENESIS度・・9 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve Hackett「Wolflight」
イギリスのギタリスト、スティーブ・ハケットの2015年作
前作がGENESISのセルフカヴァーアルバムだったので、オリジナルとしては2011年作以来となる。
オーケストレーションを含んだ優美なアレンジにハケットの泣きのギターが響き渡る1曲目からしてもう素晴らしい。
今作ではエレキギターのパートが増えたことで、往年のロック色とプログレ感がずいぶん復活し、
コンビを組むロジャー・キングのシンセとともに、重厚かつシンフォニックな味わいが楽しめる。
自身のヴォーカルを乗せたマイルドな歌ものパートや、アコースティックな繊細さもたっぷり含ませて
優雅な美意識に包まれたハケット節のサウンドにうっとりと聴き入れる。円熟の極致というべきさすがの傑作だ。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 繊細で優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve Hackett 「The Total Experience Live in Liverpool」
イギリスのギタリスト、スティーヴ・ハケットのライブ作品。2016年作
2012〜13年の「Genesis Revisited」のツアーをへて、本作は2015年、リバプールでの公演を2CD+2DVDに収録。
シンセにロジャー・キング、ドラムのゲイリー・オトゥール、サックス&シンセのロブ・タウンゼンドというこれまでのツアーメンバーに加え、
ベースにはなんとThe Flower Kingsのロイネ・ストルトが参加しての編成。「Voyage of the Acolyte」、「Spectral Mournings」など、
初期のソロ作から、最新作「Wolflight」のナンバーまで、ハケットの歴史を俯瞰するようなセットリストで、美しいシンセアレンジに
メロウなギターが響き渡る、優美なサウンドにうっとりと聴き入れる。ハケット先生の繊細なギタートーンはもちろん衰え知らず、
自身のマイルドなヴォーカルも味わいがあり、ゲストのアマンダ・レーマンが加わっての男女ヴォーカルの掛け合いも楽しげだ。
弟であるジョン・ハケットがフルートで加わった優美なアコースティックナンバーや、ハケット&ロイネの夢のツインギターが楽しめる“After the Ordel”、
そしてナッド・シルヴァンをヴォーカルに迎え、“The Cinema Show”、“The Musical Box”、“Firth of Fifth”といったGENESISの代表ナンバーも演奏。
それにしても、サックス、クラリネット、フルート、シンセ、ベースペダルと、八面六臂のロブ・タウンゼントがなにげに凄いという。
DVDのカメラワークも抜群で、飄々としたロイネと泰然としたハケット御大の対比も面白い。至福の2時間半が味わえる。当然のようにファンはマストです!
ライブ演奏・・9 ライブ映像・・9 ハケット&ロイネ度・・10 総合・・8.5
Amazonで購入する

Steve Hackett 「The Night Siren」
元Genesisのギタリスト、スティーヴ・ハケットの2017年作
ジェネシスのセルフカヴァー以降、ライブ作品を含めて旺盛な活動を続けるハケット先生、2年ぶりとなる本作は、
適度にモダンな感触とメロウなギターワークに自身のヴォーカルを乗せ、かつての「Darktown」あたりを思わせるウェットな感触の1曲目から、
キャッチーで軽快な2曲目へと続く、メリハリある流れがいつになく面白い。盟友、ロジャー・キングによる美しいピアノやシンセアレンジ、
ときにストリングスを含むオーケストラルなアレンジが、シンフォニックなスケール感を生み出し、ツアーでおなじみアマンダ・レーマンによる女性声も
華やかなアクセントになっている。一方では、アコースティックな叙情美や、キャッチーなポップ性も含んだナンバーなど、さすがの引き出しの多さ。
ジョン・ハケット、ゲイリー・オトゥール、ロブ・タウンゼンド、ナッド・シルヴァン、ニック・ディヴァージリオ、トロイ・ドノックリーなど多彩なゲストが参加、
ゴージャスで重厚な雰囲気に包まれつつ、ハケット印の優美なギターフレーズに酔いしれることもできるという。先生、やっぱり傑作です!
ドラマティック度・・8 重厚度・・8 叙情度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve Hillage 「Fish Rising」
イギリスのギタリスト、スティーヴ・ヒレッジのソロ。1975年作
GONGにも参加したギタリストとして知られるミュージシャンで本作はソロ1作目。
当時、分裂しかけていたゴングのメンバーが参加していることから、サウンドの方も、ユルめのサイケ路線で、
スペイシーなシンセにやわらかなギター、男女ヴォーカルの歌声を乗せた、ゆったりとしたおおらかな聴き心地。
ヒレッジのギターは決してテクニカルではないが、ゆるやかにメロウなフレーズを乗せて、
ヒッピー的なサイケ感の中にも、プログレッシブな展開力で17分におよぶ組曲を構築する。
盟友デイヴ・スチュアートも参加して、随所にオルガンやピアノでらしいプレイを聴かせてくれる。
単なるサイケでもない、牧歌的なユルさとプログレな楽曲性が絶妙に交差する傑作である。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 サイケ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve Hillage「L」
元GONGのギタリスト、スティーヴ・ヒレッジのソロ。1976年作
トッド・ラングレンがプロデュース、ユートピアのメンバーがバックを務めたアルバムで
DONOVAN、THE BEATLES(ジョージ・ハリスン)のカヴァーを含む、サイケ風味のメロディックロック。
スペイシーなシンセアレンジに、随所にメロディックなギターフレーズも含ませて
GONGの延長上だった前作の流れを汲みつつ、よりアッパーなノリのアンサンブルで、
後のOZRIC TENTACLESにも通じる聴き心地もある。歌ものとしてキャッチーな感触に、
優雅なギタープレイも前作以上に光っていて、女性ヴォーカルを加えての東洋的なナンバーや
トランペットが鳴り響く妖しくサイケな12分の大曲も面白い。ヒレッジの初期の代表作というべき内容だ。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 サイケ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Steve Hillage「Green」
スティーヴ・ヒレッジのソロ。1978年作
ソロ4作目の本作には、PINK FLOYDのニック・メイスンをプロデュースに迎えている。
スペイシーなシンセを乗せたゆったりとしたアンサンブルに、ユルくて渋くてメロウなギターを乗せた、
GONGルーツのサイケロックサウンドは本作でも健在。派手さはないが耳に心地よいギターワークと
味のあるヴォーカルも含めて、ソロアルバムとしての自身の世界観を描く音の説得力は、ますます高まっている。
のちの作風へとつながるアンビエントな部分も覗かせつつ、全体的に肩の力の抜けた自然体の作風で、
PINK FLOYDを思わせるゆったりとした雰囲気も耳に優しい。打って変わって、ラスト曲でのスリリングな演奏、
本気のサイケロックぶりはこのアルバムの価値をぐっと高めている。ロック、サイケ、アンビエントをミックスした見事な力作だ。
メロウ度・・8 プログレ度・・7 サイケ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

STILL LIFE
イギリスのプログレバンド、スティル・ライフの1971年作
怪盤の宝庫として知られる英ヴァーティゴレーベルの作品、英国ハモンドロックの名盤とされる。
その内容はこれ全篇オルガン鳴りっぱなし。曲自体は特異な展開もないオーソドックスで
なかなか渋い感じのブリティッシュロックなのだが、聴き所はやはりハモンドオルガン!
懐かしくやわらかなこの音色はじつに耳に心地よく、何か古きよき郷愁を誘うのである。
また、エモーショナルなヴォーカルのせいもあって、音にはマイナー臭さがさほどない。
そしてこの美しいジャケだが、広げると花びらの下に現れる骸骨というセンスもお見事。
メロディアス度・・7 英国度・・9 ハモン度・・9 総合・・8◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る


STRAWBSJust a Collection of Antiques and Curios
ブリティッシュロックバンド、ストローブスの3rd。1970年作
ジャケのように古楽器を用いて録音されたアコースティックなアルバムで、
前作のゲストであったリック・ウェイクマンが加入しての初の作品となる。
典雅なチェンバロの音色で聴かせる中世風味のフォークサウンドに、
リックの奏でるオルガンやクラシカルなピアノも素晴らしい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 優雅度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STRAWBS「From the Witchwood」
英国ロックバンド、ストローブスの4th。1971作/邦題は「魔女の森から」
前作「骨董品」から参加したRICK WAKEMANが正式加入してのアルバム。
ゆるやかな叙情で聴かせる、アコースティカルで牧歌的なフォークロック風味のサウンド。
哀愁ただよわせるトラッド風のメロディや典雅な雰囲気には古楽的な香りもただようが、
リックのオルガンが入るとプログレらしさも現れ、MOODY BLUESあたりに通じる味わいもある。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STRAWBS「Grave New World」
英国ロックバンド、ストローブスの5th。1972作
前作を最後にウェイクマンは脱退したが、今作はストーリー的なコンセプト作ということで、
プログレ度はむしろ高まっている。オルガンの音色に絡むメロウなギターワーク、
クラシカルなピアノやメロトロンが鳴り、シンフォニックな美しさも聴かせてくれる。
英国らしい優雅さと素朴な叙情が合わさった傑作。BJHあたりが好きな方にもお薦め。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STRAWBS「Hero and Heroine」
英国ロックバンド、ストローブスの6th。1974作
本作もコンセプト的な流れで聴かせるじつに美しいアルバム。
メロトロンが鳴り、たおやかなピアノにやわらかなコーラスワークなど、
叙情的で繊細な質感が増し、やわらかみのあるサウンドが耳に優しい。
一方ではポップなロック色もあり、初期のフォーク色は薄まってきている。
キャッチーな大衆性をしっとりとした情緒と融合させた好作だ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

STRAWBS「Ghosts」
英国ロックバンド、ストローブスの7th。1974作
前作からの流れで、サウンドはよりキャッチーになり、ポップなブリティッシュロックという雰囲気が強まった。
もちろん、彼らの持ち味である牧歌的なやわらかさは残っていて、
アコースティカルな情緒を折り込んだ優しいメロディックロックとなっている。
曲によってはメロトロンが鳴り響くドラマティックな要素もある好作。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

STRAWBSHero & Heroine In Ascencia
ブリティッシュロックバンド、ストローブスの2011年作
デビューは1969年という古株バンドで、本作は1974年作のリメイクアルバム。
枯れた味わいのヴォーカルと、よりシンフォニックな感触のシンセアレンジで、
しっとりとした叙情を描き出す、いかにも英国らしい牧歌的な雰囲気に包まれている。
ピアノやオルガンなどの優雅な鍵盤に、随所にギターのメロウな旋律もよろしく
キャッチーなポップ性も含めて、あの頃の英国の空気を甦らせるような音である。
メロディック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る



Syd Barret「The Madcap Laughs」
元PINK FLOYDのシド・バレットの1970作。邦題は「帽子が笑う…不気味に」
彼の飼っていた「ピンク」と「フロイド」という二匹のネコからバンド名をとり、PINK FLOYDを結成、
だが皮肉にもバンドの人気が増すにつれ、精神的な疲れからシドはドラッグに浸るようになり
2nd「神秘」の制作途中に脱退を余儀なくされる。それから1年のブランクののちに発表された本作は、
SOFT MACHINEのメンバーが参加、ロジャー・ウォーターズ、デイブ・ギルモアのプロデュースで話題を呼ぶ。
サウンドの方はシドの内的な世界を映すような、孤独や愛への渇望などを綴った歌を中心にしたもので
初期フロイド的な浮遊感とサイケロック風味を含みながら、独自のポップ感性が光っている。
2006年にこの世を去った、「狂ったダイアモンド」ことシド・バレット。彼の残したソロ2作は今も語り継がれる。
メロディアス度・・7 内的度・・8 サイケ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Syd Barret「Barret」
シド・バレットの1970作。邦題は「その名はシド・バレット」
プロデュースは前作に引き続きデイブ・ギルモアと、離れていったロジャー・ウォータースに代わり
リチャード・ライトが参加。1st「帽子が笑う〜」同様に、浮遊感のあるサイケ風の感触に、
キャッチーで牧歌的なメロディを乗せた、ゆるやかな作風である。
シドの歌声は、ときにやわらかな優しさで愛を歌い、ときに不気味な怪しさで
人生の不条理を口ずさむ。愛に飢えた狂人。あるいは人はみなそうなのかもしれない。
本作の後、シドは公の音楽活動から離れ、二度と作品を発表することはなかった。
メロディアス度・・7 内的度・・8 サイケ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




T.2「It's All work Out In Boomland」
ブリティッシュロックバンド、T.2のアルバム。1972作
ギター、ベース、ドラムというシンプルな三人編成で、基本はインスト主体のハードロックでドラムがヴォーカルをとる。
ブルージーなギターとドカドカとしたドラムでたたみかけるやや大味なサウンドながら、
クラシカルなピアノやブラスなども使われており、ジャズロック的なアプローチもある。
そして21分におよぶ大曲では、プログレ的な展開力でドラマティックに聴かせてくれる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・6 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Tempest
ブリティッシュロックバンド、テンペストの1973年作
COLOSSEUMのジョン・ハインズマンがアラン・ホールズワース、マーク・コラークらと結成したバンドで、
ジャズロックのメンツでハードロックをやっているというサウンドが新鮮だ。シンセやブラスなどは使わず、
ギター主導のオーソドックスな編成なので、ジャズロック的な軽やかさとブルージーな英国らしさを合わせた
正統派のブリテイッシュロックとしても楽しめる。ポール・ウィリアムズのソウルフルな歌声に、
流麗なフレーズを奏でるホールズワースの巧みなギタープレイはもちろん、彼の弾くヴァイオリンも本作の聴き所だろう。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

TEMPESTLiving in Fear」
ブリティッシュロックバンド、テンペストの2nd。1974年作
アラン・ホールズワースとポール・ウィリアムズが脱退し、2作目となる本作では、ギターにオリー・ハルソールが加入。
テクニカルな正統派の英国ロックであった前作に比べてブルージーな部分は後退、トリオ編成となったことで、
ヴォーカルを兼任するハルソールの多彩なギターワークとともに、キャッチーなポップ感覚がいくぶん増している。
歌もの的なハードロック色が強まっているが、アンサンブルの要となるハインズマンのドラムテクニックはやはり素晴らしい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


Third Ear Band「Alchemy
イギリスのサイケ・チェンバーロック、サード・イアー・バンドの1969年作
タイトル通り「錬金術」をテーマにした作品で、妖しげなパーカッションの上に、
間の抜けたオーボエや不気味なチェロ、ヴィオラなどの音色が鳴り響く。
フリーキーなジャズをアンダーグラウンドな魔術性とともにプレイしたというような雰囲気で
整合性や楽曲性というものはほぼ皆無。この妖しい世界を楽しめるかどうかが全てだ。
感覚で鑑賞すれば、音の中に中世を思わせる優雅な部分も感じられ、じわじわと入り込める。
ドラマティック度・・7 フリーキー度・・9 妖しげ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Third Ear BandElements
サード・イアー・バンドの1970年作
地火水風の四元素を表現した4つの大曲からなるコンセプトアルバムで、
呪術的だった前作に比べ、フリーキーではあるもののいくぶん聴きやすい。
民族的なパーカッションのリズムに、オーボエやリコーダーが素朴な音色を奏で、
チェロ、ヴァイオリンが鳴り響く、牧歌的な中世音楽風味のサウンドが楽しめる。
ドラマティック度・・7 フリーキー度・・9 妖しげ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Third Ear Band「Macbeth」
サード・イアー・バンドの1972年作
ロマン・ポランスキーの映画「マクベス」のために作られたサントラ作品であるが、
音楽の雰囲気自体は、前2作で聴けたサウンドの延長で、オーボエやリコーダー、パーカッションが鳴り響く
不穏で妖しげな世界観をかもしだしている。一方では、前2作の様なフリーキーな浮遊感よりも、
ヴァイオリンの鳴り響くクラシカルな美しさも含んで、曲ごとに場面のイメージを抱かせるような
繊細な部分が聴かれる。その点では音楽的には彼らの最高作といってもよいだろう。
ドラマティック度・・8 フリーキー度・・8 妖しげ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Third Ear Band 「Magic Music (New Age Magical Music)」
サード・イアー・バンドの1997年作
60年代から70年代にかけて活動し、怪し系チェンバーロックの元祖とされる。
バンドは1988年に復活し、90年代になってからもアルバムを作り続けている。
本作は「人外魔境」という邦題からして怪しげだが、サウンドの方も初期を思わせる、
ミステリアスな浮遊感に包まれている。パーカッションによるリズムの上を
ゆるやかにサックス、ヴァイオリンが鳴り響き、うっすらとしたシンセによるぼやけたような空気感とともに、
魔女や錬金術といった中世の世界観を表現している。サイケ寄りのフリーキーさも感じさせる力作。
ドラマティック度・・7 フリーキー度・・9 妖しげ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Three Man ArmyThird of a Lifetime」
ブリティッシュロックバンド、スリー・マン・アーミーの1st。1971年作
GUNのガーヴィッツ兄弟が、元SPOOKY TOOTHのドラムを迎えて結成したバンドで、
トリオ編成ながらも音の薄さはまったく感じさせず、のっけからハードに弾きまくるギターで
軽快にたたみかける。曲によってはWISHBORN ASH並にツインギターの格好よさも聴かせつつ、
ストリングス、メロトロンが鳴り響く叙情的なバラード曲も美しい。70年代英国ハードロックの傑作である。
メロディアス度・・8 スリリング度・・8 英国度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Three Man Army
ブリティッシュロックバンド、スリー・マン・アーミーの2nd。1973年作
2枚めがセルフタイトルで、3枚めが「Two」とは、なんともややこしいバンドであるが、
ツインギターで聴かせる格好いいブリティッシュ・ハードロックサウンドは1stの延長。
ブルージーな質感をかもしだしつつも、LED ZEPPELINなどとはまた違った、
ドラマティックなロックスタイルで、70年代の英国の音が好きなら問答無用で楽しめる。
メロディアス度・・8 スリリング度・・7 英国度・・8 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


TOMORROW
ブリティッシュロックバンド、トゥモロウの1968年作
YESのスティーブ・ハウが在籍していたことでも知られるバンドで、
サイケロック的な浮遊感とThe Beatlesのキャッチーなポップ性を合わせたようなサウンド。
おおらかな牧歌的な味わいのある耳心地だが、演奏陣の確かな力量がときに
ドラマティックな感触を生み出している。年代的に音質面での聴き苦しさはあるが、
英国サイケロック、プログレ以前のアートロックなどに興味があるなら聴いて損はない。
キャッチー度・・8 プログレ度・・7 サイケ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


TOM NEWMANFaerie Symphony
イギリスのミュージシャン、トム・ニューマンの1977年作
MIKE OLDFIELDの名作「Tubular Bells」のエンジニアとしても知られ、ソロとしてはこれが2作目。
ジャケの美しさもさることながら、サウンドの方も素朴な情緒に彩られた繊細なもの。
牧歌的なマンドリンにフルートの美しい調べ、しっとりと優しいアコースティックサウンドは、
Anthony Phillipsを思わせるような、中世の世界観を幻想的に甦らせる。
ケルティックなトラッド要素はやはりMIKE OLDFIELDにも通じる作風だ。
アコースティカル度・・8 幻想度・・8 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


Tonton Macoute
イギリスのプログレバンド、トントン・マクートの1971年作
やわらかなフルートの音色にエレピやオルガン、サイケがかったギターで軽やかなアンサンブルを描きつつ、
フリーキーなユルさとジャズロック的な感触が同居したようなサウンド。70年代初頭のアートロック的なセンスに
難解過ぎない構築性が加わったようなイメージで、サイケとジャズロックの中間というどっちつかずの聴き心地が、
絶妙の浮遊感を生み出している。ブリティッシュプログレ黎明期のマイナーな好作といってよい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 サイケ/ジャズロック度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


Tony BanksA Curious Feeling
GENESISのシンセ奏者、トニー・バンクスのソロ作。1979/2009作
2009年リマスター再発盤。かつてのジェネシスがポップ化した時期に出された本作は、
「GENESISよりもGENESISらしい」とファンの間でも長く人気の1作だ。
繊細かつ美しいシンセワークで、うっとりとするようなサウンドが楽しめる一方で
爽やかなヴォーカルの入ったメロディアスな歌もの曲にも味わいがある。
やはりこの人のシンセは耳に優しくて、実に気持ちいいのだなあ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 繊細度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る




U.K.
イギリスのプログレバンド、UKの1st。1978年作
プログレッシブロックに斜陽が差しはじめた70年代末に、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード、エディ・ジョブソン、
アラン・ホールズワースという名うてのミュージシャン四人が終結し、ここにスーパーバンドを立ち上げた。
そのサウンドは、モダンなキャッチーさとテクニカルな構築性を有した、
ある意味、現代のプログレハード系バンドにも通じるスタイリッシュさを感じさせる。
きらびやかなシンセと聴きやすい歌メロを軸に、さりげなくテクニックを織り込んだ構成には、
大衆受けを狙いながらも、音楽的な高度な追求を成し遂げようとする意気込みがここにある。
しかし、ソロ志向の強かったブラッドフォードとホールズワースは本作かぎりで脱退、
結局、四人編成のスーパーバンドは奇跡的な1枚限りでの邂逅となった。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 スタイリッシュ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

U.K.「Danger Money」
イギリスのプログレバンド、UKの2nd。1979作
ブラフォードとホールズワースがバンドを去り、テリー・ボジオを迎えて三人編成となったことで、
方向性が明確化するとともにエディ・ジョブソンの役割が相対的に大きくなったのは必然だろう。
きにオルガンも含めた絶品のシンセワークをバックに、キャッチーなヴォーカルメロディを聴かせる楽曲は、
GERARD
VIENNAなど日本のプログレバンドたちにも大きな影響を与えたに違いない。
過去のプログレ感覚を要素のひとつとして取り入れたこのサウンドの心地よさは、
プログレ好きのためのプログレといえるだろう。きらびやかさでは前作以上の出来だ。
しかし、やはり本国においては日本ほどの人気は得られず、バンドは伝説的なライブアルバムを残して終焉を迎える。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ジョブソン度・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jpで詳細を見る

U.K.「NIGHT AFTER NIGHT」
イギリス伝説のプログレバンド、UKのライブアルバム。1979年作
ジョン・ウェットン、エディ・ジョブソン、テリー・ボジオの3人編成となっての大傑作ライブ。
79年というプログレ衰退のこの時期に、堂々と変拍子を用いてテクニカルな演奏を見せつけつつ
ELP風味のいかにもなキーボードを曲に取り入れていたりと、確信犯的なプログレをしています。
この軽やかなセンスさは曲によっては日本のGERARDなどを連想するほどで、
エディのヴァイオリンも切れ味鋭く、楽曲、演奏共に超A級のライブアルバムの名盤です。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 ライブ演奏・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jpで詳細を見る

UKZ「Radiation」
エディ・ジョブソンを中心に、アレックス・マクヘイサック、トレイ・ガン、マルコ・ミネマン、アーロン・リッパート
という凄腕のメンバーが集結。バンド名からはどうしてもかつてのU.K.のような音を想像してしまうが、
実際はもっとヘヴィでモダンなサウンド。ダークめの質感にはKING CRIMSON色をいくぶん含みつつ、
随所にテクニカルなインタープレイを聴かせるあたりはさすが。メロディアスなプログレを期待すると
やや肩すかしだが、現代におけるプログレッシブロックのひとつの存在の仕方を提示しているという点では
大きな意義がある。4曲入りで21分という長さはやや物足りないが、フルアルバムに期待したい。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 モダン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Eddie Jobson 「Ultimate Zero Tour - Live」
U.K.のエディ・ジョブソン率いるプロジェクト、U-Z Projectのライブ音源。2010年作
2009年のポーランド公演の音源を中心に収録した2枚組で、ジョン・ウェットン、トニー・レヴィン、グレッグ・ハウ、
トレイ・ガン、サイモン・フィリップス、マルコ・ミネマンといった実力派のメンバーを揃えたステージで、
U.K.やKing Crimsonからのナンバーをたっぷり含んだセットリストを聴かせてくれる。
のっけから“アラスカ”〜“イン・ザ・デッド・オブ・ナイト”という流れはファンには感涙ものだろうし、
“スターレス”、“レッド”といったクリムゾンの名曲が、優れた演奏者たちの手で再現されてゆく。
いくぶんこもり気味の音質であるが、演奏の素晴らしさもあって問題なく楽しめるし、
各メンバーのソロなども含めた、濃密で聴きごたえのある2枚組ライブ作品だ。
ライブ演奏・・9 音質・・8 UK&クリムゾン度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

UK 「Reunion - Live in Tokyo」
イギリスのプログレバンド、UKのライブ作品。2013年作
70年代後半に2枚の傑作を残し日本でも依然人気の高いこのバンド、2011年になってUK名義では32年ぶりとなる来日公演を行った。
ジョン・ウェットン、エディ・ジョブソン、アレックス・マカチェク、マルコ・ミンネマンというメンバーでのステージを2CDに収録。
1曲目の“In The Dead of Night”から、ジョブソンのきらびやかなシンセワークに、マカチェクの惚れ惚れするような流麗なギターに聴き入る。
ウェットンのヴォーカルは、こもり気味の音質のせいもあってか最高とはいいがたいが、なんにせよUKとして来日した貴重なライブ音源を
ファンなら感涙とともに楽しめることだろう。11分を超える壮麗なプログレナンバー、“Carrying No Cross”あたりはやはり興奮しますな。
KING CRIMSONの“Starless”、“One More Red Nightmare”といったナンバーも披露、あらためてメンバーの演奏力の高さをうかがわせる。
ライブ演奏・・8 ライブ音質・・7 奇跡のUK度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る


URIAH HEEPVery 'Eavy...Very 'Umble」
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの1st。1970作
オルガン入りのハードロックということで、プログレファンからも評価が高いこのバンドだが、
この1stの時点では、後のプログレッシブな構築性よりは、むしろ暴れ回るオルガンに
ヘヴィなギターで聴かせる、ときにBLACK SABBATHをも思わせる薄暗さを感じるスタイルで、
ほのかにブルージーな香りも残している。未完成な荒さの中にも英国然とした質感が魅力的だ。
リマスター盤には、未発音源やBBCセッションの音源など8曲をボーナス収録。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP「Salisbury
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの2nd。1971作
粗削りだった前作よりも楽曲の構築力が上がり、プログレ的な雰囲気が増している。
うなりを上げるギターにオルガンの音色、さらにはメロトロンが美しく響く、
まさにブリティッシュロックのすべてがここに詰まっているというようなサウンドである。
歌メロやコーラスワークなどには、当時の英国らしいキャッチーな美しさもあり、
アコースティカルなパートでの楽曲のメリハリなども含めて、よりプログレ的に洗練されている。
とくに15分を超えるタイトル曲はドラマティックなアレンジが見事。バンド初期の代表作といえる。
リマスター盤には、未発音源やシングルバージョンなど6曲をボーナス収録。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEPLook at Yourself」
ユーライア・ヒープの3rd。1971作
「対自核」という邦題で有名なバンドの代表作。GAMMA RAYもカヴァーしたタイトル曲をはじめ、
いかにも英国らしい叙情と、勢いのあるオルガン入りのハードロックが楽しめる傑作。
ギターリフ、メロディの格好よさに磨きがかかり、まさにバンドの絶頂期というべき音が溢れており、
前作までの土臭さが薄らぎ(それも好きなのだが)スタイリッシュになった分とっつきがよくなった。
ブリティッシュロックとしての代表作が前作なら、本作はハードロックとしてのヒープの代表作だろう。
リマスター盤には、別バージョンやBBCセッションの音源など7曲をボーナス収録。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・7 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEPDemons and Wizards」
ユーライア・ヒープの4th。1972作
「悪魔と魔法使い」というタイトルとロジャー・ディーンによる美しいジャケが印象的。
サウンドも前作とはうって変わり、アコースティカルで牧歌的な“The Wizard”で幕を開ける。
全体的には、後のポップ化の萌芽もかすかに感じられる聴きやすいキャッチーさと、
コンパクトにまとまった曲が多く、前2作に比べると濃密さではやや聴き劣りはするが、
もちろん彼ららしいオルガン鳴り響くハードなナンバーもあり、バランスのとれた好作である。
リマスター盤には、未発音源や別バージョンなど5曲をボーナス収録。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP「The Magician's Birthday」
ユーライア・ヒープの5th。1972作
邦題は「魔の饗宴」、一般の評価としては前作に劣るということだが、個人的には前作の続編的に楽しめるアルバムだと思う。
曲によってはよりキャッチーでシンプルなものもあるが、英国的な叙情とドラマティックな雰囲気はまだ充分に残っているし、
とくにヴォーカルのデビット・バイロンの歌声は今作がとくに素晴らしい。リマスター盤には、未発音源や別バージョンなど9曲をボーナス収録。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP「Sweet Freedom」
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの6th。1973作
「悪魔と魔法使い」、「魔の饗宴」の成功で勢いを得たバンドが、アメリカ進出を狙った1作。
前作までの幻想的な世界観は薄まり、キャッチーなメロディで聴かせるサウンドは
一聴してポップになった風にも感じるが、ヘヴィなギターに絡むケン・ヘンズレーのオルガンは
いかにも英国的で、全体的にもブリティッシュロックとしての質感はちゃんと残っている。
メロディアスなヒープという点では、むしろ代表作にもなりうる傑作だと思う。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP「Live '73」
ユーライア・ヒープのライブアルバム。1973作
4thDemons and Wizards」以降、メロディックでキャッチーな作風へと変化してきた彼らだが、
ここで聴けるのは、まさしく初期を思わせるブリティッシュ・オルガンハードロックで、
スタジオ作以上熱気を帯びた演奏が楽しめる。掻き鳴らされるケン・ヘンズレーのオルガンの音色に、
デヴィッド・バイロンのヴォーカルの存在感も素晴らしい。英国を代表するバンドの熱きライブ作だ。
リマスター盤のボーナスDiscには、ラジオ音源などを12曲収録。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 ライブ演奏・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP 「Wonderworld」
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの7th。1974作
アメリカ進出を狙った前作のキャッチーさを引き継ぎつつも、プログレハード的な聴き心地を残した好作。
1曲めのタイトル曲のバラードはしっとりした英国的な聴き心地の佳曲。
その後はブルージーなハードロックにキャッチーなヴォーカルメロディを乗せた、
比較的シンプルな曲が多くインパクトには欠けるが、総じて出来はそう悪くない。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP 「Innocent Victim」
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの11th。1978作
ヴォーカルにジョン・ロートンを迎えての2作目。ポップな印象の前作の流れをくみつつも
より洗練されたキャッチーさでハードポップとしての醍醐味を味わえる好作に仕上がっている。
ジョン・ロートンの伸びやかな歌声に、やわらかなオルガンの音色が交差し
やはりどう聴いても英国からしか出て来ないサウンドである。中期の傑作。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・9 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP 「Fallen Angel」
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの12th。1978作
かつてクリス・アチレオスのファンタジックなジャケに惹かれて買ったアルバムだが、
内容の方も今聴くと、アダルトなブリティッシュハードとして普通に楽しめる。
キャッチーなコーラスハーモニーや、オルガンを含むシンセアレンジで、
耳心地のよい英国ハードロックを聴かせてくれる。派手さはないがなかなかの好作だ。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

URIAH HEEP 「CONQUEST」
ユーライア・ヒープの13th。1980年作
前作のポップ路線をさらに強めたサウンドで、1曲目などはTOTOあたりを思わせるアレンジで、
キャッチーなポップロックという印象だが、ジョン・スローマンの繊細なハイトーンヴォーカルが
この路線にはけっこうマッチしていて、聴き心地はなかなかいい。英国らしい空気感は薄れたが、
オルガンも鳴り響くハードポップ的に楽しめる好作ではある。本作はケン・ヘンズレー在籍最後の作品。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 英国度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

URIAH HEEP 「Abominogl」
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの14th。1982年作
前作を最後にミック・ボックスを残して、ケン・ヘンズレー、トレヴァー・ボルダー、ジョン・スロマン、クリス・スレイドの4人が脱退、
本作ではドラムのリー・カスレイクが復帰し、新たにピーター・ゴルビー、ボブ・ディズリー、ジョン・シンクレアという布陣で作られた。
サウンドの方は、メンバーチェンジが功を奏してか、1曲目から往年のブリティッシュハードらしさが復活、
ピーター・ゴルビーの歌声もパワフルでバンドサウンドによくマッチしていて、ジョン・シンクレアのオルガンもなかなかいい。
2曲目以降は80年代らしいキャッチーな感触に包まれているが、軟弱になったというわけではなく、
楽曲の質自体が高いので、むしろ多くのメロディアス・ハード好きに楽しめる好作品になっている。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・9 英国度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

URIAH HEEPWake the Sleeper
ブリティッシュロックバンド、ユーライア・ヒープの2008年作
1998年の「SONIC ORIGAMI」以来10年ぶりのアルバムであるが、のっけから激しく疾走する勢いの良さに、
オールドなオルガンの音色が絡む、まさに全盛期のヒープサウンドを彷彿とさせる作風で、むしろびっくりである。
古き良きブリティッシュハードの香りをしっかりと残しつつ、ただ古臭いだけではない、パワフルな演奏はさすがベテランである。
メロディアス度・・8 古き良き度・・8 ヒープ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Uriah Heep
「Celebration」
ブリティッシュ・ハードのベテラン、ユーライア・ヒープの2010年作
2008年の復活作に続く本作は、過去曲のセルフカヴァーをメインにしたアルバム。
1st収録の“Gypsy”や、2nd収録の“Bird Of Prey”、“Lady in Black”をはじめ、
代表作である3rdからの、“Look at Yourself”、“July Morning”、4thの“The Wizards”など、
70年代ヒープの魅力が詰まったナンバーを再現。オリジナルメンバーはギターのミック・ボックスのみだが、
バーニィ・ショウの力強い歌声とともに、オルガン鳴り響く古き良きブリティッシュハードサウンドが楽しめる。
往年のヒープファンはもちろん、若いリスナーの入門用にもうってつけの作品だろう。
メロディック度・・8 英国度・・8 ヒープ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

URIAH HEEP「Into The Wild」
ブリティッシュ・ハードのベテラン、ユーライア・ヒープの2011年作
復活作である2008年の「Wake the Sleeper」から、さらにレイドバックしたようなサウンドで、
鳴り響くオルガンとともに、まさに70年代を思わせる古き良きヒープ節が炸裂している。
唯一のオリジナルメンバーはギターのミック・ボックスのみだが、そのアナログ感たっぷりのギターワークと
バーニー・ショウの朗々たる歌声がよくマッチしており、これぞブリティッシュ・ハードロックという聴き心地だ。
全体の完成度という点では、彼らの歴史の中でも屈指の出来と言ってよいだろう。
メロディック度・・8 王道HR度・・8 ヒープ度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る Amazon.MP3

URIAH HEEP 「Outsider」
ブリティッシュ・ハードのベテラン、ユーライア・ヒープの2014年作
復活した2008年以降、旺盛な活動で質の高い作品を出し続けている大ベテランバンド、
見事な傑作であった前作に続き、今作もまたオルガンが鳴り響く古き良きスタイルで、
唯一のオリジナルメンバーであるミック・ボックスのブルージーなギターワークと
味わいのあるバーニー・ショウのヴォーカルとともに、新生ヒープの美学を貫くサウンドが楽しめる。
前作に比べるといくぶんストレートな印象で、HRリスナー向きの分かり安い曲が多いのも受けるだろう。
キャッチーなメロディとオールドなハードロック感触を同居させた、バンドとして新たな安定期を感じさせる好作品。
キャッチー度・・8 ヒープ度・・8 英国ハー度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る





VAN DER GRAAF GENERATOR「The Least We Can Do Is Wave to Each Other」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの2nd。1970作
派手さはないが通好みのバンドとして評価が高い彼らの初期の傑作。
ゆるやかなベースのグルーブ感に、ピアノやサックス、メロトロンが重なり
薄暗い叙情をかもしだすサウンドに、ピーター・ハミルの歌声が乗る。
インスト部分はジャズロック的な質感もあるが、軽やかでもテクニカルでもなく、
もっと内的表現的な穏やかなやわらかみがあるのが特徴。ハミルの歌声はときにじつに繊細に、
優しく詩を歌い上げるかのようで、クリムゾンの宮殿にも通じる叙情美はじつに耳に心地よい。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

VAN DER GRAAF GENERATOR「H to He Who Am the Only One」
ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの3rd。1970作
一聴して演奏面でのまとまりが増し、バンドサウンドとして完成された印象。
プログレッシブな構成力が強まったことで、シンセやサックスの役割がはっきりとなり
楽曲自体が生き生きとしてきた。変即リズムを取り入れたテクニカルな要素も増え、
しっとりしたフルートやハミルの歌声を聴かせる叙情曲とのメリハリがついた。
スケールの大きな大作志向も顕著になってきたが、楽曲の密度も上がっている。
プログレという点に関しては、本作と次作「Paun Hearts」が最高であろう。
2005年リマスター盤には、15分の未発曲やバージョン違い曲をボーナス追加。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 叙情度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

VAN DER GRAAF GENERATOR「Pawn Hearts」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの4th。1971作
一般的にVDGGの最高作とされるアルバム。どこかスペイシーなハモンドの音色に、
ピーター・ハミルの個性的な歌声が響きわたり、不思議な壮大さが広がってゆく。
サックスも入ってジャズロック的な要素もありながら、絡みつくような濃密さが音にあり、
気持ち悪い一歩手前という雰囲気が、つまりはとても個性的でもある。
KING CRIMSONにも匹敵する音の強度と、アヴァンギャルドな感覚を有して
たたみかけるこの質感は、後のイタリアのヘヴィプログレなどにも影響を及ぼしたと思われる。
全3曲という大作志向のアルバムで、とくに後半の23分の組曲が圧巻だ。
2005年リマスター盤には、未発曲やバージョン違いなど5曲をボーナス追加。
プログレ度・・9 濃密度・・9 壮大度・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

VAN DER GRAAF GENERATOR「Godbluff」
ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの5th。1975作
いったんはソロ活動に身を置いていたピーター・ハミルが4年ぶりにVDGGとしての
活動を再開。バンド第二期のスタートを告げるのが本作である。
サウンドの方は、初期の雑多な音楽性からはいくぶん整理され、ずいぶんとスマートになっている
ハモンドとフルートが美しく鳴る中をハミルの歌声が詩情豊かに重なって、じつに叙情的な雰囲気だ。
プログレ的な展開力もしっかりと随所で聴かせてくれ、ボーナスを除くと4曲32分という短さであるが完成度の点でも隙がない。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

VAN DER GRAAF GENERATOR「Still Life」
ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの6th。1976作
よりメロディアスに聴きやすくなり、ピーター・ハミルの歌ものとしての最高作といえる。
ハモンドやシンセの美しい音色にサックスが絡み、厚みを増したサウンドがハミルの歌唱を感動的なまでに盛り上げる。
ときに少年のようにやわらかく繊細にときに狂気をはらんでガナりたてるその歌の表現力は、いよいよ孤高の域にまで高まっており、
楽曲の説得力を否が応にも引き立てる。しっとりと聴かせながらもどこか張りつめた彼の心の緊張感がただようような、じつに美しい作品だ。。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 叙情度・・10 総合・・8.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Van der Graaf GeneratorWorld Record」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの7th。1976作
1975年の「Godbluff」、76年の「Still Life」と素晴らしい完成度のアルバムを立て続けに発表し、
本作が全盛期のVDGG名義としてはラスト作となる。ハミルの歌唱がメインであった前作に比べ
今作はより楽曲志向の構成になっていて、オルガンに絡む大胆にサックスの使い方など、
ジャズロック的なアプローチもかいま見せつつ、スペースサイケ風の壮大さとともに
ごった煮的なアヴァンギャルド要素を炸裂させて濃密に聴かせる。20分を超える大曲“MeuglysV”も圧巻。
叙情性の点では前2作に軍配が上がるが、プログレッシブということでは本作が一番かもしれない。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 叙情度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Van Der Graaf「Quiet Zone/Pleasure Dome」
ヴァン・ダー・グラフの1977年作
ヒュー・バントンとデヴィッド・ジャクソンが脱退し、ニック・ポッターとグラハム・スミスを迎え、
バンド名を短縮して発表された作品。A面、B面が別のタイトルがつけられたアルハムで
ヴァイオリンが鳴る軽やかなジャズロック風味と、ピーター・ハミルの独特の歌声で
適度な緊張感とユルさの同居した作風で、これはこれでなかなか味がある。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 叙情度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

Van Der Graaf 「Vital」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフのライブ作。1978年作
バンド名が短縮された1977年作に続いてのライブ作品。デヴィッド・ジャクソンが復帰し、
チェロ&シンセのチャールズ・ディッキーが新たに加入し、6人編成でのステージ。
ハードなギターといつになくヘヴィにうねるベースに、ヴァイオリンやチェロが絡み、
ときにクリムゾンばりの硬質感と、いくぶんダーティなハミルの歌声も含めて、
気合の入った演奏を聴かせる。初期の傑作「H to He Who am the Only One」や
「Pawn Hearts」からの大曲も含め、CD2枚組で濃密な演奏がたっぷり楽しめる。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 ライブ演奏・・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Van Der Graaf Generator「Present」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの復活作。2005作
1977年の「The Quiet Zone/The Pleasure Dome」以来、じつに28年ぶりとなるアルバムで、
歌入り6曲とインプロで聴かせるインスト10曲を分けたCD2枚組という編成。
サックスが鳴り響き、レトロなオルガンの音色がかぶさる中を、ゆったりとそして朗々と
ピーター・ハミルの歌声が響きわたると、それだけでもうかつてのVDGGが甦るようだ。
この声に秘められた思いそのものがハミルの表現なのだ。70年代のサウンドを色濃く残しつつ
いくぶんモダンでヘヴィな質感も取り入れている。歌もののDisc1に対してDisc2での演奏は、
ジャズロック的な優雅な軽やかさと、即興的な自由度と大人の余裕を聴かせる演奏が素晴らしい。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 VDGG度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Van Der Graaf Generator 「Trisector」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの2008年作
2005年の「Present」に続く復活2作目で、前作からデヴィッド・ジャクソンが脱退し
ピーター・ハミル、ヒュー・バントン、ガイ・エヴァンスのトリオ編成となった。
オルガンが鳴り響く70年代テイストのレトロなサウンドは、よりシンプルな音数になったが、
その分、彼らの核となる音の強固さが感じられる。ピーター・ハミルの風変わりでシアトリカルな
その歌声はかつての趣のまま、変則リズムの浮遊感あるアンサンブルに溶け込み
奇妙な緊張感を漂わせている。一方ではピアノの美しい叙情性もあったり、じっくり楽しめる作品だ。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・8 レトロ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Van Der Graaf Generator 「A Grounding In Numbers」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの2011年作
復活3作目で、前作から続くトリオ編成でのアルバム。3〜5分台の小曲を中心にした作品で
やわらかなオルガンの音色とハミルの歌声で聴かせる、落ち着いた大人の叙情が広がってゆく。
全体的にも歌もの的な色合いが強まっているので、プログレ的な演奏の緊張感という点では
いくぶんの物足りなさはあるが、これもまたVDGG=ハミルの音楽なのは間違いない。
ドラマティック度・・7 プログレ度・・7 大人の叙情度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



Van Der Graaf Generator 「ALT」
イギリスのベテラン、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの2012年作
2006年の「Trisector」録音時から近年のマテリアル音源をまとめた作品。
歌もの的であった前作に比べると、即興的な演奏が中心の真逆の作風で、
鳥の鳴き声とドラムだけの1曲めから面食らうが、ある種、チェンバーロック的で
先の読めない緊張感を含んだ面白さはある。一般のプログレファンには向かないのだが、
VDGGGというバンドのアーティスティックなセンスは感じ取ることができるだろう。
ドラマティック度・・6 プログレ度・・7 即興度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


VAN der GRAAF GENERATOR 「Merlin Atmos - Live Performances 2013」
イギリスのプログレバンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターのライブ作品。2015年作
60年代から活動する英国プログレの裏の帝王というべきバンド、2005年の復活以後は精力的にアルバムやライブ作品を発表、
本作は、2013年の欧州ツアーからのステージを収録。ピーター・ハミルの深みのある歌声に、ヒュー・バントンのオルガン、
ガイ・エヴァンスのドラムによって生み出される湿り気を帯びたサウンドは、まさにVdGGにしかなしえぬ世界観。
トリオ編成ながら、ときにツインシンセになったり、ハミルのギターや、ヒュー・バントンのベースペダルによって、
楽曲ごとに巧みに編成を変化させるメンバーシップもさすが。70年代の空気感を再現させながらスリリングな緊張感を描く、
ベテランらしい堂々たる表現力も素晴らしい。それぞれ20分を超える大曲“Flight”、“A Plague of Lighthouse Keepers”を
完全な形で再現しているのもファンには嬉しいだろう。2CDの限定盤は、Disc2に7曲を70分超を収録、まさに完全版ライブが楽しめる。
プログレ度・・8 ライブ演奏・・8 スリリング度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

PETER HAMMILL「FOOL'S MATE」
ヴァン・ター・グラフ・ジェネレーターの、ピーター・ハミルのソロアルバム。1971作
4th「Paun Hearts」でVDGGの活動に一区切りをつけたピーターはソロに転じ本作を発表。
ここで聴けるのは、VDGGの大作志向とはやや異なり、3〜4分台のコンパクトな曲ばかりで、
明るめのロックナンバーから、薄暗い叙情曲などさまざまだが、結局はハミルの歌声が入ると
どれもが彼の楽曲になる。ピアノやシンセのアレンジなどにクラシカルな素養を覗かせながら、
味わいのある小曲が続く。VDGGのような壮大さはないので、肩の力を抜いて聴けるアルバムだ。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 ハミル度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Peter Hammill「The Silent Corner And The Empty Stage
VDGGのピーター・ハミルのソロ3作目。1974年作
バンド解散中に作られたアルバムで、次作の「In Camera」と並んで評価の高いアルバム。
アコースティカルな素朴さの中に、己の内面をえぐりだすようなハミルの歌声に引き寄せられる。
不穏なギターの響きやダークな世界観は、VDGGにも通じるものだが、より私的で繊細な感情が
ここには込められている。ラストの12分の大曲もプログレッシブな構成で圧巻の出来だ。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 薄暗度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PETER HAMMILL「In Camera」
ピーター・ハミルのソロ4作目。1974年作
VDGGのいったんの解散後に作られた3作目のアルバムで、ファンの間ではハミルの最高作とされる。
確かに、静かな叙情性と薄暗さの同居した世界観という点で、ディープなアルバムだ。
美しいピアノに重なる、詩人ハミルの歌声には、どこか厳かな悟りのようなものも感じられ
作品全体に静かなるパワーのようなものがある。効果的に使われるムーグシンセの音も
プログレファンには受けるだろう。後半の2つの大曲も聴きどころ。濃密なアルバムだ。
メロディアス度・・7 プログレ度・・8 薄暗度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

PETER HAMMILL「Over」
ピーター・ハミルの1977年作
長年のパートナートの別れを感情で表現するようなハミルの歌声が響きわたる。
VDGGのメンバーが録音に参加しているので、ロック/プログレ色もけっこうあり、
テーマを気にせずに聴いても普通に楽しめる。ヴァイオリンやピアノが美しい
しっとりとした曲では、己の内なる悲しみを吐露するような歌声がまたよいんです。
一転、アコースティックギターの音色とともにハミルの感情が爆発する曲もステキです。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 悲しみの情感度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

Peter Hammill「The Future Now」
ピーター・ハミルの1978年作
以前の薄暗い作風に比べて、楽曲はいくぶんポップになった感触だが、
ハミルの歌声の個性があれば根幹の世界観は変わらず。
アコスーティックギターにサックスとピアノがかぶさり、楽しげなノリの中にも
どこか哀愁を漂わせた、道化師めいた自虐的な雰囲気も感じさせる。
アルバム中盤からは、ハミル節ともいうべきほの暗さもしっかり残っています。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 哀愁度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る




WALLY
イギリスのプログレバンド、ウォーリーの1974年作
優美なハープシコードとヴァイオリンの音色に導かれて
幻想的なサウンドを描き出す。
繊細なピアノにメロトロン、オルガンの響きはいかにも英国的で、アコースティカルな素朴さや
牧歌的な聴き心地は、Barclay James Harvestなどにも通じる味わいもある。
泣きのギターにかぶさるヴァイオリンの美しさにはうっとり。繊細系プログレや、
クラシカルな叙情の英国シンフォニックがお好きな方にはぜひ聴いて欲しい逸品。
ちなみに本作の楽曲のアレンジにはRICK WAKEMANも関わっている。
メロディック度・・8 優雅度・・9 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

WALLYValley Gardens」
イギリスのプログレバンド、ウォーリーの1975年作
優雅でメロディックな70's英国シンフォニックロックの感触は前作同様ながら、
よりしっとりとした洗練を感じさせる。やわらかなヴォーカルにピアノのつまびき
メロトロンやムーグシンセなども使ったアレンジも濃密すぎず、軽やかなアンサンブルで聴かせる。
泣きのヴァイオリンの叙情にうっとりと癒される一方では、18分の大曲ではプログレ的なスケール感と
展開力で構築されるサウンドはなかなか圧巻だ。70年代中盤の隠れた好作品というべき内容です。
メロディック度・・8 優雅度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

WALLEY「TO THE URBAN MAN」
イギリスのプログレバンド、ウォーリーのライブ作品。2011年作
70年代に2作を残して消えたこのバンドであるが、2010年に35年ぶりとなる復活作「MONTPELLTER」を発表、
本作はその2010年4月の英国でのライブを収録したCD2枚組。やわらかなピアノにヴァイオリンが絡み、
繊細にしてシンフォニックな聴き心地で、オルガンを含んだいかにも英国らしい叙情サウンドが楽しめる。
上記復活作からの楽曲を中心に、1st、2ndの曲も演奏していて、古き良き英国プログレの牧歌性を、
しっかりと現在に甦らせている。いわゆる非シンフォ系のメロディアス系バンドとして意義ある復活であろう。
ライブ演奏・・8 叙情度・・8 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る



web「i spider」
イギリスのジャズロックバンド、ウェブの1970作
このジャケのインパクトがなかなか強烈なwebのサードアルバム。
基本はサックス入りのジャズロックなのだが、サイケがかった妖しさと、
ブリティッシュロック的な湿りけが感じられるので、プログレとしても楽しめる。
いくぶんアクのあるヴォーカルとともに押しの強い演奏に気押されていると、
優雅なピアノが鳴りだして繊細なパートがしっかりあるのがなかなか心憎い。
まさにマニア好みのブリティッシュロックのレアアイテムというべき作品。
ジャズロック度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


The Who「Tommy」
ザ・フーのアルバム。1969作
LP2枚組のロックオペラとして作られた本作は、少年の頃の事件をきっかけに
なにも見えず、聴こえず、話せなくなってしまったトミーという名の若者が
苦難のはてに、やがて心の自由を得るまでを描いた壮大なコンセプト作。
基本は牧歌的な温かみのある古き良きメロディックロックの質感でありながら、
曲間をつなげるプログレ的な構成で、壮大なストーリーを感じさせる作りが見事。
デラックスエディションのDisc2にはデモや未発曲などを収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ドラマティック度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


WISHBONE ASHPilgrimage
ブリティッシュロックバンド、ウィッシュボーン・アッシュの2nd。1971作
「巡礼の旅」と題された本作は、名盤「百眼の巨人アーガス」へとつながる作品であるが、
次作のような流麗なツインギターはさほど聴かれず、ややブルージーな感触の
ブリティッシュロックという趣だ。8分、10分という大曲ではプログレ的な展開力と
英国らしい叙情性も盛り込んで、なかなか楽しませてくれる。
メロディアス度・・7 プログレ度・・7 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

WISHBONE ASH「ARGUS」
ブリティッシュロックバンド、ウィッシュボーン・アッシュの3rd。1972作
「百眼の巨人アーガス」という邦題でおなじみの名作。
イントロのアコースティックギターの音色からもう哀愁を誘いますが、
楽曲の方もいくぶんブルージーな色を残しながら、前作よりもさらに洗練された雰囲気で、
ツインギターによるメロディがとても美しい、いかにも英国然としたロックサウンドです。
とくにラスト曲の美しさは絶品。ブリティッシュロックの名作として扱われるのが分かります。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・6 英国度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る


YZ

YES「YES」
英国プログレを代表するバンド、イエスの1st。1969作
プログレッシブロックとして語られる3rd以降よりは、まだぐっと“ロック”しているアルバム。
それでいながら、同世代のブリティッシュロックバンドのどれよりも、音には構築性が感じられる。
演奏には素朴な温かみがあり、ピーター・バンクスのギターはオールドなブリティッシュロック的味わいがあるし、
トニー・ケイのキーボードワークは技巧的というよりは叙情的に響く。
歌メロや美しいコーラスハーモニーには、後の黄金期への萌芽が見られ、
この年代のデビュー作としては、クリムゾンの「宮殿」と同様突出したクオリティだ。
2003年リマスターには、シングルやデモバージョンなどボーナス6曲収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ブリティッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「TIME AND A WORD」
イエスの2nd。邦題は「時間と言葉」。1970作
この時点ではまだ、プログレというよりはブリティッシュ・アートロックという音の質感で、
スティーブ・ハウの加入前なので、演奏自体にはあまり派手さはないのだが、
所にオーケストラを導入していて、楽曲にかぶさるストリングスの響きが美しい。
本作リリース前に脱退するピーター・バンクスのギターは随所によい味わいを出しているのだが、
むしろオーケストラアレンジによって活躍する部分が減っている感じもする。一方ではオルガンを含む
トニー・ケイのやわらかなキーボードと、ビル・ブラッフォードの緻密なドラムはさすがというプレイで、
前作以上にプログレ的な壮大さを描くことに成功している。プログレ前夜の好作品だ。
2003年リマスター盤で別バージョン等4曲のボーナストラック入り。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・7 ブリティッシュ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「The Yes Album」
イエスの3rd。1971作。邦題は「サードアルバム」
本作は人気の高い次作「こわれもの」に比べると、まだ完成されていない分、ロックとしての本質的な温かみと躍動感に満ちている。
初期の名曲というべき“Your is no Disgrace”も含んだ個人的にもとても好きなアルバムであるし、
リマスターの音質向上により、スティーブ・ハウの細やかなギターワークがクリアに聴こえ、ビル・ブラッフォードのダイナミックなドラムも素晴らしい。
リック・ウェイクマン加入前ということで、トニー・ケイの素朴なシンセワークもむしろブリティッシュロック的なソフトな質感で
このサウンドにはよくマッチしている。完全なメジャーバンドとなる一歩手前の、プログレバンドとしての本質が聴ける素晴らしい作品だ。
ボーナスには代表曲“Starship Trooper”のシングルバージョンを含む3曲を収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・8 楽曲度・・8 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「FRAGILE」
イエスの4th。1972作。邦題は「こわれもの」
本作は、個人的には「危機」や「サードアルバム」に比べるとポップなメロディが耳についてあまり好きではなかったのだが、
音質が大幅向上したリマスター盤で聴くと、サウンドの鮮明さが段違いに良くて、印象がやや変わる。
シンセにリック・ウェイクマンが加わったことで黄金期のメンバーが勢ぞろい、サウンドには堂々たる自信がみなぎり、
キャッチーなメロディとテクニカルさとのバランスがとれた細かなアレンジセンスにはすでに職人的な繊細さを感じさせる。
レコーディングのスケジュールがとれなかったことで、メンバーがソロ用に書いた曲も混在させることとなったという点では、
やはり次作「危機」に比べると完成度は落ちるか。リマスター盤はボーナストラック入りで、完全再現された紙ジャケもいい感じです。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 リマスター度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「CLOSE TO THE EDGE」
イエスの5thアルバム。「危機」のタイトルで知られる1972年作の名作。
言わずと知れたYESの最高傑作であり、18分にもおよぶタイトル曲の素晴らしさは彼らの絶頂期の勢いと
あふれ出すセンスをすべて凝縮したものである。張りつめた緊張感と演奏のテンション、
そこにドラマティックな展開美と、爽快なメロディを盛り込んで練り上げたこの大作は、
このアルバム全体のの価値となっている。12分過ぎに鳴り響く荘厳なチャーチオルガン、
リック・ウェイクマンのソロパートを含めて、盛り上がりを見せる間奏部は圧巻のひとこと。
また本作の魅力として、もうひとつの大曲“And You And I”の美しい牧歌性も見逃せない。
2003年のリマスター盤は音質がぐっと向上。ボーナストラックとして別バージョン等4曲を追加収録。
シンフォニック度・・9 名作度・・10 音質UP度・・10 総合・・9 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「YES SONGS」
イエスの2枚組ライブアルバム。1973作
名盤である「危機」を筆頭にして、スタジオアルバムにおいて緻密な構築力を持つこのバンドであるが、
それはライブにおいても同様で、本作で聴ける演奏は、じつに緻密でダイナミックである。
King Crimson加入のためバンドを離れることになったビル・ブラッフォードの代わりに、急遽アラン・ホワイトが呼ばれて、
なんとか1972年のアメリカ公演をこなした。その音源を中心にしながら、ブラッフォード時代のテイクなども含まれた、
バンドとしては苦労の末に作られたライブ作品なのだが、そうしたものも含めた緊張感も確かに感じられる。
ジョン・アンダースンの伸びやかなヴォーカルとスティーブ・ハウのセンス抜群のギターフレージング、
そしてリック・ウェイクマンのクラシカルなキーボードプレイはやはり抜群だ。初期の名曲を網羅しながら、
それを最高の演奏力で再現したこのライブアルバムは、バンドの代表作とも言える完成度であろう。
Disc2の“Close To The Edge”完全再現は感動的だし、個人的には“Your Is No Disgrace”も名曲。
メロディアス度・・9 ドラマティック度・・9 ライブ演奏・・10 総合・・9 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「Tales From Topographic Oceans」
イエスの6th。1973作。邦題は「海洋地形学の物語」
LP時代から2枚組の大作として賛否両論のあった本作で、かくいう私自身も
最初にこのアルバムを聴いたときは、ただ静かで単長という印象しかもたなかった。
今回の最新リマスター盤で改めて聴いてみるに、それぞれ20分におよぶ大曲には、
ゆったりとした美しさの中にも、それぞれに神秘的で深遠なテーマが感じられ
前作「危機」の濃密な作風とは違った、力まないゆるやかな叙情美が楽しめる。
3曲目にはYESらしからぬアヴァンギャルドな風味もあって、これはこれで面白いし、
ラストの4曲目のシンフォニックロックとしての美しさには思わずうっとりだ。
ボーナスに収録の、アルバム1、3曲目のラフテイクはファンにとって嬉しい貴重音源。
しかし本作の出来に不満だったウェイクマンはツアー終了後にバンドを脱退する。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・8 ゆったり叙情度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「RELAYER」
イエスの7thアルバム。1974年作
個人的なYES評価を述べさせていただくと、Yesの私的アルバムランキングでは、
1「イエスソングス」、2「危機」、3「サードアルバム」となり、それに続くのこの「リレイヤー」。
リック・ウェイクマン好きな私としては、リック脱退後のこのアルバムを手にとるきっかけは
この美しいジャケット(ロジャー・ディーン)のおかげに他ならなかった(YESのジャケで一番好き)。
あらためて聴くと、パトリック・モラーツのキーボードはリックのクラシカルな感じとはまた異なり、
いかにも70'sプログレ然としていて悪くない。リックが嫌いだったというメロトロンもかなり使っている。
そして演奏は緊張感に溢れていて、楽曲自体も「危機」ばりの構築性も感じさせる。
とくに1曲目“錯乱の扉”は素晴らしい。リマスター盤は音質も向上しているのでぜひ聴いてみて欲しい。
シンフォニック度・・8 プログレ度・・8 演奏・・9 総合・・8.5 ◆プログレ名作選入り
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「GOING FOR THE ONE」
イエスの8th。邦題は「究極」1977作
ジャケもロジャー・ディーンからヒプノシスに変わり、音の方も若干ポップになっている。
復帰したリック・ウェイクマンのキーボードが大活躍で、リマスター効果も手伝って、
チャーチオルガン、ピアノの音色もとても綺麗。スティーブ・ハウのギターも冴え渡っており、
全体的にバンドとして、もはやプログレ云々の呪縛から解かれたような、伸びやかさが音に現れている。
演奏と楽曲のバランスという点では、最も良いアルバムといっていいかもしれない。
ボーナスのリハーサル音源やデモバージョンも興味深い。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 伸びやか度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「TORMATO」
イエスの9th。1978作。
前作「究極」で吹っ切れたのか、「ポップでもよいのだ」という開き直りが音に感じられる。
相変わらず見事なスティーヴ・ハウのギターワークとウェイクマンのキーボードが冴える。
キャッチーさとポップな雰囲気の中にもしっかりとプログレッシブな色が感じられ、
きらきらとしたイエスサウンドが堪能出来る。やはり黄金メンバーの演奏はよいですな。
たぶんプログレとしてイエスを聴けるのはこのアルバムまでかもしれない。
2003年リマスターには、ボーナストラックにデモや未発表曲など9曲を収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 ポップ度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「DRAMA」
イエスの10th。1980作
ジョン・アンダースンもリック・ウェイクマンも抜け、ジェフ・ダウンズトレヴァー・ホーンが加入。
のっけからややヘヴィなギターで幕を明け、リズムセクション的にもかなりカッチリとしている。
ジェフ・ダウンズのヴォーカルは、ジョン・アンダースンを意識したのか以前のYESとさほど違和感がない。
やはりバグルスにおけるポップでキャッチーなものが強く出たような曲もあるが、
ときおり大御所バンドとしての格調を保ったドラマティックな雰囲気もしっかりかもしだしており、
なかなかあなどれない好作アルバムだと思う。ベースの充実ぶりも見事な仕事だ。
メロディアス度・・8 キャッチー度・・8 プログレ度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「90125」
イエスの11th。1983作
いわゆるポップ期の代表作で、邦題は「ロンリーハート」
商業的には最も成功したアルバムで、1曲目はTV、CMなどでたくさん流れていた。
今作ではすでにウェイクマンもハウもいないので、当然ながらプログレ色は薄く、
これでジョン・アンダーソンが歌っていなかったらYESとは思えなかったかもしれない。
しかしながら、あくまでキャッチーなメロディを聴かせるというトレイバー・ホーンのプロデュース
見事に成功しており、トニー・ケイのモダンなシンセワークもこのサウンドにはぴったりハマっている。
プログレとして聴くのはつらいが、むしろ出来の良い商業ロックサウンドしてなら充分に楽しめる。
リマスターにより音質も格段に向上。ボーナスにはリミックスや別バージョンなど6曲を収録。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 キャッチー&ポップ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

YES「Big Generator」
イエスの12th。1987年作
トレヴァー・ラビンのプロデュースによるアルバムで、前作のキャッチーなポップ性をより80年代的なモダンさで
アプローチしたという内容。シンプルなビート感に包まれたドラムに、ジョン・アンダースンの歌声が爽やかな響き渡り、
ややファンキーなナンバーなども入りつつ、あくまでイエスとしての感触を失っていないのはさすがというべきか。
トレヴァー・ラビンのギターもこの作風にはよくマッチしていて、トニー・ケイのシンセワークの美しさも耳心地よい。
前作同様に質の高い好作品である。しかしながら、本作の方向性による違いから、ジョン・アンダースンが脱退、
のちのABWH結成へとつながってゆく。SACD盤の高音質で聴くと、抜けの良いキャッチーな爽快感がより味わえる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・6 キャッチー&ポップ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Anderson ,Bruford,Wakeman,Howe
アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウの1989年作/「閃光」
権利の問題からYESを名乗れなかったようだが、メンバーがメンバーだけにこれはまさしくイエスそのもの
リック・ウェイクマンのきらびやかなシンセワークに、スティーブ・ハウのギター、そして衰えを知らないジョン・アンダースンのヴォーカルと、
全体的にキャッチーではあるが、この時期のYESよりもイエスらしいサウンドを楽しめる。
10分近い大曲をいくつか含みつつ、プログレというよりはゆるやかなメロディで聴かせ、
5のようなピアノの美しいバラード曲などとともに、ゆったりと和める。そんな作品です。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 イエス度・・9 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「TALK」
イエスの1994年作
ABWHとYESが合体した「UNION」の体制は長くは続かず、ビル・ブラッフォード、スティーヴ・ハウ、リック・ウェイクマンは脱退、
トレヴァー・ラビン主導のもと、本作はいわゆる「90125」期のメンバーで制作された。ジャケはシンプルそのものだが、
サウンドの方はキャッチーなヴォーカルハーモニーが引き立つ、80年代以降のポップ路線のイエスの王道という聴き心地。
トニー・ケイのオルガンにラビンの奏でるメロウなギターもよい感じで、音質の良さも含めて90年代的なモダンな構築性も覗かせている。
15分を超える大曲では、久しぶりにプログレ的なダイナミックな雰囲気も味わえる。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 キャッチー&ポップ度・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

YES 「Keys to Ascension」
イエスの2枚組ライブ作品。1996年作
1994年作「TALK」発表後、スティーブ・ハウとリック・ウェイクマンがバンドに復帰、
ウェイクマンは次作「Open Your Eyes」制作前には再び脱退してしまうのだが、
ともかく黄金期の5人が揃ったライブ音源ということで、ファンにはたまらないだろう。
おなじみの“シベリアン・カートゥル”で幕を開け、クリス・スクワイアの存在感あるベースにスティーブ・ハウのギター、
オルガンを含むリックの鍵盤とジョン・アンダースンの歌声が重なると、そこはもうあの頃のイエスである。
「海洋地形学の物語」収録の大曲“神の啓示”では、現在のバンドにぴったりなゆったりとした大人の叙情が楽しめ、
「究極」収録の大曲“悟りの境地”も素晴らしい。Disc2ではお約束の“ランド・アバウト”〜“スターシップ・トゥルーパー”で締めくくる
Disc2最後に収録された2曲の新曲もよい出来だが、この後ウェイクマンが抜けることを思うと、いまとなってはやや中途半端な作品となった感も。
ライブ演奏・・8 往年のイエス度・・8 楽曲・・8 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

YES「THE LADDER」
イエスの1999年作
前作「Open Your Eyes」の不評から一転、本作は往年を思わせる傑作となった。
最初の1曲でもう、あの頃のシンフォニックなイエスが戻ってきたと嬉しくなる。
ジョン・アンダースンの歌声に、スティーブ・ハウの巧みなギターワークはもちろん
前作から加わったイゴール・コロシェフのシンセワークも、美麗なサウンドを作るひとつの要素となっている
80〜90年代のアプローチであったキャッチーなポップさも残しつつ、シンフォニックな質感を融合させたことで、
ベテランバンドとしてのひとつの解答を示したといえるだけの作品に仕上がっている。
シンフォニック度・・8 メロディアス度・・8 プログレ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES「MAGNIFICATION」
イエスの2001年作
キーボードの代わりにオーケストラを全面的に融合させた作品で、シンフォニックで優雅なサウンドが楽しめる。
オケをバックに弾きまくるスティーブ・ハウのギターはいつになく楽しそうだし、
キャッチーなメロディを歌い上げるジョン・アンダースンの歌唱も往年となんら変わらない。
これをプログレと呼ぶにはどうかと思うが、オーケストラ入りのメロディックロックとして聴けばよく出来ているし、
後半の10分を超える大曲2曲もなかなか素晴らしい。2004年の再発盤には、“Close to the Edge ”
“ Gates of Delirium”といった往年の名曲の含む2000年のライブ音源を収録した2CDでお買い得。
シンフォニック度・・8 メロディアス度・・8 プログレ度・・7 総合・・8
Amazon.co.jp で詳細を見る

YES 「FLY FROM HERE」
イギリスのプログレバンド、イエスの2011年作
2001年以来となる10年ぶりのアルバムで、健康に問題を抱えるジョン・アンダースンに代わって
ヴォーカルにカナダ人のベノワ・ディヴィッドを迎え、クリス・スクワイア、スティーヴ・ハウ、
アラン・ホワイト、ジェフ・ダウンズというメンバーで、トレヴァー・ホーンがプロデュース。
バグルス組が加わっていた「DRAMA」の頃には出来上がっていたというタイトル組曲は、
ポップな感触の中にも、優雅できらびやかなアレンジとドラマティックな展開力も覗かせる力作。
新ヴォーカルの歌声も、マイルドな声質がやわらかなサウンドにマッチしていて違和感はない。
アルバム後半はポップな曲やアコースティカルな小曲など、いくぶん落ち着いた内容だが、
現在形のイエスとしては、充分すぎるほどにプログレだし、高品質な作品であると思う。
ドラマティック度・・8 プログレ度・・8 高品質度・・9 総合・・8
Amazon.co.jpで詳細を見る

Yes 「Heaven & Earth」
イギリスのベテランバンド、イエスの2014年作
前作「Fly From Here」発表後、ヴォーカルのベノワ・デイヴィッドが体調の問題で脱退し、
本作ではGLASS HAMMERのジョン・デイヴィソンが新たにヴォーカルとして参加している。
1曲目からジャケのイメージのようなシンフォニックでやわらかなサウンドで、ジョン・デイヴィソンの歌声も、
かつてのジョン・アンダーソンを思わせる雰囲気がある。ジェフ・ダウンズのシンセワークもオルガンやピアノなど
適度にプログレ寄りの感触で、スティーヴ・ハウのギターも前に出すぎず随所に巧みなフレーズを聴かせてくれる。
2曲目以降はわりとシンプルな大人のポップロックも続くが、ラストは9分の大曲で、これもいい感じのナンバー。
全体的にはこれだというインパクトはないので少し物足りなさもあるが、イエスらしさは残した好作に仕上がっている。
メロディアス度・・8 プログレ度・・7 イエス度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る

ZAKARRIAS
ブリティッシュロックバンド、ザカリアスの1971年作
70's英ロックの中でも謎めいたアルバムとされる本作は、プログレともサイケともハードロックとも言えない
いわばその曖昧さが逆に個性的だ。うねるように太いベースとオルガンを中心に聴かせるサウンドで、
決してうるさい音ではないのだが、そこには知的な主張と静謐感とが不思議に共存している。
アコースティックギターやフルートをバックに哲学的な恋の歌を乗せる、ザカリアスとはいったい何者なのだろう?
後半にはストリングスも加わって、音のシリアスさが増す。ほのかにヒッピーとサイケの香りも漂う逸品である。
メロディアス度・・7 静謐サイケ度・・8 英国度・・8 総合・・7.5
Amazon.co.jp で詳細を見る


VA/Schizoid Dimension - A Tribute to King Krimson
クレオパトラ・レーベル制作によるキング・クリムゾンのトリビュートアルバム。1997年作
参加しているバンドでプログレ方面で有名なのは、David Cross、Brand Xくらいのもので、あとはまったく無名。
当然ながら、ディヴィッド・クロスによる“Exiles”、ブランドXによる“Red”などは普通によい出来であるが、
Pressurehedによるスペースサイケ風の“21世紀の精神異常者”や、Astralasiaによる女性声入りテクノ風の“風に語りて”
Solid Spaceによる叙情的な“ポセイドンの目覚め”など、けっこう楽しめる。初期クリムゾンのファンなら聴いて損はないだろう。
演奏度・・8 再現度・・7 バンド知名度・・7 総合・・7.5
Amazon.co.jpで詳細を見る


音楽ページTOP