ミミー・シルヴァーの魔女占い



                        緑川 冬星


あらすじ

ミミー・シルヴァーは修行中の13歳の見習い魔女。
女王シビラが治める魔女の王国で、同じシルヴァーの姓の家族たちと暮らしながら、
正式に魔女となるために日々勉強を続けていた。
新たな年を迎えて、ミミーはついに人間の村へ修行に出ることになった。
不安と期待に胸をどきどきさせながら、黒ネコのパステットとともに、ほうきに乗って飛び立つミミー。
初めての村では、魔女を珍しがる人々となかなか打ち解けられず、とまどい、ときに悩みながらも
ミミーは魔女としての自分を見つめつつ、少しずつ成長してゆく。



■小説本編へ■


ランキングバナーです。クリックよろしくです!



もくじ

◆ミミーの魔女占い〜前編◆

*魔女たちの王国〜旅立ち
*初めての村での生活
*魔女の軟膏とインモラグのサバト
*アストラルジャンプと女王シビラ
*初めての占い〜村のお別れ
*合格発表!


◆ミミーの魔女占い〜後編◆

*クセングロッドの町
*なくしもの探しと少年デュール
*ウルスラ・ブラッド
*マンドラゴラの罠
*お城からの使者
*魔法の媚薬と罪悪感
*大切なもの