バスドラハート


                        緑川 とうせい


あらすじ

女子高生の朝美は成績優秀、生徒会委員も務める優等生であるが、その反面、そんな真面目な皮をかぶった自分が大嫌いだった。
受験を控えた高三の夏、彼女はひょんなことからとあるロックバンドのメンバーと知り合う。
一見、いいかげんで不真面目そうなバンドのメンバーたちと交流する中で、
朝美は少しずつ心を開き、自分自身を見つめなおしてゆく。

小説本編へ


ランキングバナーです。クリックよろしくです!



もくじ

プロローグ
ティッシュ配りのバンドマン
ライブ初体験
えりかのギター
“エメスラ”ラストライブ
真実の言葉 (メロディ)
新しいわたし