緑川とうせい の「小説書きに100の質問」


                           by 小説書きに100の質問

+ 小説書きに100の質問 +
1 まえがき(あなたの意欲をどうぞ)。
ええと・・・最後までどうぞよろしく
2 あなたのペンネームを教えてください。
緑川 とうせい と申します
3 小説の中の人物として○○○○(←あなたのペンネーム)を描写してください(自己紹介)。

 壊れゆく時間の中で、しかし緑川は絶えずキーを打ち続けた。指の皮がむけ血が吹き出した。もう五日間もなにも食べてはいない。だが、それでもなお彼の目には炯々たる光が宿り、それは決して消えることはなかった。
 その姿はまるで、己の小説の完遂以外にこの世界における闇と病魔を討ち滅ぼす方法はない、とでもいうかのような、おそるべき狂気と熱情とに満ちて輝いていた。
                   
                    緑川とうせい『僕と小説』より 抜粋 (嘘)
4 あなたの職業は?
ふまっとうですみません(^^;)
5 あなたのバイト遍歴を教えてください(あれば)。
深夜のコンビニ、かんづめ工場、CD屋など・・・その他に怪しげなゲーム会社や漫画雑誌の編集部、塾講師、などの面接にも行きました。
6 小説書き歴は。
えーと・・・それらしきものは中学から書いてました。ちゃんと完成したやつを書いたのは高三くらいだったかな。
7 小説書き以外の趣味を教えてください。
音楽 !! メタルっ、プログレっ、バンドでドラム、マンガとかイラストも描きます
8 好きな小説のジャンルは。
壮大な大河もの(ただし出来が良いものに限る)、中世風ファンタジー(ロマンス入り)、たまにノンフィクションなども。
9 好きな作家は。
栗本薫、江戸川乱歩
10 尊敬する作家は。
栗本薫(中島梓)
11 好きな小説は。
グイン・サーガ、赤毛のアン、アルセーヌ・リュパンシリーズ 等
12 好きな映画は。
ちょっと昔が舞台の恋愛もの、ヨーロッパ中世もの、歴史もの等
13 好きな漫画・アニメは。
いっぱいあります(笑)。
とりあえず今でも読み返すものは「CIPHER」「ALEXANDRITE」(成田美奈子)、「NY小町」(大和和紀)、「いとしのエリー」(高見まこ)、「おーい竜馬」「あずみ」(小山ゆう)、「H2」(あだち充)等々
アニメだと「赤毛のアン」「うる星やつら」「こどものおもちゃ」「私とわたし」「学園戦記ムリョウ」、「さよなら銀河鉄道999」等
14 好きなドラマは。
ドラマはあまり見ないです
15 良く聞く音楽は。
シンフォニックなメタル、プログレ、女性Voゴシック等
16 心に残る名台詞と、その出典は?
「ああ、ダイアナ。妖精を信じることをやめないで」
                            アニメ版『赤毛のアン』より
17 月に何冊くらい本を読む?
小説は最近は実はあんまり・・・。
書く時間のほうが多いので、ちゃんと読むのは参考文献などが主ですね。
たまに、寝る前に「赤毛のアン」を少しずつ読み返したりしてます。
18 小説以外ではどういう本をよく読みますか。
自分の小説の勉強になりそうな資料本とか。
19 読書速度は速い方ですか遅いですか。
速くも読めますが、参考のためわりあい文法とかも気にして読むほうなので普通、かな。
20 あなたは自分を活字中毒だと思いますか。
いいえ。むしろなりたいくらい
21 執筆に使用しているソフトは。
以前はワープロ専用機OASYSでやってましたが、さすがにいまはPCに以降。ソフトはやっぱりオアシス!
22 初めて書いた小説のタイトル・内容。
銀河をかけめぐるSF警察もの「ギャラクシー・ポリス第1話 マザーコンピューターの謎」・・・だったと(笑)
23 小説のタイトルはどうやってつけていますか。
内容のイメージと一緒にほとんど最初に思いつきます
24 あなたが書く小説のジャンルは。
異世界大河もの、中世風ファンタジー、スペオペ、恋愛ものなど
25 一人称と三人称、どちらで書くことが多いですか。
三人称。
一人称だと場面が限定される(主人公のいない場所が書けない)のできついですね
26 短編と長編、どちらが多いですか。
はあ・・・長編。最近は500枚以下のものがなかなか書けない(^^;)
27 どのくらいのペースで小説を書いていますか。
平均1日で四百字換算10枚程度(調子が良いと20枚以上)
28 ストーリーと登場人物、どちらを先に決めるか。
主要キャラは話と同時に決まります。あとはストーリーの都合で後から作る人物もいます
29 ストーリーはどういう時に思いつきますか。
風呂に入っているとき、散歩をしているときなど
30 ストーリーはどの程度決めてから書き出しますか。
おおまかな方向性と、場面ごとの見せ場を決めたらとりあえず書き始めます。
31 人物の名前はどのように決めますか。
語呂のいいもの。思いつかないときは、歴史上の名前や地名からとる場合もあります
32 資料をどのくらい集めてから書き出しますか。
必要最小限。どうしても世界観の描写に必要な語句や名称が分かればOK
33 小説を書くときにあなたが気をつけていることは。
無駄な文は書かない。一見無駄だが次の文との兼ね合いで必要な文は残すこと。あとは会話のテンポ。説明文が多すぎないこと。など
34 小説を書く能力は、どのように磨きますか。
常に自分が「誰か」になったときのことを想像すること
35 ネタが無いときはどうしますか。
そんなときはないですが、もしそうなったら「書かない」でしょうね
36 あなたが小説を書く上で影響を受けたものはありますか。
日々のニュースや事件、テレビの派手なCMなど、それらに感じる怒りや悲しみ、違和感をもとにして自分が「今書くべき」ものを物語中に織り込んでゆきます。
世界中のすべての死は私に無関係でない。
37 他の人の書いた小説を読むとき、ついつい注目してしまうのはどういうところですか。
形容詞の正確性。文の無駄のなさなどをつい・・
38 これから書きたいテーマは。
時間の流れ、人生、愛、生と死。いつも変わらぬテーマです
39 感想はどのように得ていますか。
たとえ短くとも感想のメールをいただくととても嬉しいです
40 批評されても良いですか。
端的で的確な批評はありがたいくらいです
41 あなたの未来予想図、22世紀の世界はどうなっていると思いますか?
温暖化で、夏の日中は外に出られず。宇宙ステーションは完成。火星のテラフォーミングは進む。
地上に溜まった膨大な量の燃えないゴミはついに宇宙に運ばれてゆき・・
42 ますます発達する科学。人間のクローンについてあなたの考えは。
クローン人間には選挙権はあるのか?結婚の自由は?
それらの法整備と社会的なプライバシーが確立することが条件
43 超能力やUFOを信じますか?
信じようが信じまいが、あるのならあるし。ないのならない。その事実に我々が気付いているか気付いていないかというだけのこと。
44 世界の終末はどのように訪れると思いますか。
現実的にいえば、恒星(太陽)の寿命が尽きるとき。
人為的要因とすれば核ミサイル等だが、大量に人が犠牲になったとして、それは「世界」そのものの終末を意味するものではないと思う。
45 世界平和は実現しますか。
人類の問題が宇宙レベルになるとき、それは自然に実現するかもしれない。ただしいつになっても大勢に抵抗するグループはなくならないでしょうね。
46 最近の凶悪犯罪についてどう思いますか。
悲しい。痛い。報道をみるだけでつらい。
人が生きる上で「取り返しがつかない」ことがある、ということを彼らは行動する前に想像してみるべき
47 政治家に物申す!
私欲を捨て、有権者の代表として仕事をして欲しい
48 宗教についてどう思いますか
誇りと謙虚さをもった清廉な人々を見ていると、ときに無信仰であることが恥ずかしくもなります。
49 一日は二十四時間ですが、ほんとは何時間くらい欲しいですか?
二十六時間くらいに、微妙に増やして欲しいです(笑)
50 現代に生まれてきて満足ですか。現代以外ならいつ頃生まれたかった?(過去・未来どちらでも)
19世紀ごろ(ホントは中世といいたいが、意外と野蛮で不潔そうなので)
51 「ファンタジー」とは?
読者をも巻き込んだ「共同幻想」の形。
話にドラゴンが出てくるか、魔法が出てくるかということは重要ではない。
肝心なのは共同幻想に耐えうる世界観の強度。
52 何処かに引越しをするとしたら何処へ引っ越しますか。
鎌倉か京都、軽井沢、またはカナダのプリンスエドワード島
53 旅は好きですか。何処へ行きたいですか。
好きだけどなかなか行けない・・・。オランダ、ドイツ、アイルランド、カナダとか行ってみたい・・・ほぅ・・
54 登場人物の死についてあなたの所見を。
必ずやってくるもの。無下に避けてはいけないもの。しかし小説家はどんな脇役の死でもおろそかに書いてはいけない。
55 メールや掲示板の書き込みなどで「顔文字」や「(笑)(爆)(死)」の類は使いますか?
(笑)はよく使います。顔文字は(^^;)とかm(__)mくらい。
56 昨今の日本語の乱れについてどう思いますか。
恥ずかしいような略語や言い回しは勘弁・・・。使うときにそれが本当にカッコいいか考えてください。
57 社会に不満を感じることはありますか?どういう時ですか?
半年ごとの銀行貯金の利息が「\29」とか書かれているとき
58 小さい頃、将来何になろうと思っていましたか。
プラモデラー。その次はアニメのキャラクターデザイナー(笑)
59 あなたの人生設計を教えてください。
作家になって(できたら結婚して?)、古都に住みながら小説を書き続ける。近くには温泉があったりするとなおよい。
60 外はどんな天気ですか。風景も含めて少し描写してください。

 黄昏の空には、細かなウロコ雲が高く伸びてゆく。向かいの家の屋根のオレンジ色の瓦は、九月の夕日に照らされ、晴天のなごりである薄紫の空は、時間とともにゆるやかにその色を鈍い紅へと変えてゆく。
「明日も暑くなりそうね」
 そう彼女はつぶやいた。(←誰?)
 その横顔はどこかとなくはかなく、そして寂しげに僕には見えた。
61 読書感想文は得意でしたか。
作文は得意だったけど、感想文は面倒でした
62 国語は好きですか?好きだった学科を教えてください。
国語は好きでした。とくに教科書で物語が出てくるとわくわくして勝手に先に読んでました。あとは学生時代は古文なんかも好きでした。
63 学校は好きですか。
中学以降はあまり好きではなかったかも
64 運動は得意ですか。
人並みに・・・子供の頃は水泳とサッカーと野球をよくやってました
65 鉛筆の持ち方、正しく持ってますか?
最近はほとんど持たないですが・・・たぶん正しいかと
66 実生活で「あぁ自分は小説書きだな……」と実感することはありますか?どういう時ですか。
話していて言葉がつい文語になるとき(笑)。メールの文でつい形容詞などに気をつかってしまうとき
67 新聞はどこまでちゃんと読んでますか。
事件の記事はつい見てしまいます。政治関係は見出しだけ・・
68 購読している雑誌は。
ユーロロック・プレス
69 本は本屋で買いますか?古本屋?図書館派?
古本屋さんは安くていいですねー。ブックオフとか
70 詩・短歌・絵など、小説以外で創作をしていますか。
詩や和歌は以前書いていた時期もありました。絵は昔から好きで、イラストレーターを目指した頃もありました
71 恋人はいますか。
おらんですたい!
72 何をしているときが一番楽しいですか。
音楽を聴きながら美味いコーヒーを飲むとき
73 あなたの人生の支えはなんですか。
今はドラムかも・・
74 懸賞小説に応募したことありますか?その結果は?
受かってたらプロになってる(笑)
75 日記は書いていますか?
月に何度か思ったことをつづる程度
76 今までで一番衝撃的だったことは。
父親の死
77 睡眠時間は何時間くらいですか?
8時間は寝ないとだめ(眠りが浅いので)
78 夜、眠りにつく前に布団の中で何を考えていますか。
今日の出来事。明日やるべきこと。たまにHなこと(欲求不満か?)
79 長時間電車に乗る時、車内で何をしていますか。
音楽を聴く。目が疲れるので本は読まない
80 ネタになりそうな実体験を教えてください。
夢で女になった。・・・あ、夢は実体験じゃないか・・
81 どうして小説を書くのですか。
物語が頭に浮かぶから。自分の内面と向き合うため。吐き出したいものを的確に表現できる唯一の形態であるから。
82 小説を書いていて嬉しい・楽しいときはどんな時ですか。
キャラクターが幸福を感じている場面を書いているとき。または、思っていた通りの場面が書き上げられたとき
83 小説を書くうえで苦労することはなんですか。
常に自分の能力に対する自信を維持すること(弱気は禁物)
84 小説を書く時の状況は?(場所・時間・BGM等)
もちろん一人で。音楽は気が散るのでかけない(歌詞のないものなら可)
85 周りの友人や家族などはあなたが小説書きであることを知っていますか。
知ってはいるが、無理には読ませない
86 あなたの周りに小説書きはいますか?何人くらい?
オフでの知り合いでは・・1人か2人くらい?
87 スランプに陥ったことはありますか?どう乗り切りましたか?
強引にキーを叩き、なんでもいいからとにかく書く。もしくは書くのをやめて「書きたくなる」まで何日でもじっと待つ。
88 長時間パソコンと向き合っていると目が疲れませんか?対策はしていますか?
1時間に一度は飽きて、画面から目をそむけます。あとは通販でブルーベリーの錠剤を買って飲んでいます(これがけっこうよい)。
89 最近難解な漢字を使用する作家が多いようですが、あなたはどうですか?
人に読んでほしいのなら、できるだけ難しい漢字、語句は避けたほうがよいと思います。作品における自己満足の許容限度を超えないように。
90 こういう小説は許せない!
変に芸術的すぎるもの、もしくはそういう文体のもの。読んだあとぐったりするもの。
91 自分の小説に満足していますか。
一度として満足したことはないです。
ただし書き終えて1週間ほどは「うーん満足〜」となってまったりしてしまいますが・・(笑)。少したつとまたふつふつと不満足さが込み上げてきます。
92 他の人のオンライン小説、どれくらい読みますか?
めったに読みません
93 同人誌に参加したことはありますか。
ないです
94 将来的にプロ作家になりたいですか。
いまはどっちでもいい
95 それはどうしてですか。
書き続けるために周囲を黙らせる後ろ楯になる肩書きだからと思っていたけど、いまはどうあっても書き続けるのだから、プロになろうとなるまいと、さして気にしない。
96 あなたの自作小説を一つだけ薦めてください。
大長編大河ファンタジー「水晶剣伝説」
現在3話の途中ですが、私のライフワークといってよいものです。
二人の美貌の剣士が大陸のさまざまな国をめぐるお話。その他、美しい女騎士や恨みを抱いた混血の王子などが活躍します。
97 構想中のネタをこっそり披露してください(言える範囲で)。
幻想的でプログレな地下迷宮のお話。タイトルは「地下迷宮奇譚」…たぶん没に
98 いつまで小説を書き続けますか。
死ぬまで、もしくは脳が動かなくなるまで
99 読者に一言。
私の物語を楽しんでもらえれば、それだけで幸せです。
100 あとがき。
みなさんこんにちは。緑川とうせいです。
100の質問、楽しんでいただけましたか?
さて、次回は・・・・・あ、いや・・(笑)
最後までお読みいただきたいへんお疲れさまでしたm(__)m
よかったら小説の方も読んでくださいね。
それではまたお会いしましょう。           
                                2003.9.14 冬静


     トップメニューへ       小説のページへ